audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】ベストエントリーデジタルオーディオプレーヤーコレクション:Hiby R3 Pro/Hidizs AP80 Pro/Shanling Q1の比較

f:id:kanbun:20200511151850j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

ベストエントリーデジタルオーディオプレーヤーコレクション:Hiby R3 Pro/Hidizs AP80 Pro/Shanling Q1の比較

 過去数週間、デジタルオーディオプレーヤー部門で新製品やアップグレード製品が登場しました。ShanlingShanling Q1をリリースし、HibyHiby R3 Proをもたらし、Hidizsはその高い評価を受けているプレーヤーをアップグレードし、Hidizs AP80 Proをリリースしました。 これら3つは、現在市場で入手できる最高のエントリーレベルのオーディオプレーヤーといえる製品たちであり、非常に優れたパフォーマンスを発揮し、多くの機能を備えています。しかし、通常必要なのは1つのプレーヤーだけなので、これら3つの製品からどのようにその1つを選び出すことができるのでしょうか。これらのうちどれが最高の音質出力を提供しますか?さらに多くの疑問が湧いてきます。私たちは過去3日間、これら3つのプレーヤーを使用して比較してきました。今日、私たちは私たちが到達した答えとこれらの機種の比較についてご報告しています。始める前に、まず3つのプレーヤーについて知っておきましょう。

 

Shanling Q1

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Shanling_Q1_1024x1024.jpg?v=1589117959

 

 Shanling Q1は、高性能DACチップESS9218Pを搭載したShanlingブランドの最新エントリーレベルデジタルオーディオプレーヤーです。それはレトロなデザインとコンパクトなフォームファクターを持っています。Shanling Q1は、32bit/384kHzまでのPCM、およびDSD128までのDSDをネイティブでデコードできます。2.7インチのタッチスクリーンを内蔵し、Shanlingが開発したMtouch 3.0 OSを備えています。また、LDAC、AptX HD、およびその他のHDコーデックとの双方向Bluetooth接続を備えています。Shanling Q1には複数のカラーが用意されており、ボディは高品質の亜鉛合金素材で作られています。Shanling Q1の最大の魅力はバッテリー駆動時間で、最大21時間連続で音楽を再生でき、最大25日間の待機時間があります。

 Shanling Q1の価格は$119です。詳細はこちらのページで確認できます。

www.ear-phone-review.com

 

Hidizs AP80 Pro

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Hidizs_AP80_Pro_1024x1024.jpg?v=1589118059

 

 Hidizsは、Hidizs AP80 Proとして非常に高い評価を受けている低価格DAPのアップグレードをリリースしました。それは市場で最小のタッチスクリーンデジタルオーディオプレーヤーであり、その小さなサイズのままではなく、強力なサウンド出力を提供します。Hidizs AP80 Proには、デュアルESS9218P DACチップを搭載したデュアルDACセットアップが装備されています。2つの出力ポートを備え、1つの3.5mmシングルエンドポートと完全バランス出力に対応した2.5mmポートがあります。Hidizs AP 80 Proは、ネイティブで最大32bit/384kHzのPCM、または最大DSD256のDSDをデコードできます。解像度480x360の2.45インチのSamsungタッチスクリーンディスプレイを備えています。 Hidizs AP80 ProにはHiby 3.0 OSが搭載されています。 UATコーデックをサポートする双方向Bluetooth V4.2をサポートします。UATはHiByが開発した最新のBluetoothテクノロジーで、Bluetooth接続を介して24bit/192kHzのビットレートでファイルをストリーミングできます。LDAC、AptX、およびその他の高解像度コーデックもサポートしています。Hidizs AP80 Proのバッテリー駆動時間は、シングルエンドポートで最大13時間、バランス出力ポートで最大9時間です。Hidizs AP80 Proのボディは、高品質のアルミニウム合金と立体視ガラスのバックパネルで作られています。音楽プレーヤーアプリの他に、歩数カウンターとFMラジオも備えています。

