audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ニュース】JVC、ブランド最小最軽量級ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「Victor HA-A30T」リリース!

 Victor HA-A30T

Victor HA-A30T

 

 JVCケンウッドから通勤通学やテレワークに最適化された高機能コンパクト完全ワイヤレスイヤホン「Victor HA-A30T」がリリースされました。

 

“Brand New ジブン!”

 Victor HA-A30Tは服を選ぶようにアクセサリー感覚で身に着けられる、トレンドを意識したジェンダーレスな5色をラインアップされています。ミニマルなバイカラーデザインを採用し、イヤホン本体と充電ケースにはビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を施しました。機能面とデザインを両立させ、日常のさまざまな場面において、長時間快適に使用できるイヤホンとして提案されました。

 

www.youtube.com

 

Victor HA-A30Tの特徴

  • JVC製ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて最小・最軽量
  • ミニマルなバイカラーデザイン、トレンドを意識したジェンダーレスな5色をラインアップ
  • 騒音下でもクリアなサウンドを実現するノイズキャンセリング性能
  • 外出時やテレワーク時のオンライン会議などでも快適なハンズフリー通話が可能
  • 映像と音のずれを抑える低遅延モードを搭載、ゲームや動画を快適に楽しめる
  •  高磁力ネオジウムマグネット採用の高音質ドライバー&バスブーストモードを搭載しクリアで迫力ある      サウンドを実現
  • イヤホンを着けたまま会話が可能なタッチ&トーク機能
  • 連続9時間/最大21時間の長時間再生と、10分の充電で最大75分の再生が可能なクイック充電に対応

 

 

JVC製ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて最小・最軽量を実現

 ノイズキャンセリング機能を搭載した当社製完全ワイヤレスイヤホンにおいて最小・最軽量となる約4.2g(片耳)の質量を実現し、より軽い着け心地でリスニングが楽しめます。また、充電ケースも約28gと小型・軽量のため、外出時の持ち運びなども便利です。

 

 

ミニマルなバイカラーデザイン、トレンドを意識したジェンダーレスな5色をラインアップ

 屋外使用時などで発生しやすい風切り音を抑制するフードとなる、メタリックパーツをワンポイントに使ったミニマルなバイカラーデザインを採用。トレンドを意識したジェンダーレスな5色をラインアップし、イヤホン本体と充電ケースには、ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を施しました。

 

 

騒音下でもクリアなサウンドを実現するノイズキャンセリング性能

 Victor HA-A30Tは、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、内蔵マイクで集音した周囲のノイズを打ち消す信号を高精度に生成することで、ノイズを低減します。さらにノイズキャンセリングの効果を高めるために、やわらかい素材を採用し、遮音性に優れた新形状イヤーピースを開発しました。アクティブノイズキャンセリング機能と新開発のイヤーピースの遮音性により、乗り物内などの騒がしさが気になる環境でもクリアなサウンドが楽しめます。

 

外出時やテレワーク時のオンライン会議などでも快適なハンズフリー通話が可能

 通話時にもノイズキャンセリング機能をオンにでき、周囲が騒がしい場面でもクリアな通話を実現します。また、イヤホン本体側に通話マイクのON/OFF機能を搭載し、接続機器側を操作することなく、簡単にマイクをミュートに切り替え可能。通話時でもイヤホン本体で音量操作が可能であるとともに、イヤホン本体の左右どちらでも片耳だけで通話できます。

※片側使用の場合、イヤホン本体での操作に制限があります。

 

 

映像と音のずれを抑える低遅延モードを搭載、ゲームや動画を快適に楽しめる

 Bluetooth®伝送時に発生する音声の遅延を抑制し、映像とのずれを抑え、スマートフォンやタブレットでのゲームや動画視聴を快適に楽しめます。

 

高磁力ネオジウムマグネット採用の高音質ドライバー&バスブーストモードを搭載しクリアで迫力あるサウンドを実現

 高磁力ネオジウムマグネット採用の高音質ドライバーを丹念にチューニングしたクリアで躍動感ある心地よいサウンドを実現。バスブーストモードにより、さらに迫力あるサウンドも楽しめます。

 

イヤホンを着けたまま会話が可能なタッチ&トーク機能

 ワンタッチで再生中のコンテンツの音量を下げるとともにマイクで外音を取り込むタッチ&トーク機能を搭載。イヤホンを装着したまま会話が可能です。

 

通勤通学やテレワークを快適にサポートする長時間再生

 イヤホン単体で連続9時間、ケース込み最大21時間の長時間再生と、10分の充電で最大75分の再生が可能なクイック充電に対応しています。これにより通勤通学や出張および旅行時の長距離移動を完全にカヴァーできるだけでなく、テレワークにも向いています。

 

 

価格と販売時期

 Victor HA-A30Tは¥9,900で5/26に発売されます。現在予約受付中です。

 

Victor HA-A30T

 

 

【関連記事】

【特集】注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2022年4月号]

【特集】注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2022年1月号]

 

 

急成長する完全ワイヤレスイヤホン市場

 2022年現在、完全ワイヤレスイヤホンの市場は拡大を続け、主流のオーディオ製品にまで成長しました。以前はそれほど多くなかった機種も大幅に増え、最近になっても続々と有名ブランドの参入し、多彩な機種が登場し続けています。

www.bcnretail.com

 

 また、完全ワイヤレスイヤホンが音質で劣っているというのは過去の時代になりつつあります。ワイヤレス・オーディオ技術の進化は非常に早く、年単位で接続品質と音質が改善されており、現在では有線イヤホンにほとんど遜色ない音質レベルが再現されています。

 

 この記事ではそんな完全ワイヤレスイヤホンの中から、とくに最新機種で注目すべきイヤホンを紹介します。

 

注目の完全ワイヤレスイヤホン、今買うならこれだ!

 

伝説的機種の後継機!「SENNHEISER MOMENTUM TRUE WIRELESS 3」

SENNHEISER MOMENTUM TRUE WIRELESS 3

SENNHEISER MOMENTUM TRUE WIRELESS 3

 

 2019年に登場した「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless」は完全ワイヤレスイヤホンに高音質をもたらした伝説的機種として知られています。SENNHEISERはこのモデルをこれまで継続的にアップデートしており、今年第3世代となる「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3」をリリースしました。

 

 この第3世代ではこれまでの世代からイヤホン本体の外観が大幅に変更されており、より耳にフィットするデザインに改良されました。

 

 

 海外では少し値下げされてコストパフォーマンスが改善されたのも特長ですが、国内販売価格は為替の影響か少し高くなっているのが気になるところです。すぐ下位の機種であるCX Plusがかなり評判が良いだけに、その約2倍となる価格で売れるのかは興味がありますね。

 

 

SENNHEISER Momentum True Wireless 3の特徴
  • 高く評価されてきたシリーズの正統後継機
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • より快適な装着感を実現するイヤーフィン付きデザイン
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • やや癖のある付属アプリ

 

 

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

¥36,300(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

世界最高峰のサウンド「Bang & Olufsen Beoplay EX」

Bang &Olufsen Beoplay EX

Bang & Olufsen Beoplay EX

 

 ラグジュアリーオーディオブランド「Bang & Olufsen」の最新フラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンが「Bang & Olufsen Beoplay EX」です。

 

 E8シリーズの時代からB&Oの完全ワイヤレスイヤホンは音質面と機能面の両方で高く評価されており、Beoplay EXもすでに公開されているレビューでかなり高評価を得ています。

 

www.youtube.com

 

 価格だけ一見少し高すぎる印象を受けるかもしれませんが、Bang & Olufsenは世界全体でプライスコントロールを行っており、為替の影響を受けづらく、Sennheiser Momentum True Wireless 3のように海外と比べて大きな価格差があるということがありません。

 

 機能面で不足がなく、アプリもよくできている機種で、評判は上々です。

 

 

Bang & Olufsen Beoplay EXの特徴
  • 定評のあるB&Oサウンドと高級感あるデザイン
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • マルチポイント対応
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • 高機能な付属アプリ

 

 

Bang & Olufsen EX

Bang & Olufsen EX

Bang & Olufsen Beoplay EX

¥39,900(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

 

注目度No.1!国産ブランド最高峰の「Victor HA-FW1000T」

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

 

 現時点で音質とデザイン、とくに音質にこだわるなら最も期待できる製品が「Victor HA-FW1000T」です。

 

 JVC独自の木製振動板を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載し、同じく独自技術のデジタルオーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」も、このタイプに初めて導入しました。

 

www.youtube.com

 

 数ある国産ブランド製品の中でもJVCの木製振動板モデル「WOOD」シリーズは生楽器のような自然な響きと広がりのあるサウンドで、「ライブ演奏が美しく聞こえる」と国内外で高い評価を得ていますが、その最新モデルが完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます。さらにサウンドチューニングはVictorスタジオが監修しています。

 

Victor HA-FW1000T

 

 アクティブノイズキャンセリングも搭載し、ブランドが総力を込めて投入する、現状最高峰のサウンドは、発売前からすでに話題沸騰しており、販売店員の間の評価も非常に高い製品です。

 

Victor HA-FW1000T

 

Victor HA-FW1000Tの特徴
  • 木製振動板、K2テクノロジーなどJVCの現状のサウンド技術を総投入
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 100段階の音量調整&新開発のイヤーピース
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • 付属アプリなし

 

 

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

¥39,600程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

長時間駆動&パワフル低域!「audio-technica ATH-CKS50TW」

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 日本のオーディオブランド「audio-technica」の人気シリーズ「SOLID BASS」から出る最新の完全ワイヤレスイヤホンが「audio-technica ATH-CKS50TW」です。

 

 ATH-CKS50TWはイヤホン単体で連続20時間という圧倒的な長時間再生を実現しています。つまり、audio-technica ATH-CKS50TWがあれば、「文字通り1日中」イヤホンで音楽を楽しむことができます。

 

www.youtube.com

 

 プロ用マイクやモニターヘッドホンで高い評価を得ているオーディオテクニカ。もちろん音質面でも妥協はありません。完全ワイヤレスでもスタジオレベルの熱量が感じられる、本物の重低音を実現するために、音響設計には徹底的にこだわったようです。

 

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 機能面も充実しています。アクティブノイズキャンセリングをはじめ、2台までのマルチポイント(リアルタイム端末切替)、SONY 360Reality Audio対応、アプリによる操作性のカスタマイズなど利便性の高いさまざまな機能が提供されています。

 

audio-technica ATH-CKS50TW

 

audio-technica ATH-CKS50TWの特徴
  • 大口径ドライバーによる迫力の重低音
  • 業界最高クラス、一日をカヴァーできるイヤホン単体での20時間連続再生
  • アクティブノイズキャンセリング/ヒアスルー搭載
  • ハイレゾ相当の音質再現が可能なaptX Adaptive対応
  • マルチポイント対応
  • 360 Reality Audio対応

 

 

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

¥18,480程度

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

イギリスからの黒い刺客!「Marshall Motif A.N.C」

Marshall Motif A.N.C.

 

 ギターアンプで有名な英国のオーディオブランド「Marshall」からおしゃれなデザインの完全ワイヤレスイヤホン「Marshall Motif A.N.C」が登場しました。

 

 Motif A.N.Cはおしゃれで高級感のある質感のデザインを持ち、パワフルなサウンドシグネチャーと効果的なアクティブノイズキャンセリング、音質調整機能を搭載したアプリなどを備えたMarshallのフラッグシップモデルです。

 

 独特の都会的なかっこいいデザインが話題になっており、日本発売が待たれていましたが、ついにこの1月、正式発売されました。

 

www.youtube.com

 

Marshall Motif A.N.C.

 

XROUND FORGE NCの特徴
  • 6mmドライバーから生み出されるパワフルなMarshallシグネチャーサウンド
  • ワイヤレス充電対応
  • IPX5防水イヤホン&IPX4防水ケース
  • ANC&トランスペアレンシーモード、調整可能なEQ対応

 

 

Marshall Motif A.N.C.

Marshall Motif A.N.C.

