audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ワイヤレススピーカー Harman/Kardon One レビュー】HK独特の立体感のある音響で、小型ながら突き抜け感良好のサウンドを鳴らす

Harman/Kardon One

Harman Kardon ハーマンカードン ONE デジタルオーディオ用スピーカー Bluetooth搭載/ポータブル/ワイヤレス対応/通話可能 ブラック HKONEBLKJP 【国内正規品】

 

おすすめ度*1
Harman/Kardon One

ASIN

B01M8MYQ74

 ビジネス向けを謳うスピーカー。恥ずかしながらビジネスで使うスピーカーって言われてもいまいちピンとこないのだが、防水性能のない室内向けのポータブルスピーカーといった感じだろうか。あるいはキャリーケースが付属しているために「ビジネスシーンにも溶け込みますよ」というアピールなのかもしれない。通話応答機能もついている。

 aptXやAACには対応しない。通信性能は比較的安定している。まれに音飛びあり。

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電用ケーブル、キャリーケース、マニュアル。

Harman/Kardon OneHarman/Kardon One

 

【2】音質

 Harman/Kardonの音響機器というと、やたらと立体的に聞こえる独特の鳴り方が特徴的だが、このスピーカーも立体感はすごい。中低域の地平線の拡がりもかなりの奥行き感があるが、何より伸びる高域の突き抜け感。スピーカーから浮き上がってくるような音質は好きな人にはたまらない。ただし曲によって背景音がかなり強調されて奥まるので、逆に篭もった印象を受ける場合もある。

 

[高音]:小さなスピーカー筐体から文字通り伸び上がってくるような3D的な立体感のある音。弦楽や高域木管の突き抜け感はかなり強い(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:若干透明感に振れた音。弦楽の色味も豊かで、ピアノも鮮明度が高い。ただし背景を演出する音は籠もって聞こえやすい。

[低音]:それなりに存在感あり。締まりと重みのバランスが良い(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルは特に立体感を感じやすいので、楽器以上にのびてくると感じる場面が多い。三角形の立体感(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションはややガチャガチャしやすい傾向がある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:前面高くにしっかりと伸びてくる。太さを維持しながらボーカルの伸びが味わえる。力強い。

 

【3】官能性

 中孝介「夏夕空」はボーカルに比べると、パーカッションや楽器音はやや背景遠くに篭もっている感じに聞こえる。ただ左右に広がる弦楽の色味は良く、情緒感強め。ボーカルののびやかさが持ち味の曲だが、このスピーカーで聴くとその立体感が増して味わえる。

 多田葵「灼け落ちない翼」は低域ドラムの利きが甘くぼんやりしている。一方で中高域の煌めき感は良好。力強さが強調されたボーカルの温度感と伸びやかさは心地よい。

 フジファブリック「若者のすべて」はボーカルの拡がりが良く、非常に立体的。弦楽の煌めき感もなかなかよいが、一方でピアノは色彩感控えめでおとなしく、ややグレー味の強い色彩を感じる。

 CHEMISTRY「merry-go-round」はボーカルはのびやかで力強い。一方でリズム音などはだいぶ背景に奥まり、やや篭もった感じでしかもガチャガチャ混じり合って聞こえやすい。

 

【4】総評

 立体感のある音響は想像以上に迫力があり、とくに高域ボーカルを楽しむのに向く。一方で立体感が強調されすぎて、曲によってはリズム音がかなり奥まってしまうこともあり、不自然に感じやすいところもある。とはいえ、小型でここまでパワフルに感じるサウンドを出すスピーカーも珍しく、しかも音色に目立った粗はない。

 使い勝手の面では、防水性能などはなく室内向きの仕様であり、行楽などには使えない点をどう捉えるかというところ。通信性能は比較的安定している。価格的には室内用としてもっと大型のモデルも購入できる値段であり、小型スピーカーとしては割高な部類なため、コスパは必ずしも良いとは言いづらい。

Harman/Kardon One

 

【5】このスピーカー向きの曲

 弦楽の色づき良好。暖色のボーカルに立体的な力強さが加わり、サビでののびやかさが非常に楽しめる。(池田綾子「moment」)

 

 金管音に立体感あり。やや煌めき感強めで渋みには乏しいか。ドラムの衝撃と締まりも良く、地平線の拡がりもしっかりと感じられる。

 

 煌めき感の強い楽器音は篭もる感じがあまりなく、むしろその緻密感が強調されて感じられる。サビでの甘味のあるボーカルの立体的な伸びやかさは、空に向かってまっすぐ飛んでいく推進力を感じる。(悠木碧「プラチナ」)

 

 ボーカルの立体感を味わうならこの曲も外せない。

 

Harman Kardon ハーマンカードン ONE デジタルオーディオ用スピーカー Bluetooth搭載/ポータブル/ワイヤレス対応/通話可能 ブラック HKONEBLKJP 【国内正規品】

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。