audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン BassPal BE-S1 レビュー】ややもっさりするバランスだが、ドンシャリで中高域の発色は悪くない。通信品質は微妙

BassPal BE-S1

BassPal BE-S1

【進化版 Bluetooth5.0+EDR搭載】 Basspal Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス イヤホン Hi-Fi高音質 3Dステレオサウンド CVC8.0ノイズキャンセリング 自動ペアリング 左右分離型 片耳&両耳とも対応 マイク内蔵 Siri対応 IPX7完全防水 長時間連続駆動 超大容量充電ケース付き

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は良好」

おすすめ度*1

BassPal BE-S1

ASIN

B07V1F5D8D

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間 4h/56h
Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック SBC
防水性能

IPX7

音質傾向

ドンシャリ、もっさり、やや鈍重、中高域に強調

 外観的にはおそらくHAVIT i93あたりと同じ基本設計の機種。あるいはクラウドファンディングをしていたUNIというイヤホンとも共通性が多い。

 このUNIというのはaptXに対応し、防水性能が高いうえ、Qiワイヤレス充電に対応するというので、「これは素晴らしい!」と思って投資したが、未だに製品が発送されてこないというね。私が出資したのは今年の1月くらいで、4月くらいに届きますという話だったのだが。典型的なクラウドファンディング詐欺案件になりつつある。プロジェクトオーナーとは音信不通だし、indiegogoになんとかしてくれとメールしても、通じないプロジェクトオーナーのメールアドレスを紹介されるだけで、あとは返金ポリシー的に無理だと言われるだけというね。そういうわけでこの形のイヤホンを見ると、一瞬うっと唸るところがある。別にこいつが悪いわけじゃないんだけど。

 閑話休題。どちらにせよ、中華系では実はそれほど珍しくないデザインの機種ということである。丸っこいハウジングで耳への収まりは良好。遮音性もそこそこ。

 

 対応コーデックはSBCのみ。

 通信品質はそこそこ安定している感じではあるが、細かくノイズ感が乗る印象があり、またまれに荒っぽく乱れる場面がある。総合して考えると、安定性が高いとはそれほど言えないかも知れない。

 距離耐性はそこそこよくて、発信元の機器から5m程度まで離れてもそこそこシームレス。

 なおONKYO GRANBEATにつないで使った場合、ひどい音ズレが発生して使い物にならない。

 

テスト環境

 今回のテストはHiby R6 ProCayin N6IIで行っている。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「スペックは充分」

 付属品はイヤーピースの替え、充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書。

 操作インターフェースはタッチパネル。充電ケースはモバイルバッテリーとして利用可能。

 

BassPal BE-S1BassPal BE-S1

 

【3】音質「もっさり系のドンシャリ」

 音質的には低域が少しもっさりした厚みのある感じで強調される。それ以外は比較的フラットな印象を受けるが、中高域には強調があり、シンバルやギター音に明るめに強調があり、ボーカルも少し発色が輝いている。高域の空気感もそこそこ感じられるが、あまり開放的な印象を受けない。

 解像度的にも同じようなバランスで聴かせてくれるOrit OR01のほうがよほど奥行き感があり、充実感にも優れている。そのため、個人的な意見ではあるが、同じくらいの価格帯で似た音質で、より優れた解像感と発色を持つOR01がいる以上、この機種を買う必要性は音質的にもほぼ皆無に思う。

www.ear-phone-review.com

 

美点
  1. 低域に厚みがある
  2. 重心が安定している
  3. 中高域で手がかりが多く、やや面白味がある
欠点
  1. 解像度が悪い
  2. 音がもっさり鈍重に感じる
  3. 奥行き感が悪い

 

[高音]:高域は高さの強調はあまりなく、シャープネスも抑えめだが、中高域では明るさとディテールを感じることができ、シンバルの刻みは良く感じる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ボーカルは中高域で少し伸びを強調するが、中域の膨らみも良い。ただし中域の見通しはあまりよくなく、透明感を感じず、音の発色も悪い印象を受ける。まあ率直に言って、あまりきれいじゃない中域で完全に好みではない。

