audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】オーディオファンのお話:オーディオファンの独特の用語について

f:id:kanbun:20200826073956p:plain

月に一度開催される常識破りの大激安セール

f:id:kanbun:20200608095454p:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

オーディオファンのお話:オーディオファンの独特の用語について

 あなたがオーディオファンの世界に足を踏み入れているなら、レビューと議論に現れる多くの言葉を見ていることでしょう。つまり、オーディオへの情熱を持っているならば、これらの言葉はレビューや意見を理解するために重要なものとなります。オーディオファンの用語やオーディオファンの言い回しは少し独特です。ここで少しずつ学びましょう。

 オーディオファンとして歩みを始めるための絶好のスタートアップ構成については、HiFiGOにアクセスしてください。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 アルファベット順に並べています。

 

AES/EBU(Audio Engineering Society / European Broadcasting Union)(別名AES3)

 デジタルオーディオ伝送の標準規格で、プロのオーディオ機器で一般的に使用されている規格です。2つのチャンネルラインでPCMオーディオ信号を渡すことができます。 転送には、バランス型、非バランス型、および光ファイバーを使用できます。

ja.wikipedia.org

 

Airy[風通しが良い/抜けが良い]

 音の広がりを意味します。 この用語は、開放感の良い音場や、開放型ヘッドホンのサウンド、ライブミュージックの説明などで見ることになるでしょう。

 

ALAC

 Appleロスレスオーディオコーデックのことです。Appleが開発したロスレスオーディオコーデックで、Appleデバイスはこのコーデックに依存しています。ちなみに、AppleはALAC圧縮は元の非圧縮ファイルの半分のサイズであると主張しています。つまり、この規格にはアップル独自のロスレス実装が施されています。

ja.wikipedia.org

 

Ambiance[雰囲気]

 空気感の特性のことです。ただし、音楽においては、サウンドトラックの全体的な環境表現のことです。

 オーディオやレコーディングにおいては、それは音響空間の仮想的な印象を表します。音楽はホールやスタジオで録音されています。さらに、エンジニアは空間要素を実現するエフェクトを実装して、没入感を生み出します。

 

Amp[アンプ]

 Amplifierを指します。AMPはアナログ信号をブーストするためのものです。スピーカーまたはヘッドホンへの出力を提供します。基本的には、信号の振幅を微調整する電気回路です。アンプ製品についてご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

 

Amplitude[振幅]

 波の平均値からの変位幅です。音では、空気粒子が変位し、音の大きさとして経験される程度を指します。振幅が大きいほど、音が大きくなります。

 

Analytical[分析的]

 サウンドシグネチャー用語です。分析的なサウンドは非常に中立的でバランスの取れたプレゼンテーションを提供します。しかし、高音域には存在感が少し付け加わっています。プレゼンテーションでは、微視的なディテールがたくさん聞こえる傾向にあります。したがって、少しはっきりしているがより複雑な音楽の再生が聞こえます。一部の人々は、このようなプレゼンテーションには本当に対応できません。だから、そのような人は分析的なサウンドを長時間聴くと疲れます。qdc Anole VXは、分析的なIEMの最高峰の1つです。

www.ear-phone-review.com

 

Analog (Audio)[アナログ]

 ビニールレコードやテープへの録音はアナログ音声です。記録媒体に小さな欠陥がある場合があり、再生中にオーディオ機器の物理的なクセが聞こえます。しかし、多くのオーディオファンはアナログサウンドが好きです。なぜなら、それは自然な音に聞こえるからです。

 

APE(Monkey’s Audioのコーデック)

 無料で使える効率的なロスレス(高解像度)コーデックです。

ja.wikipedia.org

 

ASP[アナログ信号処理]

 アナログ信号は、実際にはデータの連続ストリームです。アナログ信号処理では、さまざまな電気的手段を介して電圧、電流、または電荷を変化させることにより、連続信号を物理的に変更します。例としては、スピーカーのクロスオーバーフィルター、ステレオの「ベース、トレブル、ボリューム」コントロール、テレビの「色調」コントロールなどがあります。コンデンサー、抵抗器、インダクター(パッシブ)、およびトランジスター/オペアンプなどのアクティブな要素も考慮されます。

 

Attenuator[アッテネータ/減衰器]

 音量を制御するコンポーネントです。 たとえば、アンプのゲインノブを使えば、ボリューム/出力を下げることができます。

 

Audiophile[オーディオファン]

