audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン Brainwavz XFIT XF200 レビュー】豪快と表現すべきか。ほどよい量感と細かさ、ほどよく広い音場、そして躍動的な低域が魅力。

Brainwavz XFIT XF200

【国内正規品】BRAINWAVZ オーバーイヤー型イヤホン XF-200 Black BW420266

 

おすすめ度*1

Brainwavz XFIT XF200

ASIN

B01H1MI5T2

  シュア掛けタイプのカナル型イヤホン。ケーブルはほどよい硬さもあって取り回しがよい印象。装着感もしっかりしている。プラスチック製で軽量なのもよい。遮音性は比較的高く、音漏れも少ない印象だ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はコンプライを含めた多数のイヤーピースの替えと携行ケースが付属する。ケーブルのタッチノイズはほとんどない。

 

Brainwavz XFIT XF200Brainwavz XFIT XF200

 

【2】音質

 音質傾向としてはドンシャリ。中域はやや奥まって広さを表現する。全体的に精密で量感もあり、細かな音まできれいに聞こえる印象だ。低域は深掘り感はあまりないが、中高域を邪魔しない。パーカッションは疾走感もうまく出ていて、豪快という印象だ。

 

[高音]:やや透明感が強め(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:精密な印象で弦楽もほどよくのびやか、音も全体的に細かい。

[低音]:沈みすぎず、音場全体を支えて広さにも貢献する低域。躍動的な音場を作っている(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ほどよく広いが、深掘りはされないのでやや腰高気味。

[パーカッション・リズム]:ドラムは躍動感もあり、ハイハットも精密かつ粒感のある細かな鳴り方で疾走感が出やすく、明るめ(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:透明感もあってのびやかさもある。

 

【3】官能性

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」はパーカッションに軽快な味わいがあり、中高域の精密さと音場感で開放的かつ量感もある音楽を展開する。ボーカルも透明感があってキラキラ感も出ており、なかなかの印象。

 ClariS「CLICK」は明るめで元気な色彩。全体的に音がはっきりとクリアーで透明感がある印象で、量感もしっかりしている。これくらい情報量が多いとやや聞き疲れしやすいところはあるが、迫力は満点。

 鈴木このみ「DAYS of DASH」もドラムに警戒感があり、キラキラ感も良く出るので爽快な印象が強い。全体的にエネルギーがあって前向きに疾走感があって楽しい。ボーカルに息遣いも感じられ、力強さも出ている。

 

【4】総評

 付属品が多いのが魅力で、音質的にも爽快な味付けは気持ちよく、それなりのコスパが感じられるが、いまいちこれぞという押しが薄い。全体としてバランス良くまとまっている気がするが、ほかにも魅力的な機種が多い同価格帯の中では必ずしも抜き出ている感じはなく、コスパ的には標準的という印象だ。シュア掛けスタイルなので外出時の利用には向いているので、通勤用やスポーツ用途におすすめしたいが、それならワイヤレスタイプが今は充実しているので、ワイヤードタイプをあえて選ぶ必要はあまりないような気がする。

 

 Brainwavz XFIT XF200

 

【5】このイヤホン向きの曲

 爽快な味付け、アニメ声向きの透明感のある声色表現はこの曲にぴったり。

 

Brainwavz XFIT XF200 Black カナル型 マイク付 イヤホン

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。