audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【完全ワイヤレスイヤホン lakukoudou BS01 レビュー】シャキシャキしたエッジ感、煌めき感のある音味と、明るめの色合いでロックやポップスをフレッシュに仕上げる

lakukoudou BS01

【進化版bluetooth 5.0】完全ワイヤレスイヤホン lakukoudou bluetoothイヤホン左右分離型HIFI高音質 マイク内蔵 片耳/両耳ハンズフリー通話 自動ペアリング対応 自動ON/OFF 重低音/IPX6防水 最大24時間連続再生可能 2018年モデル(ブラック)

 

おすすめ度*1

lakukoudou BS01

ASIN

B07H6ZDF9V

 以前レビューしたRUOBAI BS01のパッケージ違い品。丸みを帯びたハウジングで比較的はっきりした装着感は相変わらず。

 aptXには対応しない。AACには対応している。通信面での不満はない。RUOBAI版と同じく、こちらの個体も通信品質の不満はなく、遅延・途絶は感じない。

 BTのバージョンもRUOBAI版と同じくV5.0。ちなみにこの機種にはV4.2バージョンがあり、そちらは安い販売店からなら4000円くらいで入手できる。V5.0にこだわらない人はそちらを探してみると良いかもしれない。

 

www.ear-phone-review.com

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、日本語マニュアル。

 予備イヤーピースが内箱に入れられていたRUOBAI版に比べて、こちらは予備イヤーピースの収納場所もあるため、取り出しやすく、パッケージの纏まりは良い。説明書はRUOBAI版が英語説明もあって厚めだったのに比べると、日本語のみとなり簡素化した。説明も少しあっさりしている。

 RUOBAI版でも述べたが、インターフェースはタッチパネル式。押下感がないので、クリックがうまくいってるかわかりづらい。たとえば音楽再生/一時停止はワンクリックなのだが、2秒以上押して曲送りをしてしまったりということもあった。操作が反映されるまで時差があるのか、クリックしてもすぐに反応しないように感じられることがあり、反応していないと思ってクリック操作を繰り返すと誤操作しやすい。

lakukoudou BS01lakukoudou BS01

 

【2】音質

 音質的にはRUOBAI版との違いは見られない。大ざっぱに表すと、高域寄りのシャリシャリイヤホン。ピアノの精彩がよいのでJAZZ味のある曲も楽しめるが、音が細いので、本領発揮するのはロックやポップス。クラブサウンド系の曲は今度は逆にガチャガチャしやすいところがあるので、粗が出やすい。以下はRUOBAI版のレビューから転載。

 

 音はシャープ。ドラムの弾み、ハイハットのスプラッシュ感を味わいやすく、ロックはかなり得意分野のようで、スカッとキレキレに聴ける。シンバルは若干シャカシャカした鳴り方ではあるが、粒感は悪くなく細かな塩振りを感じさせる。ボーカルはブレス音がやや強めで音量によっては耳に痛い場面もあるかもしれないので注意。突き抜け感は出るので女性ボーカルののびやかさもしっかり味わえる。ややドライで艶やかな甘味には乏しいところもあるが、明るく元気にのびやかに声色を楽しめる。弦楽も高低ののびやかさはなかなかで情感をえぐってくるところがある。弦楽音の傾向としてはどちらかといえば細めに伸びる音なので色合いは控えめな方だが、それでも精彩は十分。のびる官能的な音だけでなく、「ため」の部分にも色が乗っている。空間表現でも完全ワイヤレスにしてはそこそこの広さが感じられやすい。音質面での満足度は個人的に好みに近い音であることもあり、同価格の完全ワイヤレスモデルの中ではかなり高い。

 

[高音]:シャープネス強めで高域への伸びも良く突き抜け感がある。若干シャリ感は出やすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:金属的な音の精彩はかなり強く出る。弦楽のつま弾きで特に色彩感を感じやすいだろう。弓で弾いたのびやかな音も色気を感じさせる。曲によってピアノの精彩もよい。

[低音]:輪郭感があるので若干軽めにポンポンとした感じで聞こえる傾向がある。比較的ポップスに向く表現と言える。コントラバスの深堀り感などはしっかり出る(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:この価格帯の完全ワイヤレスモデルは平面的な表現になりがちなものが多かったが、低域の鳴りも良く足場を感じさせるせいか、左右の広さや奥行き感、そこそこの立体感が感じられる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは表面反発力がそこそこ強く、上方向にエネルギーを感じさせて足場を作る音。深く下にエネルギーを溜め込む感じではない。シンバルとのバランス感覚は良く、ハイハットの精彩が強めで疾走感が出やすく、ドラムの反発とハイハットの駆け足でロック調の曲では勢いがうまく出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ブレス音が強めに出やすいが、のびやかさと突き抜け感もある。明るく元気な女性ボーカルに向く。

