audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】SONY WF-1000XM3:解体新書

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事 

hifigo.com

 

SONY WF-1000XM3:解体新書

 2017年、ソニーは最初のTWS、つまり完全ワイヤレスBluetoothイヤホンであるWF-1000Xをリリースしました。これは見た目から「ノイズリダクション・ビーン(豆型ノイキャンイヤホン)」と呼ばれています。 第一世代の「ノイズリダクション・ビーン」は、ソニーのヘッドセット(WH-1000XM3)やイヤホン(WI-1000X)のように非常に人気を博すことはできませんでしたが、ソニーはその後、WF-SP700NWF-SP900やその他のスポーツモデルといったTWSで多くの経験を積みました。

 WH-1000XM3は、ソニーのフラグシップノイズキャンセリングヘッドホンです。 最新のWF-1000XM3はこのモデル番号に従います。この機種がフラグシップモデルと同じ命名規則に従っていることは、この機種へのソニーの期待が高いことがわかります。

 「ノイズリダクション・ビーン」の最初の世代が2年前に発売されて以来、ソニーはTWSイヤホンのノイズリダクションテクノロジーに専念してきました。 数世代後、WF-1000XM3は世界中で歓迎されています。

 

 この記事では、詳細な分解に基づいた分析レポートをお届けし、ソニーがWF-1000XM3に適用したテクノロジーを確認してみたいと思います。

 

Sony WF-1000XM3のパッケージ

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_1_-inpainted_large.jpg?v=1564459241

 

ソニーのおなじみの雰囲気と個性が詰まった箱
SONYブランドロゴと製品モデルWF-1000XM3

 バッテリー駆動時間、Bluetoothアイコン、およびノイズキャンセリングがパッケージ下部に印刷されています。 ボックスの上部には、実店舗の棚に簡単に陳列できるフックが付いています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_83_-inpainted_1d5a24e8-2779-4161-875d-41bb20ffc3d9_large.jpg?v=1564459250

 

 SONY WF-1000XM3ボックスの背面には、実際の製品ショットが掲載されています。 製品の機能はそれぞれ英語と中国語で説明されています。 内蔵のHDノイズリダクションプロセッサQN1eは、HD Voiceハンズフリー通話をサポートし、USB Type-Cケーブルが付属しています。

 

  • 10分の充電で90分の再生
  • ノイズキャンセルモードで6時間のバッテリー駆動時間
  • 充電ボックスは24時間以上の追加の駆動時間を提供できます
  •  NFC接続をサポートしています

 パッケージで言及されているDSEE HXは、SONYデジタルサウンドエンハンスメントエンジンの略であり、高周波信号の損失とデジタルオーディオ圧縮を補正し、高解像度に近い高品質のサウンドを提供します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_3_large.jpg?v=1564459270

 

 説明書は内部の段ボールに印刷されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_2_large.jpg?v=1564459264

 

 イヤホンと充電ボックスは静かに収められています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_4_large.jpg?v=1564459274

 

 さらに、6セットのイヤーピースが含まれています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_5_large.jpg?v=1564459278

 

 USB Type-C充電ケーブル。USB-AとUSB-Cにつながっています。ケーブル長は約20cmです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_6_large.jpg?v=1564459282

 

 ブリスターパッケージの中には2つの材質のイヤーピースが組み合わせて収められており、ロングブレンドシリコンイヤーチップ(XS、S、M、L x 2)、3つの快適なイヤーチップ(S、M、Lx 2)があります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_7_large.jpg?v=1564459285

 

 充電ボックス前面の拡大図。ここにはSONYのアイコンはありません。

 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_8_large.jpg?v=1564459290

 

 充電ボックスの背面とUSB Type-C充電ポートです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_9_large.jpg?v=1564459293

 

 USB Type-C充電ポートです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_10_large.jpg?v=1564459300

 

 SONYのロゴは充電ボックスの上部にあります。 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_11_large.jpg?v=1564459304

 

 SONY WF-1000XM3を携帯電話用の充電器で充電すると、パラメーターは5.019V、0.337A、および1.69Wです。Chargerlab POWER-Zポータブル電流電圧計で計測しました。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_12_large.jpg?v=1564459309

 

 イヤホンを充電ケースに入れ、カバーを開き、イヤホンを静かに中に入れます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_13_large.jpg?v=1564459314

 

 ここで赤い装飾部分は、後で詳しく説明するライトガイドカラムです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_14_large.jpg?v=1564459318

 

 このNFCロゴは、SONY WF-1000XM3がNFC接続をサポートしていることを示しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_15_large.jpg?v=1564459321

 

