audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン DUNU DK-4001の海外レビューまとめ

ヘッドライン

DUNU DK-4001

DUNU DK-4001

DK-4001 Chi 極

 

 

高品質のイヤホン作りで知られるDUNUとそのハイブリッドフラッグシップ「DK-4001」

 1994年に設立されたDUNUはIEMの市場では比較的歴史の古いメーカーです。大手のオーディオメーカーに対してOEM/ODMを提供するところから始まり、2006年から独自ブランドを展開して躍進しました。今では市場の中で一定の地位を築いた存在感のあるメーカーです。

 DK-4001はそのDUNUの、ハイブリッドイヤホンラインナップのフラッグシップとしてリリースされました。アジア圏で先駆的なハイブリッドイヤホンを作ってきたDUNUの技術の粋を集めた製品として世に送り出されました。

 今回はそのDK-4001の海外レビューを集め、皆さんにそのイメージをお伝えしたいと思います。

 

 その前に日本語で読めるリリース記事をまとめておきます。

e-earphone.blog

av.watch.impress.co.jp

www.phileweb.com

 

DK-4001の技術仕様
  1. ドライバ:13mmベリリウム振動板ダイナミックドライバ1基/Knowles社製バランスドアーマーチュア4基
  2. 合計 5ドライバーハイブリッド
  3. 周波数:5Hz-40KHz
  4. インピーダンス:32Ω
  5. 感度:110+-2db
  6. 重量:13g
  7. プラグ:スイッチングコネクタ 3.5mm/3.5mmバランス/2.5mmバランス/4.4mmバランス

 

海外レビューまとめ

Headfonics

音質

 これは、今日の市場で私にとって印象的でおそらくユニークなハイブリッドサウンドです。確かに、それはあなたがそれを聞きこむほど成長するシグネチャーです。 DK-4001で行われている巧妙なチューニングにより、物理的に高密度なローエンド、強い女性のボーカル、リラックスしたトップエンドに重点を置いた、パワフルですがわずかにユーフォニックなツイストを生み出しています。

 DK-4001のチューニングにかけられた魔法の多くは、ベリリウムドライバーを最高点まで駆動し続けていることです。クロスオーバーポイントは5〜6khzと思われます。ダイナミックドライバーの音色と重さは、素晴らしいディープエクステンションを持ち、ボーカルのポジショニングを私の好きな場所に向けるのに役立つ中域の素晴らしいプレゼンスが存在しています。

 音色はなめらかです。 DUNUは7kを超えてトップエンドをロールオフしているため、大きな輝きは得られませんが、刺さりなどの音色に潜り込む可能性のある鋭い倍音を減衰させるのにも役立ちます。一部の人は、よりアグレッシブで明るい高音を聞くことを好むかもしれませんが、私にとっては、DK-4001の、ファンタスティックな高音ボディと高域のわずかに潤い感のあるトーンは、特にニュートラルソースの場合、かなり中毒性を感じさせてくれます。

 

音場

 ステージングは​​少し前進的で、重低音から中低域にかけてのフォワードポジショニング、ボーカルと中域にかけてのフォワード、そして上部の高域がわずかに減衰しています。ただし、深さは非常に優れており、20〜30Hzまでの優れた伸びがあって、ロールオフの兆候はほとんどありません。

 ステージングの幅は雄大ではありませんが、くぼんだ感じや音のへこみがうまく回避されます。私の考えでは、DK-4001の中域の楽器の存在感は、低域がうるさげになって、もやがかって聞こえるPolaris IIの音よりもはるかにオープンで広々としたサウンドです。

 抜けの高さは、7kを超えるロールオフのため、DK-4001の弱点の1つと見なされる可能性があります。Solarisで見られるような風通しの良いクリーンなサウンドは得られません。ちなみに、私が聞いた範囲では、こうした調整はDUNU独自の味付けに少し近いので、それは意図的に行われたと思います。

 より高いピッチの楽器とボーカルのポジショニングは前面にあり、ステージングの側面をさらに前方に伸ばします。特に女性のボーカルの場合はさらに大きくなりますが、中域上部の3〜4khzあたりでは抑制されるため、ひどくシャウトしたりエッジの効いたトーンになったりすることはありません。

 

比較

Campfire Audio Polaris II

 Polaris IIは、DK-4001よりもV字型で、中域により凹んでいます。中域に比べて重低音の存在感が強くなりますが、DK-4001は重低音から中域のカーブでよりバランスが取れています。 DK-4001は、物理的で比較的暖かい低域を備えていますが、Polaris IIは、重低音の側をより盛り上げ、中低域はよりクールで、中域の凹みはよりアグレッシブです。

