audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Dunu DM380:ハイブリッドサウンド

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

Dunu DM380

Dunu DM380

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com


Dunu DM380:ハイブリッドサウンド

 近年、Chi-Fi(中国のHi-Fi)ブームについてよく耳にするようになりました。 Dunuは、音質に大きな重点を置いた最初の中国製ブランドの1つです。 その製品のほとんどはさまざまなブランドのODMであったため、Dunuは舵を取り、独自の自社製品の生産に踏み切りました。 Dunuには、高価な製品だけでなく、手頃な価格で高品質のサウンドを提供する独自のヘッドホンラインがあります。

 

DUNU DM380について

 Dunu DM380は、トリプルダイナミックドライバー構成のイヤホンです。リニアレイアウトドライバー設計により、ドライバー間の干渉を効果的に抑えて最小限にし、明瞭性の高いサウンドパフォーマンスを提供します。

 これは同社製品の中では廉価なモデルになりますが、驚くほどの構成を備えています。直径の異なる3つのダイナミックエミッターが使用されており、直径5mmの2つのエミッターが中域と高域を担当し、独立した6mmスピーカーが低域を担当します*1

 

付属品

 過去にレビューしてきた他のDunu製イヤホンと同じように、DM-380の付属品に関しては失望することはありません。必要なすべてのアクセサリが揃っています。単なる後付けとして放り込まれているわけではなく、付属品はそれ自体高品質であり、パッケージ全体を本当に良好にしています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/83ed822dc0_grande.jpg?v=1570527593

 

 箱はどこから見ても可愛らしい、厚手の段ボールでできています。箱は高価で作りも良いです。Dunuは今までずっとパッケージと配送の方式に多くの配慮を振り向けてきました。DM-380イヤホンにおいても、その水準が維持されました。Hi-Res認定ロゴの付いた厚手の段ボール箱は、きちんと折りたたまれたイヤホンとその下にあるケースを隠し、最も完璧な状態での自然なリスニング体験を保証してくれます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/0143708b3d_grande.jpg?v=1570527600

 

 カバーの下には詳細な説明があります。特性、説明、さまざまなリンクが説明されています。DM-380イヤホンの信頼性を確認するには、保護層を消去し、会社の公式Webサイトで認証コードを走らせてチェックする必要があります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/b3575d7ba9_grande.jpg?v=1570527605

 

 箱の裏には仕様、認証などに関するさまざまな情報が印刷されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/6f1c6e71a2_grande.jpg?v=1570527609

 

このボックスには、次のアイテムが含まれています。

  • Dunu DM-380本体
  • 交換可能なイヤーピースx2
  • キャリイングケース
  • 保証書

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/169549763e_grande.jpg?v=1570527621

 

 ロシアでDunu DM-380を購入すると、12か月の保証が提供されます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/ddac8eee31_grande.jpg?v=1570527637

 

 キャリイングケースの内側には柔らかいベルベット素材が使われており、十分なスペースがあり、丁寧にステッチされています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/5f55642e9b_grande.jpg?v=1570527641

 

 文句のつけようのない、高品質で手触りの良いケースです。箱出直後は、ほんの少し接着剤が強く匂います。1ボタンで止められる構造になっていますカバーは良質な人工皮革で作られており、片側にはDunuのロゴがあります。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/8df451f83b_grande.jpg?v=1570527646

 

 イヤーピースの快適なフィット感は、遮音性を向上させてくれます。3サイズの交換可能なイヤーピースにより、ユーザーは理想的なサイズとサウンドで音楽を聴くことができます。もちろん、製造側があえて妥協せず、あらゆるものを詰め込んだTitan5のような構成ではありませんが、必要なものはすべて揃っています。ケーブルクリップもありませんが、この機種には必要ありません。

 

外観

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1b21668075_grande.jpg?v=1570527654

 

 イヤーフックつきではありますが、ケーブルには少しタッチノイズがあります。歩いているときに再生楽曲を一時停止するだけで、軽くたたくような衣擦れの音がします。高品質の無酸素銅ケーブル(銀メッキ OFC)が使用されていて、ケーブルは透明なシリコン編組で覆われています。形状記憶効果はなく、ケーブルはねじれてもそのままになりません。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/acc5820614_grande.jpg?v=1570527657

 

 DM380イヤホンのプラグはストレートタイプで金色をしており、パッケージ内ではプラスチック製のキャップが取り付けられています。 金属部分にギザギザがあり、指がまったく滑りません。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/15f7c3d2db_grande.jpg?v=1570527661

 

 ケーブルを左右に分けるスプリッター部分はプラグと同じ金属とプラスチックのスタイルで作られています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/f6fe14ffad_grande.jpg?v=1570534719

 

 DM-380は、通話と再生のリモートコントロールがあり、ミュート機能付きのHDマイクも搭載しているので、日常使用に最適です。

 

 コントロールユニットは金属製で、3つのボタンから構成されています。プラスチック製の底側のボタンがケースから目立って突き出ており、目で見なくても1か、2つかがわかります。

 

 操作方法に関しては、中央のボタンにはいくつかの機能が割り当てられており(一時停止と再生、通話への応答、ダブルクリックでトラック送り)、サイドボタンは音量調整になっています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/970bf5db29_grande.jpg?v=1570527679

 

 DM-380のイヤーフックは非常に柔らかく快適で、耳から外れたり、動いたりしません。最近、耳の裏側にケーブルを通す耳掛けの装着法について否定的なコメントをよく読みますが、正直なところ、その意見を理解はできませんが、たしかに、私はそれが好きではなく、古典的なケーブル直垂らしの装着法のイヤホンを購入し使っています。Dunuにもそのような直垂らしの装着法を採用しているモデルがあります。たとえば、Titan 1DN12…など多数あります。

 密着性に注意を向けましょう。そう密着性を考えれば……イヤーフックタイプかどうかは本質的に装飾の要素であり、そしてこのモデルのケーブルはよく固定されています!