 音楽の愛好家のことです。 彼らは高解像度のサウンド再生に熱心です。オーディオファンは、最も純粋な音楽再生を追求します。したがって、彼らはHiFiギアのある部屋の中でコンサートのような体験をしたがるのです。

 

Balance[バランス]

 これは、オーディオ機器の特定のチューニングスタイルを指します。「バランスのとれたギア」は、周波数範囲に不要なピークを持ちません。したがって、自然でバランスの取れたサウンドになります。

 

Balanced (Audio)[バランス接続]

 オーディオ機器を接続する方法の1つ。この方式ではインピーダンスバランスラインを使用します。3極コネクタを使います。 XLRまたはTRSジャック(プラス1、マイナス1、アース1)があります。

 

Balanced Armature Driver[バランスドアーマチュアドライバー]

 バランスドアーマチュア(BA)ドライバーユニットは、可動鉄ドライバーユニットとも呼ばれます。これらのユニットは非常に小さく、インイヤーモニターでのみ見られます。ドライバーユニットは、入力信号からの電流がドライバーに到達すると磁場を生成する2つの磁石で囲まれたワイヤーのコイル内のミニチュアアームで構成されています。可動部分は両方の磁石の間でバランスが取れているため、ドライバーはバランスドアーマチュアドライバーと呼ばれます。アーマチュアは、オーディオ信号によって作成された磁束で永久磁石の極に向かってわずかに移動します。アーマチュアユニットのこの動きは、サウンド出力を提供するドライバーダイアフラムの上の空気に変化をもたらします。BAドライバーユニットは、ダイナミックドライバーユニットに比べて動きが非常に少ないため、サウンド出力に歪みが生じません。BAドライバーは非常に電力効率がよく、非常に簡単に駆動できます。これは、サイズが小さいため、複数のBAドライバーユニットを1組のIEMに配置して、正確な詳細なサウンド出力を生成できるためです。 BAドライバーユニットは、自然なボーカルとスムーズでディテールのある高域応答を生成します。

 

Bass[低域]

 これは、音楽スペクトルの最も低い部分または最も深い部分です。通常、10hz〜256hzのサウンドは低域と見なされます。低域楽器は低音域を作り出します。 したがって、それらは聴いている音楽に雰囲気の存在感を作り出します。ハーモニーの中で最も音の低い部分です。ベースギター、ドラムなどは、音楽のベースラインを作成します。

 

Bit Rate[ビットレート]

 ビットレートはビット速度とも言い、1秒あたりに処理されるデータの量を意味するデジタルオーディオの用語です。Bit Depth(ビット深度)と異なることに注意してください。

ja.wikipedia.org

 

Bit Depth[ビット深度]

 ビット深度とは、サンプルごとに記録されるデータの密度を意味するデジタルオーディオ用語のことです。

 一般的に言えば、情報が多く、より高くサンプリングされ、ビットレートと深度が高いほど、音質が良くなりますが、ファイルサイズも大きくなります。

ja.wikipedia.org

 

Bloat[膨張感]

 膨張感は中低音域のキャラクターです。それはその領域の明確さの欠如を表します*1

 

BNC[BNC型同軸コネクタ]

 デジタル接続用のロッキングコネクタのことです。

ja.wikipedia.org

 

Bright/Brightness[明るい/明るさ]

 サウンドシグネチャー用語です。明るい音の意味は、より高い周波数範囲でよりブーストされているということです。つまり、通常の中域周波数より高いところに強調があります。多くの人が鋭い高音を楽しんでいます。しかし、私たちの耳はこの音域でより敏感です。 明るいオーディオ機器を聴くと疲れやすい傾向があります。ただし、より明るい=よりディテールがあるという概念があります。とはいえ、それは常に本当であるとは限りません。先に述べたように、ディテールは全体に存在します。それにもかかわらず、「ディテール」の用語は高域強調型の、過酷な音質とともに認知されています。実際のところ、明るい音を持つオーディオギアは、録音の不完全さを明らかにしてくれるところがあります。したがって、専門家はしばしばブライトな音のヘッドホンを高く評価します。

 可変調整ノズル付きのLz A6は、他のサウンド調整オプションを備えたイヤホンと同じように、明るいイヤホンに分類することができます。

www.ear-phone-review.com

 

Cable Attachment-Style[ケーブルアタッチメントスタイル]

 有線ヘッドホン/イヤホンには2種類の接続方式があります。

  1. 取り外し可能で交換可能(リケーブル製品)
  2. ハードワイヤード。ケーブルは交換できません

 

Caps[キャプ]