  ¥25,980

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

JBL史上最高の音質と機能性「JBL Tour Pro+ TWS」

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

 

 プロ用機材からコンシューマーまで手掛ける世界的なオーディオメーカーであるJBLは精力的な製品展開で知られています。高機能なアプリと定評あるJBLサウンドでこれまでも多くのヒット製品が生み出されてきており、価格帯も幅広く、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランドとして知られています。

 

 そのJBLの最新機種「JBL TOUR PRO+ TWS」はJBLブランドの新たなフラッグシップモデルとして、傾向性・装着感・機能性・音質すべてで高い次元の品質を提供しており、話題になっています。

 

www.youtube.com

 

JBL TOUR PRO+ TWS

 

JBL Tour Pro+ TWSの特徴
  • フラットな定評あるJBLチューン
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

¥23,000程度

 

 
 
 
オススメ

 

 

ウィザードの生みしTWS「Noble FoKus PRO」

Noble FoKus PRO

Noble FoKus PRO

 

 音の「ウィザード」ジョン・モールトン博士が手掛けるNoble Audioはインイヤーモニターの世界では人気のあるブランドです。

 

 Nobleは最初の1DD+2BAのハイブリッドドライバー完全ワイヤレスイヤホン「FALCON PRO」で成功を収め、今回はさらにチューニングに磨きをかけて最新仕様で「Fokus Pro」を完成させたといいます。Falcon Proの評判の高さを考えると、Fokus Proも期待できそうです。

 

Noble FoKus PRO

 

Noble FoKus PROの特徴
  • カスタムIEMのように耳にフィットする装着感
  • 高度なEQを備えた付属アプリ
  • 一日中使えるバッテリー性能

 

 

Noble FoKus PRO

Noble FoKus PRO

 

 

機能性と音質の両立「Technics EAH-AZ60」

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

 

 Panasonicの音響ブランド「テクニクス」は近年復活し、続々と新製品をリリースしていますが、今年さらにラインナップを拡充しています。

 

 最新機種「Technics EAH-AZ60」は昨年好評を博した「EAH-AZ70W」の基本設計を継承しつつ、新たにLDACやマルチポイントに対応し、機能面で強化されました。ラインナップの序列ではEAH-AZ70Wより下位に存在していますが、実際はほとんど上位機種です。

 

www.youtube.com

 

 メタリックを基本としながら落ち着いたデザインで高級感のあるモデルで、通話品質にもこだわっており、発売後の評判も比較的良好です。

 

Technics EAH-AZ60

 

Technics EAH-AZ60の特徴
  • 高い通話品質
  • 高音質コーデックLDACに対応
  • 強力なアクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

¥27,720程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

高コスパ。高度な機能性を低価格で実現!「Xiaomi Redmi Buds 3 Pro」

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

 

 「Redmi」は世界的なスマートデバイスメーカー「Xiaomi」のサブブランドです。そのRedmiの世界的なヒット商品となっている完全ワイヤレスイヤホンがRedmi Buds 3 Proです。

 

www.youtube.com

 

 世界的なスマートデバイスメーカーが作った完全ワイヤレスイヤホンとしてRedmi Buds 3 Proは、比較的低価格でありながら高機能で使い勝手の良さが追求されています。2台までのスマートデバイスをシームレスに操作/切り替えできるマルチポイント、強力なANC、低遅延モード、ワイヤレス充電対応など、完全ワイヤレスイヤホンに熟知したユーザーほど欲しくなる機能が搭載されています。

 

 さらにこのワイヤレスイヤホンは音質も高く評価されており、Xiaomiのラボの先進的な研究により、どんな音楽も快適に楽しめる高い解像感とサウンドバランスが追求されたニュートラル系のサウンドを持っています。

 

Redmi Bads 3 Pro

 

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの特徴
  • 2台までの機器をスムーズに操作できるマルチポイント
  • 小型で快適な装着感
  • ワイヤレス充電&急速充電
  • バランスの良いニュートラルサウンド

 

 

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

¥6,990(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

マルチドライバー&最新のSnapdragon Sound対応!「AVIOT TE-BD21j-ltd」

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

 

 AVIOTはかねてより開発を明らかにしていた「Qualcomm Snapdragon Sound」対応の完全ワイヤレスイヤホンをリリースしました。

 

 「TE-BD21j-ltd」は、圧倒的な音楽性と解像度を実現するハイブリッド・トリプルドライバーモデルとして発売された「TE-BD21j」を大幅ブラッシュアップした最新作になります。デザインの基本はそのままに、新世代オーディオプラットフォームに対応することで、最新の快適で柔軟かつ高音質のオーディオ体験を実現し、マルチポイントにも対応しているなど大注目製品です。

 

Snapdragon Sound

 

AVIOT TE-BD21j-ltd

 

AVIOT TE-BD21j-ltdの特徴
  • 96kHz / 24bit Qualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
  • マルチポイント対応
  • 最新のQualcomm Snapdragon Sound対応
  • マルチドライバーによるワイドレンジサウンド
  • 高機能なアプリ

 

 

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

¥17,280(税込)

 
 
 
 
オススメ
 
 

 

 

おしゃれに着飾るイヤホン「V-MODA Hexamove Pro」

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

 

 イタリア発の音響ブランドで、現在は日本のプロ音響メーカーRolandの傘下にあるV-MODAがブランド初の完全ワイヤレスイヤホンを発表しました。

 

 このイヤホンは外観が衝撃的で、V-MODAの六角形デザインをうまく完全ワイヤレスイヤホンのコンパクトな形状に落とし込んでおり、フェイスプレート交換機能も搭載していて、他のイヤホンにない優美なデザインが魅力的です。

 

www.youtube.com

 

 チューニングはプロ用オーディオメーカーのRolandが行っているということで、期待も高いですが、機能面はかなり絞られており、ガジェット的な面白さには欠けるかもしれません。

 

V-MODA Hexamove Pro

 

V-MODA Hexamove Proの特徴
  • 流行の最先端を行く、V-MODAのおしゃれなイタリアンデザイン
  • プロオーディオメーカー「Roland」による音質調整
  • aptX Adaptiveに対応
  • アクティブノイズキャンセリングやヒアスルーなし

 

 

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

¥24,000(税込)前後

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

ビジネス&スポーツ向きの優等生「Jabra Elite 4 Active」

Jabra Elite 4 Active

Jabra Elite 4 Active

 

 ビジネスマンやスポーツマンを中心に、圧倒的な人気を誇るオーディオブランド「Jabra」は目下、完全ワイヤレスイヤホンのラインナップを大幅に刷新しています。

 

 最新製品「Jabra Elite 4 Active」はこの新しい製品群の中で、最もバランスの取れたコストバリューを提供することを目指したミドルエントリーとして作られており、ハイエンドモデルと同じような使い勝手をより安価に提供する汎用型モデルです。

 

www.youtube.com

 

Jabra Elite 4 Active

 

Jabra Elite 4 Activeの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • Jabraの高機能なアプリ
  • 高い防塵防水性能
  • スポーツ向きの装着感

 

 

 

Jabra Elite 4 Active

Jabra Elite 4 Active

¥13,500(税込)

 

 
 
 
オススメ

 

 

スポーツ用のApple Airpods Pro「Beats Fit Pro」

Beats Fit Pro

 

 Apple傘下のオーディオブランド「Beats by Dr. Dre」の最新完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro」はスポーツ向けのAirPods Proと言えるような製品です。

 

 AirPodsの特徴である空間オーディオやSiriとの高い連携機能を備える上、よりスポーツ向きにフィット感を重視した設計になっています。音質も高く評価されており、かなり話題になっている製品です。

 

Beats Fit Pro

 

Beats Fit Proの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 空間オーディオ
  • スポーツ向きの装着感

 

 

Beats Fit Pro

Beats Fit Pro

  ¥24,800

 
 
 
 
 
 
オススメ

 

 

北欧発のミニマルデザイン「Sudio T2」

Sudio T2

Sudio T2

 

 機能性とファッショナブルなデザインを両立させた製品群で人気のあるスウェーデン発のオーディオブランドがSudioです。Sudioのブランド名は「スウェーデン」と「オーディオ」との組み合わせに由来しています。

 

 Sudio T2はSudioの大ヒットモデルTolvの後継機種です。好評を博したTolvのデザインを引き継ぎ、丸みを帯びたフォルムと暖かなパステルカラー調の色彩を持っています。

 

www.youtube.com


 機能面では前世代よりさらにブラッシュアップされており、アクティブノイズキャンセリングが追加されました。

 

 サウンドは北欧で人気のロックのスピード感も表現できる機敏さを持ち合わせ、パワフルでスナッピーな爽快サウンドを実現しています。オーディオファンを十分に満足させることができるでしょう。

 

Sudio T2

 

Sudio T2の特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • コンパクトで丸みがあり、携行性に優れる
  • 豊富なカラー
  • ミニマルでスタイリッシュなデザイン
  • ダイナミックでスピード感のあるサウンド

 

 

Sudio T2

Sudio T2

Sudio T2

¥14,900(税込)

クーポンコード:sudioathatena

 

オススメ

 

ほかにも注目機種がたくさん!

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

 

 

【関連記事】


【ハイエンドヘッドホン JVC HA-SW01 アウトラインレビュー】HA-SW02とほとんど差がない

JVC HA-SW01

JVC HA-SW01

 

免責事項
  • このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

JVC HA-SW01

 

こんな人におすすめ

  • 明るく朗らかな音が好き
  • 音楽に包まれたい
  • 高さの感じられる広い空間表現が好き
  • クラシックファン

 

JVC HA-SW01の概要

 「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「JVC HA-SW01」です。

 JVC HA-SW01の完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 周波数特性:8~45kHz
  • インピーダンス:56Ω
  • 感度:105dB/1mW
  • 価格帯:30000円~50000円

 

パッケージ

 パッケージは価格の標準を満たしています。全体的に高級な雰囲気があります。

 

パッケージ内容
  • ヘッドホン本体
  • キャリングポーチ
  • 説明書

 

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

 

ビルドクオリティ

 ビルドクオリティは価格の標準以上です。

 

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

 

装着サンプル

 イヤーマフはふかふかで装着感は良好です。

 

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

 

音質

 今回はFiiO M15で駆動してレビューします。

 

 

 基本的な構造がほとんど同じせいか、JVC HA-SW01のサウンドバランスはHA-SW02とほとんど変わりません。響棒など部品点数が増えており、それが歪率や解像度などに影響を与えていると思われます。低域がHA-SW02よりも響くようで、コントラスト感の点でHA-SW01のほうが僅かに優れており、全体のバランスもより優れていますが、響棒のせいか、残響が少し増えているようで、解像度ではHA-SW02のほうが優秀です。ただ密閉型ヘッドホンは装着感による音質変化が大きいので、これらの特徴は装着感次第で変わる可能性もあり、実際のところ、多くの人にとってHA-SW01とHA-SW02はほぼ同等で変わらない製品と言えます。

www.audio-sound-premium.com

 

 音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

音質総評
  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:A+
  • 個人的な好み:A+

 

 雲間から降り注ぐ光のように、明るい音楽を豊かな雰囲気で浴び、包まれたいのなら、JVC HA-SW01をおすすめします。ただし、それは下位機種のHA-SW02とほとんど変わりがなく、より明るく高解像な音が好みならHA-SW02のほうが優れています。

 

JVC HA-SW01

 

音質的な特徴
美点
  • 充実感が高いリッチサウンド
  • 明るく高解像
  • 降り注ぐような仰角感
  • 爽快
  • 包まれ感がある
  • 調和的
  • ウォームで聞き心地が良い
  • 開放的な音場
欠点
  • 原音忠実的ではない
  • よくない質感表現
  • ブーミーで締まりのない低域
  • 深みに欠ける低域
  • 下位機種のHA-SW02との差が少ない

 

 

総評

 JVC HA-SW01は降り注ぐような音楽に包まれる豊かな音楽体験をもたらします。問題はHA-SW02とほとんど変わらないわりに比較的大きな価格差があることです。

 

 

【関連記事】


【ハイエンドヘッドホン JVC HA-SW02 アウトラインレビュー】天上の音楽

JVC HA-SW02

JVC HA-SW02

 

免責事項
  • このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

JVC HA-SW02

 

こんな人におすすめ

  • 明るく朗らかな音が好き
  • 音楽に包まれたい
  • 高さの感じられる広い空間表現が好き
  • クラシックファン

 

JVC HA-SW02の概要

 「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「JVC HA-SW02」です。

 JVC HA-SW02の完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 周波数特性:8~45kHz
  • インピーダンス:56Ω
  • 感度:105dB/1mW
  • 価格帯:30000円~50000円

 

パッケージ

 パッケージは価格の標準を満たしています。全体的に高級な雰囲気があります。

 

パッケージ内容

 付属品に不足はありません。

  • ヘッドホン本体
  • キャリングポーチ
  • 説明書

 

JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02

 

ビルドクオリティ

 価格のわりにビルドクオリティは良好です。

 

JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02

 

装着サンプル

 イヤーマフは適度な厚みがあり、装着感はかなり快適です。

 

JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02
JVC HA-SW02

 

音質

 今回はSBCでFiiO M15につないで、ANCはOFFにしてレビューしています。

 

 

 JVC HA-SW02はステージングが強調された奥行き感の強い変形W字型ないしV字型のサウンドを持っています。中域で響きが強調され、包まれるような空間演出がされています。高級なリスニングモデルにふさわしい、充実感が高いリッチサウンドです。

 

 音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

音質総評
  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

 

 雲間から降り注ぐ光のように、明るい音楽を豊かな雰囲気で浴び、包まれたいのなら、JVC HA-SW02をおすすめします。

 

 ユーミンの「やさしさに包まれたなら」のような世界観を持つヘッドホンです。

 

 それは原音忠実的でもなく、ニュートラルでもありませんが、とても充実感のある音楽体験を高い解像度で味わわせてくれます。なかなか味わえない極上の音楽体験を求めているなら、その一つがこのヘッドホンの中にあることは間違いないでしょう。

 

JVC HA-SW02

 

音質的な特徴
美点
  • 充実感が高いリッチサウンド
  • 明るく高解像
  • 降り注ぐような仰角感
  • 爽快
  • 包まれ感がある
  • 調和的
  • ウォームで聞き心地が良い
  • 開放的な音場
欠点
  • 原音忠実的ではない
  • よくない質感表現
  • ブーミーで締まりのない低域
  • 深みに欠ける低域

 

ソニーストア
ソニーストア

 

総評

 天上から降り注ぐような音楽を味わわせてくれる独特のテイストを持つヘッドホンがJVC HA-SW02です。高解像で響きも豊か、調和的で明るく、音楽が降り注いでくるような音楽体験はほかではちょっと味わえないでしょう。極上の音楽体験を求める人におすすめできる、至高の逸品の一つです。

 

 

【関連記事】


【特集】注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2022年1月号]

注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2022年1月号]

 

 

急成長する完全ワイヤレスイヤホン市場

 2022年現在、完全ワイヤレスイヤホンの市場は拡大を続け、主流のオーディオ製品にまで成長しました。以前はそれほど多くなかった機種も大幅に増え、最近になっても続々と有名ブランドの参入し、多彩な機種が登場し続けています。

www.bcnretail.com

 

 また、完全ワイヤレスイヤホンが音質で劣っているというのは過去の時代になりつつあります。ワイヤレス・オーディオ技術の進化は非常に早く、年単位で接続品質と音質が改善されており、現在では有線イヤホンにほとんど遜色ない音質レベルが再現されています。

 

 この記事ではそんな完全ワイヤレスイヤホンの中から、とくに最新機種で注目すべきイヤホンを紹介します。

 

注目の完全ワイヤレスイヤホン、今買うならこれだ!