 イヤホン充電ボックスのカバーにレーザーエッチングで製品情報が記載されています。WF-1000XM3モデル、ソニー製、マレーシア製、5V入力などといった情報が記載されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_16_large.jpg?v=1564459511

 

 SONY WF-1000XM3を暗い場所に置くと、インジケーターライトの動作ステータスが表示され、イヤホンと充電ボックスがわずかにオレンジ色のライトで点灯しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_17_large.jpg?v=1564459515

 

 箱からイヤホンを取り出すと、LとRの位置を表す色違いのヒント、突起状金具、マグネットが見えます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_18_large.jpg?v=1564459519

 

 イヤホンの充電やケースとイヤホンとの通信には、3つの突起状金具が使用されます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_19_large.jpg?v=1564459522

 

 充電ボックスの出力は5V 120mAで、イヤホンに電力を供給するために使用されます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_20_-inpainted-inpainted_large.jpg?v=1564459526

 

 2つのイヤホンは対称デザインになっており、外部タッチ領域があります。 Sony WF-1000XM3は、デュアル伝送と低遅延をサポートしています。 最新のBluetoothチップは、サウンド信号を左右のイヤホンのドライバーに同時に送信し、遅延を減らし、安定したBluetooth接続と高品質のリスニングエクスペリエンスを提供してくれます。

 

 WF-1000XM3は、装着感に合わせて大幅に最適化されており、より快適でしっかりと装着できます。 ロングシリコンイヤーチップの4つのペアと、ノイズキャンセレーションと快適な装着感を向上させるために付属する3ペアの快適なイヤーチップから、適切なペアを選択できます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_21_large.jpg?v=1564459529

 

 イヤホンには、左右のロゴ、隆起、カラーがあり、区別しやすいようになっています。 高摩擦のゴム表面により、ノイズキャンセリングイヤホンはぴったりと耳にしっかりと固定され、不意に外れることがありません。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_22_large.jpg?v=1564459534

 

 3つの充電用の接点があります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_23_large.jpg?v=1564459537

 

 穴はノイズリダクションマイクです。 右側はタッチボタンです。 指先でタップして曲を切り替えたり、ノイズ低減モードを調整したり、応答したり、電話を切ったりできます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_24_large.jpg?v=1564459540

 

 青いインジケータライト。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_25_large.jpg?v=1564459542

 

 黒い部分の下はセンサーが収められています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_26_large.jpg?v=1564459548

 

 防塵カバーです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_27_large.jpg?v=1564459663

 

 イヤホンコンジットのルートにある圧力解放用のベント穴です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_28_large.jpg?v=1564459667

 

 イヤホンの前面と背面にはデュアルマイクが装備されており、航空機の騒音、都市の交通騒音、オフィスの会話など、さまざまな周波数帯域の周囲の騒音を敏感に捉えます。 デュアルフィードバックマイクのうち、1つはイヤホンの背面にあり、もう1つはイヤーチップの近くにあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_29_large.jpg?v=1564459672

 

  シリコン製のイヤホンカバーです。

 

SONY WF-1000XM3の解体

 最初に充電ボックスから解体しましょう。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_30_-inpainted_large.jpg?v=1564459676

 

 充電ボックスはバックルと両面テープの組み合わせで固定されています。 バックルは充電ボックスカバーの上端にあり、両面テープは充電ボックスの下端にあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_31_large.jpg?v=1564459888

 

 プラスチックフレームには肋骨状のフレームがあり、底にはリチウム電池があります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_32_77b019bb-3d05-4d30-b541-1114265ccf7a_large.jpg?v=1564459890

 

 インジケータライトガイドは、充電ボックスの前面と背面を貫通しています。 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_33_-inpainted_46ae8b68-89ef-4964-9bb1-278f9a6d9626_large.jpg?v=1564459895

 

 マザーボードとバッテリーを取り外します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_34_75aff3ec-e71c-4966-aee1-05619548c244_large.jpg?v=1564459899

 

 充電ボックスの内枠は3つのパーツで構成されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_35_7e56baeb-caff-4e86-b48e-dbcb7af6d5a1_large.jpg?v=1564459902

 

 カバーを外すと、両端に充電接点サブプレートと位置固定マグネットが見つかります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_36_large.jpg?v=1564459904

 

 位置固定マグネットのクローズアップを備えた3ピン充電接点。サブプレートとマグネットは、構造フレームを介してネジで固定されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_37_large.jpg?v=1564459907

 

 保護部品付きの金メッキの突起状金具。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_38_large.jpg?v=1564460087

 

突起状金具のクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_39_large.jpg?v=1564460089

 

 カバーの開放を検知するためのホールチップ。 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_40_large.jpg?v=1564460091

 

 ホールチップのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_41_large.jpg?v=1564460099