 コンデンサ(キャパシター)のニックネームです。 コンデンサは、デバイスの一時的なエネルギーを貯蔵する場所です。これは、アンプ電源、DCカップリング、トーンコントロール、およびフィルタリングとして機能できます。

 

Circum-aural[サーカムオーラルタイプ/耳覆い式]

 これは、フルサイズのヘッドホンを意味します。 これらのタイプのヘッドホンは耳によくフィットします。

 

Coloration[着色/味付け]

 これはデバイスのサウンド特性を表す用語です。 「ニュートラル/中立」の反対側に少し寄っています。それは少し脚色された音の再生を指します。つまり、音源を作ったサウンドエンジニアが意図することを実現できないということです。デバイスは独自の方法で信号に色を付けています。

 

Congestion[混雑感/混濁感]

 音のキャラクターを表現しています。 音の符号どうしが重なっていて、明瞭さが欠けていることを指します*2

 

Cranial Geometry[頭蓋形状]

 ユニークな人間の頭の形状と耳の構造のことです。 誰もがこの点で独特の形をしています。 したがって、それはヘッドギアの適切なフィット感に影響を与えます。 ただし、ヘッドギアの形状がユーザーの固有のプロファイルと一致しない場合、ユーザーは「密閉性の問題」に直面します。 したがって、音が「漏れ」ます。 これによって、サウンドプレゼンテーションと快適性のレベルが低下することがあるかも知れません。

 

Crisp[明瞭感]

 Clear(透明感)のことです。

 

Cups[イヤーカップ]

 これはヘッドホンのドライバーの外側です。主にクローズドバック(密閉型)ヘッドホンの場合、「カップ」と呼ばれます。 オープンバック(開放型)ヘッドホンでは、同じところを「グリル」と言います。

 

Customs[カスタム]

 カスタムIEMのニックネームです。通常、聴覚学者は個人の耳の印象を作ります。 IEMメーカーは、ドライバーの周りにユニークなフィット感をもたらします。つまり、IEMは、オーディオ機器側が特定の個人向けに完全にカスタマイズされています。 したがって、その個人に優れたフィット感と分離を提供します。それらを「CIEM」

 

D/A

 これは、デジタル/アナログ変換過程を短く表現した略語です。

 

DAC (Digital to Analog Converter)[デジタル/アナログ変換器]

 DACは、D/Aコンバーターの略です。デジタル信号を処理し、アナログに変換します。ヘッドホン、イヤホン、スピーカーなどのオーディオ機器は、アナログ信号を使用して音を生成します。そこでこれの出番となるわけです。複雑なことは何もありません。携帯電話、コンピューター、ラップトップ、オーディオプレーヤーを使用する場合、それらのほとんどにDACチップが内蔵されています。これは、音を出すすべてのデバイスに当てはまります。一般に、DACチップの製造元の価格は3ドルから30ドルです。デバイスがサウンドを作成したい場合、これは必須の要素です。シンプルに説明しましょう。3.5mmジャックを備えた携帯電話について考えてみましょう。メモリからデジタルデータをプッシュします。 DACはこれらの1と0をアナログ信号に変換します。 最後に、イヤホンで音楽を再生します。

 

DAP[デジタルオーディオプレーヤー]

 ハイレゾオーディオ再生機能のあるポータブルデバイスは、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)と見なされます。 個々のDAP製品には、最先端のDACとパワフルなアンプが含まれています。そのため、外出先でハイエンドのヘッドギアを駆動することができます。これらは安いMP3プレーヤーやiPodとは異なっています。ほとんどのDAPは、高ビットレートファイル、wav、FLAC、DSDなどを再生できます。

 

digital music player

 

Dark/Darkness[ダーク/ダークネス]

 これはサウンドシグネチャーの一種です。 このタイプのオーディオデバイスは、目立たない高音域を提供します。

 

Decay[減衰]

 音を届けるスピードを意味します。 各ノートのフェード効果に似ています。

 

Decibel(dB)[デシベル]

 音の大きさの尺度です。一方で、それはラウドネスの単位でもあります。

 

Depth[奥行き]

 音楽の配置における楽器間の距離のことです。2D空間で考慮されます。ですから、最前面の距離を基準にすることがここでの鍵となります。

 

Detail[ディテール]

 音楽の最も小さな音です。または、録音の最も繊細な部分と呼ぶこともできます。不完全なオーディオギアでこうした細かな音を見逃してしまうでしょう。

 

Digital (Audio)[デジタル]

