audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン Arbily T-02S レビュー】音質的にはradius HP-T100BTそのまま。チップがグレードダウンしており、自動ペアリングや自動接続には対応しない。そして通信品質は相変わらずキツい。音質だけ見れば、おすすめ

Arbily T-02S

Arbily T-02S

【Bluetooth5.0進化版】 T series Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス ブルートゥース スポーツ アウトドア 高音質 電池長持ち ハンズフリー通話 充電ケース付き タップ式 左右分離型 両耳 片耳 マイク付き iPhone7 iPhone8 iPhoneX Android 対応 (黒色)

 

 

【1】あのradiusの完全ワイヤレスイヤホンと見た目はほぼ完全に一緒

 この完全ワイヤレスイヤホンは元々radius HP-T100BTに近い機種なんじゃないかって疑いを持って購入したんだけど、案の定、見た目は細部は異なるものの、サイズ、装着感などほぼ完全に一緒。

 テストした範囲では音質に違いが見られなかったので、ドライバーなどの音響周りは両機種は共通の模様。

 

【2】細かい相違点

 音質はおそらく同一ってのを確認したが、挙動やスペックを見ると細かな相違点がある。radius HP-T100BTはイヤホン単体の連続再生時間4時間半だが、Arbily T-02Sはamazon商品ページで3時間、マニュアルで4時間と若干短いスペックになっている。

 またradius HP-T100BTは自動ペアリングや自動接続・切断に対応していたが、こちらのT-02Sはこれらの操作は手動で行う。おそらく通信チップ自体はradius HP-T100BTよりグレードが劣るか古いものを使っている。

www.ear-phone-review.com

 

【3】装着感/遮音性/通信品質「装着感良好」

おすすめ度*1

Arbily T-02S

ASIN

B07GWDK7TW

 丸みのあるハウジングでそこそこ付け心地は良い。遮音性は高め。音漏れは少し。

 

 通信品質は正直言ってキツい。家の中ならまだ普通に使えるが、街中の混雑するエリアでは左右がブチブチ切れてまともに使えない。下手したら家の中でもブチブチ切れる場合があるので、この点は使いづらい。

 

【4】外観・インターフェース・付属品「リセット方法は要確認」

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、説明書。

 

 説明書には一番大事なリセットについて書いてないので、この点だけ補足しておく。左右がつながらないなどの不具合が発生したら、リセットモードで直る可能性がある。リセットモードの方法は両耳イヤホンを20秒長押し。青点滅→青赤点滅→紫点灯→消灯→再び紫点灯ってなったらリセット完了。amazonのカスタマーレビューでも少し指摘されているが、意図せず片耳接続モードになった場合、おそらくリセット以外で修復はできないが、肝心のリセット方法について説明書に明記されておらず、日本のamazonにも情報が無いので、参考になるよう記しておく。なお海外のamazonのカスタマーレビューではリセットしても接続品質が直らない場合も報告されており、この機種は接続品質が悪いのは覚悟して買う必要はあるかも知れない。

 

 イヤホン単体の連続再生時間は3-4時間、ケースで5回充電できるので、ケース込みの最大連続再生時間は18-24時間となる。

 

Arbily T-02SArbily T-02S

 

【5】音質「重厚な音質。床面を強調しつつ深掘りされる低域が味わい深い」

※音質についてはradius HP-T100BTと違いが無かったので、radius HP-T100BTのレビューからコピペした。

 

 音質はラディウスらしくて好みではある。高域は発色抑えめでシックな感じ、中域は太い感じで、低域は床面を強調しつつ、厚みもあって重量感を感じさせる。低域の膨張感はそれほど強くなく柔らかみのある感じの音ではないが、表面の弾けがよいから躍動感は出るし、シンバルも尖りはあるが、チリチリとまとまりがよい感じで、ロックやダンス、JAZZなんかもいけそう。

 

[高音]:高域の発色は強すぎず、若干暗めな印象でシックに落ち着いている印象を受ける(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや太いが、意外と明るさはあり、快活。ラディウスっぽい音が濃い感じがあり、充実している。

