audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【DJヘッドホン audio-technica ATH-PRO05MK3 レビュー】自然な色合いでのびやかかつ突き抜け感のあるさっぱりスッキリな中高域が心地よい

audio-technica ATH-PRO05MK3

audio-technica 密閉型DJヘッドホン ブラック ATH-PRO5MK3 BK

 

おすすめ度*1

audio-technica ATH-PRO05MK3

ASIN

B00O3QGOJ8

 全体的にしっかりとクッションが施されたDJヘッドホン。装着感は軽いが側圧にやや強めなところはあるが、イヤーマフは柔らかく、耳当たりはよく長時間使用しても痛くなりにくい。ただ密閉型のせいか温度も篭もりやすく、蒸れやすいところがある。

 遮音性はそこそこだが、音は少し漏れる。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は6.35mm変換アダプタ、着脱可能な3.5mmオーディオケーブル。2種類の付属ケーブルいずれもタッチノイズはない。

audio-technica ATH-PRO05MK3

 

【2】音質

 音質的には高域も低域もバランス良く、全体としてはフラットに感じられる。中高域の抜けはよく、すっきりした味わいが非常にうまく出ていて、篭もった感じがない。低域はややブーミーで比較的落ち着いた鳴り方で重みはそれほどでないが、存在感はそれなりに感じられる。味付け的な妙味は中高域よりであり、低域は中高域を引き立てる形で全体的に調和的な音場を作っている印象だ。

 

[高音]:突き抜け感はそこそこあり、高さも出やすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:広さを感じやすい。また楽器音の色づきが自然な感じで殺風景な音でもないが、色づけしすぎないあたりをうまく狙っている印象。これは好印象。

[低音]:ぼーっとした振動。減衰は素直(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:音場の広さは感じやすい。奥の方まで音が鮮明。ただ場合によってややスカスカしている感じがある。圧迫感はない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ハイハットの粒感が良好で疾走感がうまく出る。ドラムはパシパシパンパンといった弾けの強い音で輪郭感がはっきりし、爆発力が感じられやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:奥まりやすい楽器に近い位置関係で、イヤホンに耳慣れしていると奥まっているように感じやすい。声質は自然な色合いで、のびやかさと突き抜け感はなかなか。

 

【3】官能性

 さユり「Birthday」はなめらかで粒感もあり、分離感強めの味わい。ややスカスカしている感じがあるが、個々の音がはっきり聞こえ、定位感が明確で、音が混じり合って潰れたり、ガチャガチャするところがない。

 Rie fu「One-Bite」はスッキリ味でなめらかのびやか。音の艶もほどよくあるが、キラキラしすぎず洗練された上品さのある音。ボーカルは抜けも良くスッキリ。

 池田綾子「三日月」はピアノの音がキラキラしすぎない自然な色合いで、かつ鮮明。パーカッションの粒感は良好で、ボーカルはやや音像がぶれる気がするが、のびやかさと突き抜け感は良好。

 ClariS「Orange」はタイトでしかも温もりの感じられる低域とのびやかで明るいボーカルが暖色の音場を作る。

 

【4】総評

 1万円以下のヘッドホンとしてはコスパは良好。臭みが少なく自然でしかも個々の音像がはっきりした広めの空間表現はどんな曲でも荒れることなくきれいに聞かせてくれる。一方で若干スカスカしたところと、低域が基本的に中高域をサポートする鳴り方をするところで引っかかる人がいるかもしれない。

audio-technica ATH-PRO05MK3

 

【5】このヘッドホン向きの曲

 この曲はピアノの色彩が強すぎたり、楽器音の密度が強く出過ぎてしまうとガチャガチャしやすい曲だが、このヘッドホンなら心配ご無用。細かな音までクリアに、しかも自然な色合いで、若干淡泊気味に聞かせ、ボーカルとの距離感もほどよく、スッキリサッパリした味わいで気持ちよく聞かせてくれる。

 

audio-technica 密閉型DJヘッドホン ブラック ATH-PRO5MK3 BK

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。