audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ノイズキャンセリング機能搭載カナル型イヤホン MUCHER MS-515 レビュー】低価格でノイズキャンセリングを搭載。通勤通学用に向く

MUCHER カナル型イヤホン 密閉型 マイク付き ノイズキャンセリング搭載 iPhone/Androidスマホ対応 MS-515(レッド)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515161018j:plain

 低価格でノイズキャンセリング機能を搭載しているのが特徴のカナル型ワイヤードイヤホン。

 最近のノイズキャンセリングは高性能でほとんど音質の変化を感じないものを多いが、このイヤホンのものは一昔前の感じで音がかなり篭もって感じられる。ただノイズリダクション効果は本物で環境音はほとんど聞こえなくなる。音漏れも少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替えが付属する。ケーブルは細めのビニールコーティングされた形状で耐久性はそれほど高そうではない。

 

【2】音質

 非常に粒感があるというか、ジャギーな音質でクリアとはいいがたい。これはノイズキャンセリングの影響もあると思うので、最近は低価格イヤホンでも明瞭さが強いものが多いのでこの点は弱みかもしれない。

 一方でノイズキャンセリングの効果もあって聞きやすさはあるので、その点を評価できるかどうかだろう。

 

[高音]:シャギーな毛羽立ち感というか、シャリッとした抜け感が強く、かなり力弱く感じるかも知れない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:かなり篭もっておとなしく聞こえるかも知れない。全体的にボツボツとしているが、例外的に弦楽音ののびやかさはよく出る。
[低音]:100hz~20hzまできれいに減衰する。震え方自体は良質に思うが、篭もっていて遠く存在感は薄く感じるかも知れない(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:左右が少しシャリシャリと目立って張り出すが、それ以外は全般的に奥まっている(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:シンバルの存在感が強く、疾走感は出やすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:少し奥まった位置に楽器に囲まれて存在している。低域から高域まで聞きやすいが、ややジャギー気味でクリアさが足りないのが好みを分けそう。

 

【3】官能性

 Choucho「優しさの理由」ではボーカルには透明感が全くなく、粘り気味の声になっている。これはこれで説得力があるところもなきにしもあらずだが、この曲の伸びやかさは感じづらいだろう。

 意外だったのは中孝介「君ノカケラ」。かなり技巧的なボーカルだが、粘り腰の表現がうまくマッチしたのか、それなりの聴き応えがあった。弦楽音ののびやかさの表現もしっかり出ていてなかなかよい。

 UVERWorld「CORE PRIDE」も悪くない。ドラムにやや力が感じられず、妙に粘ってゴムでも叩いてるのかというような音だが、ボーカルはそこそこよく聞こえて立体感も出ている。

 

【4】総評

 「低価格のノイズキャンセリング機能付き」という言葉がこの製品のほぼ全て。音質面で言えば同価格帯でこれよりも優れた製品は多いので、ノイズキャンセリング機能が低価格で手に入ることに意義を見いだせるかどうかで、このイヤホンの評価は180°変わる。

 音も一昔前のノイズキャンセリング付きイヤホンにありがちだった、ジャギーで篭もった音になる特徴が素直に出ていて、自然な感じではない。ただ粒感は感じられて独特ではあるが味があるところもあるので、ソリッドな音が好きな人には向く。

 完全に通勤通学での利便性にこの製品の評価はかかっており、環境を整えやすい家用としては選択肢に入りづらいだろう。

 

MUCHER 密閉型 マイク付き ノイズキャンセリング搭載 iphone5/iphone4s/iPhone6/iPhone6 plus スマホ 携帯電話 galaxy等対応 マイク付き 通話可能 カナル型イヤホン MS-515 [並行輸入品] (レッド)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。