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/0744125012_grande.jpg?v=1570527675

 

  DM-380のデザインは、Dunuの初期モデルの見た目とは異なります。筐体は金属とプラスチックでできています。プラスチックを通して3つのラジエーターが見えます。 ベント穴がケーブル接続部の近くに1つ開けられています。当然のこととして、LRマーキングが施されており、当然、サウンドガイドには突起が設けられ、当然、サウンドガイドは金属メッシュで覆われています。すべてが古典的に造型されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/508aae5345_grande.jpg?v=1570527671

 

 サウンドガイドのノズルは一般的な長さです。その長さは充分と言えましょう。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/970bf5db29_grande.jpg?v=1570527679

 

 DM-380の前面はすべて金属製になっています。Dunuのロゴ付きの白い丸いインサートパーツが接着されています。

 

音質

 基本を確認すると、16khzに主張がありますが、それは鋭い切れ目ではありません。 グラフでは、10キロヘルツ手前の低下も確認できます。 一般的に、イヤホンは40khzまでの周波数スペクトルを再生し、それに対応する機種はハイレゾ品質に相当しますが、Dunuは可聴域外のその部分を強調する「本当の」特性グラフを示しています。残念ながら、測定に使われたRMAA(RightMark Audio Analyzer)ソフトウェアでは「オクターブスムージング」パラメーターの変更が許可されていないため、グラフはより滑らかで「1/6」の値に近くなっています。しかし、このグラフにはすべてが明白にされており、次のようなV字の周波数応答のイヤホンであることが分かります。

 標準のイヤーピースを交換することに決めた理由の1つはフィット感でした。標準のイヤーピースでは、特に左耳でイヤホン本体を押しても深く差し込むことができませんでした。そのせいでイヤホンは少しぶら下がっているように感じられ、落下することさえありました。しかし、blue tipsは状況を修正し、外耳道の奥深くまでボディを押し込むことができ、遮音性は著しく改善されました。

 

音源:Burson Audio Playmate、Aune S6 Pro、Activo CT10、あるいは外部の据え置き機器に接続すると、すばらしいサウンドが得られます。

音質特徴:V字型のカーブで、低域が顕著に強調されています。

 

中域の周波数に見られる小さな閉塞は、中域でのボリュームの損失にほとんど関係しません。一部の楽器や男性のボーカルがわずかに遠ざかる感じしかありませんでした。 グラフを見ると、Dunu DM-380は耳障りなサウンドに聞こえると思うかもしれませんが、違います。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/bd7eff9424_grande.png?v=1570527682

 

 DM380の高域は低い方へ押し下げられますが、完全に聞き取りやすく、非常に詳細に聴き分けることができます。安価なハイブリッド機種であるのに反して、このイヤホンの高音域の「シャープネス」と「不純物」はすべて「飲み込まれ」、適切な分離とディテールを備えたリアルでソフトな、快適性の高い高音が得られます。多くのイヤホンと比べると、たしかに、たとえば周波数範囲のこの部分をカットしているShozy V33 Proでもなく、高周波数を際立たせているTin Audio T2 / T3とも異なります。

 以前のレビューでは、低品質の録音を聴いた際、高域で特定の流動性や不純物が再生され、一部のイヤホンの安価なエミッターについて不満を漏らしたことがあります。DM-380では、すべてが完全に異なっており、疑わしい録音に耐え、低品質のトラックに色合いを付けようとします。連続していろいろな音楽を聴きたい場合、イヤーピースの交換はお勧めしません。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/6f9e6d8028_grande.jpg?v=1570536550

 

 音質は自然で正確ですが、それでも高品質ではありません。幅と奥行きは平均的です。また、周波数範囲全体にわたってわずかな「ぼやけ」が見られますが、ダイナミックエミッターがよく処理しています。中域は濃く滲んでいますが、充分に考慮に値します。ディテール的には非常に優れた中域ではありません。低音はアクセントが付けられ、わずかに滑らかになります。低域の中央部分が強調されています。低音に満ちているとは言うほどではなく、このモデルは低音好き向きではありませんが、一般に、量的には低音部全体が際立っています。

 Dunu DM-380は、ポップス、エレクトロニカ、トロピカルハウスなど、現代の音楽を聴くのに理想的です。 古いクラシックロック、ジャズブルース、レゲエサウンドにも最適です。

 

総評

総評:このイヤホンはクールで汎用性があり、一般に悪くありません。 中域が飽和していることに注意してください。ここはおそらく新製品のアピールポイントです。

美点
  • ビルドクオリティ
  • とても良好で音楽的な中域
  • 快適でありながら詳細な高音(サードパーティ製イヤーピース使用時)
  • 愛らしいケース
  • 信頼性の高いケーブル
 欠点
  • リケーブル不可能

 

 標準のイヤーピースは、高域音を滑らかにします。これはマイナスではなく、むしろつまらない粗探しで、キットのイヤーピースノズルを追加してほしいと思いました。

 しかし追加が必要なのはそれだけです。この製品の価格($60 USD)の他のイヤホンと比較しましたが、Dunu DM380の価値は非常に高く思えます。

 

  • 元記事の公開日:2019/10/11
  • 著者:Candice Song

 

Dunu DM380

Dunu DM380

DUNU DM380 Titanium Diaphragm Triple Dynamic Hi-Res in-ear earphones

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:元記事では6mm×2で中域と低域を、5mm×1で高域を担当しているように記載されていますが修正致しました。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事