audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレススポーツイヤホン Ecandy Wireless Sports レビュー】深みから空間全体に広がる重低音。聞き疲れしにくく、スポーツ向きとしてはなかなか

【Bluetooth イヤホン 防汗スポーツ】 Ecandy Bluetoothヘッドセット BluetoothヘッドフォンV4.1ワイヤレススポーツ対応 IPX4防水 防汗(ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170426113034j:plain

ASIN

B01LYZO9UV

 しっかりしたイヤーフックがついており、装着性は高い。遮音性はあまり高くなく、音漏れも結構大きい。

 aptXには対応しない。通信は安定しており、音飛びや遅延はなく、動画鑑賞にも十分使える。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、キャリングポーチ。ケーブル部分のタッチノイズはほとんど目立たない。

 

【2】音質

 音質的には肉厚で量感があるのが特徴。高域はややおとなしく、中域下付近が若干張り出し気味で、低域もドラムは強く出ずベースがやや強めで全体として若干おとなしめな印象で、全体的にはかまぼこに近いか。スカッとした爽快感があるが、聞き疲れしにくい音で、スポーツ用途に長時間着用するにはもってこいの音質かも知れない。

 

[高音]:高域はやや奥まる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は充実度が高く、立ち上がりもよい。弦楽がのびやかでヒステリックな響きもよく出るので、情緒感が強い。

[低音]:ドラムよりベースが利く印象。ドラムもボンボンと空間に広がる印象で地熱を加える感じが強い。振動ははっきりした音で、60hz~40hzくらいに振動が強くなるところがあり、やや深めにピークを作っている印象。20hz付近でも震えがしっかりしているほど。(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域の厚みと深さが強く意識されるため、安定感が強い。上方向もほどよく広いが、低域にどうしても意識が向くので、床面が印象に残りがち(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラム優位。ドラムは弾力や反発力は強くないが、深く重く沈んで空間に利く。ハイハットはおとなしめになりやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:どちらかといえばドライ。息遣いはそこそこ出て、のびやかさは若干弱い。

 

【3】官能性

 SPYAIR「Departure」はそこそこ立ち上がりよく抜けもよい感じでスカッとした味わい。低域は量感があるが、強く押し出してくる感じがなく、ほどよく距離感があって控えめ。

 奥華子「きみの空」は中低域付近に量感があり、弦楽がかなり量感があり、情緒的。月明かりのような優しい光彩を放つ中低域の厚みの上に、ぽっかりとボーカルが浮かび上がる感じで幻想的。厚みがあって空間を揺らすが、支配的にならない低域も味わい深く、良質な印象。

 分島花音「RIGHT LIGHT RISE」は金管に勢いがそこそこあり、ドラムの躍動はやや沈む感じで重たいが、ベースがよく利いているため、暗めではあるが、暗くなりすぎない。ボーカルはややボソボソしているかも知れない。

 ClariS「トパーズ」は弦楽の色づきがあり、ドラムの響きも空間に密度を与えているので、濃厚。ボーカルは若干ボソボソしているものの、重厚気味ではあるが、暗さはそれほど気にならない。全体的にやや単調になっている気がするが、ドラムラインの鳴り方が個人的に好みで味わい深かった。

 

【4】総評

 熱量のある中高域を邪魔しない空間に広がっていく低域が魅力。とくに重低音の深さは中毒的で、しかも音に圧迫感がないので聞き疲れしにくく、それでいて量感たっぷり。高域付近はややドライでおとなしめだが、中低域あたりの張り出しも音楽に説得力を与えている印象。曲によっては単調になりやすいところが欠点だろうか。

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 やや奥まっている感じだが、ドラムが空間全体に利いていて、深く沈み込んだ感じで効果を及ぼして熱量を加える。弦楽の利きもよくアクセントがしっかりしている感じだが、全体としては熱気がやや強く、もわーっとしている。この熱気はなかなか味わえない。

 

 重低音の利き方が良質で素直に重量感と深みが出ており、ガチャガチャしない。出足の深掘り表現が中毒的で一気に世界観に引き込まれる。

 

【Bluetooth イヤホン 防汗スポーツ】 Ecandy Bluetoothヘッドセット BluetoothヘッドフォンV4.1ワイヤレススポーツ対応 IPX4防水 防汗(ブラック)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。