audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【トリプルDDドライバーイヤホン Glazata TE20(Z6) レビュー】キラキラ感が強く、音が近く、没入感高めのパワフルで明るいサウンドキャラクターが魅力。アニソン、EDMにどうぞ!おすすめ

Glazata TE20(Z6)

Glazata TE20(Z6)

Glazata トリプルドライバー構造イヤホン 高解像サウンドカナル型高遮音性 重低音 Hi-Fiサウンド 超高音質ノイズ遮断 リモコン マイク付き ハンズフリー通話 ゲーミング 通勤/通学用3.5MM金属端子で 対応「TE20」

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感はそこそこ。形状的に遮音性はそれほど高くない」

おすすめ度*1

Glazata TE20(Z6)

ASIN

B07XG2625G

スペック・評価
再生周波数帯域 不明
インピーダンス 不明
感度 不明
ドライバー構成

3ドライバー(DD×3)

 音質傾向

ドンシャリ、ハキハキ、キラキラ、ツヤシャリ、パワフル、ビシバシ

 このイヤホンについてはamazonの商品ページにも詳細が書いておらず、いろんなショッピングサイトで検索をかけてみたりもしたんだけど、めぼしい情報が見当たりません。とりあえずDDトリプルドライバーってことぐらいしかわかりません。

 縦長のハウジングなんで、装着感は人によって向き不向きがあるかも知れません。装着感が悪くなくても、耳を覆う面積は大きくないんで、遮音性はそれほど高くありません。

 

テスト環境

 今回のテストはCayin N6IIONKYO GRANBEATで行っています。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「リケーブルコネクタがDC端子」

 付属品はイヤーピースの替え、専用キャリイングケース。リケーブルはできることはできるっぽいけど、端子がDC端子っていうね。リケーブルにあまりこだわりなくて詳しくないんでわからないですけど、この端子は珍しいですよね。

 

Glazata TE20(Z6)Glazata TE20(Z6)

 

【3】音質「かなり派手にキラキラ聴かせる高域と、量感は抑えめながらパワフルな低域が魅力。DDらしく音に厚みと密度感、衝撃力があり、没入感高めです」

 価格も価格なんで、音質的にはあんまり調整が加えられている感じがなく、ぶっちゃけそれぞれの帯域でそれぞれのドライバーが力一杯鳴らしているだけって感じの音なんですけど、逆に素直に感じるだけ意外と良質です。音は全体的に近く、密度感重視になります。EDMやアニソンなんかはこういう前屈みの音で充実感を感じることが多いので、これは若者向きの調整として悪くないと思います。

 で、個人的にはこの音凄く楽しいっていうね。解像度とかそれなりですし、中高域で音が近く、色味も派手なんで、シンバルやエレキギターのエッジがボーカルに少し被さる感じはあり、わずかにガチャガチャするところはあるんですけど、その分外連味はたっぷりなところがあります。音の輪郭は率直に言って粗めで毛羽立っている感じがありますが、かといって潰れすぎる感じもなくむしろ派手さの演出感に思えるくらい。

 まあ一言で言うと、良い意味でジャンクフードな音です。輪郭や解像度はそれほど高くないので上品ではないですが、発色は良いので味は結構しっかり出て、ボーカルは少しボソボソしていますが、明るさは充分でむしろそのドライなボソボソ感が派手めの音の中では意外と映えます。音場は妙に明るく、陽気です。

 低域は結構やっつけ仕事をしている感じで、たとえばドラムキックはあまり広がりもなく少し薄味の印象で低域に深みも出ないですが、案外存在感があって背景でコントラスト感に貢献しています。

 全体として見ると、解像度が悪いなりにパワフルで明るく派手な、元気いっぱいの音を一生懸命出していて、意外と悪くないっていうか、むしろおすすめです。

 

 個人的に標準イヤピでは低域に不足を感じます。おすすめはAZLA SednaEarfitで、徹底的にドンシャリになってコントラストが増し、とにかく派手で楽しい音になります。

 

美点
  1. 派手で明るく、音が近い楽しいドンシャリサウンド
  2. ボーカル周辺が明るく華やかで楽しい
  3. 音圧もしっかりしていてパワフル
  4. 音が素直で曲の組み立てに変な演出感がない
  5. 低域の量感は適切にセーブされていて、コントラスト感だけを丁寧に高めている
  6. 中域が清潔
  7. 没入感が高い
  8. 音の色味が濃い
欠点
  1. 音が全体的に近く、音場に広さがない
  2. 中域に厚みがなく、充実感に欠ける
  3. 音が単調で直情的
  4. 高域の天井は曲によっては案外近く、ボーカルの突き抜け感は見た目の明るさほど高くない

 

