audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】静電型イヤホンBESTコレクション!!!

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

f:id:kanbun:20200426104801j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

静電型イヤホンBESTコレクション!!!

 良質の音楽を楽しむには、優れたオーディオ構成が非常に重要です。 しかし、最も重要なのは、その構成で使用されているインイヤーモニター/ヘッドホンです。 IEM /ヘッドホンが適でない場合、フラッグシップのDAPまたはDAC / AMPシステムでさえ役に立ちません。オーディオ業界では、IEMに毎日新しい革新がもたらされています。我々は可動鉄(BA)ドライバーIEM、可動コイル(DD)IEMを目の当たりにし、またハイブリッドIEMのようなドライバーを組み合わせた製品もありますが、現在、IEM業界の最新はEST(静電)ドライバーです。 今日は、ESTドライバーについて説明します。次に、現在市場で手に入れることが出来るESTドライバーのIEMをリストアップします。

 

EST(静電型)ドライバーとは何ですか?

 ESTは静電駆動ユニットの略です。 このテクノロジーは大きなスピーカーシステムで長い間使用されていますが、小さなIEMに実装するにはしばらく時間がかかりました。ESTドライバーは、正確な過渡応答を提供する超軽量可動膜で構成されています。ESTドライバーは、鮮明な明快さと豊かなディテールを備えた比類のないサウンド出力を生成します。そのため、ESTドライバーIEMは、十分に拡張された高音レスポンスを備えた卓越したディテールを実現しています。これらのドライバーは本当に小さく、ハイブリッドセットアップIEMに適しています。Sonionは現在ESTドライバーユニットの製造を専門とする中国を拠点とするブランドです。

 

ESTドライバーを使用する利点

 ドライバーユニット自体に可動部品がないため、ESTドライバーは完全に歪みのないサウンド出力を生成します。ドライバーは非常に繊細で詳細なサウンドを出力します。 ESTドライバーは、楽器の自然な音色とトーンを生成し、全周波数範囲で色付けせず、出力は完全に自然で豊かです。ESTドライバーは非常に小さく軽量であり、小さなIEM内のハイブリッドセットアップに簡単に配置できます。

 

ESTドライバーIEMのトップ製品たち

 次に、現在市場で入手可能なESTドライバーのトップイヤホンのリストを報告します。

 

Moondrop Solis

ドライバー構成

 4BA+2EST

長所

 暖かく自然なサウンドチューニング、鮮明なディテールサウンド、卓越したルックス、ハンドメイドのシェル、快適なフィット感

短所

 少し高価

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Moondrop_Solis_1024x1024.jpg?v=1587750669

 Moondropは、その見事に調整された製品で多くの人気を得ているブランドです。 Moondrop Solisは、4BAおよび2ESTドライバーのユニットを搭載したブランドのフラッグシップ製品です。昨年末に発売されました。光沢感のあるフェースプレートデザインのハンドメイドシェルが特徴です。このイヤホンには、ブランドのすべてのプレミアムイヤホンに含まれている伝統的な銅ケーブルが付属しています。鮮明なディテールと豊かな音質で比類のないサウンド出力を実現しています。このペアは、自然な響きのボーカルと非常に詳細な高音域とともに、素早いベースレスポンスをも生み出します。低域と高域の音域はうまくコントロールされており、素晴らしい拡張性を示しています。 イヤホンはよく構築されており、職人の手により完全にハンドメイドされていて、非常に美しく外観を持っています。イヤホンの価格は$1099です。詳細はこちらのストアページで確認できます。

 

Moondrop Solisの技術仕様

  • ドライバー構成:4BA + 2 Sonion EST
  • インピーダンス:7.5Ω±15%(@1khz)
  • 感度:120dB / Vrms(@1khz)
  • 周波数応答:20Hz-45000 Hz(自由音場。1/ 4インチMIC)
  • 有効な周波数応答:20Hz-20000 Hz(IEC60318-4)
  • 取り外し可能なケーブルインターフェイス:0.78-2pin

 

Shuoer EJ07

ドライバー構成

 10mmカスタムダイナミックドライバー+ 2 Knowles 中域用BA +1 Sonion EST

長所

 機敏で深い低域、鮮明なディテール、単結晶純銅ケーブル、美しい外観

短所

 そんなものはありません

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Shuoer_EJ07_1024x1024.jpg?v=1587750779

 Shuoer EJ07は、ShuoerのIEMにおけるフラグシップです。このブランドは、EST IEMの低価格モデルであるShuoer Tapeで世界中のオーディオファンから高く評価されました。Tapeは傑出したIEMであり、驚くべきディテールを提供しました。今、ブランドは私たちに3ウェイハイブリッドドライバーセットアップを備えたフラッグシップIEMをもたらしました。中域*1を処理する10mmカスタムチューニングダイナミックドライバー、中域用のデュアルKnowles製バランスドアーマチュアドライバー、そして高域の鮮明なディテールを提供する1基のSonion ESTドライバーを備えています。このイヤホンは比類のない音質を生み出します。低域は速くて深く、自然でリアルなボーカルを持ち、くっきりとしたディテール感のある高域があります。高域は非常に詳細で、早めのロールオフを示していますが、刺さりや耳障りさの兆候はありません。イヤホンはよく構築されており、透明な内部ハウジングを備えたフェースプレートがきらきらと映えるデザインがあります。透明なハウジングを通して、シェルの内側にきちんと正確にドライバーが配置されているのを確認できます。 6N OCC純単結晶銅ケーブルが付属しています。 Shuoer EJ07の価格は$869です。詳細はこちらのページで確認できます。