 価格は$169.99で、詳細はこちらのページで確認できます。

www.ear-phone-review.com

 

HiBy R3 Pro

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/HiBy_R3_Pro_b4b8a1a1-ca97-441c-8a83-8bd137bed0d7_1024x1024.jpg?v=1589118114

 

 HiByは、昨年末に広く知られているプレーヤーであるHiBy R3のアップグレードをリリースしました。しかし、それは売り出されるとすぐに売り切れました。 HiByは先月、この強力なデバイスを復活させ、$199で購入できるようになりました。MQAファイルを完全にデコードするのは、今日議論している3つの中で唯一のDAPです。MQAは、Master Quality Authenticatedの略で、最高のオーディオ録音品質のファイル形式であり、オーディオファンにとって最高のオーディオ品質を保証します。強力なデュアルDACチップセットを搭載し、デュアルCS43131 DACチップとデュアル独立水晶発振器および高品質FPGAチップを搭載しています。Hidizs AP80 Proと同様に、R3 Proには2つの出力ポート、1つのシングルエンド3.5mm、および1つの完全にバランス接続できる2.5mm出力ポートが搭載されています。HiBy R3 Proは、HiBy OS、双方向Bluetooth V5.0サポート、UAT、LDAC、AptX、その他の高解像度コーデックを備えています。Wi-fiを介したTidalおよびQobuzストリーミングをサポートする3つの中で唯一のDAPです。

 HiBy R3 Proの価格は$199です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

www.ear-phone-review.com

 

工作精度

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_f53b1e1f-4f6e-4d82-b577-5f19d39f4cdd_1024x1024.jpg?v=1589118311

 

 ビルドクオリティに関しては、3つすべてのDAPが適切にビルドされています。 それらはすべてコンパクトなフォームファクターを備えており、Hidizs AP80は最小で、HiBy R3 Proは3つの中で最大です。Shanling Q1はその中でも最も厚みがあり、3つとも持ち運びが簡単で片手で使用できます。Shanling Q1は、亜鉛合金シャーシのレトロなデザインで、複数の色があります。見た目もかわいく、The Shanling Q1は亜鉛合金シャーシのレトロなデザインで、小さく愛らしさが感じられます。Hidizs AP80 ProとHiBy R3 Proは、より美的でプレミアムな外観になっています。HiBy R3 Proの出力ポートには金色のメッキが施されていますが、AP80 Proのポートはシンプルです。HiBy R3 Proは、右側にあるボタンにLEDを備えており、CD品質のFlacの場合はBlueのようなファイル形式に従って光ります。Hidizs AP80 ProとHiBy R3 ProのMicroSDカードスロットは非常にスムーズですが、Shanling Q1のカードスロットは狭いです。カードを引き出すには、針などの鋭利なものを使用する必要があります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/4_8a5db2e4-0134-46fc-826c-9af77c08acb2_1024x1024.jpg?v=1589118740

 

ユーザーインターフェース

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/5_a14d4133-6bfb-42dc-9ca9-27e17311a0a3_1024x1024.jpg?v=1589118519

 

 Shanling Q1はShanlingが開発したMtouch OS 3.0を特徴とし、Hidizs AP80 ProおよびHiBy R3 ProはHiBy OS 3.0を使用しています。プレーヤーのユーザーインターフェースは迅速かつ機敏であり、プレーヤーでの再生に遅れはありません。Shanling Q1では、いくつかのフォルダーに移動すると多少速度が低下しますが、他の2つのプレーヤーではそのような問題はありません。複数のファイルをいくつかのDSDでテストしたところ、遅延がなくスムーズに動作していることがわかりました。Hidizs AP80 ProとHiBy R3 Proは、音楽がしばらく再生されていない場合は自動的にオフになりますが、Shanling Q1にはそのような機能はありません。Hidizs AP80 ProおよびHiBy R3 Proの機能サウンドの好みに応じて出力を簡単に調整できるMSEBチューナーなどのHiByが設計した機能はありますが、Shanling Q1にはそのような機能はありません。 最近のアップデートによって、3つのプレーヤーすべてでの再生をAndroidスマートフォンで制御できます。

