audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【aptX対応ワイヤレスヘッドホン SENNHEISER MOMENTUM M2 OEBT レビュー】個人的に文句なくオススメ。中高域の色彩感と突き抜け感、躍動感と解放感、そして遊び心を感じさせる味わい深い表現は好みです

SENNHEISER MOMENTUM M2 OEBT

ゼンハイザー MOMENTUM On-Ear Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 密閉型/オンイヤー/NFC・Bluetooth対応/aptX/折りたたみ式 ブラック M2 OEBT BLACK【国内正規品】

 

おすすめ度*1

SENNHEISER MOMENTUM M2 OEBT

ASIN

B00TKH1AQC

 重量的には軽め。折りたたみ式で側圧は若干強く感じられ、付け心地は硬めだが、イヤーマフは柔らかで厚みも十分。ただ夏場は蒸れやすい。

 遮音性はそこそこ。駅のホームでのアナウンスや列車の発着メロディーは聞こえるが、人の話し声などは大きくなければほぼ聞こえない。音漏れはそれなりに目立つかも知れないので、満員電車での使用には注意。

 aptXに対応する。AACには対応しない。通信に遅延・途絶はなく、動画鑑賞にも使える。なお試してないので真偽は不明だが、各種情報を集めている時にiPhoneの一部とは相性が良くないという書き込みをいくつか見た。AAC未対応であるし、iPhone/iPadでの利用を考えている場合は店頭でテストしてから購入するのが良いかもしれない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はオーディオケーブル、2種の携行ヘッドホンケース、充電ケーブル、航空機内用の変換プラグ、マニュアル2種。

 

SENNHEISER MOMENTUM M2 OEBTSENNHEISER MOMENTUM M2 OEBT

 

【2】音質

 高域の突き抜け感がとにかく爽快で、ピアノや弦楽の色づきも強く、全体的に明るく色彩豊かな中高域が魅力。低域はだいぶブーミーで空間にゆるく広がる味わいになっており、ウーファー感を感じさせる。これはおそらく中高域の色彩感を生かすための調整に思え、表現としてはおとなしめながら、量感のある低域が中高域の煌めき感や質感を削がない形で音楽に重量感のみを加えるような感覚がある。どちらかといえば中高域に妙味を感じやすい。

 

[高音]:高域は突き抜け感があり、のびやか。高低の感覚がはっきりしアタック感も出やすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ピアノの色彩がかなり強い。それに比べると弦楽の光沢感はピンポイントに響く感じで、抑揚が利いており、表現としては全体的に比較的落ち着いた中で、鳴らすところでは一気に色づいて印象に残る、若干外連味の強い味になっている。アタック感が出やすい。

[低音]:低域はややブーミーで抑揚の少ない、空間に膨張するように溶けていく音。曲にボリューム感と熱量を加える仕事に終始する縁の下の力持ち的な鳴らし方(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:上に高く、奥行きも丁寧に出る。天井の高いドーム型(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは衝撃が控えめで自己主張が少なめ。ハイハットはやや弱めでドラムの背景になることが多い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:突き抜け感がしっかり味わえるので、高域ボーカル向き。

 

【3】官能性

 山崎あおい「君のいない夏なんて嫌いだ」は色彩感のバランスが良く、キラキラしすぎないややしっとりとした煌めき感があって、この曲の情緒感にふさわしい。ボーカルはやや濡れた感じで潤いがあり、抑揚を利かせるパーカッションが感情の起伏を色づけ、低域の支えが曲を量感的に充実させている。

 UVERWorld「CORE PRIDE」はややもっさり気味。ドラムがメインのこの曲だが、そのドラムに弾ける爆発力が感じられづらく、ブーミーで重たい音は鈍重さが強調されがちに思う。絨毯爆撃のような感じのドラム。重厚さのある味付けが好みの人にはいいだろうが、スプラッシュ感を味わいたい人にはやや向かないか。

 伊藤由奈「trust you」のリズム表現の生々しさのある聞かせ方はかなりいい。ボーカルの伸びやかな声色と楽器との一体感が味わえる曲だが、このヘッドホンは抑揚をうまく出してその一体性を高めている印象。混濁せず描き分ける解像度もさすが。

 大原ゆい子「言わないけどね。」は全体的に精彩度が高い。ピアノや弦楽のアタック感もよく出ている印象。そのせいか人によってはパンチが利きすぎてうるさく感じられることもあるかもしれない。

【4】総評

 全体的に色彩感覚に優れていて、突き抜け感もあり、とにかくキラキラ明るく元気な中高域と、それを躍動的に支える仕事上手なアシスト役の低域のコラボレーションが個人的にはすごくいい。音の抑揚の付け方もなかなか絶妙で、遊び心も感じさせてくれる。遮音性もなかなかあって没入感も高い。外出用、家用どちらでも楽しめる。

 付属品も一通り揃っており、通信性能も安定していてaptXにも対応。マニュアルなどで確認する限り、AACに対応していないところはウィークポイントか。3万円ちょうどくらいの価格設定だが、場合によって5万円クラスに匹敵するレベルでコスパは高く思える。死角らしい死角が見当たらない良機種。

SENNHEISER MOMENTUM M2 OEBT

 

【5】このヘッドホン向きの曲

 低域に厚みと深み、中盤ややふっくらとする膨張感と消失感があり、曲全体にメリハリを感じる。ボーカルも残響感がきれいで空間への拡がりが良く、世界観を支配する。ボーカルの表現がかなり印象的で存在感が強いので、後半クライマックスで劇的にコーラスが増えて盛り上がる場面ではうるさくなることを覚悟したが、解像度が高く描き分けがしっかりしているのでガチャガチャした感じがなく、気持ちよく聴かせてくれる。

 

 中高域の抑揚が情緒を増すので、このような曲では出だしからパンチを食らわせてくれて一気に世界観に引き込んでくる。

 

 ボーカルに妙味あり。透明感と伸びやかさに優れ、若さに溢れた初期の飯島真理の声色を楽しむには持って来い。瑞々しい甘味のある魅惑的な声色を堪能できる。

 

 弦楽に煌めき感がある。抑揚で高低の感覚が強く出て、それに伴いアタック感もかなり感じられ、若干外連味が増しているのがこの曲のサビ付近の盛り上がりによく合う。落ち着いて大人びて聞こえやすい曲だが、このヘッドホンでは全体的に躍動感と色彩感が増して、やや若く聞こえる。

 

 煌めき感のあるピアノや存在感のある楽器たちが個性を主張するので、楽器をいろいろ散りばめて遊ぶようなこの曲にはよく合う。弦楽ののびやかさによる高低の表現と、ボーカルの方向感による左右の定位表現が空間的にも広さを出して面白い。この曲の遊び心をしっかり聞かせてくれる。

 

 ドラムの重厚感と躍動感がよく出て元気な音場のうえにコケティッシュなボーカルが展開するこの曲はやや密度が高めだが、それをガチャガチャさせずに聞かせてくれる。とくにボーカルが見事に楽器音の波間から浮かび上がってくる感じは綺麗に出ている印象だ。

 

ゼンハイザー MOMENTUM On-Ear Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 密閉型/オンイヤー/NFC・Bluetooth対応/aptX/折りたたみ式 ブラック M2 OEBT BLACK【国内正規品】

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。