audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】中華イヤホン Tin HiFi T3 Plusの海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

Tin HiFi T3 Plus

Tin HiFi T3 Plus

 

 人気ブランドTin HiFiの最新作「Tin HiFi T3 Plus」についての海外レビューをまとめて紹介します。ついでに私のレビューHiFiGOのレビューもお楽しみください。

 

Tin HiFi T3 Plusの特徴

  • LCP振動板を採用した最新の10mmダイナミックドライバー
  • ダブルキャビティ設計
  • 高性能磁気構造を内蔵
  • 肌に優しい樹脂製イヤーシェルと大理石調のフェイスカバー
  • 豊富なアクセサリーセット
  • 人間工学に基づいたデザイン
  • 快適な装着感と軽量化を実現

 

Tin HiFi T3 Plusの技術仕様

  • インピーダンス:32Ω±15%
  • 感度:105±3dB
  • 周波数応答範囲 10Hz〜20kHz
  • 終端プラグ:3.5mm金メッキプラグ
  • 定格出力:3mW
  • 最大出力:5mW
  • 最大歪率 1%@1kHz

 

デュアルキャビティ・シングルダイナミックドライバー構成

 Tin T3 Plusは、ダブルキャビティデザインの10mmダイナミックドライバーを搭載しています。強力な磁束を生み出す高性能磁気構造を内蔵し、ボイスコイルとダイアフラムコイルのスムーズな動きを実現しています。ドライバーには高品質の液晶ポリマー(LCP)振動板を採用し、不要な振動を抑えることで、歪みの少ない高品質なパフォーマンスを実現しています。

www.ear-phone-review.com

 

海外レビューの紹介

 もしあなたの予算が$100ドルであれば、T3 PlusMoondrop Aria 2021をご覧になることを強くお勧めします。

 

長所:

  • 優れたフィット感、(私の耳には)最高の一つです
  • ブーストされつつも味わい深い低音
  • 全体的に技術的に優れている

 

短所:

  • 中域がベールに包まれているように見える
  • 全体的に音質が良くない

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27561

 

Tin HiFi T3 Plus

 

 T3+を使用すると、Moondrop Blessing 2 Duskのような、より高価で優れたIEMの音質を少し味わうことができるかもしれません。

 

 Tin T2を含め、これまで私がテストしたTin HiFiのIEMはすべて好みに合いませんでしたが、ついにTinの製品を好きになりました。T3 Plusは、同社のベストIEMと言えるでしょう。Tinがこの流れに乗り、次のリリースではデザインもサウンドもT3 Plusに近づくことを期待しています。

 

長所:

  • 素晴らしいフィット感とデザイン
  • ほとんどの好みに合うチューニングを施したオールラウンドな製品
  • コントロールされた低音
  • 驚くほど大きなサウンドステージ


短所:

  • 低音の質感に欠けることがある
  • ケーブルが細い
  • 高音域はやや突き上げ感がある
  • 解像度とディテールにやや欠ける
  • ボーカルがつぶれることがある

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27558

 

Tin HiFi T3 Plus

 

 TinHifiは、多くのレビュアーや顧客から集めたフィードバックを通じて、ようやく正しい判断を下したと思います。これは、彼らが批判を受け入れ、それをポジティブに受け止めて改善することは、実際に良いことだと思います。

 

 個人的に私はT3 Plusが好きで、T3 Plusをテストした他のレビュアーの友人も何人かいますが、彼らも同様に好きです。チューニングがちょうどよくて、耳に心地よいバランスです。多くの人が高く評価し、推薦する理由がわかります。

 

 MoondropのAriaとT3 Plusの価格は同じ価格帯なのでとても近いですが、もし私がどちらかを選ぶとしたら、間違いなくT3 Plusを選びます。私が偏っているからではなく、Ariaは私の好みからするとあまりにも味気ないだけで、Ariaも好きな人はいます。

 

 AriaとT3 Plusを比較するなら、より楽しいサウンドのIEMがお好みならT3 Plusを、音楽をじっくり聴きたいならAriaを、そしてダークなサウンドがお好みならT3 Plusを選ぶといいと思います。個人的にはT3 Plusを推しますが、これは宣伝のためではなく、AriaではなくT3 Plusで音楽をより楽しめるからです。Ariaは、批判的なリスニングセッションをしたいときに使うものです。

 

長所:

  • バランスの取れたチューニング
  • 良いビルドクオリティと2ピンへの対応
  • オールラウンダー
  • 駆動が容易で、より良いソースやアンプの恩恵を受けることができる

 

短所:

  • 低音の質感が足りない
  • ケーブルが少し細い

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27537

 

Tin HiFi T3 Plus

 