 

注目度No.1!国産ブランド最高峰の「Victor HA-FW1000T」

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

 

 現時点で音質とデザイン、とくに音質にこだわるなら最も期待できる製品が「Victor HA-FW1000T」です。

 

 JVC独自の木製振動板を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載し、同じく独自技術のデジタルオーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」も、このタイプに初めて導入しました。

 

www.youtube.com

 

 数ある国産ブランド製品の中でもJVCの木製振動板モデル「WOOD」シリーズは生楽器のような自然な響きと広がりのあるサウンドで、「ライブ演奏が美しく聞こえる」と国内外で高い評価を得ていますが、その最新モデルが完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます。さらにサウンドチューニングはVictorスタジオが監修しています。

 

Victor HA-FW1000T

 

 アクティブノイズキャンセリングも搭載し、ブランドが総力を込めて投入する、現状最高峰のサウンドは、発売前からすでに話題沸騰しており、販売店員の間の評価も非常に高い製品です。

 

Victor HA-FW1000T

 

Victor HA-FW1000Tの特徴
  • 木製振動板、K2テクノロジーなどJVCの現状のサウンド技術を総投入
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 100段階の音量調整&新開発のイヤーピース
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • 付属アプリなし

 

 

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

¥39,600程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

長時間駆動&パワフル低域!「audio-technica ATH-CKS50TW」

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 日本のオーディオブランド「audio-technica」の人気シリーズ「SOLID BASS」から出る最新の完全ワイヤレスイヤホンが「audio-technica ATH-CKS50TW」です。

 

 ATH-CKS50TWはイヤホン単体で連続20時間という圧倒的な長時間再生を実現しています。つまり、audio-technica ATH-CKS50TWがあれば、「文字通り1日中」イヤホンで音楽を楽しむことができます。

 

www.youtube.com

 

 プロ用マイクやモニターヘッドホンで高い評価を得ているオーディオテクニカ。もちろん音質面でも妥協はありません。完全ワイヤレスでもスタジオレベルの熱量が感じられる、本物の重低音を実現するために、音響設計には徹底的にこだわったようです。

 

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 機能面も充実しています。アクティブノイズキャンセリングをはじめ、2台までのマルチポイント(リアルタイム端末切替)、SONY 360Reality Audio対応、アプリによる操作性のカスタマイズなど利便性の高いさまざまな機能が提供されています。

 

audio-technica ATH-CKS50TW

 

audio-technica ATH-CKS50TWの特徴
  • 大口径ドライバーによる迫力の重低音
  • 業界最高クラス、一日をカヴァーできるイヤホン単体での20時間連続再生
  • アクティブノイズキャンセリング/ヒアスルー搭載
  • ハイレゾ相当の音質再現が可能なaptX Adaptive対応
  • マルチポイント対応
  • 360 Reality Audio対応

 

 

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

¥18,480程度

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

イギリスからの黒い刺客!「Marshall Motif A.N.C」

Marshall Motif A.N.C.

 

 ギターアンプで有名な英国のオーディオブランド「Marshall」からおしゃれなデザインの完全ワイヤレスイヤホン「Marshall Motif A.N.C」が登場しました。

 

 Motif A.N.Cはおしゃれで高級感のある質感のデザインを持ち、パワフルなサウンドシグネチャーと効果的なアクティブノイズキャンセリング、音質調整機能を搭載したアプリなどを備えたMarshallのフラッグシップモデルです。

 

 独特の都会的なかっこいいデザインが話題になっており、日本発売が待たれていましたが、ついにこの1月、正式発売されました。

 

www.youtube.com

 

Marshall Motif A.N.C.

 

XROUND FORGE NCの特徴
  • 6mmドライバーから生み出されるパワフルなMarshallシグネチャーサウンド
  • ワイヤレス充電対応
  • IPX5防水イヤホン&IPX4防水ケース
  • ANC&トランスペアレンシーモード、調整可能なEQ対応

 

 

Marshall Motif A.N.C.

Marshall Motif A.N.C.

  ¥25,980

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

JBL史上最高の音質と機能性「JBL Tour Pro+ TWS」

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

 

 プロ用機材からコンシューマーまで手掛ける世界的なオーディオメーカーであるJBLは精力的な製品展開で知られています。高機能なアプリと定評あるJBLサウンドでこれまでも多くのヒット製品が生み出されてきており、価格帯も幅広く、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランドとして知られています。

 

 そのJBLの最新機種「JBL TOUR PRO+ TWS」はJBLブランドの新たなフラッグシップモデルとして、傾向性・装着感・機能性・音質すべてで高い次元の品質を提供しており、話題になっています。

 

www.youtube.com

 

JBL TOUR PRO+ TWS

 

JBL Tour Pro+ TWSの特徴
  • フラットな定評あるJBLチューン
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

¥23,000程度

 

 
 
 
オススメ

 

 

ウィザードの生みしTWS「Noble FoKus PRO」

Noble FoKus PRO

Noble FoKus PRO

 

 音の「ウィザード」ジョン・モールトン博士が手掛けるNoble Audioはインイヤーモニターの世界では人気のあるブランドです。

 

 Nobleは最初の1DD+2BAのハイブリッドドライバー完全ワイヤレスイヤホン「FALCON PRO」で成功を収め、今回はさらにチューニングに磨きをかけて最新仕様で「Fokus Pro」を完成させたといいます。Falcon Proの評判の高さを考えると、Fokus Proも期待できそうです。

 

Noble FoKus PRO

 

Noble FoKus PROの特徴
  • カスタムIEMのように耳にフィットする装着感
  • 高度なEQを備えた付属アプリ
  • 一日中使えるバッテリー性能

 

 

Noble FoKus PRO

Noble FoKus PRO

 

 

機能性と音質の両立「Technics EAH-AZ60」

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

 

 Panasonicの音響ブランド「テクニクス」は近年復活し、続々と新製品をリリースしていますが、今年さらにラインナップを拡充しています。

 

 最新機種「Technics EAH-AZ60」は昨年好評を博した「EAH-AZ70W」の基本設計を継承しつつ、新たにLDACやマルチポイントに対応し、機能面で強化されました。ラインナップの序列ではEAH-AZ70Wより下位に存在していますが、実際はほとんど上位機種です。

 

www.youtube.com

 

 メタリックを基本としながら落ち着いたデザインで高級感のあるモデルで、通話品質にもこだわっており、発売後の評判も比較的良好です。

 

Technics EAH-AZ60

 

Technics EAH-AZ60の特徴
  • 高い通話品質
  • 高音質コーデックLDACに対応
  • 強力なアクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

¥27,720程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

高コスパ。高度な機能性を低価格で実現!「Xiaomi Redmi Buds 3 Pro」

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

 

 「Redmi」は世界的なスマートデバイスメーカー「Xiaomi」のサブブランドです。そのRedmiの世界的なヒット商品となっている完全ワイヤレスイヤホンがRedmi Buds 3 Proです。

 

www.youtube.com

 

 世界的なスマートデバイスメーカーが作った完全ワイヤレスイヤホンとしてRedmi Buds 3 Proは、比較的低価格でありながら高機能で使い勝手の良さが追求されています。2台までのスマートデバイスをシームレスに操作/切り替えできるマルチポイント、強力なANC、低遅延モード、ワイヤレス充電対応など、完全ワイヤレスイヤホンに熟知したユーザーほど欲しくなる機能が搭載されています。

 

 さらにこのワイヤレスイヤホンは音質も高く評価されており、Xiaomiのラボの先進的な研究により、どんな音楽も快適に楽しめる高い解像感とサウンドバランスが追求されたニュートラル系のサウンドを持っています。

 

Redmi Bads 3 Pro

 

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの特徴
  • 2台までの機器をスムーズに操作できるマルチポイント
  • 小型で快適な装着感
  • ワイヤレス充電&急速充電
  • バランスの良いニュートラルサウンド

 

 

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

¥6,990(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

マルチドライバー&最新のSnapdragon Sound対応!「AVIOT TE-BD21j-ltd」

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

 

 AVIOTはかねてより開発を明らかにしていた「Qualcomm Snapdragon Sound」対応の完全ワイヤレスイヤホンをリリースしました。

 

 「TE-BD21j-ltd」は、圧倒的な音楽性と解像度を実現するハイブリッド・トリプルドライバーモデルとして発売された「TE-BD21j」を大幅ブラッシュアップした最新作になります。デザインの基本はそのままに、新世代オーディオプラットフォームに対応することで、最新の快適で柔軟かつ高音質のオーディオ体験を実現し、マルチポイントにも対応しているなど大注目製品です。

 

Snapdragon Sound

 

AVIOT TE-BD21j-ltd

 

AVIOT TE-BD21j-ltdの特徴
  • 96kHz / 24bit Qualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
  • マルチポイント対応
  • 最新のQualcomm Snapdragon Sound対応
  • マルチドライバーによるワイドレンジサウンド
  • 高機能なアプリ

 

 

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

¥17,280(税込)

 
 
 
 
オススメ
 
 

 

 

おしゃれに着飾るイヤホン「V-MODA Hexamove Pro」

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

 

 イタリア発の音響ブランドで、現在は日本のプロ音響メーカーRolandの傘下にあるV-MODAがブランド初の完全ワイヤレスイヤホンを発表しました。

 

 このイヤホンは外観が衝撃的で、V-MODAの六角形デザインをうまく完全ワイヤレスイヤホンのコンパクトな形状に落とし込んでおり、フェイスプレート交換機能も搭載していて、他のイヤホンにない優美なデザインが魅力的です。

 

www.youtube.com

 

 チューニングはプロ用オーディオメーカーのRolandが行っているということで、期待も高いですが、機能面はかなり絞られており、ガジェット的な面白さには欠けるかもしれません。

 

V-MODA Hexamove Pro

 

V-MODA Hexamove Proの特徴
  • 流行の最先端を行く、V-MODAのおしゃれなイタリアンデザイン
  • プロオーディオメーカー「Roland」による音質調整
  • aptX Adaptiveに対応
  • アクティブノイズキャンセリングやヒアスルーなし

 

 

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

¥24,000(税込)前後

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

ビジネス&スポーツ向きの優等生「Jabra Elite 4 Active」

Jabra Elite 4 Active

Jabra Elite 4 Active

 

 ビジネスマンやスポーツマンを中心に、圧倒的な人気を誇るオーディオブランド「Jabra」は目下、完全ワイヤレスイヤホンのラインナップを大幅に刷新しています。

 

 最新製品「Jabra Elite 4 Active」はこの新しい製品群の中で、最もバランスの取れたコストバリューを提供することを目指したミドルエントリーとして作られており、ハイエンドモデルと同じような使い勝手をより安価に提供する汎用型モデルです。

 

www.youtube.com

 

Jabra Elite 4 Active

 

Jabra Elite 4 Activeの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • Jabraの高機能なアプリ
  • 高い防塵防水性能
  • スポーツ向きの装着感

 

 

 

Jabra Elite 4 Active

Jabra Elite 4 Active

¥13,500(税込)

 

 
 
 
オススメ

 

 

スポーツ用のApple Airpods Pro「Beats Fit Pro」

Beats Fit Pro

 

 Apple傘下のオーディオブランド「Beats by Dr. Dre」の最新完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro」はスポーツ向けのAirPods Proと言えるような製品です。

 

 AirPodsの特徴である空間オーディオやSiriとの高い連携機能を備える上、よりスポーツ向きにフィット感を重視した設計になっています。音質も高く評価されており、かなり話題になっている製品です。

 

Beats Fit Pro

 

Beats Fit Proの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 空間オーディオ
  • スポーツ向きの装着感

 

 

Beats Fit Pro

Beats Fit Pro

  ¥24,800

 
 
 
 
 
 
オススメ

 

 

北欧発のミニマルデザイン「Sudio T2」

Sudio T2

Sudio T2

 

 機能性とファッショナブルなデザインを両立させた製品群で人気のあるスウェーデン発のオーディオブランドがSudioです。Sudioのブランド名は「スウェーデン」と「オーディオ」との組み合わせに由来しています。

 

 Sudio T2はSudioの大ヒットモデルTolvの後継機種です。好評を博したTolvのデザインを引き継ぎ、丸みを帯びたフォルムと暖かなパステルカラー調の色彩を持っています。

 

www.youtube.com


 機能面では前世代よりさらにブラッシュアップされており、アクティブノイズキャンセリングが追加されました。

 

 サウンドは北欧で人気のロックのスピード感も表現できる機敏さを持ち合わせ、パワフルでスナッピーな爽快サウンドを実現しています。オーディオファンを十分に満足させることができるでしょう。

 

Sudio T2

 

Sudio T2の特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • コンパクトで丸みがあり、携行性に優れる
  • 豊富なカラー
  • ミニマルでスタイリッシュなデザイン
  • ダイナミックでスピード感のあるサウンド

 

 

Sudio T2

Sudio T2

Sudio T2

¥14,900(税込)

クーポンコード:sudioathatena

 

オススメ

 

ほかにも注目機種がたくさん!

