audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン iClever BTH20 レビュー】これはおすすめ!とろけるアイスクリームのような濃厚な空間との一体感を感じる音楽は絶品だ!

iClever BTH20

iclever イヤホン bluetooth4.1 スポーツ ワイヤレス ヘッドセット 高音質 超軽量 13g IPX4防水 カナル型 マイク CVC6.0ノイズ低減 iPhone&Android ブラック BTH20

 

おすすめ度*1

iClever BTH20

ASIN

B071P15GPY

 小型のハウジングと柔らかいイヤーウィングが耳の形状に合わせてしっかりとイヤーピースを差し込んでくれる形状。装着感は良好だ。遮音性は高く、音漏れもかなり少なめ。

 aptXには対応しない。通信は安定しており、音飛びや遅延はなく、動画鑑賞にも十分使える。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、予備イヤーウィング、充電用USBケーブル。ケーブル部分のタッチノイズはほとんど目立たない。

iClever BTH20iClever BTH20

 

【2】音質

 結論から先に言うと、全体的になめらかで耳に刺さらない音質で、深みのある良質な低域とのびやかで広く高い中高域が魅力的。抜けのよさよりはふっくらとした音の厚みがしっかり感じられる音で密度は高めだが、それが音圧の強い感じで出ず、やわらかい感触なのでアイスクリームのような空間にとろける感じがあって味わい深い。個人的に音質は好みなので、評価は若干甘くなるかも知れないが、パーカッションの粒感も良好でカラースプレーチョコトッピングのように彩りと歯ごたえ、味を加える。

 

[高音]:なめらかでのびやかで抜けも良い(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:精彩ははっきりしているのに尖らずになめらかに抜ける。まさにアイスクリームのように濃厚な味わいが感じられた後にそれがすっと消えていくイメージ。

[低音]:低域は存在感があり深みも感じられ、ブーミーだがエッジも利いており、バランスが良好。何より中高域に被さらない。重厚さも出ているが振動感と地熱感にはやや乏しく、重みは若干物足りなさを感じるかも知れない(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:立ち上がりもよいが、全体的に音の中盤に厚みが出る印象。それが乳製品に似た濃厚な味わいに感じられるが、反面爽快感はやや弱い。空間的にはほどよい定位感があって広めの球状(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:全体的には安定方向で、ドラムは重厚な味わい。ハイハットには粒感と精彩があるが、味わい的には濃密といった感じで肉厚さがあり、ドラムと一体的で重厚感のほうが強め。けだるげな感じはなく、もっさりはしないが安定的にまとまって感じられるので疾走感は感じにくいと思われる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ふっくら感のあるのびやかさ。楽器音との関係がほどよく、一体感がある。

 

【3】官能性

 fhána「ムーンリバー」は低域の厚みがしっかりリズムを作る。ボーカルはなめらかなのびやかさがある。サビでは若干中域の密度が高くなるので、やや音の重なり具合が気になりガチャガチャ感が出てしまうところはあるが、個々の音は滑らかで抜けは良く、耳に痛い感じはない。奥行き感がやや出すぎるかも知れないところはあり、個人的にはほどよい距離感といった感じだが、これが若干篭もって感じられる人もいると思われるので、この点は好みを分けそう。

 山崎あおい「花火のあと」はふっくらした表現が、暖色の空間を作り、どちらかというとセピア色。ボーカルは息遣いもきれいに感じられ、のびやかで厚みのある弦楽に乗ってサビでは高く突き抜けていく。その弦楽にはヒステリックさは少なめで情緒的になりすぎず、どちらかというとさわやか青春サウンドな味わいに仕上がっている。

 鈴木このみ「This game」はガチャガチャしやすい曲だが、全体的になめらかで音に潰れや聞きにくさはなく、尖りも出ない。エッジ感は若干減じているが、反面ピアノの色づきと弦楽ののびやかさが感じられ、流れがスムーズで情感も感じられる味わいになっている。

 Perfume「ポリリズム」はリズムを刻む低域、ふっくら広さを感じさせるやわらかめの中高域に充実した統一感があり、ボーカルとの関係性も良好。全体として密度と広さを感じながら、尖りのない聞きやすい形で楽しめる。

 

【4】総評

 コスパは文句ない。なめらかで濃厚、空間への溶込みの良い音は良質。低域にも厚みと深みがあり、重みだけがやや足りない印象だが、タイトすぎずブーミーすぎずのバランスを取っていてかなりレベルが高い。全体的に聞きやすい印象の音だが、思ったより低域が強く、意外にも感覚以上に聞き疲れするところはある。装着感も良好で没入感も高い。個人的には好みの音質で価格帯の中ではかなりおすすめ。

 

iClever BTH20

 

【5】このイヤホン向きの曲

 ほどよくふっくら感のある音場が、ガチャガチャしやすいこの曲を聞きやすくしている。なめらかで耳当たりも良く、抜けも良いので爆発力もそこそこ出ていて快活さは失われていない。エッジの利きが若干弱いような気がするので、そこをどう捉えるかだろう。

 

 重厚な重低音には厚みと深さはあるものの、重みが若干足りないが、それが逆に曲を重くさせすぎず、くどさもない。深掘り感はしっかりしているのでタイトな味わい。ボーカルはふっくらのびやかで説得力を感じさせる。また弦楽がかなりのびやかで情感をうまく出しており、この曲の哀切さを盛り上げる。

 

 ふっくらとした空間表現が霧の存在感を感じさせる。ピアノの音はほどよく精彩があって残響感も良好、照り返す光の眩しい輝きを感じさせながら、低域では波濤のさざめきを思わせる。

 

 情感と色彩感にあふれたピアノ、深掘り感のある低域、その中心に楽器に包まれて優しく歌い上げるボーカル。一体感のある表現を味わうならこの曲。 

 

 ふっくらなめらかとした優しい楽器音の味わいを思う存分味わうならこの曲しかない。パーカッションの粒感も良好で思わずその囁きに誘われて身体が動き出してしまうほど。

 

iclever イヤホン bluetooth4.1 スポーツ ワイヤレス ヘッドセット 高音質 超軽量 13g IPX4防水 カナル型 マイク CVC6.0ノイズ低減 iPhone&Android ブラック BTH20

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。