audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン CollectionAudio DZAT-DR20 レビュー】ドライでメリハリのあるサウンド。ピアノや弦楽に豊かさもあり、変化に富んだ相貌を見せる

CollectionAudio DZAT-DR20

CollectionAudio 高音質 カナル型 イヤホン ノイズキャンセル ヘッドホン マイク 付き 遮音 シルバー DZAT-DR20

 

おすすめ度*1

CollectionAudio DZAT-DR20

ASIN

B01CLED162

 清涼感を感じる色合いが素敵なカナル型イヤホン。遮音性はそこそこ高く、音漏れは普通。

 


 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はプラスチック製のキャリイングケースとイヤーピースの替えが付属する。細めのケーブルはややタッチノイズが目立つ。

CollectionAudio DZAT-DR20

 

【2】音質

 メリハリ感が強めで気持ちよいパーカッションが特徴。弾みもあり、パーカッションには疾走感もある。そのためタイトな感じでキレのある音楽が楽しめるが、側面でやや歪みを感じ、音割れしやすいところがある。刺さるような耳にいたい場面は少ない。

 

[高音]:やや割れやすいところがあり、ドライな乾いた感じに聞こえる。突き抜け感はそれほどでもない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:圧迫感はなく、広さはあるが奥行き感のようなものが出づらい。
[低音]:低域はもったりとした厚みを感じる音。80hz~60hzくらいにブーミーな振動音を鳴らすところがあり、50hz以下は沈む(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域近め。ただ圧迫感はなく、広さはある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:キレがよい。パーカッションの演出力が魅力(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルは乾燥した感じでドライ。


【3】官能性

 petit milady「azurite」はドライで爽快感の強いサウンド。キレも良く、スカッとしたところはある。ボーカルはやや乾いた感じではあるが、この曲ではそれほど目立たず、キレの良さを楽しみやすい。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」はボーカルが比較的潤いのある声なので、乾いた感じは少ないが、ハイハットの音が砂のような鳴り方をするのでそちらがドライさを演出する。疾走感強め。

  ハート♡インベーダー「好感Win-Win無条件」は中毒性の強い緻密なサウンドがメリハリよく表現されて聴き応えはなかなか。声優声なせいか声色も比較的ドライさは出ず、コケティッシュな色合いが維持されている。

 東山奈央「Hello Alone -Yui Ballade-」は声色の透明感がよく出ている。ピアノと弦楽音も豊かな厚みがあるが、その分音割れも出やすく、耳のはじでざわざわする感じが終始抜けないのが残念だ。

 

【4】総評

 やや乾いたドライな感じではあるが、メリハリの強いサウンドは楽しい。またピアノ音や弦楽音には意外と豊かさもあり、それらの楽器が強めの曲では一転して潤い感もでる。音割れだけがどうしても気になり、エイジングで落ち着けばよいが、一週間程度熟成した感じでは変化がなかった。

CollectionAudio DZAT-DR20

 

CollectionAudio 高音質 カナル型 イヤホン ノイズキャンセル ヘッドホン マイク 付き 遮音 シルバー DZAT-DR20

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。