 特に中域下部の楽器は、DK-4001の楽器音のよりフォワードなサウンドと比較して、Polarisのほうは少し奥にあります。Polaris IIには強い奥行き感と優れた低音の床面がありますが、私はDK-4001の中域のより開放的でバランスの取れたサウンドを好みます。

 DK-4001のボーカルについては、ボーカルポジショニングはさらに前方にあり、私の耳には少し潤い感があります。 Polaris IIの女性のボーカルはほとんどのジャンルでクリーンでクリアですが、低域側が少しうるさくなると、男性のボーカルが非常に狭くなり、聞こえにくくなります。 DK-4001はその点でよりバランスが取れており、ボーカルをもう少しのびやかに聴くことができます。

 ポラリスの高域は、7khzを超えて伸びるので、DK-4001のほうが少し滑らかに聞こえます。 TEACシステムは、単一のドライバーがある程度のきらめきを押し出し、より高いピッチのパーカッションでは少しクリーンな奇数倍音がうまく機能します。 DK-4001はパーカッションの音色に対してもう少しボディがあるので、より豊かで、よりウェットなサウンドになります。

 

Shozy/AAW POLA

 ダイナミックドライバーが低域、ボーカルプレゼンス、および高音のフォワード/リファインのためにどのように調整されるかに関して、これら2つのモニターにはかなりの違いがあります。 DK-4001の低域は実体的で、重低音の存在感があり、フルボディの豊かなレイヤー感のあるサウンドを提供します。 POLAは、重低音のわずかな盛り上がりと、密度や暖かさの少なさで、私の聴いた感じでは、もう少しニュートラルです。

 POLAでの中域ボーカルの存在感は、DK-4001と比較すると、ポジショニングにおいては少しニュートラルです。どちらも1-2kに山がありますが、DK-4001は温かみのある音色でもう少しはっきりと感じます。

 楽器の音色も、POLAの音色の、より明るくクリーンなトーンに比べて、DK-4001はより豊かで滑らかです。 POLAは、その優れた静電高域からもう少し音を引き出す傾向があるため、密度と濃厚さを放棄して、空気と透明度を少し高めます。DK-4001の音色は、奇数倍のハーモニックではなく、偶数倍のハーモニックであり、ベリリウムドライバーからより多くの密度の高い暖かい応答を引き出します。

 高域は、優れた抜けの高さとアーティキュレーションを備えたPOLAが本当に優れています。 DK-4001は、7kを超える緩やかなロールオフを備えた、よりリラックスしたサウンドです。POLAは低域の存在感が少ないため、ボディはDK-4001ほど密度が高くなく、DK-4001のほうがパーカッションヒットやシンセノートは明瞭に聞くことができます。ただし、延長とエネルギーはPOLAの方が優れているため、その静電型特有の軽妙さと幾分強調されたきらめき感を得ることができます。

 

総評

 DUNUがDK-4001をチューニングから引き出したものは非常にクレバーです。多くのハイブリッド・シグニチャーは、低音と高音のコントラストの高いサウンドにしっかりと焦点を当てていて、非常にエキサイティングです。DK-4001は、よりバランスのとれたチューニングで異なる方向性を描き出しています。これは本当の成熟であり、私のニュートラルなDAPでも相当の再生時間があります。

  誤解しないでほしいのは、重低音から中低域への低音のレスポンスは、途方もない拡張性を備えた肉体を備えていますが、驚くほど魅力的な中域を圧迫しません。デュアルコーティングされたベリリウムドライバーには、多くの機能が備わっており、滑らかでバランスの取れたサウンドで、魅力的なユーフォニックボーカルの再生を実現しています。
 もちろん、個人的な好き嫌いの問題は高音のチューニングで出てきます。あなたはスムーズでフルボディの音を求めているのなら、DK-4001がおすすめです。よりキラキラしたクリーンでフォワードなサウンドの高域シグネチャが必要な場合は、ニーズに応える他のシグネチャがあります。

 ノーブルケーブルのジャック相互接続システムについて言及せずに終えるすることはできません。それは驚くべきことであり、多くの点で命を救う者であり、特に重量感のある滑らかなサウンドのシグネチャが好きな場合は、アフターサービス市場のサードパーティ製のケーブル端子に払うべき大量のお金を節約できます。このメーカーがケーブルのみのオプションも販売してくれた点はうれしく、今後のHULKケーブルのレビューでも比較します。 DK-4001の標準ケーブルは、パッケージ全体を非常に競争力のあるものにしています。

 

DUNU DK-4001 Review | Headfonics

The DUNU DK-4001 is the company's new flagship hybrid universal monitor consisting of a single 13mm beryllium dynamic driver and a quad-BA design. The DK-4001 is priced at $899 including the stock Noble detachable cable system which has a separate retail price of $389.99.