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

 

【関連記事】


【特集】注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2021年11月号]

注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2021年11月号]

 

急成長する完全ワイヤレスイヤホン市場

 2021年現在、完全ワイヤレスイヤホンの市場は拡大を続け、主流のオーディオ製品にまで成長しました。以前はそれほど多くなかった機種も大幅に増え、最近になっても続々と有名ブランドの参入し、多彩な機種が登場し続けています。

www.bcnretail.com

 

 また、完全ワイヤレスイヤホンが音質で劣っているというのは過去の時代になりつつあります。ワイヤレス・オーディオ技術の進化は非常に早く、年単位で接続品質と音質が改善されており、現在では有線イヤホンにほとんど遜色ない音質レベルが再現されています。

 

 この記事ではそんな完全ワイヤレスイヤホンの中から、とくに最新機種で注目すべきイヤホンを紹介します。

 

注目の完全ワイヤレスイヤホン、今買うならこれだ!

 

注目度No.1!国産ブランド最高峰の「Victor HA-FW1000T」

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

 

 現時点で音質とデザイン、とくに音質にこだわるなら最も期待できる製品が「Victor HA-FW1000T」です。

 

 JVC独自の木製振動板を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載し、同じく独自技術のデジタルオーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」も、このタイプに初めて導入しました。

 

www.youtube.com

 

 数ある国産ブランド製品の中でもJVCの木製振動板モデル「WOOD」シリーズは生楽器のような自然な響きと広がりのあるサウンドで、「ライブ演奏が美しく聞こえる」と国内外で高い評価を得ていますが、その最新モデルが完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます。さらにサウンドチューニングはVictorスタジオが監修しています。

 

Victor HA-FW1000T

 

 アクティブノイズキャンセリングも搭載し、ブランドが総力を込めて投入する、現状最高峰のサウンドは、発売前からすでに話題沸騰しており、販売店員の間の評価も非常に高い製品です。

 

Victor HA-FW1000Tの特徴
  • 木製振動板、K2テクノロジーなどJVCの現状のサウンド技術を総投入
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 100段階の音量調整&新開発のイヤーピース
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • 付属アプリなし

 

 

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

¥39,600程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

長時間駆動&パワフル低域!「audio-technica ATH-CKS50TW」

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 日本のオーディオブランド「audio-technica」の人気シリーズ「SOLID BASS」から出る最新の完全ワイヤレスイヤホンが「audio-technica ATH-CKS50TW」です。

 

 ATH-CKS50TWはイヤホン単体で連続20時間という圧倒的な長時間再生を実現しています。つまり、audio-technica ATH-CKS50TWがあれば、「文字通り1日中」イヤホンで音楽を楽しむことができます。

 

www.youtube.com

 

 プロ用マイクやモニターヘッドホンで高い評価を得ているオーディオテクニカ。もちろん音質面でも妥協はありません。完全ワイヤレスでもスタジオレベルの熱量が感じられる、本物の重低音を実現するために、音響設計には徹底的にこだわったようです。

 

audio-technica ATH-CKS50TW

 

 機能面も充実しています。アクティブノイズキャンセリングをはじめ、2台までのマルチポイント(リアルタイム端末切替)、SONY 360Reality Audio対応、アプリによる操作性のカスタマイズなど利便性の高いさまざまな機能が提供されています。

 

audio-technica ATH-CKS50TWの特徴
  • 大口径ドライバーによる迫力の重低音
  • 業界最高クラス、一日をカヴァーできるイヤホン単体での20時間連続再生
  • アクティブノイズキャンセリング/ヒアスルー搭載
  • ハイレゾ相当の音質再現が可能なaptX Adaptive対応
  • マルチポイント対応
  • 360 Reality Audio対応

 

 

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

audio-technica ATH-CKS50TW

¥18,480程度

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

3Dチューニングによる生々しいサウンド!「XROUND FORGE NC」

XROUND FORGE NC

 

 現在Makuakeで先行販売中のXROUND FORGE NCは完全ワイヤレスイヤホン通の間で人気の高いXROUNDの最新製品です。FORGE NCはカスタマイズ可能な音質とアクティブノイズキャンセリングを備え、高機能なアプリとともに快適な装着感を実現する、スポーツ向きのイヤホンです。

 

 筋金入りのオーディオマニアによって設立されたこの台湾の音響ブランドは、時間周波数特性に基づいた3Dチューニングという最新音響調整技術を導入していることで知られており、さらに装着感が音質と快適性に与える影響についても熟知しています。同じ台湾のイヤーピース専業メーカーSpinfitに専用のイヤーピースを特注するとともに、自らもイヤーピース研究に打ち込むほど、完全ワイヤレスイヤホンに情熱を持って取り組んでいます。その品質はオーディオファンの間で話題を呼び、高い評判を博しています。

 

www.youtube.com

 

XROUND FORGE NCの特徴
  • ワークアウトでも快適なフィット感
  • 機能豊富なアプリ&音質パーソナライズ機能
  • 自然な減衰感を実現する3Dチューニングサウンド
  • 調整可能なアクティブノイズキャンセリング

 

 

XROUND FORGE NC

XROUND FORGE NC

XROUND FORGE NC

¥14,000(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

JBL史上最高の音質と機能性「JBL Tour Pro+ TWS」

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

 

 プロ用機材からコンシューマーまで手掛ける世界的なオーディオメーカーであるJBLは精力的な製品展開で知られています。高機能なアプリと定評あるJBLサウンドでこれまでも多くのヒット製品が生み出されてきており、価格帯も幅広く、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランドとして知られています。

 

 そのJBLの最新機種「JBL TOUR PRO+ TWS」はJBLブランドの新たなフラッグシップモデルとして、傾向性・装着感・機能性・音質すべてで高い次元の品質を提供しており、話題になっています。

 

www.youtube.com

 

JBL Tour Pro+ TWSの特徴
  • フラットな定評あるJBLチューン
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

¥23,000程度

 

 
 
 
オススメ

 

 

機能性と音質の両立「Technics EAH-AZ60」

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

 

 Panasonicの音響ブランド「テクニクス」は近年復活し、続々と新製品をリリースしていますが、今年さらにラインナップを拡充しています。

 

 最新機種「Technics EAH-AZ60」は昨年好評を博した「EAH-AZ70W」の基本設計を継承しつつ、新たにLDACやマルチポイントに対応し、機能面で強化されました。ラインナップの序列ではEAH-AZ70Wより下位に存在していますが、実際はほとんど上位機種です。

 

www.youtube.com

 

 メタリックを基本としながら落ち着いたデザインで高級感のあるモデルで、通話品質にもこだわっており、発売後の評判も比較的良好です。

 

Technics EAH-AZ60の特徴
  • 高い通話品質
  • 高音質コーデックLDACに対応
  • 強力なアクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

¥27,720程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

高コスパ。高度な機能性を低価格で実現!「Xiaomi Redmi Buds 3 Pro」

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

 

 「Redmi」は世界的なスマートデバイスメーカー「Xiaomi」のサブブランドです。そのRedmiの世界的なヒット商品となっている完全ワイヤレスイヤホンがRedmi Buds 3 Proです。

 

www.youtube.com

 

 世界的なスマートデバイスメーカーが作った完全ワイヤレスイヤホンとしてRedmi Buds 3 Proは、比較的低価格でありながら高機能で使い勝手の良さが追求されています。2台までのスマートデバイスをシームレスに操作/切り替えできるマルチポイント、強力なANC、低遅延モード、ワイヤレス充電対応など、完全ワイヤレスイヤホンに熟知したユーザーほど欲しくなる機能が搭載されています。

 

 さらにこのワイヤレスイヤホンは音質も高く評価されており、Xiaomiのラボの先進的な研究により、どんな音楽も快適に楽しめる高い解像感とサウンドバランスが追求されたニュートラル系のサウンドを持っています。

 

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの特徴
  • 2台までの機器をスムーズに操作できるマルチポイント
  • 小型で快適な装着感
  • ワイヤレス充電&急速充電
  • バランスの良いニュートラルサウンド

 

 

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

¥6,990(税込)

 
 
 
 
オススメ
 

 

 

マルチドライバー&最新のSnapdragon Sound対応!「AVIOT TE-BD21j-ltd」

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

 

 AVIOTはかねてより開発を明らかにしていた「Qualcomm Snapdragon Sound」対応の完全ワイヤレスイヤホンをリリースしました。

 

 「TE-BD21j-ltd」は、圧倒的な音楽性と解像度を実現するハイブリッド・トリプルドライバーモデルとして発売された「TE-BD21j」を大幅ブラッシュアップした最新作になります。デザインの基本はそのままに、新世代オーディオプラットフォームに対応することで、最新の快適で柔軟かつ高音質のオーディオ体験を実現し、マルチポイントにも対応しているなど大注目製品です。

 

Snapdragon Sound

 

AVIOT TE-BD21j-ltdの特徴
  • 96kHz / 24bit Qualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
  • マルチポイント対応
  • 最新のQualcomm Snapdragon Sound対応
  • マルチドライバーによるワイドレンジサウンド
  • 高機能なアプリ

 

 

AVIOT TE-BD21j-ltd

AVIOT TE-BD21j-ltd

¥17,280(税込)

 
 
 
 
オススメ
 
 

 

 

おしゃれに着飾るイヤホン「V-MODA Hexamove Pro」

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

 

 イタリア発の音響ブランドで、現在は日本のプロ音響メーカーRolandの傘下にあるV-MODAがブランド初の完全ワイヤレスイヤホンを発表しました。

 

 このイヤホンは外観が衝撃的で、V-MODAの六角形デザインをうまく完全ワイヤレスイヤホンのコンパクトな形状に落とし込んでおり、フェイスプレート交換機能も搭載していて、他のイヤホンにない優美なデザインが魅力的です。

 

www.youtube.com

 

 チューニングはプロ用オーディオメーカーのRolandが行っているということで、期待も高いですが、機能面はかなり絞られており、ガジェット的な面白さには欠けるかもしれません。

 

V-MODA Hexamove Proの特徴
  • 流行の最先端を行く、V-MODAのおしゃれなイタリアンデザイン
  • プロオーディオメーカー「Roland」による音質調整
  • aptX Adaptiveに対応
  • アクティブノイズキャンセリングやヒアスルーなし

 

 

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

¥24,000(税込)前後

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

北欧発のミニマルデザイン「Sudio T2」

Sudio T2

Sudio T2

 

 機能性とファッショナブルなデザインを両立させた製品群で人気のあるスウェーデン発のオーディオブランドがSudioです。Sudioのブランド名は「スウェーデン」と「オーディオ」との組み合わせに由来しています。

 

 Sudio T2はSudioの大ヒットモデルTolvの後継機種です。好評を博したTolvのデザインを引き継ぎ、丸みを帯びたフォルムと暖かなパステルカラー調の色彩を持っています。

 

www.youtube.com


 機能面では前世代よりさらにブラッシュアップされており、アクティブノイズキャンセリングが追加されました。

 

 サウンドは北欧で人気のロックのスピード感も表現できる機敏さを持ち合わせ、パワフルでスナッピーな爽快サウンドを実現しています。オーディオファンを十分に満足させることができるでしょう。

 

Sudio T2の特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • コンパクトで丸みがあり、携行性に優れる
  • 豊富なカラー
  • ミニマルでスタイリッシュなデザイン
  • ダイナミックでスピード感のあるサウンド

 

 

Sudio T2

Sudio T2

Sudio T2

¥14,900(税込)

クーポンコード:sudioathatena

 

オススメ

 

 

【関連記事】


【特集】注目の完全ワイヤレスイヤホン、最新機種でおすすめはこれだ![2021年10月号]

注目の完全ワイヤレスイヤホン、今買うならこれだ!

 

急成長する完全ワイヤレスイヤホン市場

 2021年現在、完全ワイヤレスイヤホンの市場は拡大を続け、主流のオーディオ製品にまで成長しました。以前はそれほど多くなかった機種も大幅に増え、最近になっても続々と有名ブランドの参入し、多彩な機種が登場し続けています。

www.bcnretail.com

 

 また、完全ワイヤレスイヤホンが音質で劣っているというのは過去の時代になりつつあります。ワイヤレス・オーディオ技術の進化は非常に早く、年単位で接続品質と音質が改善されており、現在では有線イヤホンにほとんど遜色ない音質レベルが再現されています。

 

 この記事ではそんな完全ワイヤレスイヤホンの中から、とくに最新機種で注目すべきイヤホンを紹介します。

 

注目の完全ワイヤレスイヤホン、今買うならこれだ!

