audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン EnacFire G20 フラッシュレビュー】重厚な低域と引き締まった中域、少し派手で清潔感のある高域を持つ。aptX対応

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

EnacFire G20

EnacFire G20

【第二世代 完全ワイヤレスイヤホン 音量調節 片耳8時間継続使用 Qualcomm® aptX™ 】ENACFIRE ワイヤレスイヤホン 革質感 高音質 Bluetooth5.0 自動ペアリング 両耳通話 CVC8.0 ノイズキャンセリング タッチボタン マイク内蔵 IPX7防水規格 スポーツイヤホン iPhone/iPad/Android適用 PSE認証/技適認証/SDS認証済み (G20)

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる製品はEnacFire G20です。EnacFireはわりと低域を重視するモデルを展開しているメーカーで、中には例外もありますが、基本的に重厚なサウンドが好きな人にとってはSoundPeatsと並んで好みの可能性が高いブランドです。 

 EnacFire G20は一見すると、どこかのJLab JBuds Air Executiveをリスペクトしたデザインになっており、コンパクトで持ち運びやすいのが魅力的な機種です。

www.ear-phone-review.com

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/48h
  • 防水性能:IPX7
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC
  • 技適番号:217-190007

 

パッケージ

 イヤホンのパッケージはこの価格帯ではわりと上質です。付属品はイヤーピースの替え、充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書などです。

 本体のビルドクオリティは5000円くらいの完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり上質です。充電ケースはレザー調でおしゃれで、チープな感じはありません。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

 

装着サンプル

 コンパクトな耳うどんタイプです。軽量で装着感は良好です。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではかなり優秀です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では良好です。距離耐性も優秀らしく、5m離れてもほぼシームレスで少しくらいしか乱れはありません。ただし遮蔽物があると時々プチプチするくらいにはわずかな乱れが出ます。

 またホワイトノイズはほんのわずかにありますが、かなり敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース S装着時 ]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

 

 サウンドシグネチャーはいわゆるドンシャリタイプで低域が若干パワーバランスで優位になっています。なだらかなV字型あるいはやや谷の深いU字型という形をしています。個人的にこのバランスはドンシャリの中ではわりと好きな感じなのですが、このチューニングはEnacFireのハウスサウンドとでも言うべきもののようです。私がわりとEnacFire好きなのはそのせいかもしれません。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みと太さがあり、床鳴り感もわりとしっかりしていて、地熱もほどほどにありライブ感がありますが、ノイジーになりすぎません。適度な膨張感もあるので、ドラムはキックは明確でありながら、パンチに弾力感もあります。それでいて、トランジェントがわりと良好なので輪郭にはタイトさも持ち合わせており、活き活きしているリズム感のある低域です。エレキベースは少し黒く適度に濁っていて熱気がありますが、厚みはそれほどありません。

 中域は低域との関係性の上ではつながりがわりと自然なので、自然なウォーム感を持っています。しかし元々量感の割に熱気は強くない低域であるので、中域に熱気はあまり上がってきません。ボーカルは少し奥にいて、周囲も清潔ではなく、適度に楽器音に囲まれていて、その意味では少し埋没的ですが、上側に静寂感があるので、ニュアンスはかなりはっきり聞こえるためにフォーカス感は悪くありません。

 高域は比較的単純な構造をしており、中高域はナチュラルよりはギラツキが強く、手がかりは少し強調され、少し派手な印象ですが、中域との間にはしっかりと分離感があります。また適度な傾斜によってトランジェントが強調される傾向にあり、音の輪郭はわりとしっかりしていてパリッと明瞭なだけでなく、アタック感も良好です。高域の抜けは良く、風通しがあり、高さが感じられ、ボーカルやバイオリンはわりとのびやかです。

 

EnacFire F1との比較

 わりと値段も近いEnacFire F1と比較してみます。以下のグラフはEnacFire G20とEnacFire F1の自由音場補正済み周波数特性の比較になります。下側のグラフは1khz以上を拡大したものです。

www.ear-phone-review.com

 

EnacFire G20 vs EnacFire F1

EnacFire G20 vs EnacFire F1

 

 率直に言ってほとんど音質差がなく両者はよく似ています。聴感上はF1のほうが静寂感が強く、引き締まってギラつきが少なく、よりハイハットの清潔感が強く聞こえます。逆にG20のほうは少しギラつきが強く、抜けもわずかに良くなっていますが、ほとんど差はありません。

 そういうわけで見た目やスペックなどにこだわりがないならば、安い方を買うのが良いかも知れません。

 

音源比較

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズ、コーデックはaptXです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 重厚感とパワフルさを兼ね備えた低域、引き締まった中域に抜けが良く、適度に賑やかな高域、良好なトランジェントと、この価格帯ではなかなかおすすめできるイヤホンです。全体的にリズムは明瞭ですが、とくに低域のリズム感は活き活きとしていて、ロックやEDM、ヒップホップ、ポップスで良好なグルーヴ感が感じられるはずです。

 使い勝手も良く、通信品質も良好でスペック的にも価格帯上位機種です。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

【第二世代 完全ワイヤレスイヤホン 音量調節 片耳8時間継続使用 Qualcomm® aptX™ 】ENACFIRE ワイヤレスイヤホン 革質感 高音質 Bluetooth5.0 自動ペアリング 両耳通話 CVC8.0 ノイズキャンセリング タッチボタン マイク内蔵 IPX7防水規格 スポーツイヤホン iPhone/iPad/Android適用 PSE認証/技適認証/SDS認証済み (G20)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事