audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【DJヘッドホン JVC HA-XM30X レビュー】深みと重みはあるが、重量感は強すぎず中高域を邪魔しづらい低域。若干密度が高く、情報量が多い曲ではガチャガチャしやすいところもある

JVC HA-XM30X

JVC HA-XM30X XXシリーズ 密閉型ヘッドホン DJユースモデル ブラック&レッド

 

おすすめ度*1

JVC HA-XM30X

ASIN

B00DRVB0UI

 大きめで耳当たりの良い厚ぼったいイヤーマフの装着感は良いが、やや蒸れやすいかも知れない。バンドはやや締め付けが硬いので、頭の形によってはきつく感じるかも知れない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は説明書。ケーブルのタッチノイズはない。

 

JVC HA-XM30X

 

【2】音質

 重低音モデルと銘打ってはいるだけあって、低域にはかなりの深みや重みがある。ただし前面に出る感じの音ではなく、タイトで被さる感じもないため中高域を意外と阻害しない。一方でそれゆえに支配的な低域音を好む人からすると重量感の面では物足りなく思うかも知れない。全体的に音に密度感が感じられ、中高域の精彩もよく、バランス感覚に優れる印象だが、情報量が多めの曲の一部では中低域の密度が強すぎて、高域が圧迫される感じが出てしまうこともある。

 

[高音]:楽器が多い情報量高めの曲では奥まり篭もって感じられることもある。逆にボーカル中心の曲やクラシックなどのバランス感覚の良い曲では、充実した高域が感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に密度高め。場合によってガチャガチャしやすい。色づきはそこそこよく、煌めき感もある。ピアノの精彩や弦楽の色づきも悪くない。

[低音]:比較的タイトで深みと重みが感じられる音。前面に出てくる支配的な感じでなく、ほどよい分離感がある。重量感はあまりない(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:エッジ感はそこそこある。音は全体的に近く、密度高めでやや混ざりやすい。頭を囲むやや狭めの半円形を感じる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:シンバルの音は細かく、精彩もある。重みと深みもあるドラムはよく弾み、重たくしすぎず快活な感じも出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:透明感はそれなりによく出る。のびやかさも悪くないが、中域の密度を強く感じるせいか上方向の開放感はそれほどでもない。

 

【3】官能性

 May'n & 中島愛 & 坂本真綾「娘々サービスメドレー」はかなり密度高めで全体的に近く、若干ガチャガチャする。曲の転換の切り替えは良く、エッジ感があってキレていて多彩な味わいはうまく出る印象。ただ高域音は圧迫されている感じがある。

 水瀬いのり & 久保ユリカ「動く、動く」は低域ビートがやや耳に近く、若干重たげな印象に聞こえる。ボーカルは埋もれず、一貫性がある。奥行き感はやや弱く、全体的に近く大味に聞こえる。

 UVERWorld「CORE PRIDE」はビートの刻みが近く、重く圧倒的。パンチも利いていて気持ちよい。ボーカルも近く、楽器に埋もれない。

 山崎あおい「夏海」はドラムが重くタイトな足音を刻む。ギターも側面から彩りを演出し、鮮やかな夏の空気を感じさせる。ボーカルが楽器に埋もれる感じもなく、迫力はなかなかにある。ただ若干背景の音がぼやけて感じられるかもしれない。

 

【4】総評

 タイトで良質な低域はなかなかに魅力的で、中高域の精彩もなかなかで充実した密度の高い音楽空間は楽しい。ただし前面に出てくるような支配的な低域好きからすると量感的に乏しく感じられるかも知れない。装着感は悪くなく、使い勝手の面でも価格標準以上の魅力はある。低域モデルと銘打っているものの、意外と万能な器用さを感じる。

JVC HA-XM30X

 

【5】このヘッドホン向きの曲

 ピアノの煌めき感は良好。弦楽の情感もあり、ボーカルの透明感もよく出ている。これくらいの曲だと密度感の高さが逆に曲の味わいを引き立たせ、充実感がある。全体的に近めで抱擁してくる音楽空間が展開される。

 

 低域リズムが足場をしっかり形成する。その上にボーカルと高域音がキラキラと星空のように浮かび上がる。なかなかに聴き応えがある。

 

 やや深めの低域がタイトな足場を作る。ボーカルの伸びやかさも良く、突き抜けも良い。側面の弦楽が若干近すぎる気もするが、色気のある音でうるさい感じはあまりない。

 

JVC HA-XM30X XXシリーズ 密閉型ヘッドホン DJユースモデル ブラック&レッド

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。