 

注目度No.1!国産ブランド最高峰の「Victor HA-FW1000T」

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T



 現時点で音質とデザイン、とくに音質にこだわるなら最も期待できる製品が「Victor HA-FW1000T」です。

 

 JVC独自の木製振動板を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載し、同じく独自技術のデジタルオーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」も、このタイプに初めて導入しました。

 

www.youtube.com

 

 数ある国産ブランド製品の中でもJVCの木製振動板モデル「WOOD」シリーズは生楽器のような自然な響きと広がりのあるサウンドで、「ライブ演奏が美しく聞こえる」と国内外で高い評価を得ていますが、その最新モデルが完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます。さらにチューニングはVictorスタジオが監修しています。

 

Victor HA-FW1000T

 

 アクティブノイズキャンセリングも搭載し、ブランドが総力を込めて投入する、現状最高峰のサウンドは、発売前からすでに話題沸騰しており、販売店員の間の評価も非常に高い製品です。

 

Victor HA-FW1000Tの特徴
  • 木製振動板、K2テクノロジーなどJVCの現状のサウンド技術を総投入
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 100段階の音量調整&新開発のイヤーピース
  • 24bit/96kHzハイレゾ相当のサウンドが実現できるaptX Adaptive対応
  • 付属アプリなし

 

 

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

¥39,600程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

世界中で売れ続ける大ヒット作!今がお買い得の「SONY WF-1000XM4」

SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4

 

 現在進行系で世界的に大ヒットしている完全ワイヤレスイヤホンの王者は間違いなく「SONY WF-1000XM4」です。

 

 強力で調整可能なアクティブノイズキャンセリング、音質調整機能を備えた機能的なアプリ、ハイレゾワイヤレスコーデックLDAC対応、高音質化技術「DSEE Extreme」など、SONYの最新技術が詰まっています。

 

www.youtube.com

 

 SONY製品は発売後数ヶ月でかなり価格が下る(そして値を戻す)傾向がありますが、このSONY WF-1000XM4も現在急速に価格が下落しており、最安値は23,000円程度になっています。過去のデータからもSONY製品は値幅変動が大きいことが知られており、この値段がいつまで維持されるかはわかりませんが、現時点で非常に魅力的な価格になっていると言えるでしょう。

 

SONY WF-1000XM4の特徴
  • SONYの高音質化技術「DSEE Extreme」搭載
  • 高音質コーデックLDACに対応
  • 強力なアクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

SONY WF-1000XM4

 

 

JBL史上最高の音質と機能性「JBL Tour Pro+ TWS」

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

 

 プロ用機材からコンシューマーまで手掛ける世界的なオーディオメーカーであるJBLは精力的な製品展開で知られています。高機能なアプリと定評あるJBLサウンドでこれまでも多くのヒット製品が生み出されてきており、価格帯も幅広く、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランドとして知られています。

 

 そのJBLの最新機種「JBL TOUR PRO+ TWS」はJBLブランドの新たなフラッグシップモデルとして、傾向性・装着感・機能性・音質すべてで高い次元の品質を提供しており、話題になっています。

 

www.youtube.com

 

JBL Tour Pro+ TWSの特徴
  • フラットな定評あるJBLチューン
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

JBL TOUR PRO+ TWS

¥23,000程度

 

 
 
 
オススメ

 

 

機能性と音質の両立「Technics EAH-AZ60」

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

 

 Panasonicの音響ブランド「テクニクス」は近年復活し、続々と新製品をリリースしていますが、今年さらにラインナップを拡充しています。

 

 最新機種「Technics EAH-AZ60」は昨年好評を博した「EAH-AZ70W」の基本設計を継承しつつ、新たにLDACやマルチポイントに対応し、機能面で強化されました。ラインナップの序列ではEAH-AZ70Wより下位に存在していますが、実際はほとんど上位機種です。

 

www.youtube.com

 

 メタリックを基本としながら落ち着いたデザインで高級感のあるモデルで、通話品質にもこだわっており、発売後の評判も比較的良好です。

 

Technics EAH-AZ60の特徴
  • 高い通話品質
  • 高音質コーデックLDACに対応
  • 強力なアクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • 高機能なアプリ

 

 

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

¥27,720程度

 

 
 
 
オススメ
 

 

おしゃれに着飾るイヤホン「V-MODA Hexamove Pro」

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

 

 イタリア発の音響ブランドで、現在は日本のプロ音響メーカーRolandの傘下にあるV-MODAがブランド初の完全ワイヤレスイヤホンを発表しました。

 

 このイヤホンは外観が衝撃的で、V-MODAの六角形デザインをうまく完全ワイヤレスイヤホンのコンパクトな形状に落とし込んでおり、フェイスプレート交換機能も搭載していて、他のイヤホンにない優美なデザインが魅力的です。

 

www.youtube.com

 

 チューニングはプロ用オーディオメーカーのRolandが行っているということで、期待も高いですが、機能面はかなり絞られており、ガジェット的な面白さには欠けるかもしれません。

 

V-MODA Hexamove Proの特徴
  • 流行の最先端を行く、V-MODAのおしゃれなイタリアンデザイン
  • プロオーディオメーカー「Roland」による音質調整
  • aptX Adaptiveに対応
  • アクティブノイズキャンセリングやヒアスルーなし

 

 

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

V-MODA Hexamove Pro

¥24,000(税込)前後

 

 
 
 
オススメ
 

 

 

北欧発のミニマルデザイン「Sudio T2」

Sudio T2

Sudio T2

 

 機能性とファッショナブルなデザインを両立させた製品群で人気のあるスウェーデン発のオーディオブランドがSudioです。Sudioのブランド名は「スウェーデン」と「オーディオ」との組み合わせに由来しています。

 

 Sudio T2はSudioの大ヒットモデルTolvの後継機種です。好評を博したTolvのデザインを引き継ぎ、丸みを帯びたフォルムと暖かなパステルカラー調の色彩を持っています。

 

www.youtube.com


 機能面では前世代よりさらにブラッシュアップされており、アクティブノイズキャンセリングが追加されました。

 

 サウンドは北欧で人気のロックのスピード感も表現できる機敏さを持ち合わせ、パワフルでスナッピーな爽快サウンドを実現しています。オーディオファンを十分に満足させることができるでしょう。

 

Sudio T2の特徴
  • アクティブノイズキャンセリング&ヒアスルー搭載
  • コンパクトで丸みがあり、携行性に優れる
  • 豊富なカラー
  • ミニマルでスタイリッシュなデザイン
  • ダイナミックでスピード感のあるサウンド

 

 

Sudio T2

Sudio T2

Sudio T2

¥14,900(税込)

クーポンコード:sudioathatena

 

オススメ

 

 

【関連記事】


 

【ニュース】木製振動板、K2テクノロジー。Victor全部入りの本気完全ワイヤレスイヤホン「Victor HA-FW1000T」登場

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

 

 JVCケンウッドは「Victor」ブランドから、同社自慢の木製振動板を採用したWOODシリーズの初完全ワイヤレスイヤホンモデル「Victor HA-FW1000T」を発表しました。

 

www.youtube.com

 

 木製振動板モデルによる完全ワイヤレスイヤホンはJVCファンが長く待ち焦がれており、その声に応えた製品となります。同時にJVC自慢のワイヤレス・オーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」も搭載され、ブランドとして現時点の総力を尽くした最高峰モデルとなります。お値段はオープン価格で実売¥39,600(税込)程度となる模様。発売日は11/5。

 

Victor HA-FW1000T

 

完全ワイヤレスイヤホンで存在感を高めるJVC

 JVCはONKYOやSONYと並び、日本の大手ブランドとしてはかなり早期に完全ワイヤレスイヤホン市場に参入するとともに、それらのブランドよりも価格帯や音質において幅広く、多彩なモデルを継続的に展開し、多様化する完全ワイヤレスイヤホンユーザーを大きく包含する製品群を築いてきました。

 

 日本の大手オーディオブランドとしては最も積極的に完全ワイヤレスイヤホンの低価格化にも取り組んでおり、国民的ブランドとしての底力を見せています。

 

 とくに2020年に発売されたVictor HA-FX100Tでは、ANCや付属アプリなど機能を重視しがちな市場の動向に反して付加機能はそれほど設けず、音質と装着感、デザインで勝負するオーディオメーカーらしい勝負を仕掛け、見事多くの支持を集め、JVCサウンドの確かなチューニング力、音響設計能力を見せつけました。

 

www.ear-phone-review.com

 

JVCは完全ワイヤレスイヤホンでも音の最高峰を目指す

 JVCは独自の木製振動板技術を持っており、フルレンジスピーカーやヘッドホン、イヤホンに搭載しています。その響きは生楽器のように美しく、自然な広がりを持っているとファンから絶賛されており、JVCファンの間ではそれが完全ワイヤレスイヤホンに搭載されることを求める声が絶えることはありませんでした。

 

 今回、JVCは長年のファンの要望に応え、しかも完全ワイヤレスイヤホンとして最高レベルの品質を実現した製品に搭載します。ハイレゾ相当のaptX Adaptiveコーデックに対応し、アクティブノイズキャンセリングを搭載、さらに独自技術であるデジタルオーディオ高音質化技術「K2テクノロジー」を初めて完全ワイヤレスイヤホンクラスで実現しました。

 

Victor HA-FW1000T

 

 サウンドチューニングはHA-FX100Tで好評をもって迎えられたVictorスタジオとJVCのエンジニアのコラボによって、日本の音楽が生み出されるスタジオサウンドを最高に引き出すことができる調整が加えられており、JVCが今持てる最大限の資源を振り向けて、この製品を作り上げたことがわかります。

 

 VictorスタジオとJVCのコラボ製品はモニターヘッドホンの「Victor JVC HA-MX100V」も非常に高い評価を得ており、このコラボに今のところ失敗はありません。

 

www.ear-phone-review.com

 

Victor HA-FW1000Tの特徴

 改めてこの期待できる新製品「Victor HA-FW1000T」の特徴を確認してみましょう。

 

  • 完全ワイヤレスイヤホンで初めて“木”の振動板を搭載
  • 最新ノイズキャンセリング技術Qualcomm®アダプティブノイズキャンセルを採用
  • ハイレゾ相当の高音質が楽しめるデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初搭載
  • 新開発「スパイラルドットProイヤーピース」により音質と装着感がさらに向上
  • 音楽制作現場のプロが認めた音「Tuned by VICTOR STUDIO」
  • 96kHz/24bitまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
  • マスクモードや通話マイクのオン/オフ機能を新搭載、テレワークでも高品位で快適なハンズフリー通話が可能
  • イヤホンを着けたまま会話が可能なタッチ&トーク機能を搭載
  • 安定した装着感を実現する形状を採用
  • 100段階のボリュームステップなどを新たに採用し、快適な操作性を実現
  • 最大27時間の長時間再生とクイック充電に対応
  • IPX4

 

www.youtube.com

 

 個人的に注目しているのは新しい「スパイラルドットProイヤーピース」と100段階ものボリューム調整を搭載しているところですね。JVCがフラッグシップモデルとして、音質面にこだわり、かなり作り込んでいることがわかります。

 一方でフラッグシップモデルにも関わらず、他社と異なり、高機能な付属アプリなんかがないのはJVCらしいところです。JVCも一時期、一部機種でアプリの提供をしてたんですが、やめました。この点をどう見るかはユーザー次第ですが、私はデジタルオーディオプレーヤー(DAP)で完全ワイヤレスイヤホンを聴いているので、正直あんまりアプリを使わないタイプです。

 

主な仕様

  • 型名:HA‐FW1000T
  • ドライバーユニット :口径11mmウッドドームカーボンドライバーユニット
  • 通信方式 / 出力:Bluetooth® 標準規格 Ver.5.2 / Power Class 1
  • 対応コーデック:SBC、AAC、Qualcomm® aptX™ audio、Qualcomm® aptX™ Adaptive audio
  • 対応コンテンツ保護    SCMS-T方式
  • 電池持続時間 :イヤホンで連続最大9時間、充電ケースで最大18時間(計:最大27時間)
  • 付属品    スパイラルドットProイヤーピース5サイズ(S/MS/M/ML/L)各2個、充電用USBケーブル、充電ケース

 

www.youtube.com

 

まとめ

 DENONやV-MODAなど、人気オーディオブランドの完全ワイヤレスイヤホン製品が立て続けに発表され、Panasonicも製品群を拡充するなど、日本のオーディオ製品の趨勢は完全にフルワイヤレスが主流になりつつあります。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 その中でいち早く完全ワイヤレスイヤホン市場に乗り出し、パイオニアとして牽引してきた自負があるJVCだからこそできる、今の時点の最高のオーディオ体験が目指されているであろう「Victor HA-FW1000T」。ほかのメーカーとは異なり、明らかにブランドの資源を全部入りで投入しているので、本気度の違いが明確です。個人的には今年の大本命ですね。

 ……LDACには対応してほしかったかな。あとマルチポイントも……。

 

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T

¥39,600程度

 

 
 
 
 

 

【関連記事】


【ニュース】JVC、低価格完全ワイヤレスモデルを拡充!ポップなデザインの「HA-A5T」

JVC HA-A5T

JVC HA-A5T

 

 日本を代表する優れたオーディオブランド「JVC」の歴史は、高い顧客満足度とともにあります。ユーザーが求める音をユーザーがほしいと思う価格帯で提供するために努力を積み重ねてきたことが、JVCを国民的コンシューマーブランドに押し上げ、現在の不動の地位を確立させました。

 日本人が音楽を聴くところ、その身近にビクターのサウンドが存在してきたのです。

 

 今回、JVCは完全ワイヤレスイヤホンの低価格モデルを拡充し、より広い層にJVCサウンドを提供します。「JVC HA-A5T」はわずか4,290円(税込)という価格でリリースされました。10月下旬発売予定です。

 

 完全ワイヤレスイヤホンの分野へのJVCの参入は早く、国産メーカーの中ではモデルの拡充、低価格化に最も熱心に取り組んできたパイオニアのひとつとなります。低価格でありながらも必要な機能を絞り込み、音質にこだわり、デザインも洗練されたJVC製品はきっと高い満足度をもたらすでしょう。私はJVCファンなので、興奮してしまいますね。

 

www.youtube.com

 

 5000円以下の価格帯は日本の大手ブランドはほとんど未開拓で、マイナーブランドや中国ブランドの機種が席巻している状況ですが、これに歯止めをかけることができるでしょうか。

 

HA-A5Tの主な特徴

  • 片耳約3.9gの小型・軽量のラウンド型ボディを採用
  • 携帯性も追求した小型・軽量のラウンド型の充電ケース
  • ワンボタンで簡単に基本操作が可能(再生/一時停止/曲送り/曲戻し/ボリューム調整)
  • 自動で電源のON/OFFやワイヤレス接続ができるオートオン/オフ&オートコネクト
  • 機能を搭載
  • 高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーを搭載
  • 安定したワイヤレス接続を実現
  • 内蔵バッテリーと充電ケースで合計約15時間の長時間再生を実現
  • テレワーク時やハンズフリー通話に使用可能な内蔵マイクを搭載
  • 雨や水しぶきを気にせず使える生活防水仕様
  • スマートホンの音声アシスタント機能の起動に対応
  • 5色展開のカラーバリエーション(グリーン、ブルー、レッド、ホワイト、ブラック)

 

 

より多くの人にイヤホンを持ち運ぶ楽しさを味わってもらいたい!