  DUNUのサウンドは非常にバランスが取れているというのはよく言われることですが、Headfonicsのレビューでもそれが窺えます。ギラつかない穏やかで聴き心地の良いチューニングがあり、音は暖かでマイルドであることが示唆されています。

 

AboutAudio

音質

低域

 ストライクとディケイは速く、低音の自然な表現を維持するのに十分なだけの最小量のリバーブしか残しません。 これは、超低音がはっきりと見通させてくれますが、全体の低音は量を膨らませることなく非常に暗くなります。 低音は遠くから耳に届くまでに熟成されるように感じられ、自然な音の流れを表現します。 DK-4001は、過剰な量を使わずに心に響く低音を作り出す方法をよく証明しています。 音量を上げずに、このイヤホンほどのクリーンな超低音を見つけるのはなかなか難しいと思います。

 

中域

低音の拡張は素晴らしかったですが、本当に驚異的な部分は中域から始まります。それはダイナミックなドライバーからの特性の多くを保持している一方で、BAの特性のビットがそれに「沈んで」います。新しいタイプの特徴とプレゼンテーションなので、その雰囲気を正確に表現するのは非常に困難です。

 この完全に融合したハイブリッドシステムは、DK-4001への最初の数分間の試聴でさえ混乱しました。ダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーの間にギャップや違和感の感覚はほとんどありません。AZLA-01Rは、Dynamic Motionの「Bull’s Eye Driver」を組み込むことにより、BAとDDを融合する素晴らしい仕事をしましたが、DK-4001は、ドライバー数をさらに増やし、優れた卓越性、成熟度、およびパフォーマンスを実現しています。ここにあるのは間違いなく新しい体験です。

 中域の特性、質感、調性は、主にダイナミックドライバーによって支配されます。中域上部からバランスドアーマチュアドライバーのような質感と感触が垣間見えますが、DK-4001の主流のトーンからそれほど離れていません。実際、これは、ほとんどのIEMにわずかに追加されている通常のDunuの色です。歯ごたえがあり、高解像度のように聞こえますが、調性にそれほど遅れはありません。ミッドは少し前方に配置され、エネルギッシュに感じます。 DK-3001と比較して、サウンドフローが広く、解像度が大幅に向上しています。刺さりはかなりよく制御されています。

 時々、中域上部でわずかにヒスノイズが発生しますが、鋭すぎたり、とがったりしません。それほど過酷はありませんが、疲労のないサウンドに慣れているユーザーはあまり向かないということを意味します。これは、中域に解像特性を追加するものであり、明るいサウンドのIEMに比較的慣れている場合は問題になりません(DK-3001と同様かわずかに劣ります)。ボーカルの厚みは中立ですが、少し厚みを重視する側に傾いています。

 

高域

 高音部は中音部と同様の特徴を持っています。光沢があり、明るく、解像力があります。 高音からのリバーブはより速いディケイでコントロールされているので、それほど熱くなったり刺激的になったりすることはありません。 さらに、低音と暗い背景からの柔らかな質感が、明るく光沢のある高域を中和します。 高音部はより風通しがよく、耳に近づきます。 音場表現とイメージングは間違いなくフラッグシップレベルに到達しており、DK-3001と比較したその優位性に疑いはありません。 幅と3Dプレゼンテーションだけでなく、奥行きも改善されました。

 

総評
 DK-4001は、あらゆる面でDK-3001からアップグレードされた精密に構築されたIEMです。Dunuがあらゆる種類のユニークに構築されたチューニングを駆使してこのIEMを作ったであろうことをを理解するのは興味深いですが、もちろん、それは最高のものを目指しているということであり、最高であることに同意できました。 サウンドから、切り替え可能なプラグやカスタマイズされたスピンフィットイヤーチップなどの細部に至るまで、シームレスな製品を作成するために最善を尽くしたことは、製品から明らかです。DK-4001は、光沢のある高周波数の豊かなW字型サウンドを探している人にぴったりです。もちろん、以前のDK-3001またはFalcon-Cユーザーには最適です。すばらしい仕事です、DUNU!

 

Dunu DK-4001 Review: Perfect fusion - About Audio Reviews

A reputable IEM brand, Dunu finally came up with the long-awaited product - the DK4001. It's been delayed a lot more than we expected and there are good reasons behind it. We'll be going through about these stories as we progress with the review. DK-4001 is Dunu's current flagship model retailed for $899.