 

 充電ボックス内の回路基板。 リチウム電池のプラスとマイナスのコードは、回路基板に直接はんだ付けされています。 USB Type-Cコネクタは、安全で信頼性の高いスルーホールではんだ付けされています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_42_large.jpg?v=1564460111

 

 充電ボックスに内蔵14500リチウムバッテリー直径14mm、長さ50mmで、容量は700mAh / 2.59Whです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_43_large.jpg?v=1564465151

 

 バッテリーはコードと番号が刻印され、C54837305571です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_44_large.jpg?v=1564465156

 

 バッテリーの保護チップ。チップは密封されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_45_large.jpg?v=1564465170

 

 ヒューズと過電圧保護チューブ。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_47_large.jpg?v=1564465180

 

 シルクスクリーンCJZを搭載したチップは、イヤホンの充電電流制限と短絡保護用のTIのTPS2553です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/206c923f67772d74cfe4f83d1d01c070_grande.jpeg?v=1564628806

 

 TPS2553の詳細情報。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_47_large.jpg?v=1564465180

 

 小さなチップはMaxim MAX8696で、内蔵バッテリーをブーストしてイヤホンを充電するために使用されます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_grande.jpeg?v=1564628811

 

 MAX8696の詳細情報です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_48_large.jpg?v=1564465187

 

 MX77734超低電力パワーマネジメントチップです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_grande.jpeg?v=1564628819

 

 MX77734の詳細情報です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_49_large.jpg?v=1564465192

 

 MCUに電力を供給する電圧安定器。

 

 接続および充電ボックス制御用のフリースケールチップ、モデルMKL27Z64VFM4。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/20190725195259_grande.png?v=1564628823

 

 Freescale MKL27Z64VFM4の詳細情報です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_51_large.jpg?v=1564465205

 

 充電ボックスは分解し尽くしました。 フル充電では、イヤホンは6時間の電力を供給でき、便利な充電ケースはさらに3倍の充電を提供して、1日中使用し続けることができます。 つまり、最大24時間のノイズのないリスニングです。ノイズキャンセリングがオフの場合はさらに長くなります。フル充電で8時間の電力が供給され、さらに充電ケースから3倍の充電が行われるため、最大32時間の再生が可能です。

 

 次はイヤホンを分解してみましょう。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_52_large.jpg?v=1564465209

 

 イヤホンのトップカバーはバックルで固定されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_53_large.jpg?v=1564465213

 

 イヤホンのカバーの内側の上の大きな円はタッチ位置、中央の黒いフォームはノイズ低減マイクのピックアップ穴です。 真ん中には防音マイクに対応した防塵ステッカーがあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_54_large.jpg?v=1564465223

 

 Sony WF-1000XM3は、大きなプラスチック製のフレームの周りにBlueToothアンテナを備えた、より大きなアンテナを使用しています。 イヤホンの中央にはノイズ低減マイクがあり、黒いプラスチックの外側には金属化されたBluetoothアンテナがあり、信号品質を効果的に保証できます。 ヘッドフォンのBluetooth®アンテナの配置は、より広いカバレッジを確保するために最適化されています。 これにより、ストリーミングを中断することなく信号を強く保つことができます。 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_55_large.jpg?v=1564465230

 

 バッテリーはアンテナフレームの内側に固定されており、バッテリーの側面から伸びている金属片はマイナス接点です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_56_large.jpg?v=1564465235

 

  2つのイヤホンのレイアウトはほぼ同じで、対称的に配置されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_57_large.jpg?v=1564465242

 

 ノイズリダクションマイクのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_58_large.jpg?v=1564465249

 

 イヤホン内にある電池はボタン電池のように見えますが、実際には充電式のリチウム電池です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_59_large.jpg?v=1564465256

 

 SONY WF-1000XM3イヤホンは、ドイツ製の3.7V、0.2WhのVARTA Valta CP1254リチウム電池を備えています。 コインに比べるととても小さいです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_60_large.jpg?v=1564465262

 

 上の画像の中央にある円形の金の接点は、延長された金属片と接触しているバッテリーの負の接点です。ボードの上には、バッテリー保護チップ、Bluetoothレシーバーチップ、およびインジケータライトがあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_61_large.jpg?v=1564465275

 

 画像の円形の金の接点はバッテリーのプラスの接点であり、バッテリーと直接接触しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_62_large.jpg?v=1564465283

 

 このボードの裏側は充電端子です。 

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_63_large.jpg?v=1564465575

 

 イヤホンの主な制御回路と1人民元のコインを比べてみました。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_64_large.jpg?v=1564465580

 

 分解後の内部構造と回路です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_65_large.jpg?v=1564465586

