audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【完全ワイヤレスイヤホン CANAVIS J29 レビュー】ドンシャリの王道を行く明るいパワフルサウンドを奏でる。ソリッドでタイトな低域表現と攻撃的なシャープエッジを持つミドルエントリークラスの旗手。これはおすすめ

CANAVIS J29

【LED液晶ディスプレイ付き Bluetooth5.0進化版 IPX6完全防水】Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレス イヤホン CANAVIS ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応【18ヶ月安心保証】(レッド)

 

おすすめ度*1

CANAVIS J29

ASIN

B07HKFJBGK

 完全ワイヤレスとしてはやや大きめのハウジングを持っているが、丸みがある筐体は耳当たり良く、装着感は良好。遮音性はそこそこ高いが、音漏れはややシャリシャリ漏れやすい。

 aptX対応ではないが、通信性能面では、遅延・途絶はなく、安定している。動画鑑賞も問題ない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、日本語説明書。

 ケースの中央部にバッテリーケースの充電残量を数字で表示するLEDがある。ケース中央のボタンを押すことでいつでも確認可能。ケースの充電容量をLED表示する機種は他にもあるが、数字で明確に表示する機種は珍しく、使い勝手が良い。

 

CANAVIS J29CANAVIS J29

 

【2】音質

 音質に関しては素直に驚いた。ドラムやハイハットの輪郭、ギターのエッジなどがかなり明瞭。低域ドラムの鳴り方はソリッドで、かなり輪郭が明瞭なタイトな鳴り方で、引き締まりが良く、スカッと気持ちよく弾む。低域ベースとドラムは自動車で言えばエンジンに当たる部分。曲のパワフルさに大きく影響を与えるが、このイヤホンの推進力は同価格帯の機種の中では、最強クラスの加速力を感じるタイトな力強い音で、アタック感は素晴らしい。中域ではやや細身、シャープでエッジの尖った楽器音が、キレよく攻撃的な空間を演出する。高域でのサ行の刺さりは強く出やすいので、音量には注意が必要で、その点だけ価格なりのピーキーさを感じさせるものの、裏を返せば小音量でもエッジの利きがよく輪郭感がボケない良さもある。

 傾向としてはタイトなリズム感と攻撃的なエッジ感がロック曲で強い。デジタルサウンドの緻密さも出るので、ダンスミュージックもよい。個人的にはかなり好みの傾向になるので、評価はやや甘めかもしれない。他のモデルで似ている傾向を探すとすると、高低バランスは若干異なるが、攻撃的で高域方向に尖る感じはJabra Elite 65tに近いか。あるいはエッジの出し方やタイトな低域表現はJVC HA-ET900BTに似て、高低バランス的にそれよりはやや低域方向に寄せた印象。大枠としてはドンシャリの王道に近い表現の仕方だろう。いきものがかり系の、明るい色彩のロックで頭をスカッと爽快にしたい時には最高の相棒。

 注意点としては静寂時にホワイトノイズが感じられる。音が鳴っていればあまり目立たないが、気にする人は注意。

 

[高音]:色味は明るく、清潔感のあるクリーンサウンド。シャープに尖って、力強く突き抜ける。音量によって刺さりやすいので注意(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に音が細めでシャープなエッジで鳴るので攻撃的。煌めき感は少し強め。空間的な見通しはよく、奥行き感や定位感は明瞭。

[低音]:輪郭の良い振動で100hzから40hzまで素直な減衰。30hz以下もかすかな振動感がある。低域の表現は固めで粘りが出やすい(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:攻撃的な鳴り方で音に尖りがあるが、輪郭のまとまりは良く、先端が毛羽だって混濁する感じはなく、最後までまとまりよくスカッとしている。そのため、ガチャガチャして感じられる場面はあっても音が潰れる感じはない。ギターやパーカッションが明瞭に左右に出るので、左右の近さは意識しやすい。一方で奥行き感も緻密に感じられやすいので、左右近くから奥に向かって広く感じやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはソリッドでタイト。爆発力は尖って出やすいので、バシンバシンとした弾けの強い感じで出る。しかし浮き上がる軽薄な音ではなく、粘りもあるので重みもかなり感じさせる。ハイハットの輪郭感はシャープ。シャリシャリとした感じは出やすいので疾走感は感じやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:清潔感は強めで、明るい。やや細く突き抜けるところがあり、サ行は刺さりやすい。

 

【3】官能性

 いきものがかりでは、たとえば「うるわしきひと」、「ブルーバード」、「青春ライン」、「花は桜 君は美し」、「流星ミラクル」といったロックナンバーで爽快感が味わいやすい。ただし吉岡聖恵のボーカルは高域へと一気に突き抜けるパワフルな息感があるので、音量によって刺さりやすいところは注意。どの曲でも固めのタイトなドラムと透明感の強いピアノ、攻撃的なギターエッジが、明るくパワフルでメリハリの良いスカッとしたサウンドを再現してくれる。

 このイヤホンで聴くClariSの曲ではまず「again」をおすすめしたい。タイトで爆発力のある爽快なドラム表現に、透明感のある中高域と清潔感のあるボーカルが、煌めき感とパワフルなメリハリ感を共存させた、いかにもClariSっぽい快活さを表現してくれる。同様に「STEP」「CLICK」「ルミナス」「カラフル」「コネクト」「RESTART」「nexus」といった定番ナンバーは素直にその爽快感を味わえるだろう。ほかには「ひらひら ひらら」や「このiは虚数」といった透明感の強い曲もよくその味が出る上にメリハリ感は良好なので素直に良い。