 デジタルオーディオは1と0の2進法に基づく録音データです。 デジタルオーディオは数値サンプルです。たとえば、CDでは、サンプルは1秒あたり44,100回、16ビットのサンプル深度で取得されます。

 

Driver[ドライバー]

 スピーカー/ヘッドホン/イヤホンの音声再生部分。ドライバーの多くのテクノロジー、サイズ、および品質が表示されます。

 

DSD(Direct Stream Digital)

 スーパーオーディオCD(SACD)の可聴信号をデジタルで再生するシステムのためにソニーとフィリップスが使用した商標です。DSDコーディングシステムは、競合他社のPCMとは異なります。 DSD録音はデルタシグマ変調を使用しています。

ja.wikipedia.org

 

DSP (Digital Signal Processing)[デジタル信号処理]

 オーディオ信号はデジタル形式またはアナログ形式のいずれかで表されるため、処理はどちらの領域でも発生します。アナログプロセッサは電気信号を直接操作し、デジタルプロセッサはその信号のデジタル表現を数学的に操作します。デジタル表現は、オーディオ波形を一連のシンボル(通常は2進数)として表現します。 これにより、デジタル信号プロセッサ、マイクロプロセッサ、汎用コンピュータなどのデジタル回路を使用した信号処理が可能になります。

 

Dynamic Driver[ダイナミックドライバー]

 ダイナミックドライバーは、ムービングコイルドライバーユニットとしても知られています。ダイナミックドライバーユニットは、ネオジム磁石、ボイスコイル、およびボイスコイルに接続された振動板の3つの主要部分で構成されています。ボイスコイルは、ドライバーユニット内の磁石によって生成される定常磁場内を移動する薄い膜であり、それにより音を生成します。メンブレンは通常銅を材料として構成されていますが、ハイエンドのヘッドホン/イヤホンでは、ベリリウムなどのより高級な材料が使用されています。入力信号からの電流が通過すると、磁場が得られます。ボイスコイルのこの動きによって作り出された電波は、耳に聞こえます。ダイナミックドライバーユニットは、素早く深いバスレスポンスを特徴とする強力なサウンド出力を生成します。ドライバーは、スナップコイルの動きで、ローエンドに優れたディテールを生み出します。オーディオ業界の発展の過程で、ダイナミックドライバーはハイブリッドIEMで幅広く使用され、ローエンドを効果的かつ効率的に処理します。ダイナミックドライバーはサイズによって異なり、フルサイズのオーバーイヤーヘッドホンでも広く使用されています。

 

Earphone/Earbud/In-Ear Monitor (IEM)[イヤホン/インイヤーモニター]

 耳の中に入る、広く受け入れられているステレオスピーカーシステムです。

 

EQ

 EQはイコライゼーションを指します。 Mighty wikiは、「電気信号内の周波数成分間のバランスを調整するプロセス」と述べています。 大胆な発言です。 次に、「バランス」という言葉を強調しましょう。 適切な「EQ」とは、音楽の周波数間の完全な調和を見つけることです。 さらに、ご希望のバランスの操作プロセスを知る必要があります。

 

Ergonomic(人間工学)

 これはヘッドギアの装着感を影響します。ヘッドギアが人間工学的に適合している場合、それはさまざまなシナリオに適切に適合することを意味します。

 

FLAC(Free Lossless Audio Codec)

 デジタルオーディオのロスレス圧縮のためのオーディオコーディングフォーマット。 また、ロイヤリティフリーのライセンスと、フリーソフトウェアであるリファレンス実装を備えたオープンフォーマットでもあります。FLACは、メタデータのタグ付け、アルバムカバーアート、高速検索をサポートしています。

 

Forward Sounding[押し出し感]

 音が少し強烈に表現されていることを指します。 リラックスした/暗いサウンドの対義語だと考えてください。

 

Frequency Range[周波数範囲]

 それは水準を限定せずに述べられた周波数の範囲です。

 

Frequency Response[周波数特性]

 これは、個々の周波数範囲に対するそのヘッドギアの応答特性の意味です。

 

Gain[ゲイン/利得]

 アンプによるオーディオ信号の増減率です。通常、dBで表されます。全体の操作は、電圧入力/電圧出力に基づいています。

 

Glassy*3[ガラス質の]

 少し極端なブライトシグネチャーです。

 

Grill[グリル]

 オープンバック(開放型)のヘッドホンのカップ相当部分です。ドライバーの外側にあります。オープンヘッドホンとセミオープンヘッドホンの両方にグリルがあります。

 

