audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン audio-technica ATH-IM50 レビュー】粒感の強いソリッドなサウンドが楽しめる

audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン デュアル・シンフォニックドライバー ブラック ATH-IM50 BK

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515054350j:plain

 低価格だがリケーブル可能なカナル型イヤホン。音質的には中高域よりにバランスよく感じられる。没入感は高めで音漏れは少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 イヤーピースの替えとキャリングポーチが付属する。イヤーピースはシリコンのもののほかに密着性の高いコンプライイヤーピースもついている。コードのタッチノイズは目立たず、ほぼない。

 

【2】音質

 音質はソリッドな粒感の感じられる音でややおとなしめに感じる自然な味付け。ボーカルが近く、楽器は奥まり、奥行き感がやや強く感じられる。低域は控えめな味付けでどちらかというと中高域寄りな印象。

 

[高音]:力強い音で自然な方向の味付けだが、若干暗め(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:奥まった感じでおとなしめだがのびやかなストリングスが心地よい。

[低音]:100hz~50hzはそこそこきれいな振動。40hz以下は沈む。比較的おとなしめに感じる低域(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:奥行き強く、ボーカルは近い。

[パーカッション・リズム]:粒感強めのパーカッション。砂のような感じがある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは近めで分離感があり明瞭。

 

【3】官能性

 分島花音「killy killy JOKER」は奥まった渋めのストリングスが広さを表現する。ややおとなしめに感じられるボーカルは力強くのびやかさがあり、そこそこの突き抜けも感じる。粒感の強いパーカッションも面白い。味付け的には安定感高めに思う。

 YUI「again」は低域が比較的おとなしめで、全体として安定的。ボーカルは近く、そこそこの力強さがある。のびやかさはそれほどでもないように思われ、若干暗めに出てしまってはいるが、質感的には引き締まっていて面白い。

 多田葵「灼け落ちない翼」のパーカションはおとなしめに聞こえる。ピアノにはほどよい精彩があるが、目立ちすぎない。ボーカルは自然で落ち着いた温度感の感じられる声色で突き抜けも感じられる。若干暗めな曲調ではある。

 鈴木このみ「DAYS of DASH」はボーカルが力強く元気で、やや暗めには思うが肉厚で説得力がある。突き抜けも悪くない。パーカッションは重くはじける感じだが力強く安定的。疾走感よりはパワフルさが感じられる。

 

【4】総評

 この価格でリケーブル可能、かつコンプライイヤーピースも付属して音質もそこそこ。ソリッドで独特のしまりのある表現が面白い。尖ったところは少ないが、自己主張の感じられる味付けで、落ち着いた中にも力強さがある。

 

audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン デュアル・シンフォニックドライバー ブラック ATH-IM50 BK

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。