 TrySailの曲ではまず「コバルト」を挙げたい。弾けるパーカッション表現とともにボーカルが明るくパワフルに弾ける。エッジの攻撃的なギターがロック味も忘れずに加えて、メリハリが非常に良く出る。ただし相変わらず息感は強く刺さる形で出やすいので、音量には注意したい。より緻密さが加わる形で爽快感を味わうなら「whiz」がおすすめ。煌めき感も良好。爽快感の強い楽器音がソーダ飲料だとすれば、より甘酸くコケティッシュに感じられるボーカルはフロートアイスといった感じで、クリ-ムソーダのように濃厚さと清涼感を共存させた形で、この曲のおいしさを味わえる。ガーリッシュロックナンバー「センパイ。」「オリジナル。」もロックなアタック感と清潔感のあるボーカルが明瞭に再現されて、かなり満足できるし、「Youthful Dreamer」「Sail Out」のようなポップスも爽快に弾けて元気いっぱいだ。

 高域での清潔感と透明感に優れたChouchoの曲とも相性が良い。例えばロック色の強い「ばらのナミダ」「DreamRiser」「flyleaf」「優しさの理由」「空とキミのメッセージ」はパワフルに爽快感良く味わえる。よりダンス色の強い「カワルミライ」もタイトなデジタルドラムのソリッド感は良好で、全般的にシャープな楽器が緻密な空間を味わわせてくれる。よりアコースティックな味を出す「earthlit」も、光沢感のあるエッジを奏でるギター音はキラキラと眩しく、アタック感もよいのでメリハリ強めで気持ちよい。

 

 なお上記テストはNW-A27で行ったが、Activio CT10では大音量時の音場の定位感のバランスがよりよく、エッジも少しなめらかになり、シャリ味がかなり抑えられて、さらに上質に聞こえた。

 

【4】総評

 明るく楽しいドンシャリの王道を行く。それなりに演出過剰なところがあり、大音量で刺さりやすいピーキーなところがあるのは価格なりだが、価格帯最強クラスのエンジンを積んでいる爆発力のある音響はかなりの聴き応え。ロック曲と最高に相性が良いが、SPYAIRやUVERWorld、ONE OK ROCKなどを聴いた感じだと、男性ボーカルはやや白味の強い、少し女性的で線が細い声色で感じられるので、ガーリッシュロックのほうが相性が良い。シャリ音の負担感はあるので、聞き疲れしやすいところはある。

 個人的には、音質面でどストライクな好みに近いので、評価は甘めであることは認めざるを得ないが、使い勝手もよく、中価格帯では注目に値する良機種だ。女性ボーカルの明るいロックサウンドを味わうなら、コスパは非常に高い。

CANAVIS J29

 

【5】このイヤホン向きの曲

 エッジ良くメリハリ強めでシャキシャキと元気いっぱい。ドラムはタイトでまとまりよく引き締め、ハイハットもシャリシャリ疾走感を出す。ボーカルは透明に伸びて突き抜ける。

 

 このロックナンバーも爽快に表現する。タイトで気持ちよく弾むドラムがとくに快活で推進力に富む。

 

 音のエッジがきれいで、導入も明瞭で一気に世界観に引き込んでくる。ドラムに爆発力があって力強く弾けるので、曲調は元気よく、ボーカルは清潔感が出るので少し明るめ。

 

 音が細かく、緻密に感じられる上に、アタック感満載で爽快感も強く、ボーカルの清潔感もきれい。(ブレンド・A「ぼなぺてぃーと♡S」)

 

 全体的にパチパチと爆発力強めのパーカッションに、アタック感良く弦楽が乗って上方向に明るくパワフルに伸び上がる。ボーカルも明るめの色彩でコケティッシュ。

 

 かなり攻撃的な楽器音の中で、細く異様な透明感を感じさせながら伸びるボーカルが歪みながら聞こえてくるのが最高にロック。

 

 ややボーカルのサ行刺さりやすいところはあるが、スマッシュ感のあるこの曲の爽快味を味わうなら、価格帯で最適に近い。クライマックス付近のハイハットが主役になる場面では緻密な色彩感も味わえる。そしてラストの重厚感のあるドラムベースと攻撃的なギターの奔流はアタック感良く気持ちよく表現されて最高にロック。(藍井エイル「INNOCENCE」)

 

 爆発力のあるデジタルドラムが推進力をしっかりと感じさせる。かなり爽快感に優れた演出感が感じられるので、ロック味強め。(坂本真綾「風待ちジェット」)

 

 fhánaの曲なら、この曲がこのイヤホンの爽快味と爆発力と相性が良い。

 

 爆発力を味わえる曲といえばこれ。音の輪郭が良いので、高空を感じさせる演出音も明瞭で飛翔感も出る。弾みの良いドラムも軽快で気持ちよい。強いて言えば、ややシャリシャリしすぎなハイハットがほんの少しうるさげで邪魔だが、疾走感にかなり貢献してもいるので無碍にもできない。全体的にはかなりよい聴かせ方に思う。

 

 かなり細くシャリシャリして聴かせる。全体的に尖りが強く、メリハリ感が強く攻撃的。爽快感は強く、透明感もあって中毒性は高いが、かなり聞き疲れしやすいので、長時間聴き続けると頭痛がしそうではある。そういう意味ではカップリング曲の「Inside Identity」のほうが重厚で煌めき感が抑えられている分、聴きやすいバランス。

 

【LED液晶ディスプレイ付き Bluetooth5.0進化版 IPX6完全防水】Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレス イヤホン CANAVIS ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応【18ヶ月安心保証】(レッド)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。