audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【カナル型イヤホン POBO N5 レビュー】解像度は価格なりかちょい良いくらいだが、ハイファイ感のある弱ドンシャリサウンドが意外とバランス良く、快活さや透明感を楽しめる。おすすめ

POBO N5

POBO N5

POBO イヤホン デュアルドライバー ハイレゾ高音質 ステレオ音声 マイク付き ワンボタン設計 収納ケース付き 3.5mmプラグ Android/iPhone/PC多機種対応 インイヤーイヤホン (グレー)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は良好」

おすすめ度*1

POBO N5

ASIN

B07QYLVL3K

 装着感は非常に良く、遮音性良好。音漏れも少し。

 

【2】外観・インターフェース・付属品「リケーブルできない」

 付属品はイヤーピースの替え、キャリイングケース、説明書。ケーブルに少しタッチノイズはない。

 

 梱包は極めて簡素で、付属品とともにイヤホンケースに入った状態でビニールに入れられて送られてくる。

 

 

POBO N5POBO N5

【3】音質「明るめで中高域のディテールがそれなりに詳細。低域は少し薄く、音場は全体的に上向き」

 比較的変な味付けが多い中華の低価格イヤホンの中では、音質はかなりまとも。ダイナミックドライバー2発積んでいるらしいが、たしかにほどほどの音圧感と密度感があり、音はメリハリがある。個々の音のディテールは価格なりではあるが、ピアノやシンバル、弦楽の音は結構丁寧に光沢感を出すので、価格帯のパフォーマンスを若干超えているかも知れない。音味はほぼニュートラルで高域ではクールに傾く。

 解像度やディテール、張り、コントラストは別次元だけど、あくまで高低バランス的な雰囲気はROSE BR5 mk2に似ていて、低解像度で似たような雰囲気で曲を楽しめる印象。BR5 mk2が人気機種だということを考慮すると、意外とこれも人気が出そう。得意ジャンルも被るんじゃないかな。実際amazonでは好意的レビューが圧倒的に多い。

www.ear-phone-review.com

 

[高音]:弦楽はほどほどのびやかで、金管もやや明るい。ピアノはキンキンせず、ツルンとした音。シンバルの刻みはそこそこ良く、空気感も少し出る。高域は高い方までディテールを強調する感じではなく、あくまで中高域のあたりが一番詳細だが、ハイファイサウンドを意識した緻密さがそれなりにある。高域の色合いはクールに傾く(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、菅野よう子「Power Of the Light」でテスト)

[中音]:ボーカルの分離は良い。全体的な印象は中高域方向に少し盛り上がった弱ドンシャリに思える。

[低音]:100hz~40hzくらいまで鈍い振動。30hz以下はほぼ無音。深い重低音はあまり存在感がないので本当の意味での重みや深さは感じづらく、低域はどちらかというと、やや明るめで厚みはほどほど。キックは少し浅い(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中域に清潔感があり、中高域あたりの張りが感じられる。見通しは少し良く、分離感もそれなりに良いように思うが、個々の音のディテールは中高域以外はそれほど細かくない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは鼓面のパリパリが目立つ明るめのパツンパツン。やや厚みに欠けてボディはそれほど感じられないかも知れない。シンバルは発色が良く、シャリ感はきれいに感じられる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:男声ボーカルは少し明るくツルッとしたところはある。女声ボーカルは艶やかで明るく伸びる。

 

【4】官能性「明るく輝いた女声ボーカルのあたりが最も詳細」

Choucho「アンダンテ」

 中域に清潔感と中高域に煌めき感とそれなりのディテールがあるため、この曲の透明感は綺麗に表現される。ボーカルは澄んだ声色でよく伸びる。この曲を聴く限り、このイヤホンの高域はかなりクールで硬質系に聞こえる。音に張りがあるので、エレクトロミュージック系のピンと張り詰めた感じの音は緩み無く表現される。音のエッジは詳細に聴くとややボケる気もするが、この曲では、価格を考えると充分すぎる解像感が得られる。温かみは少なめ。

 


color of time(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

Uru「The last rain」

 低域に厚みが出ないので、温かみよりは高域の冷たい感じを中心で味わうようになる。ピアノはそれほどキンキンはしないが、温度感は硬く冷たい。ボーカルは上方向に明るく細く伸びる。ダイナミックドライバーのせいかバランスドアーマチュアのようにドライに細切れに鳴っていく感じはなく、音につながっている感覚があるので、自然な広がりがある。聴き応えあり。

 


The last rain(初回生産限定盤)(DVD付)

 

(K)NoW_NAME「Morning Glory」

  こういう明るい浮かれた曲とは相性が良い。低価格イヤホンにありがちな、音がガチャガチャしてうるさくなる感じが出るかと思ったけど、シンバルはちゃんと刻んでいて、ボーカルやギターと混濁する感じはない。ボーカルはキラキラ艶やかによく伸びるので、浮かれたギターやピアノ、金管とともにこの曲の一番のいいあたりをうまく聴かせてくれる。ただこれくらいの情報量の曲になると、音の重ね方というか、立体感・奥行き感はさすがに甘くて、シンバルやピアノやボーカルなどはだいたい同じような明度で平面的になっていて、個性化されているとはちょっと言いづらい感じもある。そういう意味で、個々の音のディテールは案外甘い。

 


Morning Glory

 

Poppin'Party「ガールズコート」

 どうも最近個人的に「バンドリ」に洗脳されている感がハンパない。この曲もかなりお気に入りで結構聴き込んでるけど、この曲なんかこのイヤホンで聴き応えがある。ドラムの重くないパリパリ張りの良い感じが若々しいし、シンバルも刻みとシャンシャンという空気感がしっかりしているし、ギターも結構エッジがきれいで聴き応えがある。ピアノも尖りを強調しすぎず、ほどよく明るくて艶やか。

 


ガールズコード

 

【5】総評「コスパ良すぎ」

 低価格ながら、聴かせるべきところをわきまえたわかりやすい表現で、値段以上の満足感をもたらしてくれるイヤホン。自然な解像度のある女声ボーカルのディテールはかなり満足できる。音に深みと奥行き感が欠けるところは価格なりだが、ポップスや明るいガールズロックをわかりやすく聴かせてくれる。これはおすすめ。

 

POBO N5

POBO N5

POBO イヤホン デュアルドライバー ハイレゾ高音質 ステレオ音声 マイク付き ワンボタン設計 収納ケース付き 3.5mmプラグ Android/iPhone/PC多機種対応 インイヤーイヤホン (グレー)

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。