Harsh[過酷感/刺激感]

 中高域から高域周波数にかけてのスパイクです。つまり、高音が多すぎるサウンドのことです。長時間のリスニングセッションでは不快感が増します。

 

Headphone[ヘッドホン]

 パーソナルステレオスピーカーシステムです。 市場でオンイヤータイプかオーバーイヤータイプのヘッドホンを手に入れることができます。

 

HIFI (High Fidelity)[ハイファイ]

 これは、オーディオ業界で一般的な言葉の1つです。 高音質再生を指します。

 

HiFi v. LoFi[ハイファイ vs ローファイ]

 まず、高い忠実度(High Fidelity)とは、元のミキシングの正確な再現のことです。さらに、忠実度が低い(Low Fidelity)=現在のコミュニティ標準よりも低品質の複製。 LoFiに欠陥があります。 ただし、一部のデバイスにはいくつかの欠点があります。 私たちは環境の干渉、歪みなどを聞きます。

 

fiio m15

 

High-end Audio[ハイエンドオーディオ]

 オーディオファンは通常、ハイエンドの音響機器を使用します。 ただし、適切に設計されたデバイスは、録音と同じくらいオリジナルなサウンドを維持しようとします。ターンテーブル、DAC、EQ、プリアンプとAMP、スピーカー、ウーファーなどのハイエンドデバイスは、音響全体を作り上げるシステムの一部と見なされます。それを再生する場所、すなわち音響室の特性ですら、ハイエンドオーディオシステムにとって重要です。 

 

HRA (High-Resolution Audio)[ハイレゾオーディオ]

 Hi-Res Audio(HRA)はロスレスオーディオです。主にすべての記録を再現するためのすべてのデータが含まれています。 CD品質よりもよくマスターされたトラックです。 したがって、ミュージシャンとエンジニアは時間と労力をかけてレコーディングに費やし、高価なレコーディングギアに投資してハイエンドのオーディオレコーディングを行います。

 

IC

 インターコネクトケーブルの愛称です。 両端はアナログ接続になります。 XLRまたはRCAプラグのいずれかが終端になっています。したがって、右と左のステレオオーディオチャネルを分離できます。

 

IEM

 IEMはインイヤーモニターの略です。

 IEMには2つのタイプがあります。

  1. ユニバーサルIEM(ユニバーサルにフィットするように事前成形されています)
  2. カスタムIEM(CIEM)

 

moondrop blessings 2

 

Impedance[インピーダンス]

 これは、ドライバーの電力要件です。インピーダンスは数値として示され、それが高くなるほど、より多くの電力が必要になります。最適なパワーを得ることが重要です。 それにより、ドライバーを最大限に活用できます。ヘッドホンにインピーダンス値がある場合、ヘッドホンに流れる電流が少なくなります。

 

Isolation[遮音性]

 正しい密閉性が得られているならば、ヘッドギアはリスナーを環境ノイズから分離します。 音漏れも防止します。

 

Jitter[ジッタ]

 ジッタは、クロック(これはDACにいつサンプリングするかを知らせる)が適切にクリックしないときに発生する出来事です。そのため、サンプルポイントが優先タイムスタンプと一致していません。したがって、わずかな時間のピッチの変化が出てしまう可能性があります。また、ビットレートと相関しています。ビットレートが高いほど、より多くの問題が発生します。ただし、20kHz付近のノートの不完全性はほとんど聞こえません。ですから、気にする必要はありません。何よりも、最近のDACチップはジッターに対してはるかに優れています。したがって、このような状況はほとんど起こりません。超高周波数の音だけがジッターの影響を受けます。波長が最も短いからです。20歳以上のほとんどの人は、ジッターが存在するノートをほとんど聞き分けられません。

 

Layering[レイヤリング]

 それは楽器の個々の列(あるいは層)の分離です。 これにより、列間の深さと距離を感じるでしょう。優れたレイヤリングは、分離された楽器のラインの可聴差を提供します。

 

Listening Fatigue[リスニング疲労]

 長時間にわたって音楽を聴く場合、特定の種類のサウンドシグネチャーによっては、心理的な不快感を感じることがあるでしょう。それは心理音響現象です。また、疲労により頭痛や緊張が生じることがあります。

 

Listening-Style[リスニングスタイル]

 それは音楽を聴く習慣です。 通常、そのユーザー設定。 音楽の中で「迷子になる」ためには、分析的な音、または暖かくリラックスした音が好まれます。 好みがすべてです。