 

Bluetooth接続品質

 Shanling Q1とHidizs AP80 Proは双方向のBluetooth V4.2サポートを備え、HiBy R3 Proは最新のBluetooth V5.0接続を備えています。 Shanling Q1はLDACまでのBluetoothコーデックをサポートし、他の2つはHiByが開発した最新のBluetoothテクノロジーであるUATを備えています。3機種すべてがBluetooth接続範囲で非常に優れたパフォーマンスを発揮しますが、HiBy R3 ProはBluetooth経由で接続品質とサウンド出力が向上が感じられました。オーディオの同期は3つのDAPのすべてで完璧で、これまで使ってきてどのような遅延も発生していませんでした。

 

バッテリー駆動時間

 各メーカーの公称値を参照すると、Shanling Q1のバッテリー駆動時間は最大21時間、HiBy R3 Proは最大20時間(シングルエンド)、最大16時間(バランス)、Hidizs AP 80 Proは最大13時間(シングルエンド)、 最大9時間(バランス)となります。3機種はほぼ同じように機能しましたが、HiBy R3 Proは実際にはより優れていることがわかりました。

 

音質

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_13ec6c4f-ba60-4329-9f91-1ed1caa87b53_1024x1024.jpg?v=1589118619

 

 3つのDAPはすべて非常によく機能し、高品質のサウンド出力を提供します。HiBy R3 Proは、3つの中で非常によく聞こえます。HiByR3 Pro経由の出力は、他の2つのDAPと比較して、深く、豊かで、より生き生きと聞こえます。私たちはほかの2機種が悪い音質であると言っているのではなく、その意味は、HiBy R3 Proがより自然でニュートラルに聞こえる出力をしていると言いたいだけなのです。

 HiBy R3プロのサウンド出力は、深みのある低域、歯切れのよい豊かな打撃音、古さウンドの重低域、透明で活気のあるボーカル、エネルギッシュで詳細な高域を備えています。それは3つの中で最高に聞こえ、私たちの意見では、$199以下で入手するのに最適なDAPであり、Hidizs AP80 Proに非常によく似ています。HiBy R3 Proで他の2つよりも優れたこの美しいサウンド出力以外の主な魅力は、TidalとQobuzで音楽をストリーミングできることです。

 それでは、Hidizs AP80 Proに移りましょう。少し暖かみのあるしっかりしたサウンド出力を生成し、パワフルな厚いボーカルと、ざらつきのない滑らかな高音のディテールと機敏な低域を備えています。

 Shanling Q1サウンド出力はニュートラルでバランスの取れたサウンドで、優れた低域、自然なボーカル、きらめく高域が特徴です。

 いずれのプレーヤーでも、バックグラウンドノイズやヒスノイズはありません。もし高品質のサウンド出力が提供されるものに興味があるならば、ディテールとより良好な出力の観点から、この3機種を次のように配列します。

 

  • HiBy R3 Pro> Hidizs AP80 Pro> Shanling Q1

 

 Shanling Q1は、サウンド出力の明瞭度の点で他の2つを下回っていますが、他の2つに比べて非常に低価格です。約$100の価格帯という独自のカテゴリーで考えれば、Shanling Q1は、その価格の面で他のプレーヤーを大幅に上回っています。

 

結論

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_c872f714-9b4d-4629-85cb-1f6f433ce38c_1024x1024.jpg?v=1589118657

 

 まとめると、私たちは言うべきことは次のようなことです。まず$200の価格帯のDAPを購入することを検討している場合、HiBy R3 Proが入手すべき選択肢になります。それはMQAデコードから、優れたビルドクオリティ、バランス接続可能でパワフルな出力、驚くべきバッテリー寿命、そしてストリーミングサービスにいたるまですべてを備えています。100ドル前後のものを探している場合、Shanling Q1はうまく機能し、どちらにせよがっかりさせられることはありません。

 

 

  • 元記事の公開日:2020/05/10
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事