audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【カナル型イヤホン TFZ No.3 レビュー】ダイヤモンドドライバーのおかげか全体的に発色が良く、高域から低域まで明瞭なコントラストの高い音を出す。ただし情報量が多い曲ではうるさくなりやすいところあり

TFZ No.3

TFZ No.3

【 国内正規品 】 TFZ ダイヤモンドドライバー搭載 カナル型 イヤホン No.3 TFZ-NO3-SL

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「遮音性は良い」

おすすめ度*1

ASIN

B07Q1FD2VG

 シュア掛けタイプのデザインで、私の場合耳への収まりは悪くない。耳にしっかり嵌まるので、遮音性は高めで音漏れも少ない印象。

 

【2】外観・インターフェース・付属品「リケーブルは2pin」

 付属品はイヤーピースの替え、キャリーケース。2pinリケーブル可能。やや太めに感じる標準ケーブルにタッチノイズはほとんどない。

 

【3】音質「全体的に発色が良いし、スピード感も出やすい」 

  音質は硬い材質のドライバーらしい、明瞭感の高いサウンドが特徴。高域の発色はキラキラで透明感も光沢感も強く、低域のほうも色味が濃い音を出すため、全体的にコントラスト感の高い音響を作る。スピード感も非常に良く、音がかなりスムーズで場合によってはスピード違反気味に響いてくる感じがある。

 弱点としてはシャープネスがかなりあるせいか、音数が増えると混濁感が出やすいところがあり、中高域にうるさい感じがするかもしれない。あとはダブルマグネティックサーキットのせいか駆動音のようなものをかすかに感じる。スピード感と発色の良さからエレクトロダンスやアイドルポップスあたりを聴きたくなるが、個人的には、案外にR&Bなどの根元がしっかりしている感じの曲とか、弾き語り、インストゥルメンタル系の曲の方が聴き応えを感じるところがある。

 

[高音]:発色はよく、光沢感と透明感が強く、スピード感もあって突き抜ける感じも強い派手目な音。キラキラ感強め(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ギターのエッジもよく、発色は全体に明るめ。

[低音]:100hz~30hzまで素直な減衰をするかなりはっきりした音のキャラクターを感じる振動。コントラスト感をよく出す上、深掘り感を演出して低く床面を作る感覚(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中高域明るく、低域は深めに床面を作るため、高低に広い音場を感じる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:シンバルはかなり明るく若干白味が強い形で粒感細かめに出る。いわゆるシャリ音系だが、シャリシャリというような粗い感じよりはもう少し粒が細かくて、シュリシュリという挽きの細かい粒感がある。粒が細かいと人によってはドライな感じを受ける場合があるが、発色は明るいので暗くは感じないだろう。ドラムは詰まりがよいバツンバツンといったタイトな感じで鳴らす傾向にある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:最前面に出てくる感じではなく、少し距離を取っている感じだが、分離感は悪くない。若干明るめにのびやかさを強調して聞こえる傾向があるので男声ボーカルは場合によって浮かれ気味に聞こえるかも知れない。

 

【4】官能性「発色良く元気よくの視界良好サウンド。高域方面でだけうるさくなりやすい」

UVERWorld「CORE PRIDE」

 粘りも良く反発力も充分で元気なドラム、深掘りされるベースの重低感、明るめで広く感じる中高域にボーカルが伸びやかに響く。金管も明るめだが、しっかり「プッ」と詰まる吹き鳴らしがあり、間延びせずにアクセントが利いて活き活きしている。明るく元気な感じでこの曲を楽しむなら、なかなかに良い感じ。

 

ChouCho「空とキミのメッセージ」

 この曲くらい中高域が華やかだと、サビではちょっと発色が強いキラキラ感が強く出てしまってわずかに落ち着きがない感じがあり、若干中高域がうるさげな傾向が出て、個人的にボーカルに集中できないところがある。しかし深掘りするベースが確保する中高域の晴れやかな空間はさわやかで清潔感があるし、シンバルの粒感もまとまりが良く細かい。個人的にはもう少し落ち着いた感じが欲しいけど、この曲を晴れた夏空のイメージで、あまり温度感を強調しない清涼感のある形で聴くことができる。

 


空とキミのメッセージ

  

Jess Glynne「Never Let Me Go」

 案外これくらいの中高域落ち着いた感じの方が、むしろ中高域に派手さのあるこのイヤホンには合うという可能性がある。少なくとも私は中高域が強めの感じよりは聴き応えがあるって思ってる。当初はこの曲を聴くには明るすぎるかなって思ったけど、そんなことなくて低域の黒みと床面がしっかりしてるから音場に浮いた感じは出なくて、重みを出して音場を安定させているし、晴れやかで清潔感のある空間にスピード感充分な感じで透明感のあるシンセが響いてくるので、色味の付き具合やキレの面でも味わいがある。

 


ALWAYS IN BETWEEN

 

NIRGILIS「Sakura」

 重低感の出し方とか発色の全体的に良い感じは充分に気持ちよく、クリア感もあるし立体感も丁寧に出しているんだけど、率直に言って普段からこの曲を聞き込んでいる私には、若干の違和感がある。うまく表現できるか分からないけど、この曲の意外に複雑なドラム周りの音響になんとなく濁りを感じる。「あれー?こんな感じだったかな?」って感じでqdc 3SHOriolus Finschiに変えて聴いたら濁る感じはないので、たぶんかすかに感じるダブルなんちゃらドライバーの駆動音が干渉してるのかも知れない。これはもっと鳴らし込めば落ち着くのかも知れないし、人によって気にならないのかもしれないけど。見た目の発色良い解像度感の割に、情報量の多い曲では案外荒ぶる感じが出やすいところもありそう。ここらへんは同じく硬めのドライバーであるグラフェンと共通してるのかな。

 まあもしかすると、まだエイジング足りねーぜってサインなのかも知れないけど。

 


sakura

 

Pharrell Williams「Best Friend」

 ベースの深掘り感とパンチのある感じがパワフルかつ充分にコントラスト感を出し、キレのあるラップが踊り回れる充分な空間を確保してくれて良好。音数的にもこれくらいの音をスピード感よく聴かせるくらいが得意なんじゃないかと思う。

 


In My Mind

 

【5】総評「発色の良さと深掘り感が魅力的」

 個人的にTFZのイヤホンはあんまりしっくりこないところが多くて、買うならまだqdcのほうがよくない?派なんだけど、なんだかんだいって発色が良くキレの良いサウンドは魅力的だよね。このイヤホンなんて結構お値打ちな価格で、TFZ製品で買うならかなりコスパを感じるんじゃないかと思う。

 問題はボーカルの距離感と音場の広さは若干違うにしても、すぐ下の価格帯にSHOZY×AAW Hibiki MkⅡってやつがいて、多少色味は違うけど、低域の出し方とか似てて、高低のバランスの良い感じもクリソツだから、こいつを食いかねないってところかな。ボーカルはHibiki MkⅡのほうが近いから一般的にそっちのほうがウケそうってのもあるし。

www.ear-phone-review.com

 

TFZ No.3

TFZ No.3

【 国内正規品 】 TFZ ダイヤモンドドライバー搭載 カナル型 イヤホン No.3 TFZ-NO3-SL

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。