 

Lossless[ロスレスオーディオ]

 損失のない圧縮システムです。このグループには、いくつかの圧縮ファイル形式が含まれています。 FLAC、ALAC、WAV、MQAなどが良い例です。

 

Lossy[ロッシーオーディオ]

 この系統の圧縮システムは音楽を圧縮しますが、いくつかの損失が発生します。損失のないファイルを損失の多いファイル形式に変換することはできますが、元に戻すことはできません。損失のあるファイルは、損失のないファイルよりもはるかに小さくなります。例としては、MP3、AAC、Oggなどがあります。

 

Low-Level Detail[低ディテール]

 ここでは、ミュージカルサウンドの最も小さな要素が考慮されています。それは弦楽器の表面ノイズや残響減衰の最後の末端部分のようなものです。

 

Lush[みずみずしい]

 豊かな音色です。 全体的な音楽プレゼンテーションに暖かさを見つけるでしょう。

 

Microphonics[タッチノイズ]

 一部のヘッドギアのケーブルは摩擦音を出します。 ケーブルの動きや擦れが原因です。 時にはそれは迷惑になります。

 

Moving Armature Driver[可動電機子ドライバー]

 新しいタイプのドライバーです。 可動電機子ドライバーは、有効な周波数応答を拡張することにより、IEMで複数の平衡電機子ドライバーを使用する必要をなくすことを目的としています。

 

MP3

 これは、非可逆形式のオーディオコーデックです。その一般的なコーディング形式と多くのトラックがMP3にあります。ファイルサイズは他のほとんどのフォーマットよりも小さいです。

 

MQA (Master Quality Authenticated)

 シームレスストリーミング用のロスレスコーデックです。このファイル形式ではほとんどがFLACサイズの⅓に収まります。それはデジタル指紋で元のマスター録音の取り込みを維持することを約束します。MQAファイルはFLACデコーダーと下位互換性があります。MQA対応のデコーダーを最大限に活用するには、デコーダーが必要です。

 

Muddy[泥っぽい]

 音が不明瞭なプレゼンテーションを指します。 明瞭感のある(Crisp)音の正反対になります。

 

Nuance[ニュアンス]

 音のさまざまな色合いを指します。 または、個々のノートの特性ということができます。

 

Ohm[Ω]

 電気抵抗またはインピーダンスの測定単位。

 

Opamp (Operational Amplifier)[オペアンプ]

 高利得電子電圧増幅器のことです。通常シングルエンド出力の差動入力を備えています。これにより、オペアンプは出力電位を生成します。出力は、その入力端子間の電位差より数十万倍大きくなります。アナログ回路のビルディングブロックとしてのオペアンプの人気は、その多様性によるものです。

 

Openness[開放感]

 これは、プレゼンテーションの幅と奥行きが適切なサウンドステージを指します。楽器と楽器の演奏の間に十分なスペースを感じます。

 

Pads[イヤーパッド]

 イヤーパッド、言い換えればヘッドホンのクッション部分です。

 

PCB (Printed Circuit Board) [プリント回路基板]

 電気部品は一般にプリント基板にはんだ付けされます。 そして、それらは電気的に接続され、機械的に固定されます。 ほとんどの電子製品で使用されています。

 

PCM(Pulse-Code Modulation)[パルス符号変調]

 コンピュータおよびCDのデジタルオーディオの標準形式。これは、サンプリングされたアナログ信号をデジタルで表すために使用される方法です。PCMストリームには、元のアナログ信号に対するストリームの忠実度を決定する2つのプロパティがあります。サンプリングレートは、1秒あたりにサンプルが取得される回数です。ビット深度は、各サンプルを表すために使用できる可能なデジタル値の数を決定します。

 

Preamp[プリアンプ]

 プリアンプのニックネームです。これは、1つ以上の信号をアンプにルーティングするスイッチです。ノイズと干渉を低減します。さらに、信号をブーストし、アンプへのボリューム制御のための電圧を調整します。通常、ユーザーがプリアンプにつなげるソース(ラジオ、テープ、CDなど)を切り替えることもできます。

 

RCA

 アンバランス接続用の同軸コネクタの一種です。それも完全にアナログです。センターピンは信号で、スリーブ部分はグランドです。

 

Resistance[抵抗]

 電子の流れに抵抗するのは元素の物理的性質です。 測定単位はΩです。

 

Reverb[リバーブ]

 それは残響の略語です。ほとんどの場合、減少する一連のエコーです。スムーズな減衰に結合するのに十分な間隔で配置されています。

 