[低音]:100hz~40hzまでぼーっとした振動。30hzで沈み、20hzでほぼ無音。低域は厚みを強調し、ややブーミーな印象を受ける(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域の厚みと中高域の発色が一番目立つ。そういう意味では基本構造はドンシャリだが、中域に清潔感がなく、高域もあまり開放的でないので、きれいにシャリシャリする感じはなく、ややもやっとした印象を受ける。また、奥行き感に欠ける(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは厚みのある膨らみの良いバスドラがやや柔らかめに振動するのが目立つ。重めのバズンバズンだが、輪郭ゆるめ。ハイハットも温かめでチンチンした感じの音になる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルはややもさっと暖かめ。低域に厚みがあり、中高域に明るさがあるため、甘味も伸びも悪くない。

 

【4】官能性「率直に言って2019年9月の段階では、表現力不足を感じる機種」

岡崎律子「約束」

【Cayin N6IIで鑑賞】低域の厚みや中域のやや曇った濃厚感、中高域の発色の良さなんかを考えるとこういう落ち着いた曲に向く感じはあるが、それでも奥行き感にやや欠けるのが気になる。それでもまだこの曲ではボーカルも甘味とツヤを出して聞かせてくれるし、粗が少ない。

 


Ritzberry Fields

 

洲崎綾「ドラマチックマーケットライド」

【Cayin N6IIで鑑賞】ちょっと奥行き感が悪いのと、高域に高さがないので、やや重心が低いもっさりしたところがあるけど、ボーカルは甘味があるし、濃厚感があるから、悪くない印象を受ける。ただ見通し感が悪く、音の輪郭も少しぼさぼさっとしている。メリハリも少し悪いかな。

 むしろカップリング曲の「ともろう」のほうが曲調がゆったりしてる分だけ相性が良い。

 


ドラマチックマーケットライド

 

Minako 'mooki' Obata「There'll Never Be Goodbye」

【Cayin N6IIで鑑賞】個人的にはJAZZを濃厚に楽しむ派なので、たとえばこういうJAZZ曲を聴くにはちょうどいい。透明にJAZZを聴きたい人には奥行きの見通しが悪いのが気になるし、低域弦楽にクリアなみずみずしさがないのが物足りないと思うだろうが、それでも金管やシンバルはそこそこ発色が良いし、中域の濃厚感はムード作りに貢献している。完璧ではないが、相対的にJAZZはまだ楽しめる。

 たとえば「Going To "Zone"」なんか逆に見通しの悪い感じがごみごみしいダンジョンのような雰囲気を醸していいかもしれない。ちょっといいかなと思わせるくらいには濃厚感がある。

 


THERE’LL NEVER BE GOOD-BYE~THE THEME OF METROPOLIS~

 

Aimer「Torches」


 【Hiby R6 Proで鑑賞】中域に濃厚感があり、ちょっと見通しが悪いところがあるんだけど、この曲だとそれがよく熱気に変わっている感じがして楽しめる。ボーカルはまろやかでコクがあり、ギター音やシンバルも少し濃いめにチリッとした発色を出し、火花のようで、まさにたいまつの炎を感じさせてくれる。

 


Torches (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし)

 

【5】総評「率直に言うと、おすすめしません」

 個人的には、あんまりおすすめしません。音にいまいちメリハリが出にくいところと、奥行き感に欠けるあたりが一番微妙で、同じような音なら、EnacFire Future PlusDudios Zeus Ace、Orit OR01あたりをおすすめします。通信品質も微妙。

 

BassPal BE-S1

BassPal BE-S1

【進化版 Bluetooth5.0+EDR搭載】 Basspal Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス イヤホン Hi-Fi高音質 3Dステレオサウンド CVC8.0ノイズキャンセリング 自動ペアリング 左右分離型 片耳&両耳とも対応 マイク内蔵 Siri対応 IPX7完全防水 長時間連続駆動 超大容量充電ケース付き

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.comwww.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。