[高音]:妙にキラキラ明るく、シャリ感もあって、見た目には開放的な雰囲気があり、派手。ただ実際は派手な中高域付近を通り越すと、おそらくドライバーのつなぎ目があるのか、一回減衰があるようで、ボーカルの突き抜けは見た目ほど高くなく、明るさの割に不自然な天井感が少し感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は中高域に向かって前屈み。ピアノ、ギターは明るく伸びやか系の音、ボーカルも上向きに聞こえる。中域の下から中低域の上の方にかけては清潔で、見通し感を重視して聴かせる。音は全体的に近く、没入感がある。

[低音]:100hz~40hzまでややぼーっとした厚みのある振動。30hzで沈み、20hzでほぼ無音。低域は中低域の上の方は強調されず、厚みや量感は控えめ。沈み込みも深くないが、コントラスト感には貢献している(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中高域が一番近く、明るい。音は全体的に近いが、中域には一定のクリーンな感じがあるため、中高域のツヤは濃く感じられる。音場は明るい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:タムやスネアはカリカリパリパリと歯ごたえが良く、快活にはっきり聞こえる。バスドラの存在感がやや弱く、どちらかといえば明るめのパツンパツン。ハイハットもそれなりに白味を出して派手めに近くしっかり聞こえる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:男声ボーカルは濃いめだが少し明るく、わずかに中性的。女声ボーカルは明るめでどちらかというと、のびやかだが、自然な太さは維持されている。

 

【4】官能性「音が近めで低域がうるさくない素直な明るいドンシャリ。没入感高め。雰囲気はハイファイ系で現代的」

はるひの with DODOWAKA「令和 -UME no UTAGE-」

【Cayin N6IIで鑑賞】かなり中高域で発色をきれいにはっきりと近く聴かせてくれるうえ、この曲ではボーカルがのびやかで高さも出るので、この曲の華やかさを丁寧に味わえる。音が全体的に近いのが少し圧迫感を出していて、没入感は高いが聞き疲れしやすいところはある。輪郭は自然で、デジタル的な音はデジタルに、ボーカルは少し輪郭くっきりめくらいかなというくらいで人工的な感じは強くない。音に剥き出し感があって直情的だが、それだけに元気で明るい楽しげな感じが素直に味わえる。

 


令和 -UME no UTAGE-

 

沼倉愛美「Climber's High!」

【ONKYO GRANBEATで鑑賞】ボーカルとバチバチしているタム、ギターのギラギラエッジ、派手めのシャリシャリシンバルが近めに聞こえてくるバランス。ロックな音がぎっしりしているので密度感もあり、没入できる。この曲はどちらかというと低域が強めかつ派手に出やすいが、このイヤホンはそれほど低域に強調がなく、分離感も良いので、うるさげな感じがない。むしろ音が全体的に近い中高域のほうで少し混濁感を感じる。

 


Climber’s High!(初回限定盤)(DVD付)

 

三月のパンタシア「星の涙」

【ONKYO GRANBEATで鑑賞】こういう透明感がある曲を派手めに聴かせるのは比較的うまい。シンバルが目立ち、シャリシャリツッツッと近めに、ピアノもキラキラ感強めに聴かせるので、とにかく刺激が多くて華やかな演出感があって楽しい。弦楽とボーカルは明るくのびやかで、ボーカルにだけ少し天井感を感じるものの、基本的には開放的で爽快。価格を考えると、これはかなりいい感じに聴かせてくれているように思える。

 


あのときの歌が聴こえる(通常盤)

 

高尾奏音「I'm with you」

  【Cayin N6IIで鑑賞】シンバルが近く、ちょっと派手にシャンシャンシャリシャリするのがややうるさけではあるかもしれないが、明るい音場とキラキラツヤツヤな雰囲気全開の音空間は楽しい。音が近めで没入感高めでスカスカしたところはなく、しかし清潔感はあるので見通しは良い。

 ちなみにカップリング曲の「花ノ枝」も明るく朗らかに聴かせてくれるので、相性が良い。

 


TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』オープニング・テーマ 「I'm with you」

 

【5】総評「価格を考えれば十分納得できる」

 アニソンやEDM、ロックを没入感重視かつ明るめに聴くならおすすめできる。価格なりの大雑把さはあるけど、逆にそれが楽しい外連味とわかりやすさとして昇華されており、気持ち良く爽快で大味な音楽表現につながっている。低価格でハキハキシャリシャリした明るいイヤホンを探しているなら、おすすめ。

 

Glazata TE20(Z6)

Glazata TE20(Z6)

Glazata トリプルドライバー構造イヤホン 高解像サウンドカナル型高遮音性 重低音 Hi-Fiサウンド 超高音質ノイズ遮断 リモコン マイク付き ハンズフリー通話 ゲーミング 通勤/通学用3.5MM金属端子で 対応「TE20」

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。