Rolloff[ロールオフ]

 特定の周波数の突然の損失を指します。多くの場合、それをロールアウトと呼んでいます。基本的に、周波数応答が異常に低下すると、これが発生します。EQカットオフについて知っている場合は、より良いアイデアが得られます。 それについて書いた記事をチェックしてください。

www.ear-phone-review.com

 

Sample Rate[サンプルレート]

 サンプルレートは、1秒間に取得されるデータのサンプル数を表します。デジタルオーディオ用語です。

 

Sealing Condition[密閉性]

 isolation(遮音性)と同じです。

 

Sense of Presentation[プレゼンテーション]

 リスナーへのサウンドプレゼンテーションの方法です。これは、リスナーがサウンドのソースのスポットを認識する方法に影響を与えます。また、音の定位感を出すことができます。

 

Sensitivity[感度]

 ヘッドホンでの音出力量のことです。単位はデシベル(dB)です。

 

Sibilant[歯擦音/刺さり]

 周波数応答の不快なピーク部分のことです。 オーディオ機器にこれがあると、聞き取りにくくなります。

 

Smooth[滑らかさ]

 サウンド特性の1つで、再現には異常がなく、不健康なピークがなく、聞き取りやすいことです。場合によって良い場合も悪い場合もあるかもしれません。ゆっくりすぎる、没入感のないサウンド特性が得られる場合、それはまったくポジティブではありません。

 

Sound Signature[サウンドシグネチャー]

 すべてのオーディオ機器には、独自のサウンドプロパティがあります。 一部のパッケージは高音域を拡張しています。低域を強く揺らす製品もあります。その他、全体的にかなりバランスの取れた音質を提供するものもあります。ほとんどの場合、サウンドプロファイル全体はサウンドシグネチャーと呼ばれます。その基本を理解し、カテゴリを体系化すると、自分に適したオーディオ機器を見つけることができます。その後、好みに合わせて微調整することができます。 相性を考えたり、ケーブルをアップグレードしたり、ミュージックプレーヤーをアレンジしたりすることによって。

www.ear-phone-review.com

 

Soundstage[音場]

 ステージは、音楽の完全な3Dプレゼンテーションです。ドライバーによって決定されます。ステージングの幅が広いほど、さまざまな機器のさまざまな位置の明確なビジョンが得られます。 これにより、コンサートのようなリアルなサウンドになります。音場が大きいほど良いです。

 

Source[ソース]

 アナログ信号を送信するデバイスがソースです。たとえば、CDプレーヤーやメディアプレーヤーなどです。

 

S/PDIF

 Sony / Philips Digital Interconnect Format(より一般的には、Sony Philips Digital Interfaceとして知られています)の略です。

 

Supra-aural[スープラオーラル型]

 フィットタイプのオンイヤーヘッドホンのことです。通常、ほとんどの消費者向けヘッドフォンはこのカテゴリに属します。

 

Synergy[相乗効果]

 それはオーディオコンポーネントのグループの関係です。チェーン全体が一緒にオーディオ再生に参加します。したがって、組み合わせた効果は最終結果で顕著になります。リスナーの好みに応じて、DACとヘッドホンアンプを適切に鳴らすことが重要です。 それらの相乗効果が最終結果をもたらします。

 

Texture/Texturing[テクスチャ/テクスチャリング]

 これは、再生されたサウンドの知覚可能なパターンまたは構造です。それは本質的にランダムかもしれません。テクスチャはエネルギーを提供します。それは音の粒子の継続を保持します。写真の木目は完璧な例です。

 

THD[全高調波歪]

 全高調波歪みのことです。これは、機器が信号を歪ませる度合いの測定値を指します。

 

Timbre[音色]

 音色は、サウンドの違いを生み出すものです。 ただし、2つの楽器が同じノートを演奏している場合は、両方が独自の音色を出力します。

 音色は、さまざまな音の実際の結果です。 私たちの脳はそこから情報を取得します。

 

Tonality[調性]

 その楽器の音質。実際の音と比較してどれだけ正確なオーディオ再生が正確であるかを意味します。

 

Transparent[透明感]

 ディテールと品質を区別できれば、その音は透明であると言えます。音素を透明にして、ノートを通してのリアルな視認性を備えたクリアな音声を表します。

 

TRS

 TRS =チップリングスリーブ。 ヘッドホンで使用される最も一般的なコネクタです。 3.5mm(/ 8”)および6.3mm(1/4”)のコネクタサイズがあります。

