audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ハイレゾ対応イヤホン audio-technica ATH-CKR70 レビュー】自然な音の鳴り方、調和的な色合いを目指しているような品の良いイヤホン

オーディオテクニカ ハイレゾ対応カナルイヤホン(グラファイトブラック)audio-technica Sound Reality ATH-CKR70-BK

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170424070243j:plain

ASIN

B01GO3ISXM

 イヤーピースの装着感はよく、圧迫感を感じさせないデザイン。遮音性はそこそこだが、音漏れはやや目立つ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、携行ケース。ケーブルのタッチノイズはやや目立つ。

 

【2】音質

 全体的に自然な音を目指したような調和的なイヤホン。フラットに近いが、鳴り方が奥ゆかしいというか、それぞれの音が独特の他の音に配慮した鳴り方をする。たとえば高域はあとからのびてくる感じがあり、中域は広さの表現に注力している感じで、低域は深掘り気味でやはり下から地熱を丁寧に加える印象。そのせいか音源によっては力不足で量感などの面で足りないと思う場面もあるかもしれない。

 

[高音]:後から伸びてくるしなやかな音(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:広めの空間表現に貢献する。

[低音]:振動に厚みがあり、減衰は100hzから素直に落ちていく。深掘りと地熱を感じさせる音(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域の床をやや意識させられ、高さはそれほど感じられない。全体的にはフラット(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは粘りもあり、地熱もあって熱い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルはやや暗めで大人びている。

 

【3】官能性

 いきものがかり「ソプラノ」はやや暗めで大人びた雰囲気。ボーカルの息遣いはそこそこ出ていて、表現力はあるように思うが、全体として盛り上がりはいまいちな気がする。

 ClariS「STEP」は効果音がやや抑えめで演出は控えめ。ドラムも若干重たげでボーカルもやや暗めであり、やはり大人びた雰囲気。

 多田葵「灼け落ちない翼」は全体として演出抑えめでボーカル中心の味わい。ボーカルは後から後からのびていく感じでそこそこの中毒性がある。

 春奈るな「Overfly」は高域の突き抜け感にやや乏しい気がする。のびやかさは十分。全体的に大人びて、若干達観したような味わいがある。

 

【4】総評

 ボーカル曲はどうしても暗めに感じられる気がする。そのためアニメ声の女性ボーカルはやや不得手なように思うが、のびやかさはあって、とくに後から後からのびていく感じの表現はなかなかに楽しい。ただスカスカしてはいないのだが、個々の音域の音が控えめなように感じられ、曲の盛り上がりにはいまいち欠ける展開が多い気がする。

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 濃密。息遣いとのびやかさがうまく出ており、充実感がある。上方向への突き抜け感にはやや乏しい気もするものの、全体として満足感は高い。

 

オーディオテクニカ ハイレゾ対応カナルイヤホン(グラファイトブラック)audio-technica Sound Reality ATH-CKR70-BK

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。