audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ゲーミングヘッドセット Mixcder Devil レビュー】振動機能はうまく動作しない。それを除けばホラーゲーム用として優秀

Mixcder Devil ゲーミング ヘッドセット PC ゲーム用ヘッドフォン ヘッドホン USB Gaming Headset 7.1chサラウンドサウンド ヘッドバンド 高集音性マイク付 LEDライト付 振動機能on・off ヘッドアーム調整可能 PS4 タブレット ノートパソコン スマートホン などに対応

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160528212136j:plain

 大きめのイヤーマフと柔軟なフレーム構造で付け心地の軽いゲーミングヘッドセット。装着感は良いが、蒸れやすい。遮音性は高くない。

audio-sound.hatenablog.jp

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 AUX入出力。

 付属品として日本語に対応するマニュアルが付属する。左側のハウジング裏側に振動ボタンがあるが、機能しない。マニュアルによればWindowsパソコンに接続すると自動でドライバーがインストールされ、振動機能が使えるようになるとあるが、手持ちのWindows10やWindows7パソコン複数台で試したものの、使えるようになった物はなし。USBはヘッドセットを光らせるだけの代物のようだ。

 

【2】音質

 音像はやや粗く、音割れしやすく篭もったような傾向にある。ゲーミングモデルらしく、低域が存在感と深みに満ちていて、支配的に響きやすい。高域は行ってこいになりがちで突き抜け感には欠ける印象。音楽は基本もっさり感が強め。

 

[高音]:やや篭もりがちで下に落ち着きやすく、もっさりしているように感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、petit milady「azurite」でテスト)

[中音]:左右の張り出しが強め。弦楽など一部の奥まる音が聞こえづらい。キーボードなど一部の表現はシャリ感強め。

[低音]:100hz~20hzまで重い音。70hzくらいにピークがあり、そこまではそれほど減衰しない印象(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右の張り出しの強さと奥まる音のギャップで奥行き感は感じやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラム優位。ただシンバルはシャリ感と粒感があって疾走感もそこそこ出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは近め。

 

【3】ゲーミング体験

 ナレーションはやや目立つが、ノイズ感が若干ある。声は全体的にハスキー気味に聞こえやすい。低域の衝撃音が思ったより強くなく、斬撃音などは重みがあってザクザクといった肉切り感のある音になっている。

 張り出しが強く、空間は少し狭く感じる。たとえば街中や森での小鳥の声などの演出音とナレーションが近くで聞こえ、ミュージックはやや奥まるので、主人公の周りに音が密集している感じがしてしまう。それが空間を狭く感じさせやすい。

 

 それは逆にホラーゲームでは恐怖が肌に近いということでもある。雨音や金属音が身近に感じられ、敵からの追跡音はストーキングの気配をすぐ背後に感じさせる。また恐怖を高めるうなり声のような演出も近いので恐怖感が増す。

 身の毛もよだつような表現が楽しめる。

 

【4】マイク

 シャキシャキした明瞭な音で入る。明るさは自然だがメリハリ強め。問題は環境音も容赦なく拾い、PCの動作音、テレビの音、キーボードの打鍵音など比較的なんでも拾いやすい。それも明瞭に入る。

 

【5】総評

 装着感の良さは評価できる。開放的な構造なせいか遮音性が低いところはあるが、ホラーゲームの臨場感は高い。主人公が感じている恐怖をそのまま追体験できるかのような肌に近い表現はかなりの迫力を感じる。ただ空間表現が独特で万能に活躍するモデルではなさそうだ。

 振動機能がないのは残念。

 

Mixcder Devil ゲーミング ヘッドセット PC ゲーム用ヘッドフォン ヘッドホン USB Gaming Headset 7.1chサラウンドサウンド ヘッドバンド 高集音性マイク付 LEDライト付 振動機能on・off ヘッドアーム調整可能 PS4 タブレット ノートパソコン スマートホン などに対応

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。