audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ゲーミングヘッドセット SADES A6 レビュー】この価格帯では非常に優れた空間表現と立ち上がりとメリハリのある音がゲームや音楽の楽しさを増す

【正規品】SADES 専門 ゲーミング ヘッドセット 眩しいLED&マイク&ステレオ ヘッドホン A6イヤホン 音楽 PC用 【マイク音量調節 ノイズキャンセリング機能搭載】

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515174014j:plain

 非常に軽く、付け心地が柔らかいのが特徴のゲーミングヘッドセット。 外見上はかなりメタリックなように見えるが、実際はメッキのプラスチックなので軽量だ。 イヤーマフも厚めで柔らかく、装着感はかなりよい。

 遮音性はあまり高くなく、目の前でテレビをかけるとその音が普通に聞こえ、音漏れも大きい。

audio-sound.hatenablog.jp

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 フレームのひねり耐性はかなり柔軟で、柔らかくぐにゃっとしっかり曲がる。 それが素直に付け心地にも反映されていて、圧迫感とは無縁の自然な装着感。 イヤーマフは厚みがあり、それだけが存在感を主張する。

 インターフェースはUSB専用。 付属品は専用のソフトウェアの入ったCD。

 

【2】音質

 まずこの製品は音にかかるリバーブの具合をソフトウェアで調節できる。 HiFiモード・ムービーモード・音楽モードと3種類あるが、音楽モードがとくにリバーブ感が強く空間表現が強調される。

 音は基本的に頭のてっぺん少し後ろくらいから突き抜けてくる開放的な音で明るく、元気があり楽しい。 全体的にメリハリがあって躍動感に満ちており、生命感がある。 低音は響いているが自己主張が強くなく、中音以上を壊さない。

 

[高音]:天井は高い。高域では素直に上方向に抜けていく感じがあり、また大音量でも音に尖りが出にくく、解像度は維持されている(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、petit milady「azurite」でテスト)

[中音]:方向感と距離感が強く、広い空間表現に一役買っている。ボーカルに対してほどよい分離感を保ちながらしっかり包み込んでいる。音の鮮やかさは比較的強く出る傾向にあり、キラキラ感は強い。

[低音]:肉厚で密度の高い音だが、ほどよく弾けるので粒感もあり、とにかく元気。60hzくらいに強い振動があり、これが衝撃を演出する。スペック外だが20hzより下の低音にも存在感がある。(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:標準ではボーカルは近く方向感は明瞭だが比較的タイトで迫力重視の音場だが、ムービーモード・音楽モードではリバーブが強くなり奥行き感が強調されて立体感がかなり増す(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:このヘッドホンの一番良いところ。パーカッションにメリハリと勢いがあり、重みはあるがその抜けが良いので気持ちよく弾ける。全体として楽しく元気な雰囲気に表現する(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルには一貫性があり、標準では一人称に近い位置にあるが、別モードでは三人称に近く楽器にも接近した位置まで後退するので、様々な味わいが楽しめる。

 

【3】ゲーミング体験

 ゲーミングに向くのはHiFiモードかムービーモードに思う。 音楽モードだと主人公の近くのオブジェクト音、主人公の足音など一人称的な音の響きが強くなり、周囲の音をつぶしがちになる。

 HiFiモードとムービーモードの違いはナレーションにリバーブが掛かるかどうかが大きく、個人的にはオープンワールド系のゲームではHiFiモード、閉鎖的なホラーゲームのようなタイトルにはムービーモードがおすすめ。

 オープンワールド系ゲームではHiFiモードだと緻密な音表現を丁寧に鳴らすので、方向感がわかりやすく、広さも感じやすい。 主人公の足音や足元に近い波音などは下方向に明確に聞こえるし、遠くのせせらぎ、鳥の鳴き声などの表現も広さに満ちている。 前述したように60hz付近でドライバーが振動するので、電撃音などで振動が出て楽しい。

 ナレーションや台詞は近めでしっかり聞き取れるが、そのまわりをオブジェクト音がしっかりと取り囲んでいる。 戦闘時などの緊迫感のある音楽も立ち上がりの良いドライバーが追随して鼓動のように打ち鳴らし、緊張感を盛り上げる。

 廃墟で敵に追われる形式のようなホラーゲームでは逆にムービーモードが良い気がする。 一人称の動作音、敵の気配などが周辺の空気から感じられるような不気味な雰囲気がうまく出る。 遠くで鳴るダクトの音、したたり落ちる水滴などに存在感が出て、非日常的な恐怖感の深みが増す。

 

【4】マイク

 マイクの音はかなり自然。 タイピング音など周辺音も比較的小さめで素直に声を拾っている感じがある。 チャットマイク的な感じだ。

 

【5】総評

 装着感の良し悪しは長時間のゲーミング体験に大きく影響するが、その点このヘッドフォンは3時間ほど装着していてもとくに違和感・疲労感はなく、首などに負担感が出ることもなかった。 軽量でここらへんはよく考慮された設計に思う。

 音質は音楽で聞いても歪みが少なく、ゲーミングにとどまらない良さがある。 付属ソフトウェアでかなり大ざっぱながら空間性に変化を出せるのも面白い。 全体的に元気よく明るく楽しい音で、それがゲーミング体験でも反応が良くメリハリのある空間表現になっていて、どんなゲームでも万能にゲーミング体験を盛り上げる。 方向感もしっかり出るのでFPSにもおすすめ。

 

【正規品】SADES 専門 ゲーミング ヘッドセット 眩しいLED&マイク&ステレオ ヘッドホン A6イヤホン 音楽 PC用 【マイク音量調節 ノイズキャンセリング機能搭載】

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。