audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【完全ワイヤレスイヤホン MINLUK M5 レビュー】のびやかで圧迫感のない音。やや篭もって感じられるかも知れない。装着感と通信性能は良好

MINLUK M5

【進化版 Bluetooth 5.0 】MINLUK Bluetooth イヤホン 高音質 両耳 ワイヤレス イヤホン自動ペアリング 運動イヤフォン ブルートゥース イヤホン 防水防汗 高音質 充電ケース付き iPhone Android 対応

 

おすすめ度*1

MINLUK M5

ASIN

B07GPF2BS6

 イヤーウィング付きで装着感のしっかりしたイヤホン。遮音性はそこそこ。音漏れは少しある。

 aptX対応ではないが、通信性能面では、遅延・途絶はなく、安定している。動画鑑賞も問題ない。ごくごく稀にわずかな途絶あり。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はUSB充電アダプタ、イヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、説明書。

 多くの完全ワイヤレスモデルがケースに収めると充電モードになり、ケースから出すと自動で通信ONとなるが、このイヤホンはケースに入れて充電ボタンを押さないと充電が始まらない。

 充電ケースとは別に付属しているUSB充電アダプタは、イヤホン1台を個別に充電できる。残念ながら1個しか付いてこないので、イヤホンペアを同時に充電は出来ないが、充電ケースなしでも充電できる手段があるのは面白い。

MINLUK M5MINLUK M5

 

【2】音質

 音はやや距離を取って聞こえる。小音量では篭もって感じられるかもしれない。シャリ感は出やすくシンバルなどはかなり毛羽だったシャリシャリ音になる。高域では透明感は感じやすいのでクリアな印象は受けやすい。ただ高さ的にはあまり突き抜ける感じはなく、天井感もややあって抜けの良さは感じづらいかも知れない。音は全体的に明るく、軽妙な印象を受ける。どちらかというとクラブサウンド系の曲のほうが引き締まって聞こえる。

 

[高音]:キラキラ感は少し強めでシャリ感も出やすい。突き抜ける感じはそれほど感じられないので思ったより天井を感じやすいところもあるが、透明感はよく感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ピアノは少しキンキンした傾向。弦楽はやや細く感じやすい。

[低音]:100hz~40hzまで落ち着いた振動で柔らかい。30hz以下は沈むが振動感はわずかに感じる。存在感は薄め(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:比較的広めの空間を感じ、圧迫感は感じづらい。小音量では音が篭もる印象を受けるかも知れない。音はやや交わりやすいところはある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:表面張力がやや強く出やすく、バシンバシンという衝撃力の強い感じに聞こえる。シンバルはシャリ味強めで毛羽立ちを感じる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:やや細身の透き通った感じで聞こえやすい。

 

【3】官能性

 秦基博「Rain」はややボーカルは線が細く聞こえる。全体的に楽器音にキラキラした色彩感があり、演出は強め。ドラムはパツンパツンとした軽快味の強い音で全体的に明るい。

 perfume「チョコレイト・ディスコ」はかなり硬質に感じる。ソリッドな弾け感のあるデジタルドラムがパチパチと爆発力を演出する。音もキラキラした印象が強く、ボーカルも細く繊細に感じられる。カチッカチッとしたまとまりのよい形で聞こえる。

 山崎あおい「Blue Days」はかなり明るめの色調で聞こえる。ボーカルも明るく、楽器音も軽快で色味も明るいので、曲調が非常にポジティブ。サビは弦楽の透明で明るい色彩をボーカルが素直に受けて、なおさら煌めいている。悪くはない。

 TrySail「Sail Out」では明るい曲調をさらに明るく聞かせる。全体的に煌めき感が強く、ボーカルも透明で、とにかくキラキラ。ただ音場と耳との間に距離感が少しあるので、意外と刺さらず、圧迫感もなくすっきり楽しめる。これはよい。

 

【4】総評

 全体的に明るい曲調で楽しめるイヤホン。音場にほどよい距離感もあり、圧迫感無く音楽を楽しめる。完全ワイヤレスイヤホンは比較的音が近いモデルが多いので、それに慣れていると初期印象は篭もったように感じるかも知れないが、慣れていくると落ち着いて聞こえてくるだろう。シャリ傾向の音でどうしてもギスギスしやすいところはまま見られるが、色彩感は良い。傾向としてはなめらかなキラキラ感が出やすいデジタル音が多いクラブサウンド系の曲に強いだろうし、一定の情報量の室内楽も清涼感は味わいやすい。明るい色彩のイヤホンが好きなら、コスパ的には決して悪くない。

MINLUK M5

 

【5】このイヤホン向きの曲

 ほどよい距離感があって開放的。ボーカルはほどよくのびやか。楽器音は色彩感が強くキラキラとする。ドラムの重みがほとんど出ないので、盛り上がりとメリハリには若干欠け、全体的にふわふわしているが、透明感のある音は曲調に合い、この曲の味としては悪くない。

 

 重厚感はないものの、ドラムの弾けはよいので爆発力は出る。ボーカルはやや透明感強く少しキンキンした形で出る。シンバルは存在感強く、なめらかに聞こえるギターのエッジも明確。全体的に軽快で光彩のあるキラキラしたフレッシュな味になっている。

 

 かなり明るい色彩で表現される。パーカッションが軽快で弦楽もキラ味のある明るい音なうえ、ボーカルも少し色味が明るく聞こえる。

 

 弦楽の色彩感が明るく、ピアノも落ち着いた透明感があり、このイヤホンではなかなかに聴き応えがある。

 

 膨張感のあるドラムがやや篭もるような感じで薄く鳴るのは気になるが、この曲の明るい色彩感が味わいやすい。

 

【進化版 Bluetooth 5.0 】MINLUK Bluetooth イヤホン 高音質 両耳 ワイヤレス イヤホン自動ペアリング 運動イヤフォン ブルートゥース イヤホン 防水防汗 高音質 充電ケース付き iPhone Android 対応

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。