 

 赤外線距離センサーのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_66_large.jpg?v=1564465599

 

 イヤホンのフレキシブル回路基板のクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_67_large.jpg?v=1564465609

 

 イヤホンとノイズキャンセルマイク。 最適化された6mmダイナミックドライバーを備えたSony WF-1000XM3は、パンチのある低音と透き通った高音で、リッチでクリーンなサウンドを実現します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_68_large.jpg?v=1564465614

 

 上の方にある大きなチップは、SONY独自のHDノイズリダクションプロセッサーQN1eです。 機能性の高いHDノイズキャンセリングプロセッサーQN1eは、デジタルノイズキャンセリング、24bitオーディオ信号処理、およびデジタルアナログコンバーターとヘッドホンアンプを組み合わせています。その結果どうなるかって?歪みの少ない素晴らしいサウンドが出力されます。


 Sony Headphones Connectアプリを使用すると、アプリを通じてノイズ低減レベル(合計20レベル)を手動で調整して、パーソナライズされたノイズ低減エクスペリエンスを実現することができます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_69_large.jpg?v=1564465619

 

 イヤホンのFPCベースのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_70_large.jpg?v=1564465627

 

 D3781835と番号が付けられたチップは、SONY独自のノイズ低減チップです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_71_large.jpg?v=1564465631

 

 310819078266Cチップのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_72_large.jpg?v=1564465638

 

 PK付きチップのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_73_large.jpg?v=1564465645

 

 E4MWチップのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_74_large.jpg?v=1564465650

 

 イヤホンボードにはメインコントロールチップ、メモリー、LEDインジケーターなどがあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_75_large.jpg?v=1564465803

 

 充電端子の下には、上部端子に対応する3つのメタルドームがあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_76_large.jpg?v=1564465808

 

 バッテリー保護チップです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_77_large.jpg?v=1564465814

 

 マルチカラーLEDインジケーターのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_78_large.jpg?v=1564465820

 

 Q128FWYはメモリチップです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_79_large.jpg?v=1564465827

 

 マザーボード上の水晶発振器などのコンポーネントのクローズアップ写真。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_80_large.jpg?v=1564465833

 

 Sony WF-1000XM3はMTK(MT)プラットフォームソリューションを採用しています。 このチップには、MCSync TWSデュアルイシューBluetooth送信メカニズムが搭載されており、マスタースレーブインターチェンジのシームレスな接続エクスペリエンスをサポートし、Bluetooth 5.0、超低消費電力、Google Bisto Voice Assistantをサポートしています。

 

 MT2811は、AirohaのAB155xプラットフォームシリーズの高性能チップであると報告されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_81_large.jpg?v=1564465838

 

 シールドされたMTK MT6388P電源管理チップ。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Sony_TWS_82_large.jpg?v=1564465843

 

 イヤホン全体は、PCB回路基板上のコンポーネントを除いて、数十のコンポーネントで構成されています。 ソニーのエンジニアの独創的なデザインのおかげで、各モジュールは簡単に締め付けて組み立てることができます。分解後、損傷することなく使用できるように復元できます。

 

「SONY WF-1000XM3:解体新書」まとめ
DSEE HXによる高解像度デジタル音楽

 デジタルサウンドエンハンスメントエンジンHX(DSEE HX™)は、圧縮されたデジタル音楽ファイルをアップスケールし、高解像度オーディオの品質に近づけます。

 

新しいBluetooth®チップによる優れたリスニング

 新しく開発されたBluetooth®チップは、片方の耳からもう片方の耳への音に頼るのではなく、左耳と右耳に同時に音を送信して、卓越したリスニング体験を実現します。

 

人間工学に基づいたトライホールド構造 

 このノイズキャンセリングイヤホンは、人間工学的に設計されており、耳の3つの異なるポイントに接触して、安全で快適な装着感を実現します。

 

 初代「ノイズリダクション・ビーン」の発売から2年が経ち、技術は大きく進歩しました。 チッププロセスの改善、Bluetooth 5.0の普及、デュアルマイクなど、SONY独自のノイズ低減テクノロジー、ソフトウェア、ハードウェア、テクノロジー、アートと組み合わせて、新世代の「ノイズリダクション・ビーン」WF-1000XM3が利用可能になりました。

 これまで、ソニーのノイズキャンセリングヘッドフォンファミリーには、最終的にヘッドマウント型、ネックマウント型、そして最も難しいTWSが含まれていました。 ソニーWF-1000XM3はWH-1000XM3、WI-1000Xのように非常な好評を博することができるでしょうか?もうしばらく眺めてみましょう。

 

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

 

 

  • 元記事の公開日:2019/08/01
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事