 プレスリリースや商品情報を見る限り、JVC HA-A5Tのコンセプトは明らかです。

 

 ライトユーザー層が気軽に持ち運んで音楽を楽しめる、軽量でコンパクト、カラフルでポップな完全ワイヤレスイヤホンがリーズナブルで価格で提供されます。

 

 丸みを帯びたラウンドデザインでイヤホン本体とケースは統一されており、快適で優しい装着感とソフトで心地よい手触りを提供します。

 

 イヤホンのコントロールはボリューム調整まで含まれており、ワイヤレスで欲しい操作がほぼ完全に網羅されています。

 

 イヤホン単体の連続再生時間も5時間を確保、ケース込みで最大15時間と必要十分なスペックを確保しています。コーデックはSBCのみです。

 

主な仕様

  • 型名:HA-A5T
  • 形式:ダイナミック型
  • 再生周波数帯域:20Hz ー 20,000Hz
  • 通信方式 / 出力:Bluetooth® 標準規格 Ver.5.1 / Power Class 1
  • 対応Bluetooth®プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP
  • 対応コーデック:SBC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 電池持続時間:イヤホン約5時間、充電ケース約10時間
  • 充電時間:イヤホン約2時間、充電ケース約2.5時間
  • 質量:イヤホン:約3.9g×2個、充電ケース:約27.9g
  • 付属品:イヤーピースS,M,L各2個、充電用USBケーブル、充電ケース

 

まとめ

 JVC HA-A5Tを足がかりに、JVCがより低価格で製品を拡充し、できれば中国ブランド以上の機能性のものを作って欲しいと思います。完全ワイヤレスイヤホンの分野では、大手ブランドの中でまともに庶民価格で戦っているブランドはJVCのみと思っており、同じく高コスパで国民ブランドとなったaudio-technicaですら出遅れています。基本的に日本の大手ブランドはこの価格帯で勝負しようとすらしません。戦う前から負けるとわかっていると嘯くわけですね。

 しかし、JVCは違います。真の国民的オーディオブランド、いや世界的オーディオブランドは上流から下層まであらゆる人々に寄り添うものです。音楽の自由を実現するとはそういうことだからです。高品質な音を聞かせ、見た目も高級なラグジュアリーのような製品を誰もが持てる、皆が音楽的に豊かで満ち足りた世の中こそ本当のオーディオブランドが実現したい世界だからです。

 

 JVC HA-A5Tはやはり仔細を眺めると、低価格中華ブランドに対抗できる製品とは言いづらいですが、JVCが製品づくりを広い視野で行い、この価格帯でも攻めていく、国民的ブランドとしての気概を持っていることは本当に頼もしく思えますね。JVCには苦境の中でもよりよい製品づくりを諦めない「陽はまた昇る」の精神が生きており、人々が本当に欲しいものを作りたいという想いがこもっているブランドです。きっとこれからも素晴らしい製品を世に送り出し続けてくれるでしょう。

 

JVC HA-A5T

JVC HA-A5T

JVC HA-A5T

4,290円(税込)

 

 
 
 
 

 

【関連記事】


【比較録音レビュー】おすすめのモニターヘッドホン3機種を録音つきで解説![YAMAHA HPH-MT8/Victor HA-MX100V/SoundWarrior SW-HP10S]

おすすめのモニターヘッドホン

おすすめのモニターヘッドホン

 

 

レビュー趣旨

 このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。

 今回は個人的に愛用しているモニターヘッドホン3機種を紹介したいと思います。

 最初にそれぞれの機種を簡単に紹介します。

 

今回聴き比べるモニターヘッドホン3機種

城下工業 SW-HP10S

城下工業 SW-HP10S

城下工業 SW-HP10S

 

 Sound Warrior SW-HP10Sは非常に原音忠実度が高いモニターヘッドホンです。

 密閉型ですが、そのサウンドに篭もりの感触は全くありません。それはほぼ完全にモニタースピーカーの音を再現するので、録音、作曲からマスタリングまでこなすDTMerにとってオールインワンになりえる性能を持っています。

 それでいて、中域は無機質な無響空間ではなく、ボーカルが印象的に響き、色気が再現され、リスニングしやすく、聞き疲れしません。そのためこれ一本でモニタリングからリスニングまで満足させる驚異の性能を持っています。

 価格も1万円前後で手を出しやすく、装着感もそれなりに快適です。

 作りはややチープで、イヤーカップが稼働しないので片耳モニタリングなどはできないなど、機能面やビルドクオリティで不満が出る可能性はありますが、音質的には大変コスパが良いです。金属素材を使っていないのはほかのオーディオ機器を傷つけないために配慮したそうです。

 

管理人
管理人

悪い評判を聞かない機種です。音域バランスが良く、モニターしやすいだけでなく、聴き疲れもしにくく、リスニング用にも使いやすいです。「とりあえずDTMとか始めてみたけど、モニターヘッドホンってどれ選べばいいの?」って人はこれから揃えるといいんではないでしょうか。

 

YAMAHA HPH-MT8

YAMAHA HPH-MT8

YAMAHA HPH-MT8

 前方180度に楽器の音をそれぞれ鳴らすモニタースピーカーがぎっしりつめこまれたコクピットルームを想像してみてください。YAMAHA HPH-MT8はまさにそのようなプライベートなモニタールーム環境を実現します。

 YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業を快適で効率的なものにしてくれるでしょう。

 短時間でがっちり音楽をつかみ取るためのツールとしての能力が高いところがあり、ゆったり、あるいはじっくりとしたリスニング用途には静寂感や音場の広さで物足りなさを覚えることはあるかもしれませんし、音が硬すぎる印象を受けるかもしれませんが、モニタリングの助手としては優秀です。

 少し高めの機種ですが、ビルドクオリティは価格以上の満足度をもたらしてくれ、イヤーカップの自由度も高く、首掛けや片耳モニタリングなど、さまざまな使い方に対応します。

 

管理人
管理人

YAMAHA HPH-MT8は情報量の多い曲も上から下まで一定のフレームに収めてくれる、モニタリングの優秀性で優れる正統派モニターヘッドホンです。使い勝手も非常によく、低域から中域の真ん中、高域がそれぞれ適度に分離的にしっかり聞こえるのでミックスのチェックを効率的に行うことができます。DTM中心でデジタルなサウンド作りをするなら、これはぜひ手に入れておきたい逸品です!

Victor HA-MX100V

Victor HA-MX100V

Victor HA-MX100V

 日本屈指のレコーディングスタジオ Victorスタジオ との協力で作られているモニターヘッドホンです。

 Victor JVC HA-MX100Vは甘く美しい透明度の高いみずみずしい中域を中心に開放的な音場で聴かせるモニターヘッドホンです。全体的な雰囲気はモニター的ですが、そのサウンドは決して無機質なものではありません。むしろ音楽性は豊かで、充実した暖かい人間的な音楽を聴かせます

 このヘッドホンは音場が広めで、定位が捉えやすく、ボーカルを中心に中域にフォーカスされやすいので音楽の心臓部を効率よく確認することができます。聞き疲れもしないのでリスニング向きでもあります。

 ビルドクオリティも価格相応以上の出来で、片耳モニタリングも可能です。HPH-MT8ほどの機能性はありませんが、軽量で取り回しが良く、使い勝手は上々です。

 

管理人
管理人

Victor HA-MX100Vは中域を中心に音楽の心臓部を丁寧に聞かせてくれるモニターヘッドホンです。そのためノイズになりやすい重低域や静けさを邪魔しやすい中高域は意図的に優しく聞こえるよう調整されています。どちらかというと録音中心で音楽制作を行う人向きの機種です。

聴き比べてみましょう!

 というわけで、早速それぞれのモニターヘッドホンを聴き比べてみましょう。録音音源を用意しました。

 録音音源で使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

 

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity(ラウドネスノーマライゼーション:-23LUFS)

 

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Main Theme-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

 

 録音音源は以下のページでご試聴ください。

 

 3機種を聴き比べてみますと、まず音場感の点で、SW-HP10Sとその他の2機種が若干異なっているのにすぐお気づきになるかと思います。

 

 HPH-MT8やHA-MX100Vが奥行き感を重視した、定位が少し強調される音場になっているのに対し、SW-HP10Sの音場はどちらかというと平面的で、音が並列的に聞こえるように思われるでしょう。そのため、音場や音の響きの広がりに欠ける印象を受けるかもしれませんが、一つ一つの音は音像が安定的で個々の音が埋没することなく、ほとんどの音が捉えやすいのがわかると思います。

 

 DTM用モニターヘッドホンの入門機としてSW-HP10Sがおすすめできるのは、このような無響に近い音を捉えやすい音場構造と、ほかの2機種に比べて圧迫感がないので長時間聞いても聞き疲れない点です。

 

 いろいろ勉強しながら音作りをしていくDTM初心者にとって、長時間聞いても聞き疲れない、音像が捉えやすいというのは大きなメリットで、使い勝手が良いと思うでしょう。

 

 次にHA-MX100VとHPH-MT8を聴き比べてみますと、特に低域の深みの点でHPH-MT8のほうが優れていることがわかると思います。エレキベースを聴き比べてみると、HA-MX100Vはわずかに音が優しくなってしまっており、HPH-MT8に比べると低域の芯を捉えきれていないように思えるかもしれません。

 

 とくにデジタル的なEDMなどではブーム感の確認が重要なので、HPH-MT8のほうが利便性が高く、低域がしっかり出ているか、逆に効きすぎていないかのバランスチェックに最適です。

 

 一方で、HA-MX100Vは中域の楽器音がしっかり聞こえるので、生録音系のサウンドをマイクノイズを抑えてしっかり聞かせてくれます。音楽の心臓部の構成を確認するにはHPH-MT8より優れているように思えますし、定位感の点でも音場が少し広く、位置関係がよりわかりやすいと思うでしょう。

 

まとめ

 ひとくちにモニターヘッドホンと言っても、そのサウンドにはそれぞれ個性があります。ここに紹介した私のお気に入りのモニターヘッドホンもそれぞれ特徴があり、固有のサウンドを持ち、固有の提示の仕方で音楽を聞かせてくれます。

 もしあなたがモニターヘッドホンの世界に足を踏み入れようとしているのなら、この中で音質的に最も使いやすいのはSW-HP10Sなので、まずはこのヘッドホンから購入してみるとよいかもしれません。

 

【関連記事】


 

【ニュース】その音の良さ、使い勝手、実際に使用して判断してほしい!『聴けばわかる ビクター完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」 お試しキャンペーン』をJVCケンウッド公式オンラインストア「コトSquare」限定で実施!【2021/01/12まで】

聴けばわかる ビクター完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」 お試しキャンペーン

聴けばわかる ビクター完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」 お試しキャンペーン

 

 

今回の自信作、JVCはみんなに聴いてほしいんだ!

 株式会社JVCケンウッドが、ビクターブランドより発売中の「HA-FX100T」を同社の公式オンラインストア「コトSquare」で購入した方を対象に、2週間の返品を保証する『聴けばわかる ビクター完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」 お試しキャンペーンを実施するとの情報が入ってきました!

 キャンペーン対象期間は2020年12月10日(木)~2021年1月12日(火)です。

 

 

『聴けばわかる ビクター完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」 お試しキャンペーン』の詳細情報

 以下はプレスリリース情報です。

 

<キャンペーン概要>

 

<返品に関する注意事項>
  • 商品お受け取り後14日以内に必ずご連絡ください。
    ご連絡はフリーダイヤル 0120-285628もしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。
    ※お受け取り後15日以降の場合、返品対象外となりますのでくれぐれもご注意ください。
  • ご返却時の配送料はご利用者様負担をお願いします。
  • 分解・改造した商品は対象外といたします。
  • 機器の破損紛失の場合は、ご利用者様に所要額の一部または全額負担をいただく場合がございます。
  • 本返品対象商品のご決済方法はクレジットカード決済のみとさせて頂きます。
    ※本返品条件は予告なく変更することがあります。

 

<完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」概要>

 完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」は、当社がこれまで培ってきた音響設計技術に、プロのスタジオエンジニアの知見を取り入れることで、ゆとりのある低音とワイドレンジな音を実現し、「プロが認めた音」を楽しめます。また、快適な装着感を備えた小型・軽量ボディを採用し、本体のみで最大8時間の連続再生も実現します。デザインや仕上がりにもこだわり、オーナメントと充電ケース上部にビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を刻印しました。

 

 

Victor HA-FX100Tの技術仕様 

型名 HA‐FX100T
通信方式/出力 Bluetooth® 標準規格 Ver.5.1、Power Class 1※5
対応コーデック SBC、AAC、Qualcomm® aptX audio
対応コンテンツ保護 SCMS-T 方式
電池持続時間※1 イヤホン:最大8時間、充電ケース:最大20時間
充電時間※1 イヤホン:約2.5時間、充電ケース:約3時間
質量 イヤホン:約4.5g×2個、充電ケース:約41g
付属品 スパイラルドットイヤーピース(S/MS/M/ML/L)各2個、充電用USB Type-C®ケーブル、 充電ケース

 

 

レビュー記事

 Victor HA-FX100Tについての当ブログのレビュー記事は以下を参照してください。

www.ear-phone-review.com

 

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T 完全ワイヤレスイヤホン 本体質量4.5g小型軽量ボディ 最大28時間再生 生活防水仕様 Bluetooth Ver5.1対応

 

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【特価】セール情報:ウェアラブルネックスピーカー JVC NAGARAKU SP-A10BT【数量限定】