 

Tube/Tube Amp[真空管/真空管アンプ]

 トランジスタに先立って、真空管は信号を増幅する働きをします。心地よいハーモニクスと音楽の色付けがあります。アンプや電力整流の設計セクションに参加します。

 

tube amp

 

Turntable[ターンテーブル]

 蓄音機のことであり、元々このデバイスは音の録音と再生に使用されました。それ以降の形式では、gramophone[グラモフォン](1887以降)と呼ばれ、後にrecord player[レコードプレーヤー](1940年代以降)とも呼ばれます。 今日のターンテーブルは、レコードの再生に使用されるデバイスです。トーンアームは、トラッキング圧力を維持するためのカウンターバランスを備えたピボットレバーとして、ピックアップカートリッジを溝の上に保持します。

 

Voltage[電圧]

 ボルトの単位で測定される、多数の電子を「押し出す」起電力または圧力のことです。

 

Warm/Warmth[ウォーム/暖かみ]

 サウンドシグネチャーの1つです。このシグネチャーはブライトサウンド/モニターサウンドの反対側にあるかもしれません。したがって、低域に重点を置いています。低域だけでなく、中域にも注力します。明るさがシャープさを増し、暖かさが滑らかさを増します。ウォームなオーディオギアはリラックスしたサウンドを提供します。したがって、長時間のリスニングセッションに最適です。ベースギター、チェロ、サックスは豊かで明瞭な音色が心地よく聞こえます。ただし、オーディオギアの温度が高すぎると、低域の存在感が高まります。このことにより雰囲気が混乱させられます。

  TRI i3ハイブリッドイヤホンはウォームなサウンドシグネチャーを持っています。

www.ear-phone-review.comwww.ear-phone-review.com

 

Watt[ワット/電力量]

 実際の電圧と電流の積のことです。正確にはエネルギー使用率です。R.M.S. = Root Mean Square[二乗平均平方根]も指します。

 

Weight[重量]

 サウンドイメージの本体です。 低音が自然でしっかりとした音像の場合、音はダイナミックになります。一方、薄い音や重みの少ない音は不自然に聞こえる場合があります。

 

Width[幅]

 これは、サウンドのステレオイメージがどれだけ広がるかを表しています。良い録音はリアルなイメージを提供します。 それは頭の中で遠くに引っ張られたり、窮屈になったりすることはありません。

 

WMA(Windows Media Audio)

 マイクロソフトが開発した圧縮音源です。

 

WMAL (Windows Media Audio Lossless)

 マイクロソフトが開発した独自のロスレスオーディオです。 FLACやALACに似ています。

 

WAVE (Waveform Audio File Format)

 ファイル拡張子としては「.wav」が表示されます。これは、PCにオーディオビットストリームを格納するためのMicrosoftとIBMによって標準化されたオーディオファイル形式です。WAVファイルは、IBMおよびMicrosoftによって定義されたResource Interchange File Format(RIFF)のインスタンスです。WAVファイルには圧縮オーディオを含めることができますが、最も一般的なWAV形式は、線形パルスコード変調(LPCM)形式の非圧縮オーディオです。LPCMは、オーディオCDの標準のオーディオコーディング形式でもあります。

 

XLR

 コネクタの1種です。 3つ、4つ、場合によってはそれ以上のピンがある可能性があり、バランス接続に使用されます。ヘッドホンの場合、4ピンXLRにはL + L- R + R-が含まれています。

 

編集後記

 ところどころいくつかの用語を見逃しているかもしれません。 質問があれば、何でもお気軽にどうぞ。
 サウンドシグネチャーについて詳しく知りたい場合は、こちらのガイドをご覧ください。

www.ear-phone-review.com

 

  • 元記事の公開日:2020/05/29
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:HiFiGOの説明では膨張感はマイナスの要素しかないと思うかも知れませんが、膨張感のあるなしは中域の充実感や濃厚感につながり、ひいては音楽の親しみやすさに直結するため、リスニング体験の上で重要な要素になり得ます。逆にモニター的なサウンドでは膨張感は解像度の悪化につながりやすいので嫌われる傾向にあります。

*2:濁りと篭もりは厳密には異なりますが、音を聴きにくくするという意味では同様の効果があるので、しばしば同列に語られます。一般に濁った音では中域の透明感が足りなく感じたり高域がおとなしすぎるように聞こえることが多いです。

*3:これはたぶん正確にはGlossy[光沢感]のことかもしれないと思いますが、そのままにします。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事