  Headfonicsのレビューから受ける印象と比べると、AboutAudioのレビューで浮かんでくるDK-4001の音はもう少し明るい印象を受けるような気もしますが、滑らかで穏和なプレゼンテーションを持っていると主張している点は共通しています。またAboutAudioも中域の素晴らしさについて語っており、むしろHeadfonics以上に注目しているかもしれません。

 

MAJORHiFi

低域
 低音は生き生きとしていて正確です。それでも、周波数範囲のこの部分は少しエネルギーを提供し、エキサイティングなリスニング体験につながります。この元気な低域にもかかわらず、細部には影響しません。フルで肉厚なベースはこのサウンドを引き立たせ、ドラムに重さと力を加えます。しかし、いくつかの厳格なコントロールのおかげで、低音はインパクトをもって着地し、本来あるべき場所に留まります。音が滲み出すことがないので、クリーンで厳格なサウンドにつながります。

 

中域
 美しく、充実した中域はわずかに前方に傾いていますが、低域や高域を損なうことはありません。ボーカルはシャープで正確で、インストルメンテーションはコントラスト感を保ちます。プレーンでシンプルな中域は、ゴージャスなサウンドにほかなりません。明瞭に響くサウンドと汚れのない純粋さがあり、どのトラックでも機能する正確で魅力的なサウンドです。

 

高域
 DUNU DK-4001は、柔らかく滑らかでありながらディテールを節約することなく、高域に強いニュアンスを感じさせます。ストリングスは息を呑むほどで、本来の正確さの感覚に反する特徴的な脆弱性を備えています。一方、周波数範囲のこの部分のボーカルは、満全で頑健ですが、一定のビロードのような光沢があり、滑らかではありませんが、少しリラックスしている曲でもディテール感があります。

 

音場
 空間と奥行きのセンスがよく、本物の音場がここにあります。 DK-4001は少し「頭の中で」感じますが、顕微鏡を介して音楽を聴くように、個々の音符の間にたくさんのスペースを提供します。 音場は箱から出してすぐに素晴らしい音を出しますが、エントリーレベルのDACとバランス接続することで、さらに良くなります。

 

総評

 5つのドライバー、快適なフィット感、染み一つないサウンド、豊かな音場、そしてバランスのとれた接続性を備えたDUNU DK-4001は、価格に見合った価値を提供します。しかし、その部品の合計、それは「音響的な幻想」ともいうべきものですが、それは、899ドルの値段を考えると、このイヤホンを奇跡に他ならないものにします。DK-4001はハイエンドのイヤホンがどうあるべきかを再考させるほどのものではありませんが、2019年に期待されるオーディオ品質のレベルに新しい基準をうち立てています。

 

DUNU DK-4001 Review | Major HiFi

Just released, the new flagship DUNU DK-4001 has finally arrived at MajorHiFi. This five-driver earphone touts an $899 price tag - and delivers a fantastic sound. But value for money and impressive audio aren't the only things included with the DK-4001. The DK-4001 comes ensconced in an impressive box.

  MAJORHiFiもDK-4001を高く評価しています。MAJORHiFiはDK-4001を「MAJORHiFi Gold Awards」に選出しています。レビュー内容はこれまでのHeadfonicsやAboutAudioをより端的にまとめている感じで、イメージをよりわかりやすく再確認させてくれるような内容です。

 

Audio123

音質

低域

 DK-4001は重低域の数が多く、良好で深みのある伸びがあります。重低域の再生は、全体的なインパクトに貢献する自然な鳴動を提供します。低域の減衰は速く、高度な俊敏性を備えています。低域のテクスチャが滑らかにレンダリングされます。中低域は量が多く、スラムはパンチを感じさせて出力されます。各低域のノートは正確かつ鋭敏に表現されています。低域性能は抜群です。

 

中域

 中域は、暖かみのある色合いで、クリーンで詳細な方法でレンダリングされます。ボーカルはかなりの量のボディで表現され、存在感は減少しますが強いフォーカスがあります。中域下部は適度な量を持ち、男性のボーカルは太く聞こえずにうまく提示されます。中域上部はわずかにブーストがあり、女性のボーカルには適度な親密さがあります。スムーズで軽妙なボーカルの再現があります。

 

高値

 高域は正確なアーティキュレーションを実現し、優れた拡張性を持っています。自然な聴き心地を提供する詳細で制御されたプレゼンテーションがあります。ぱりっとした歯ごたえには高レベルの定義があり、エネルギーを注入する輝きがあります。ボディと存在感のバランスが良好です。レンダリングされる空気の量により、上端にスペースが確保されます。 DK-4001は、刺激的でありながら、刺さりや過酷さを伴わずにコントロールできる、魅力的な高域の表現で、その繊細さをうまく表現できます。

