audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン Yenona Y7 レビュー】丁寧で自然な表現。高域に艶が足りず、やや立体性に乏しいが、全体としてレベルは高い

OneOdio Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式 耳掛け式 ワイヤレスイヤホン ランニング用 スポーツ イヤホン【メーカー1年保証】 (ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161120043810j:plain

ASIN

B01EWORAGG

 45°傾斜が設けられていて耳にしっかりと差し込まれるイヤーピースと、ファイバーコーティングされてタッチノイズをうまく抑えられている見た目もかっこいいケーブルが特徴。

 遮音性はそこそこ、音漏れはやや少なめ。

 通信性能も安定しており、途絶や遅延は感じられなかった。aptXには対応しない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、イヤーフック。携行ケースも付属しており、マニュアルは英語で日本語非対応。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617lYsKb%2BuL._SL1000_.jpg

 

【2】音質

 音質は全体的に軽妙で弾みの良い印象。量感もなかなかにあり、パーカッションの活きの良さが目立つ。一方で弦楽・キーボードなどの楽器音は全体的に控えめで情感は抑えがちな表現。ボーカルも演出が少なく、やや落ち着いたしっとりした感じに出る。

 

[高音]:粒は良く、音はなめらかさもあってきれいだが、落ち着いた感じでしっとり。やや自己主張が少ない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に広さ重視の感じで弦楽は奥行きを感じさせる。表現としてはおとなしめでのびやかさに情感などはなく、きらめき感も強くない。

[低音]:厚みを感じさせるしっかりした音で粗やブレが少ない。減衰は自然で100hz以下はストレートな印象だが、20hz以降も振動を感じ、かなり深掘りしている (分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右やや後方が近く、そこから頭の中心を包み込む感じ。弦楽音はだいぶ奥まるところもあり、奥行きは出る。高さ的には目線付近に集中している(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:アタック感強めでキレのある音。爆発力もなかなかにあり、全体的に弾みが良い音(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは中低域の親近性があり一体感がある。自然な味わいで演出は少ないが、存在感はしっかりしていて聞き取りやすい。キンキンしたり息遣いが刺さってこない。個人的には好み。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」は低域の厚みの上にボーカルのあどけなさもある声色が丁寧に表現されている。ボーカルに色をつけないこのイヤフォンでは思う存分若いボーカルの持つ独特の混色が味わえる。またキラキラしすぎず落ち着いたピアノ表現と粒感のあるパーカッション表現が曲調をうまく出している。この曲はイヤフォンによってはざわつく不快要素に興を削がれる場合があるが、このイヤフォンでは弦楽も強く出過ぎず、ほどよい情感を加えるにとどまり、全体のしっとりした雰囲気をあますところがない。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」はやや安定感が強い。この曲はキラキラ感が強くなるとまぶしいほどきれいに輝く曲だが、このイヤフォンでは比較的落ち着いている。一方でボーカルに注力して聞きやすくなっており、ボーカルは息遣いを中心に自然な声色を味わいやすく、生々しい瑞々しさがある。

 supercell「My Dearest」はやはり低域の厚みがしっかり出た上に、個々の楽器音が自然に自己主張しすぎず一体的に感じられる。パーカッションの弾みもよく曲にメリハリをしっかりつけており、サビでは楽器音がキンキンしないので聞きづらいところもなく、全体的に展開がなめらか。良質だ。

 分島花音「EIGHT LIGHT RISE」も悪くない。金管音がやや控えめなせいか高さはそれほど感じられず、どちらかというと低域中心の地に足が着いた音楽になっているのは好みを分けそうだが、ボーカル中心にしっかり味わえる。パーカッションの刻みも良く軽快さはよく出ているので、やや立体感は乏しいものの、全体として良くまとまっている。

 

【4】総評

 高域は決して出ていないわけではなさそうだが、全体的に存在感が薄い。とはいえ聞こえないわけではなく、表現としては意外と綺麗で良質なのだが、のびやかさがやや乏しい。そのせいか立体を感じづらいものの、総じて中低域を中心にきれいに音が出ており、価格の割にレベルは高い。

 

 

 

Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式 ワイヤレスイヤホン 耳掛け式ランニング用スポーツヘッドセット iPhone&Androidなどのスマートフォンに対応(ブラック)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。