JVC NAGARAKU SP-A10BT

JVC NAGARAKU SP-A10BT

JVC NAGARAKU SP-A10BT-B ウェアラブルネックスピーカー ワイヤレス Bluetooth 約20時間連続再生 本体約88g軽量設計 ブラック

 

 

ネックスピーカー、割安で購入できます

 中華製品の安いネックスピーカーよりはしっかりしていると思います。BOSEなどのネックスピーカーに比べて細身なせいもあって、音はパワフルとはいかないでしょうし、カスタマーレビューを見てみると、通信距離耐性がそれほど強いわけではないようですが、安めの価格でネックスピーカーを探しているなら、アリなんじゃないでしょうか。

 

 以下の記事はなかなか興味深い参考レビューですので、紹介しておきます。

早速シャープの「AN-SS1」、JVCの「SP-A10BT」と2製品のパッケージを開き、撮影をしながら開封していて、あれっ?と気付いてしまった。外箱を開けて製品が現れたクッション、そして付属品の収まり方まで似ているぞ、と。むしろ、ウェアラブルネックスピーカーの製品だけ取り出して入れ替えてもキレイに収まるほどコンパチブルだ。

 

もちろん、外見だけで判断してよいものではないので、両機種ともある程度まで実機検証も行った。だが、操作時の英語のガイド音声も、はたまたLEDの色や光り方のパターンも同じ。ボタンアサインもまったく同じ。電子はかりで測った重量も0.01gの精度で一致した。もしかしたらサウンドチューニングだけでも違うのでは? と時間をかけて聴き比べてみてもiPhoneの試聴では有意な差はなかった。ただスペック面ではJVC「SP-A10BT」のみapt-XによるBluetoothコーデックに対応している。

 

kakakumag.com

 

セール情報

 

レビュー記事

 レビュー予定はありません。

 

他にも現在利用可能なamazonクーポンや激安特価情報があります

  1. amazon限定クーポン
  2. AV機器クーポン
  3. NTT-X Store 特価コーナー
  4. ミックスウェーブアウトレット
  5. HiFiGO Flash Deals

Kindle本 セール&キャンペーン

www.ear-phone-review.com

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【特価】JVC、重低音完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-XC90Tを「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」で特価提供【2020/12/01まで】

JVC HA-XC90T

JVC HA-XC90T

JVC HA-XC90T 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ 防水・防塵・耐衝撃のタフボディ大口径ドライバーユニット 最大45時間再生 ハンズフリー通話 Bluetooth Ver5.0対応 ブラック

 

 

人気重低音モデルが大型特価セールに登場します

 株式会社JVCケンウッドが、「Amazonブラックフライデー」(11月27日~11月29日)、「Amazonサイバーマンデー」(11月30日~12月1日)の計5日間のセールに、JVCブランドの低音&タフボディのXXシリーズ「HA-XC90T」の出品を予定していることを発表しました。

 

「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」開催期間
  • Amazonブラックフライデー
    開催日時:2020年11月27日(金)9:00~11月29日(日)23:59
  • Amazonサイバーマンデー
    開催日時:2020年11月30日(月)0:00~12月1日(火)23:59

 

 

HA-XC90Tについての詳細情報

重低音を重視するXXシリーズ

 SONY・オーテク・JVCの3大メーカー各社に低域重視モデルがありますが、JVCのXXシリーズの特徴は重みのある黒い低音を重視していることです。これにより音場の床鳴り感が高まっていて、リアルなライブ感が感じられるのがJVCの重低音モデルを私が愛する理由の一つです。

 

12mmの大口径ドライバー

 JVC HA-XC90Tは迫力のサウンドを実現する大口径ドライバーを搭載しています。JVCの完全ワイヤレスイヤホンとしては過去最大サイズの12mmのドライバーが採用され、重低音にリアリズムの息吹を吹き込んでくれるでしょう。

 

独立音響チャンバーとエクストリームトルネードダクト

 今回のJVC HA-XC90TはこのJVC独特のリアルな重低音重視にさらに磨きがかかっており、ハウジング内に独立音響チャンバーを設置するとともに、トルネード状にダクトを形成したエクストリームトルネードダクトが設計されました。これにより、振動板の動きを適切にコントロールし、キレのある重低音を実現されるとのこと、期待しかありません。

 

XXシリーズ伝統のエクストリームディープバスポート

 JVCのXXシリーズには独自の音響構造を持つエクストリームディープパスポートが搭載されています。これによりXXシリーズ独特のパワフルでキレのある重低音サウンドを実現しています。

 

JVC HA-XC90T

 

 

驚異のイヤホン単体での15時間連続再生

 JVC HA-XC90Tはイヤホン単体で15時間もの連続再生時間を実現しています。さらに充電ケースで2回の充電が可能となっているので、ケース込みの最大再生時間は45時間にも及びます。

 完全ワイヤレスイヤホンをケースに入れずに持ち運んでも、1日十分に使える性能を持っており、旅行やスポーツ、テレワークなどの長時間の活動にも最適です。

 

JVC HA-XC90T

 

耐塵耐水に優れたタフボディ

 JVC HA-XC90Tは耐塵耐水性能IP55を実現しており、雨の中で使用しても大丈夫なだけでなく、ビーチなどで使用しても問題ない耐塵性能を持っています。HA-XC90Tは汗を気にせず使えるだけでなく、陸上であればアウトドアスポーツのアクティブなシーンで活躍してくれます。

 

JVC HA-XC90T

 

 

質実剛健の充電ケース

 JVC HA-XC90T付属の充電ケースは重厚なアルミボディが採用されており、高級感を演出するとともに衝撃からイヤホンを守ります。また、不用意にケースが開くのを防止するロック機構が採用されています。さらに、金属製リングを使用して鞄や衣類に装着して持ち運ぶこともできます。

 

JVC HA-XC90T

 

 

JVC HA-XC90Tの技術仕様

型名 「HA-XC90T」
通信方式/出力 Bluetooth® 標準規格 Ver.5.0、Power Class 1
対応コーデック SBC、AAC、Qualcomm® aptX™ audio
対応コンテンツ保護 SCMS-T 方式
電池持続時間 イヤホン:約15時間、充電ケース:約30時間
充電時間 イヤホン:約2.5時間、充電ケース:約3.5時間
質量 イヤホン:約10.3g×2個、充電ケース:約135g
付属品 イヤーピース(S/M/L)各2個、充電用USB Type-C®ケーブル、充電ケース

 

 

 

JVC HA-XC90T

JVC HA-XC90T

JVC HA-XC90T 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ 防水・防塵・耐衝撃のタフボディ大口径ドライバーユニット 最大45時間再生 ハンズフリー通話 Bluetooth Ver5.0対応 ブラック

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン Victor HA-FX100T レビュー】良好なバランス、自然な質感、少し強調される楽しいグルーヴ。ビクターサウンドをワイヤレスで持ち運べる喜び

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T 完全ワイヤレスイヤホン 本体質量4.5g小型軽量ボディ 最大28時間再生 生活防水仕様 Bluetooth Ver5.1対応

 

 

 今回取り上げる機種は最新の完全ワイヤレスイヤホン、Victor HA-FX100Tです。

 JVCは日本を代表するオーディオブランドです。JVCの源流である日本ビクターは1927年に設立された日本でも有数に歴史の古いメーカーです。ビクター時代の代表的な業績といえば、世界的なビデオカセット規格となったVHSビデオの開発です。先行していたSONYのベータマックスに対し、利便性を武器に規格戦争を勝ち抜いた歴史があります。

 

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/28h
  • 防水性能:おそらくありません
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC
  • 技適番号:215-JCD065

 

Victor HA-FX100T

 

 

Victor HA-FX100Tの特徴

ワイドレンジな音を実現する音響空間

 Victor HA-FX100Tは小型ボディでありながら、ドライバーユニットの背面に音響のための空間をしっかりと確保しており、心地よいゆとりのある低音とワイドレンジな音を実現します。

 

Victor HA-FX100T
Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

 

高音質コーデックaptXに対応/Victorスタジオによるプロチューニング

 Victor HA-FX100TはQUalcomm社の通信SoCを採用し、高音質BluetoothコーデックであるaptXに対応しています。

 また音質チューニングに関してはビクタースタジオの音響エンジニアが監修しています。ビクタースタジオはいわずと知れた、日本最高のレコーディングスタジオの1つで、日本の音楽の生まれる心臓部です。

 

Victor HA-FX100T
Victor HA-FX100T

 

最大28時間の長時間リスニング

 Victor HA-FX100Tはコンパクトサイズでありながら、本体のみで約8時間の連続再生と、充電ケースによるフル充電(約8時間×2.5回)を合わせて最大28時間の長時間再生を実現しています。10分の充電で約1時間の再生が可能なクイック充電にも対応しました。

※使用条件により変わります。

 

Victor HA-FX100T

 

 

パッケージ

 

 パッケージは価格帯では標準的です。JVC製品の共通デザインパッケージに収まっています。開梱体験は比較的シンプルですが、パッケージにチープさは感じません。

 付属品にはイヤーピースの替え、充電用USBケーブル(Type-C)、説明書などが含まれます。

 

 ビルドクオリティは価格を考えるとやや上質です。全体的にクセのないエレガントなデザインで、JVCらしくない静かな気品があります。

 

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

 

 

装着サンプル

 かなりコンパクトな本体は耳への収まりは良好です。小さな耳の人でも問題なく装着できるでしょう。

 

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

 

 

接続品質

 aptXでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではかなり優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物があっても接続は維持されます。

 接続当初の通信荒れのようなものは少し見られます。公式でTWS+への対応が明記されています。

 

 ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

 

 

インターフェース/操作方法

 操作インターフェースはフェースプレート部分にあり、タッチ式です。

電源ON

 ケースからイヤホンを取り出すと、自動で電源ONになります。

 また3秒長押しすることで手動で電源ONにできます。

電源OFF

 イヤホンをケースに収納すると、自動で電源OFFになります。

ペアリング

 イヤホンは接続先がないと自動でペアリングモードになります。

リセット方法

 イヤホンをケースに収納して、左右どちらかのマルチファンクションボタンを同時に3回タップします。LEDインジケーターが点滅したあと消灯したらリセット成功です。

曲再生/停止

 左耳側のマルチファンクションボタンを1回タップします。

曲送り

 右耳側のマルチファンクションボタンをピッと鳴るまで1秒長押して、離します。

曲戻し

 左耳側のマルチファンクションボタンをピッと鳴るまで1秒長押して、離します。

音量を上げる

 右耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

音量を下げる

 左耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

通話応答

 着信時に左右どちらかのマルチファンクションボタンを1回タップします。

通話終了

 通話中に左右どちらかのマルチファンクションボタンを1回タップします。

着信拒否

 着信時に左右どちらかのマルチファンクションボタンをピッと鳴るまで1秒長押して、離します。

音声アシスタントの起動

 左耳側のマルチファンクションボタンを3回タップします。 

ヒアスルー ON/OFF

右耳側のマルチファンクションボタンを1回タップします。

 

 

ヒアスルー性能

 ヒアスルーは少しホワイトノイズが多いように思えます。周囲の音は少し明るく強調されているように思われますが、概ね自然に聞こえます。自分の声の聞こえる位置もわりと自然だと思いますが、少し明るく聞こえます。

 

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L/RightMark Audio Analyzer

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

 

周波数特性

 マガジン専用コンテンツになります。

 

サウンドシグネチャー解説

 マガジン専用コンテンツになります。

 

THD+N特性

 マガジン専用コンテンツになります。

 

音質解説

 全体的な印象は中域が引っ込んでいる弱ドンシャリサウンドです。音楽の全体印象は少し暗めで、少し落ち着いた静かな雰囲気で音楽を楽しめます。

 

※各評価項目はあくまでリファレンスサウンド(当サイトの機器測定における自由音場フラット)から見ての周波数特性データと私の聴感に基づく評価です。たとえば迫力のある低域を重視する人は「存在感」「太さ」「重み」「臨場感」が高い低域を好むと思いますが、このような音は本来最も重視されるべき「原音忠実度」はおそらくあまり高くありません。

 再生機器にとって「原音忠実性」こそが最も重視されるべきというのはオーディオ界隈の共通認識であると思われますので、本ブログの音響機器の評価も「原音忠実性」を最も重視しています。

 「原音忠実度」は基本的に高ければ高い方が多くの人にとって良いと思われますが、ほかの評価値は中間値である「B」を離れるほど原音忠実性が薄れます。そのため「S」や「A」はその音要素を好む人には最も心地よい音かも知れませんが、他の人には不快かも知れません。そして不快な音要素が決まっている人は、むしろその音要素が低い評価のものを選ぶとより心地よく音楽を楽しめると思います。

 このように、当ブログでは原音忠実(リファレンスサウンド)からの距離を提示することで効率的にあなたの好みに合ったオーディオ機器を発見できるように工夫しています。

 評価が高ければ高いだけ良い評価値というのは「原音忠実度」「クリア感」「おすすめ度」で、とくに「原音忠実度」+「クリア感」がオーディオ製品としての単純な優秀性を表します。

 

「原音忠実再生」についての参考動画:創造の館「いい音とは何か」

 

 

※以下のリンク先はpdfです。

 

低域(原音忠実度:C+/臨場感:B-/深さ:B+/重み:A/太さ:A/存在感:A-)

 低域は少しリラックスして聞こえます。重みと深さのある低域で、全体印象は安定的です。

 

 ドラムはかなり太さがあり、どっしりと目立ちますし、エレキベースの幅も少し広く聞こえます。ややブーミーなところがあり、熱気があってライブ感がありますが、エレキベースとドラムキックの描き分けは少しあいまいで、人によってはもっさりした感じがあると思われます。中域へのつながりもよく、厚みもしっかりしているので、ボリューム感がありますが、篭もり感を気にする人には少し苦手に思えるでしょう。

