audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【インナーイヤー型イヤホン BOSE SoundTrue Ultra レビュー】ある意味BOSEらしからぬ、演出感が少なく、音をほどよくつややかに美しく聴かせる品の良い機種

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones - Apple devices イヤホン チャコール

 

おすすめ度*1

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

ASIN

B014CI9D3A

  イヤーフックつきのイヤーピースは独自構造で圧迫感のない付け心地。遮音性は高め。音漏れは少し。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、キャリイングケース、説明書。ケーブルは少し目立つ。

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphonesBose SoundTrue Ultra in-ear headphones

【2】音質

 音質的にはいつも低域押し押しのBOSEらしからぬ、調和性を意識したサウンド表現があって驚く。低域は量感はあるが、押しが強い感じではなく、柔らかで音場全体を包みこむような耳当たりの良い音。中高域ではキラキラ感とつややかさの両立した、ほどよくスピード感のあるサウンドで、瞬発力は強くないが遅くもなく、適正速度を守るかのようにバランスよく音楽に追随する。BOSEが自信を持って「Ultra」とつけた意味がわかる。

 

[高音]:高域は自然な伸びやかさ。煌めき感や光沢感そこそこ(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:煌めき感がほどよくあり、つやつやした音だが光沢感は浮き上がりすぎない。どちらかというと下の方で低域から素直に厚みがつながっている感じで、重厚感を出しつつ、相対的に落ち着いた色味の上方向にスムースにつながっていく。ピアノは光沢が撥ねず、ポロンとした音でしっとり濃厚。

[低音]:100hz~30hzまではっきりした厚い振動。20hz以下で沈む(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中低域付近が近く、リズムベースをしっかり聴かせながら、上に向かって徐々に柔らかく空間に溶け込んでいくような自然な広がりを感じる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは膨張感があり、地熱感そこそこ、材質やや柔らかめのバズンバズンといった音。ハイハットはドライに噴き上がる感じ。全体的にウォームな印象を受ける(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:落ち着いた色味で女性ボーカルは少ししっとり。

 

【3】官能性

 東京カランコロン「スパイス」は暖色のドラムベースと煌めき感をやや抑えた背景のほんわかした雰囲気、調和的で浮き上がらないボーカルと、全体的に濃厚。統一感の取れた表現で充実感がある。

 池田綾子「空の欠片」もボーカルにしっとりした味わいが良く出て、ピアノは煌めき感おさえめ、定位感も良く、全体的な調和性の感じられる表現。ただし、少しく聞き惚れていたら、クライマックスで重低音が強く響く箇所になって音場の端にざわつく感じが出て、せっかくの調和的雰囲気がかき乱されて少しだけ興ざめ。

 DAOKO「終わりのない世界で」はパンチ力があってスマッシュ感のあるドラムキックがはっきり。緻密なデジタルパーカッション表現の刻みと弾けるポップ感も気持ちよい。これくらい緻密な曲だと音場に窮屈感があるけど、迫力充分だし、いいかな。

 Hall & Oates「Life's Too Short」はドラムとギターの中低音の、ズチャズチャした音がちょっとうるさい。他は概ねいい気がするけど、この音はあまり好きじゃないかな。 この曲の出だしの「スチャスチャ」した導入なんだけど、刻みのよいイヤホンだと綺麗に締まっていきなり引き込んできてくれるが、あまりそうでもないイヤホンは音がもたれてズチャアって感じになる。なんかダンプカーが砂を下ろしている時のようなまとまりのない感じになってしまうけど、このイヤホンも刻みはあまりよくないので、ここだけはきれいに出ないようだ。

 

【4】総評

 気に入っているSoundSport Freeと同系統の音作りと聞いていたので、amazonのタイムセールで1万円を切る廉価になっていたこのモデルに興味を持った。音質はBOSEらしからぬ調和的でみずみずしさの感じられるところもある音で好印象。根っからのBOSE党からすると、押しがそれほど強くない低域には少し不満かも知れない。

 印象は悪くないが、同価格帯を見渡してみると個性的な製品も多く、インパクトには欠け、埋没しやすい製品かも知れない。高級機種では比較的珍しいインナーイヤー型で装着感に圧迫感がないので、軽い付け心地が好きな人には考慮に値する機種。

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

 

【5】このイヤホン向きの曲

  なかなか聴き応えを感じたのがこの曲。グラフェン系イヤホンはじめ最近妙に多い、キラキラ感を強調するシャリシャリイヤホンで聴くと、この曲はちょっとどぎつい。このイヤホンの情緒感を醸すしっとりした聴かせ方には、率直に言って感動した!奥深いなBOSE。この曲の良さを私に再確認させてくれた。

 

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones - Apple devices イヤホン チャコール

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。