 

Shuoer EJ07の技術仕様

  • ドライバー構成:3ウェイハイブリッド10 mmカスタムダイナミックドライバー+Knowles デュアルBA + EST
  • インピーダンス:17 +/- 2dB
  • 感度:104 +/- 2dB
  • THD + N:<= 1%

 

Kinera Nanna

ドライバー構成

 7mm ダイナミックドライバー + 1 中域用BA + 2 ESTドライバー

長所

 比類のないサウンド出力、詳細で自然なサウンド、プレミアムなビルドクオリティとデザイン、単結晶純銅ケーブル、付属品多数

短所

 些か駆動力を要求します

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Kinera_Nanna_1024x1024.jpg?v=1587750811

 

 Kineraは、オーディオ界隈ではよく知られているブランドです。$100から$899のフラッグシップKinera Nannaまで、ほぼすべての価格帯で製品を扱っています。ええ、Kinera NannaはブランドのフラッグシップIEMです。頑丈に構築され、軽量で快適でしっかりとしたフィット感を提供します。Kinera Nannaは、ローエンドを処理する7mmダイナミックドライバーユニット、自然でリアルな中域を生み出すバランスアーマチュアドライバーユニット、高域で比類のないディテールと鮮明な明瞭性を提供するデュアルSonion ESTドライバーを備えた3ウェイハイブリッドドライバー構成を搭載しています。サウンド出力は鮮明なディテールを持ち、豊かで、ローエンドは優れたスラムを備えたフルボディの低域レスポンスを備えています。 中域用BAはリアルで自然なボーカルを生み出し、2基のESTドライバーは細部が豊かなアーティキュレーションを持つ高域部を生み出します。周波数範囲全体にわたって、いかなる種類の尖り、刺さりもありません。Kinera Nannaは、ニュートラルなチューニングと幅広い音場表現により、あらゆるジャンルの音楽に適しています。Kinera Nannaの価格は$899です。詳細はこちらのページで確認できます。

 

Kinera Nannaの技術仕様

  • 4ドライバーハイブリッド構成。1基の7mmダイナミックドライバー、1基のバランスアーマチュアドライバー、2基の静電ドライバーを搭載
  • インピーダンス:-60Ω
  • 感度:-1mWで110dB
  • 周波数応答:-5Hz-50kHz
  • 2ピン0.78mmコネクタ単結晶銅ケーブル

 

Kinera Nannaの関連記事

www.ear-phone-review.com

 

Astrotec Phoenix

ドライバー構成

 2 Sonion EST + 1 カスタムダイナミックドライバー

長所

 手作りの木製ハウジングで作られる絶妙なサウンド、W字型のサウンドシグネチャを備えた卓越したサウンド、低域下端と高域上端での優れた拡張、鮮明な解像度とイメージングによる詳細なサウンド出力

短所

 駆動力を要求します

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/astrotec_phoenix_1024x1024.jpg?v=1587750837

 

 Astrotecは、数々の優れたイヤホンとIEMを製造してきました。Phoenixは、カスタム調整されたダイナミックドライバーユニットと組み合わされたデュアルESTドライバーを備えたIEMのフラグシップです。Phoenixは、ハンドメイドのローズウッドで作られたシェルにより完成された、卓越した品質を備えています。このイヤホンは比類のない音質で、フルボディのスラムを備えた深くて力強い低域、自然なボーカル、十分に拡張された詳細な高域が特徴です。 このイヤホンは、低域下端と高域上端で優れた拡張性を示し、ユーザーに最大限の明瞭性と鮮明で詳細なサウンド出力を提供します。 このイヤホンには、MMCXコネクタと3.5mmエンドプラグを備えた6Nの単結晶純銅と銀メッキ銅のハイブリッドケーブルが付属しています。Astrotec Phoenixの価格は$879です。詳細はこちらのページで確認できます。

 

技術仕様

  • 2基のSonion静電ドライバーと1基のカスタマイズされたダイナミックドライバーユニットを備えたハイブリッドドライバーユニット
  • インピーダンス:32Ω
  • 周波数応答範囲:5Hz-45kHz
  • 感度:85dB
  • 定格電力:1mW
  • 最大電力:5mW
  •  MMCXコネクタ
  • 6N単結晶銅および銀メッキハイブリッドケーブル
  • ハンドメイドされたローズウッドシェル

 

  • 元記事の公開日:2020/04/24
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おそらく低域の間違いであると思われます。