 

【3】官能性

 Claris「君の知らない物語」はドラムが柔らかく支える音場に、シャープなエッジ感で中高域が形成される。ドラムの重厚感は押さえられていて、シャリ感の強いシャープなシンバルとやや細みにスタイリッシュに伸びる弦楽の組み合わせが、天井のない抜けた空を意識させる。爽快さと透明感のよく出た聴かせ方で、広さも感じやすい。

 Perfumeの曲はややうるさい感じがあり、賛否両論が目立ちそう。たとえば比較的アコースティックな色彩の強い「SEVENTH HEAVEN」はまだ少しシンバルのシャリ味が強いかな程度であまり不快感なく聴けるが、最高を求めて「Dream Fighter」を聴いてみると、衝撃音もシャープネスが強く、かなりきつい。全体的に、音にガシガシ頭を削ってくるようなエッジ感があるので、こういうのが好きな人には良いかもしれないが。

 一般的な傾向として、小田和正の曲には向いている印象。例として小田和正のアルバムの中でも、私が最も大好きなものの一つ「個人主義」を挙げてみる。たとえば「君たちを忘れない」では煌めき感のある明るい音楽表現とボーカルのシャープに伸びる突き抜け感が合っている。同様の色彩感で「忘れてた 思い出のように」「woh woh」「とくべつなこと」なども明度の高い透明な世界観で味わえる。エッジ感も良いので「The Flag」「こんな日だったね」「また、春が来る」のようなややリズムの細かい曲も疾走感を楽しめる。CMでもお馴染み、名曲「たしかなこと」もおいしく頂ける。

 鹿乃「ディアブレイブ」も軽快な明るい色彩感で楽しめる。弦楽とピアノの色づきが良いと、途端に春めいた香りが出てくるこの曲。明るめに楽しむならよい。

 

【4】総評

 個人的には価格の割に煌めき感と情感に満ちた表現が好み。完全ワイヤレスモデルとしては音質のレベルが高く、1万円クラスの日本のメーカー製イヤホンとも十分勝負できる。若干ブレス感が強いところ、曲によってピアノの精彩が足りないところ、低域の深掘り感は出にくい時があることなど、曲による得手不得手もあるが、その一方で伸びやかで突き抜け感のあるボーカルに妙味がある。甘味も感じさせてくれるので、女性ボーカルとはより相性が良いと思うが、男性ボーカルでもシャープに聞かせてくれる。クリア感が感じられやすい音質で解像度的な満足度も出やすい。

 タッチパネルの使い勝手は若干とまどうものの、プレーヤー側を操作すればいいので、これは明確な欠点にはなりにくいだろう。カタログ上の連続再生時間も5-6時間と長めだが、実際の使用でもほぼ同じで偽りはない。装着感も悪くない。屋外使用で問題ない水準の防水性能もうれしい。全体的なバランス的にも高いレベルでまとまっている印象で、今から完全ワイヤレスを選ぶならこの機種はかなり魅力的に思える。何よりコスパは断然良い。

lakukoudou BS01

 

【5】このイヤホン向きの曲

 のびやかな弦楽と明るい透明感のあるピアノの音色、シャープで切れの良いシャキシャキ元気でフレッシュな音楽空間がこの曲向き。

 

 同様に明るめのポップスであるこの曲も比較的軽快キラキラに楽しめる。

 

 弦楽のエッジ感がよく、細くスタイリッシュに伸びて色づきも良いのと、明るい色彩感のあるピアノの音の表現が楽しい。こういう曲は得意。

 

 前曲と同じアルバムからこの曲。透明感とシャープなエッジ感、色彩感で明るめの躍動的でスタイリッシュな風味をよく醸し出す。

 

 JAZZ系の曲だが、楽器のエッジ感良くメリハリが引き締まって出るので、この曲もイイ。少し明るめの色彩感が曲の主題とも合っていて、すごく楽しい。

 

 透明感と明るめの色彩感があるので、この曲もキラキラした感じで楽しめる。

 

 重厚感がなく、軽快なポップス風に聞こえるので賛否両論ありそうだが、この曲もシャープなエッジ感で緻密な方向でシャキシャキメリハリよく聴かせてくれる。

 

【進化版bluetooth 5.0】完全ワイヤレスイヤホン lakukoudou bluetoothイヤホン左右分離型HIFI高音質 マイク内蔵 片耳/両耳ハンズフリー通話 自動ペアリング対応 自動ON/OFF 重低音/IPX6防水 最大24時間連続再生可能 2018年モデル(ブラック)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。