 

中域(原音忠実度:B-/厚み:B+/明るさ:B-/硬さ:B-/存在感:B-)

 中域は全体の中では凹んでいますが、マージンは少し広く、ボーカルが聞こえづらいということはそれほどありません。一般にこのイヤホンのグルーヴの中心は中域近くに存在するので中域へのフォーカス感があります。

 

 中域は低域方向で少し埋没感があり、ボーカルは最前列ではありません。曲によって空間がややもやもやして聞こえる場合があります。中域は少し暗い雰囲気でぼんやりして透明感に欠ける印象があるかも知れません。中域単独領域での構造はウォームで安定感があります。それほどみずみずしさが感じられません。奥行きは少し強調されて聞こえます。

 

高域(原音忠実度:C+/艶やかさ:B+/鋭さ:B-/脆さ:B+/荒さ:B-/繊細さ:B/存在感:B)

 高域は自然に近い派手さの色気とマイクロディテールの強調があります。

 

 高域は全体的に自然な質感を意識していますが、輝度は高く、マイクロディテールは少し強調されており、繊細さだけは少し強く思えます。全体印象は少し暗いので、高域がうるさくなることはほとんどありません。少し音の輪郭が硬いような気がしますが、艶やかさのレベルは自然に近く、アコースティックギターや金管の質感は自然に近く思えます。

 

グルーヴ/音場/クリア感(グルーヴの中心:中域~中高域/音場:B+/クリア感:B)

※一般にグルーヴの最も大きいところが最も活き活きと聞こえるので、音楽の中心になります。グルーヴの中心範囲の大きさは変動的です。グルーヴの中心は個人の音楽の好みを決定し、音響機器選択のヒントになります。音響機器のグルーヴの中心が個人の好みと離れている場合、むしろその不自然さが強調され、その音響機器を楽しくないと感じる可能性が高いです。音場の評価はBが自然な広さです。クリア感の評価は全高調波歪の測定値を参照して決めています。

 

 このイヤホンのグルーヴの中心は一般に中域~中高域に存在すると思われます。

 音場は奥行きが強調されています。高さ、深さ、幅はほぼナチュラルだと思います。

 

音質総評(原音忠実度:B-/おすすめ度:A/個人的な好み:S-)

 ビクタースタジオチューニングだという触れ込みですが、実際全体の音場感や音像印象はわりとHA-MX100Vに近い方向性が感じられます。しかしHA-MX100Vがより中域を重視していたのに比べて、こちらは中域は少し引っ込んでいます。中域から中高域にかけてはグルーヴが強調されており、クラシックを聴くと楽器音は奥行きを出しながら、ゆらぐようなダイナミズムを感じさせてくれます。雄大な印象を受けるでしょう。

 

 個人的な好みの点では、とても好きなサウンドです。適度な静寂感と中域でのグルーヴダイナミズムの強調、全体的に自然な質感を意識したピーク感の少ないチューニングと、わりと万能系に楽しめる気がします。

 

Victor HA-FX100T

 

音質的な特徴
美点
  • 重厚感がある
  • 静寂感がある
  • 自然な質感
  • 聞き疲れしにくい音
  • ボリューム感がある
  • 中域への適切なフォーカス
  • グルーヴ感に優れた中域表現
欠点
  • 音像が少し暗い
  • もっさりしやすい
  • 輝度が少し高く、自然な雰囲気を損なう可能性がある

 

 

 

 

音楽鑑賞

angela「ANGEL」

ANGEL

ANGEL

 重厚でエネルギッシュな曲です。

 このイヤホンはこの曲の重厚感を少し増し、静寂感はやや高めつつ、グルーヴは増して聴かせるので、自然な色気の中高域が少し引き立てられて聞こえる感じがあります。ダイナミズムは増しているので音楽全体に少し躍動感が出ていますが、質感はわりと自然なので不自然な演出感みたいなものはあまり感じません。マイクロディテールの強調によって、わずかに高域がガシャガシャしている印象を受けますが、それも目立つ感じではないので、耳に心地よいアクセントと感じる人も多いでしょう。

 

Victor HA-FX100T

 

すぎやまこういち、ロンドン・フィル・ハーモニー管弦楽団「Love Song 探して」

この道、わが旅

Love Song 探して

 

  中域のグルーヴの良い感じはこういう曲を少しウキウキと弾ませて聴かせてくれます。全体的に躍動感が少し増していますが、静寂感と重厚感があるので、完全に浮かれきるというよりは、秘めた恋心に人知れず胸ときめかせているような密やかな味わいがあって、この曲の雰囲気に合っている気がします。全体としてオーケストラらしい重厚感は失われていませんし、質感はかなり自然です。

 

Victor HA-FX100T

 

Rasmus Faber「Rise [Vocal Version]」 

Rise [Vocal Version]

Rise [Vocal Version]

 

 楽しいグルーヴ感と、少しリラックスした安定感のある低域によって、この曲の楽しい中域が思う存分味わえる気がします。その中域はわずかに暗いので、透明感が足りない気もしますが、聴き心地の点では安定感があります。若干もっさり感が出ている気がしますが、個人的には少し厚みが強いくらいの方が音が優しい感じで好きです。

 

Victor HA-FX100T

 

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。ソースはFiiO M15を用いています。使用イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズで、コーデックはaptXです。

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

 

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • レコーディングソフト:Audacity

 

GENS D'ARMES(ロック系)

GENS D'ARMES / イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    youtu.be

  2. 原曲(+5dB@1khz)

    youtu.be

  3. Victor HA-FX100T

    youtu.be

 

 

白き魔女(クラシック系)

第3部「白き魔女」: 白き魔女 / 交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~ / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    youtu.be

  2. 原曲(+5dB@1khz)

    youtu.be

  3. Victor HA-FX100T

    youtu.be

 

The Silver Will -ギンノイシ-(EDM系)

The Silver Will -ギンノイシ- / 空の軌跡ざんまい / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    youtu.be

  2. 原曲(+5dB@1khz)

    youtu.be

  3. Victor HA-FX100T

    youtu.be

 

Sophisticated Fight(JAZZ系)

Sophisticated Fight / 英雄伝説 空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    youtu.be

  2. 原曲(+5dB@1khz)

    youtu.be

  3. Victor HA-FX100T

    youtu.be

 

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

浮遊大陸アルジェス -Introduction- / Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008 / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    youtu.be

  2. 原曲(+5dB@1khz)

    youtu.be

  3. Victor HA-FX100T

    youtu.be

 

 

総評

 Victor HA-FX100Tは適度な重厚感と静寂感、グル-ヴ感とバランス感覚の良さを発揮する完全ワイヤレスイヤホンで、安定した聴き心地を提供します。スペック的には1万円台の機種として標準レベルはクリアしていますが、アクティブノイズキャンセリングは搭載されていません。また通信品質はおそらく良好だと思われますが、ときどき通信乱れがあります。しかし、デザインや使い心地なども含め、総合的にこの価格帯ではわりと魅力的な選択肢だと思います。

 

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T

Victor HA-FX100T 完全ワイヤレスイヤホン 本体質量4.5g小型軽量ボディ 最大28時間再生 生活防水仕様 Bluetooth Ver5.1対応

 

 

【関連記事】

www.audio-sound-premium.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【モニターヘッドホン Victor JVC HA-MX100V フラッシュレビュー】高い透明度の中域を持ち、聞き疲れのしないモニターサウンド。力感も自然で、非常に豊かでのびやかな甘い音がする。なによりボーカルが美しい

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V スタジオモニターヘッドホン ハイレゾ対応 密閉型 ビクタースタジオチューニングモデル ブラック

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる製品はVictor JVC HA-MX100Vです。

 

 JVCは日本を代表するオーディオブランドです。JVCの源流である日本ビクターは1927年に設立された日本でも有数に歴史の古いメーカーです。ビクター時代の代表的な業績といえば、世界的なビデオカセット規格となったVHSビデオの開発です。先行していたSONYのベータマックスに対し、利便性を武器に規格戦争を勝ち抜いた歴史があります。

 Victor JVC HA-MX100VはJVCのプロ用スタジオモニターモデルであるVictor JVC HA-MX100Zのビクタースタジオモデルです。チューニングは変更されてないとか。

 

www.youtube.com

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

 

基本スペック

  • 周波数特性:10hz-40khz
  • インピーダンス:56Ω
  • 感度:107dB

 

パッケージ

 業務用製品ということもあり、パッケージングは非常に簡素です。本体のビルドクオリティはしっかりしており、左右もわかりやすく使い勝手が良いです。

 

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

 

装着サンプル

 装着感は非常に快適で、長時間着けていても疲れません。

 

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

 

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 マガジン専用コンテンツになります。

note.com

 

THD+N特性

 マガジン専用コンテンツになります。

note.com

 

音質解説

 全体像は中域にフォーカスされる正統派のモニターサウンドです。開放型ヘッドホンに似た音場を持っており、左右は広めに聞こえます。

 

 低域は中域を邪魔しないよう、静かに聞こえるようになっています。胴鳴り感などは抑えられていて、低域方向は力感中心で聞こえるようになっており、ノイズ感はほぼありません。深みや重みはあまりありません。

 中域はかなり前面に出てきます。厚みと力感のある充実感のあるサウンドで、ボーカルや楽器音は非常に安定的に聞こえます。高域のシャープネスによってディテール感はしっかり聞こえますが、中域のボディが充実しているので子音に尖る感じや刺さりはありません。ボーカルはきわめてナチュラルです。

 高域は高いところでシャープネスがあり、中域よりは後退的で充分な静寂感があります。中域に比べて後退していますが、ほとんどフラットな高域なので、電子音などの煌めきは少し抑えられつつも楽器音は非常に正確に聞こえます。少し地味な感じですが、光沢感などはしっかりしており、ボーカルにかからないバランスによく調整されています。マイクロディテールは少し強調されるので、音の粒立ちはきれいです。ダイナミズムも適度にあり、天井は少し高く響きと余韻の広がる、適切な音場があります。

 

 中域の透明感に優れ、適切な静寂感のあるサウンドで、非常に真面目に作られた良質なモニターサウンドです。聞き心地も非常に安定しており、長時間聴いていても聞き疲れません。実際のところ、このヘッドホンで音楽を聴くのが楽しくて仕方ありません。モニター的でありながら、音楽性が感じられる素晴らしいチューニングで、聴いているだけで惹き込まれます。暖かで、とくにボーカル表現は最高クラスです。

 このヘッドホンは私の愛するビクターの精神、日本の音楽が生まれてきたスタジオのサウンド、真の意味での日本の音を聴かせてくれます。

 

弾き語りで作曲する人向き

 このヘッドホンはとくに生録を利用する際に目立つマイクのポップノイズや環境ノイズが聞こえにくい設計になっているため、弾き語り形式で作曲する人向きです。逆にミックス用に使う場合、臨場感や効果音の効果を聞き逃す可能性があるので向かないかもしれません。

 

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。ソースはFiiO M15を用いています。ゲインは高設定です。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • レコーディングソフト:Audacity

 

GENS D'ARMES(ロック系)

GENS D'ARMES / イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

Sophisticated Fight(ロック系)

Sophisticated Fight / 空の軌跡ざんまい / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

TO MAKE THE END OF BATTLE(ロック系)

TO MAKE THE END OF BATTLE / Ys Ⅰ&Ⅱ ベストサウンドコレクション / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

白き魔女(クラシック系)

第3部「白き魔女」: 白き魔女 / 交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~ / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

小さな英雄(クラシック系)

第3部「白き魔女」: 小さな英雄 / 交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~ / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

淡い恋 ~Too full with love~(クラシック系)

淡い恋 ~Too full with love~ / イース・ヒーリング / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

FEENA(EDM系)

FEENA / PROVINCIALISM Ys / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

The Silver Will -ギンノイシ-(EDM系)

The Silver Will -ギンノイシ- / 空の軌跡ざんまい / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

Sophisticated Fight(JAZZ系)

Sophisticated Fight / 英雄伝説 空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

ケノーピ火山(JAZZ系)

ケノーピ火山 / 「Zwei!!」 スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

浮遊大陸アルジェス -Introduction- / Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008 / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

QUATERA WOODS(OST系)

QUATERA WOODS / イースVI -ナピシュテムの匣- オリジナル・サウンドトラック / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

幻の大地 セルペンティナ(OST系)

幻の大地 セルペンティナ / 「Zwei!!」 スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

愛を感じていたい「終焉」(ポップス系)

愛を感じていたい「終焉」 / オリジナル・サウンドトラック 「海の檻歌」~後編~ / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

魔王ヴェスパー(OST系)

魔王ヴェスパー / 「Zwei!!」 スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

花と風のうた(JAZZ系)

花と風のうた / 「Zwei!!」 スーパーアレンジバージョン / Copyright © Nihon Falcom Corporation

  1. 原曲

    anchor.fm

  2. Victor JVC HA-MX100V

    anchor.fm

 

総評

 Victor JVC HA-MX100Vは甘く美しい透明度の高いみずみずしい中域を中心に開放的な音場で聴かせるモニターヘッドホンです。全体的な雰囲気はモニター的ですが、そのサウンドは決して無機質なものではありません。むしろ音楽性は豊かで、充実した暖かい人間的な音楽を聴かせます。このヘッドホンには私の愛するJVCの良いところが詰まっており、たちまち私の最もお気に入りのヘッドホンの一つになりました。

 購入目的はもうちょっと実用的な用途だったのですが、長時間聞き疲れずに甘いサウンドを気持ち良く聴けるので、このヘッドホンが耳から離れません。

 

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V

Victor JVC HA-MX100V スタジオモニターヘッドホン ハイレゾ対応 密閉型 ビクタースタジオチューニングモデル ブラック

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事