 Tin T3 Plusはバランスのとれたハーモニッシュな音質で、ほとんどの音楽ジャンルに対応できるオールラウンダーといえるでしょう。おそらく、熱心なベースヘッズだけが、その音色を好ましく思わないでしょう。しかし、高音の低域が少し熱く、低音の輪郭がはっきりしないことが、この製品を偉大さから遠ざけている減点ポイントです。

 

 Tin Tシリーズの以前のMMCXコネクタでは品質管理の問題が繰り返されたので、Tin HIFIがここで2ピンコネクタに変更しているのを確認できたのはうれしいところです。

 

 Tin HIFIのリリースは最近かなりヒットまたはミスしており(例えばTin T2 Evo、P2、T5、後の2つはリリースを再調整する必要がある!)、Tin T3 Plusは救済処置です。今後のリリースを楽しみにしています(2ピンコネクタでお願いします!)。

 

長所:

  • バランスの取れたハーモニッシュな音色で、ほとんどの音楽ジャンルに対応する
  • オールラウンダー
  • 平均以上の音場感
  • 美しいシェル、快適
  • ドライブしやすい(アンプをかけるともっと良くなる)

 

短所:

  • 低音の輪郭がはっきりせず、質感に欠ける
  • 平均的な分離感
  • ケーブルが細い
  • 高音域下部に時折刺激がある

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27534

 

Tin HiFi T3 Plus

 

 Tin T3 Plusは、どれか1つの点で特別に優れているわけではなく、多芸多才な存在です。価格以上の性能とは言いませんが、この価格帯の強力なライバルとして際立っており、よく考え抜かれ、よく設計された製品であることがわかります。現在、無数の劣悪なIEMが市場に氾濫している中で、これは非常に重要なことです。T3 Plusは、フィット感がよく、ゴージャスな外観で、心地よいチューニングが施されており、毎日のドライビングを本当に楽しいものにしてくれました。$69と、初めてのIEMとしては決して安くはありませんが、これから趣味を始める人、特にもっと楽しいサウンドのIEMを探している人には安心して勧められます。

 

 T3 Plusは、ダイナミックドライバー1基でこれだけのことができる汎用性の高さから、多くの人に好まれる製品になると思います。TinHiFiは軌道に乗り、Tin T2で数年前に有名になった理由を再び思い出させてくれたと言ってよいでしょう。

 

長所:

  • よく調整されている
  • 快適
  • 価格の割に良い技術的性能

 

短所:

  • 低音域がエネルギッシュすぎる場合がある
  • ややプラスチック的な音色
  • 圧縮されたダイナミクス
  • キャリーケースなし

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27524

 

Tin HiFi T3 Plus

 

  Tin Hifiは、この価格帯のIEMに興味を持つ人の90%にうまくフィットすると思われるチューニングに移行しています。私が試したすべての音源でうまく機能し、見た目も質感もよく、全体的な音も非常に心地よいです。

 

 途中からTinらしい音、少なくとも私が個人的にTin HiFiから連想する音を失っているような気がしますが、やはりこれは、より多くの人にアピールするものだと思います。

 

 この点については、まず、競合が多いというマイナス面もあります。同じような音の特徴や性能を、このくらいの価格で提供しているブランドはたくさんあります。しかし、T3+は競争力のあるセットだと思いますし、この種のチューニングを探している人は、この値段で悪いところがないのですから、ぜひチェックしてみてください。

 

長所:

  • 多くの人が喜ぶチューニング
  • 快適さ
  • 軽さ
  • 美しさ

 

短所:

  • TinHiFiらしさに欠ける

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27478

 

Tin HiFi T3 Plus

 

 T3 Plusは、「プラス」というより「進化」しているように感じます。なぜなら、T3はハイブリッドドライバーのセットアップを採用しており、その続編を発売し、ドライバーセットアップをシングルダイナミックに変更して、「プラス」と名付けてもしっくりこないからです。また、TinHIFIはニュートラルでブライトなサウンドで知られていますが、T3 Plusはそれとはまったく異なります。T3 Plusは、より洗練され、スペクトルの両端での伸びもより快適で、TinHIFIの他のIEMのTシリーズよりもコストパフォーマンスが高いと思います。

 

長所:

  • 美しいデザイン
  • バランスの良い音
  • 優れた価格性能比


短所:

  • 特になし

 

https://www.head-fi.org/showcase/tin-hifi-t3-plus.25560/reviews#review-27468

 

 

まとめ

 Tin HiFi T3 Plusは多くのオーディオファンから$100以下のおすすめ機種として推薦されています。個人的に試聴したところ、かなり雰囲気が良かったので、私も手に入れることを検討中です。1万円以下でバランスの良いチューニングの機種を探しているなら、まっさきに検討すべきイヤホンの一つと言えるでしょう。

 

Tin HiFi T3 Plus

Tin HiFi T3 Plus

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事