[低音]:100hz~30hzまではっきり太めの振動。上では床面を作る感じで締まりが良く、黒みを感じさせる(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域の締まりが良く、中域付近に音が集まる充実感のある横幅のあるサウンドステージ(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは表面の弾けを強調するバシンバシン系の音だが、一定の厚みもあり、黒みも出す。活きが良い。膨張感は抑えめで材質感は硬い。シンバルはやや尖りが強いが白味はあまり強くなく、チリチリしたまとまりのよい濃い感じの音(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:楽器音が太く、若干埋もれやすいところあり。

 

【6】官能性「衝撃力を感じさせる低域の床面はダンス向きの印象を受ける」

※音質についてはradius HP-T100BTと違いが無かったので、官能性についてもradius HP-T100BTのレビューからコピペした。

 

ねごと「アシンメトリ」

 音響を確認して、このバランスなら聴いてみたいな~と思ったのがこの曲。黒みがしっかり出てシックな感じの空間が大人びてるし、音は全体的に濃厚で充実してカッコイイ。シンバルはチッチッと濃い感じの音だし、シンセも濃い色合いでぬったりと濃厚。ただ中域付近に音が集まりやすいところもあって、混濁感は若干感じ、これを充実感とみるか分離感が悪いと感じるかはかなり微妙なライン。あとは低域だが、膨張感がないせいか、少し重量感に欠ける印象を受け、もう少しパンチがほしい気がする。

 


アシンメトリ e.p.

 

三月のパンタシア「街路、ライトの灯りだけ」

 ドラムの衝撃力は少し強く出る感じで良好。音場に横幅があり、充実感があるが、ボーカルは少し埋もれるバランスで聞こえてくる。ギターは少し膨らみながら聞こえてくるが、エッジ感は良くボケた感じはない。

 


ガールズブルー・ハッピーサッド

 

TVアニメ「やがて君になる」ED主題歌「hectopascal」

 シャリ味をやや強調しつつ、中低域方向に音を落ち着かせて安定感がある感じで聴かせる。中域充実で明るく濃い色合いで楽しめる。重厚感もしっかりしていて、楽しい。

 


TVアニメ「 やがて君になる 」エンディングテーマ「 hectopascal 」

 

(K)NoW_NAME「Knew Day」

 個々の音に締まった感じがあり、気持ちよい。中域付近にタイトに音を集めて、横長にして聴かせる感じ。情報量が多い曲だけど、音が散らずに焦点が定まって聞こえ、統一感がある。ハイハットがシャリシャリしやすいところだけ鼻につくけど、個人的には結構満足できる表現。

 


TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』オープニング・テーマ 「Knew day」

 

久石譲「Summer」

 音が太めで中域付近に充実感がある。やはり音に散乱する感じがなくて、安定している。低域もしっかり厚みを出して、音場全体に濃厚感があり、聞き込める。悪くない。

 


菊次郎の夏(サントラ)

 

【7】総評「通信品質は率直に言って良くないが、音質は5000円台最強クラス」

 音質については1万円以上するradius HP-T100BTと同じなので、5000円台としては解像感は抜群に優秀なくらい。ただし通信品質はお世辞にも良いとは言えないし、海外のamazonのレビューとか見る限り、故障率も高いようなので、あまり強気でおすすめはしづらい。音質目的で安いイヤホンを探しているのなら、これは有力候補になり得る。家電店行けば、radius HP-T100BTの試聴機があるはずなので、気になる人はそれで音質と通信品質チェックしてから価格を考えて買えば良いんだし。目隠しして買わなくて良いだけ、格安中華完全ワイヤレスではお得な機種。

 

Arbily T-02S

Arbily T-02S

【Bluetooth5.0進化版】 T series Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス ブルートゥース スポーツ アウトドア 高音質 電池長持ち ハンズフリー通話 充電ケース付き タップ式 左右分離型 両耳 片耳 マイク付き iPhone7 iPhone8 iPhoneX Android 対応 (黒色)

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。