 

音場

 DK-4001の音場は自然に拡張されています。幅の大きさは、広範な表現を提供します。有効なスペースがあるため、深さはまったく閉じられていません。ボーカルや楽器のポジショニングは高精度です。

 

比較

Dunu DK-4001 vs Dunu DK-3001

 DK-4001はDK-3001よりも重低音の数が多く、拡張範囲が広くなっています。 DK-4001の重低域の再生は、インパクトのある鳴動を提供します。 DK-4001はより深みがあります。 DK-4001の低音の減衰はDK-3001よりも速く、DK-4001の低音のテクスチャは滑らかにレンダリングされます。DK-3001の中低域は、DK-4001よりもボディが多く、スラムはしっかりと表現されています。 DK-4001はより緊密なプレゼンテーションを行います。 DK-4001からのより大きなパンチがあります。 DK-4001の各低域ノートは、より高いレベルの精度と鋭さで表現されます。 DK-4001の中域はDK-3001より暖かく、振動が抑えられています。 DK-4001の中域下部はDK-3001よりもボディが多く、男性のボーカルは明確に存在感を示します。 DK-3001の中域上部はより強調されており、追加のフォワードが女性のボーカルの親密さを高めます。 DK-3001には、より賑やかなリスニングがあります。 DK-4001は、コントロールされ、焦点を絞った中域のプレゼンテーションを実現しています。高域では、DK-4001の伸びが大きく、なめらかな感触があります。DK-4001はよりボディレベルの高い表現で、より高いレベルのアーティキュレーションを備えています。 DK-3001には輝きが追加され、トップエンドで追加のエネルギーを注入します。最後に、音場に関しては、両方の拡張は自然です。 DK-4001の幅の大きさが大きく、DK-4001の奥行きが狭くなっています。

 

Dunu DK-4001 vs Fidue A91 Sirius

 DK-4001はSiriusよりも重低音の数が多く、DK-4001はより大きな拡張を誇っています。 DK-4001の重低音の再生は、より高いレベルのインパクトで重み付けされた自然な鳴動を提供します。 DK-4001の低音の減衰は速くなっており、全体的な俊敏性が向上します。DK-4001の低音のテクスチャは滑らかにレンダリングされます。シリウスの中低域は、DK-4001よりも厚みがあり、スラムの感触が豊かに表現されています。 DK-4001のスラムはより強い力で提供され、よりパンチのあるプレゼンテーションがあります。 DK-4001の各低域ノートは、権限を持って明確に表現されています。シリウスの中域は、DK-4001よりも豊かな響きで、なめらかな表情に。 DK-4001はより高い透明度レベルを持ち、より詳細な把握が可能で、ボーカルはよりのびやかです。シリウスの中域下部はより多くのボディを持ち、男性のボーカルは豊かに表現されます。シリウスの中域上部はより強調されており、より親密な女性のボーカルの聴き心地に貢献しています。感情はシリウスでより効果的に伝えられます。高域セクションでは、両方のエクステンションは非常に似ています。 DK-4001のくっきりとした音がより明確になり、アーティキュレーションの精度が高くなります。 DK-4001の追加の輝きは、トップエンドを盛り上げるのに役立ちます。 Siriusは、抜けが高い、スムーズなプレゼンテーションにより、リラックスした聴き取りを保証します。最後に、音場については、両方の拡張は同様の自然さを持っています。幅の大きさはDK-4001で大きく、シリウスの奥行きは狭くなっています。

 

結論

 DK-4001はバランスのとれたサウンドを持つIEMであり、広がりの良い低域、クリーンな中域、明瞭な高域の表現を提供します。 素晴らしいインパクトを伴う、眺望の良さと音楽性を備えたパフォーマンスがあります。 さらに、ビルドクオリティはしっかりしており、DK-4001は、クイックスイッチングコネクタ付きの交換可能なジャックを介して汎用性の高さを実現したプレミアムケーブルが付属しています。Dunu DK-4001は、その印象的な音響を備えたDunuの優れたフラッグシップです。

 

Dunu DK-4001

Introduction Dunu is a Chinese company established in 1994. They specialize in the production of in-ear monitors (IEMs). The Titan and DN series are very well-received. Recently, they have released their flagship product in the DK-4001. I would like to thank Dunu for the review unit of DK-4001.

  ここでもDK-4001は非常にバランスが取れていると評価されており、その魅力的な音が高く評価されています。

 

DUNU DK-4001

DUNU DK-4001

DK-4001 Chi 極

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事