audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ワイヤレスヘッドホン Panasonic RP-HTX80B レビュー】密度と空間のバランスが良く、厚みのあるしっかりした音を聞かせてくれる。パワフルでダイナミック。

Panasonic RP-HTX80B

パナソニック 密閉型ヘッドホン ワイヤレス Bluetooth対応 バーガンディレッド RP-HTX80B-R

 

おすすめ度*1

Panasonic RP-HTX80B

ASIN

B076WN9H9T

 以前レビューしたRP-HTX70をそのままワイヤレスにしたような製品。付け心地は全く一緒。

 柔らかイヤーマフで付け心地は優しい。耳をしっかり覆い隠すので密閉感もあるが、蒸れやすい。遮音性はそこそこ。音漏れは少しある程度。

 aptXには対応しない。AAC対応。通信品質は安定しており、音飛び・遅延は感じない。 

www.ear-phone-review.com

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はUSB充電ケーブル、説明書。この製品はワイヤレス専用モデルであり、AUX出力は備えていない。

 

Panasonic RP-HTX80BPanasonic RP-HTX80B

 

【2】音質

 全体の傾向としてはRP-HTX70に似ている。比較的広い空間表現もそのままだし、パワフルに抜けていく中高域もそっくり。若干の違いは高域の天井感で、Bluetooth接続のせいか、HTX70では突き抜け感がかなり高かったが、こちらは若干の天井感を感じさせる。個々の音の立ち上がりも良く、自然な材質感のある色味があって、有機的な色彩感のある音も健在。全体的に厚みを利かせつつ、ダイナミックに聴かせてくれる。

 

[高音]:天井は必ずしも高くないが、パワフルに伸びて抜けは良いので、ダイナミックに感じる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:演出感はあまり感じない、自然な材質感のある音色。全体的に密度と広さのバランスが良く、定位感も良い。

[低音]:厚みは感じる。ややブーミーでゆるい、おとなしめの振動。100hzから40hzくらいまで素直な減衰。30hz以下は沈む(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:定位感良好。高低は左右や奥行きに比べると少し狭く、パノラマ的。頭を中心とした球状に音場が収まる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはやや膨張感のある、弾みの良い音でバスンバスンという感じ。爆発力が感じられ、メリハリ良い。ハイハットは粒のまとまりが良い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:比較的自然でスッキリとした伸びがある。パワフルさやダイナミックさも良く乗る。

 

【3】官能性

 池田綾子「楽園ノスタ」はブーミーな低域の重厚感と自然な色合いでややJAZZ味の強い楽器音がこの曲の骨格をよく表現してくれる。ほどよい密度感で濃厚さを味わわせてくれるが、一方で奥行きと広さも感じられるので、圧迫感はない。中域ではボーカルはほどよく滞留し、高域へはまっすぐに抜ける。

 いきものがかり「ノスタルジア」ではまず弦楽の伸びを楽しめる。色味も細すぎず、かといって太すぎもせず、重くさせすぎないバランスの良い音。色合いもニュートラルに近く、自然。ギターのエッジも強すぎず、ほどよい明瞭感で圧迫しない。全体的な音場の色味の印象も、クールでもなく、ウォームでもなく、ニュートラルに近い色合い。手が届きそうな距離感でありながら、圧迫しない広さを感じさせる、過不足のない空間表現はこの価格帯では秀逸と言える。

 Perfume「Dream Fighter」ば音の密度が高く、緻密な電子音がやや混濁して感じられるところがあるのは価格なり。ボーカルもそれに影響されてか、焦点が定まらないところがある。低域もブーミーに被さってやや支配的で中域をかき乱してピンボケさせてしまう印象はある。一方で、音場全体を俯瞰して眺めてみれば、一体性が感じられ、音楽空間全体がパワフルでダイナミックな塊として聞こえてくるようであり、迫力があって楽しい。

 nano.RIPE「スターチャート」に関しては、低域ベースの深掘り感はすこしゆるく、やや不満。重低音はエッジが明瞭でなく、ブーミーにボケた柔肌風の鳴り方であり、深さを明瞭に感じさせる味ではない。しかし、それを除けば、音場全体に密度と広さを共存させた、ダイナミックな躍動感があり、この曲の疾走感をよく表現してくれる。

 

【4】総評

 RP-HTX70の優れたコスパをそのままワイヤレスにしたかのような製品。5000円ちょうどくらいで手に入り、安定した表現力で十分満足させてくれる。装着感も良く、使い勝手は上々。折りたたみ式ではないが、軽いので外出用としても使える。

 カラーバリエーションも比較的豊富で、ポップな色合いも選べる。

Panasonic RP-HTX80B

 

【5】このヘッドホン向きの曲 

 ドラムの重量感と爆発力のバランスがよく、重みと疾走感を共存させて聴かせてくれる。中域は密度感がしっかり出るが、定位感良く、一定の広さも感じ、圧迫感はない。ボーカルはナチュラルでのびやかさもほどほどに感じられる。弦楽は煌めきすぎず、細くもならない厚みのある落ち着いた音で、曲を安定させている。

 

 弦楽のダイナミックさと全体的な定位感の良い表現を味わうなら、この曲。煌めきすぎず芯のしっかりした材質感のあるピアノもいい。(菅野よう子「Power Of Light」)

 

 音に一定の厚みがあり、重厚感がある。イヤホンなどで聞くと、やや細身でキラキラして出やすい曲だが、このヘッドホンなら密度と定位感良く、パワフルに聴かせてくれる。とくになめらかに伸びるボーカルのダイナミックさはよく出て、気持ちよい。

 

 エッジの良いギターの表面は滑らかで、圧迫感とスムースさのバランスが良い。深掘り感はそれほどでもないが、厚みのある低域も重厚感を出して高低のメリハリ感が良い。ハイハットとドラムの強弱バランスも良く、疾走感もきれいに感じさせてくれる。

 

パナソニック 密閉型ヘッドホン ワイヤレス Bluetooth対応 バーガンディレッド RP-HTX80B-R

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。