audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU Luna:ベリリウムIEMがもたらす異次元の音楽体験!!

ヘッドライン

DUNU Luna

DUNU Luna

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

 

DUNU Luna:ベリリウムIEMがもたらす異次元の音楽体験!!

 私たちは皆、DUNUを精巧なIEMを製造する中国ブランドとして理解しています。このブランドはオーディオファンコミュニティに向けて、素晴らしいIEMを製造してきました。DUNU DK-4001DK-3001 Proは、この有名なマルチドライバーハイブリッドIEMの列に加わっています。しかし、テクノロジーが万能に発展するにつれて、人々はコミュニティでのさらなるイノベーションを期待しています。ベリリウムでコーティングされたドライバーユニットを備えた多くのダイナミックドライバーIEMが知られていますが、目下のところ、コミュニティでは、完全にベリリウムで作られたIEMが日の目を見るかどうかを問うていました。そして、DUNUが世界初の純粋なベリリウムIEMであるDUNU LUNAを紹介したのはまさに今このときです。

 

DUNU Luna

 

  Dunu Lunaは世界初の純粋なベリリウム製のIEMです。そうです。ドライバーだけでなく、イヤホンのハウジングも純粋なベリリウム素材でできています*1。このフラッグシップイヤホンのデザインは最初の月面着陸を意味し、フェースプレートの表面には月のデザインがあります。ベリリウムは非常に希少で高価な材料です。それは非常に軽量で剛性があり、非常に軽量でありながら、強力で頑丈な構造をイヤホンに提供します。 材料は非常に高い内部減衰を持ち、周波数範囲全体でフラットでリニアな応答をもたらし、ローエンドで大きな伸びを提供します。完全なベリリウム製のIEMは、驚くほど風通しの良いステージ表現で、並外れた明瞭性をサウンドにもたらします。

 

 このたび、Dunu Lunaのユニットを手に入れました。パッケージを開梱して、第一印象を皆さんにご報告したいと思います。 しかし、レビューを始める前に、こちらのストアページからこの素晴らしいイヤホンを買うことができるということをお伝えいたします。

 

パッケージ

DUNU Luna

DUNU Luna

 

  フラッグシップイヤホンであるならば、当然パッケージングも優れているはずです。そして、Dunu Lunaのパッケージを見るだけで、非常によくデザインされたシンプルなパッケージであることに気付くでしょう。それは、正面にDunu Lunaのブランドロゴが印刷された、完全な黒のパッケージです。一番上の段ボールを取り除き、メインの梱包箱を引き出すと、「Presented by Dunu」と書かれています。

 内部には、IEMとその他のアクセサリが多層に分けられて配置されており、最上層には、Duna Lunaイヤホンの美しい本体と、その下にステンレス鋼の刻印が施されたLunaのブランドロゴが収められています。鋼板にはルナのユニットのユニット番号が刻まれています。この層の下にある2番目の層には、古河製の純単結晶銅とDHC純銀の混合材料で構成されるバンドルされたモジュラープラグデザインケーブルがあります。ここには4つのモジュラープラグがあり、3.5mmシングルエンドから4.4mmバランスまで、パッケージにあらゆるプラグが入っています。そして青色のシリコン製イヤーピースが4ペア収められています。これより下の層では、イヤホンを持ち運ぶためのDunuロゴつきキャリーケースが用意されています。ブランドのcp100に相当する3ペアのスピンフィットイヤーピースがあり、さらに3組のシリコン製の黒色イヤーピースが入手できます。また、ラップトップやPCに接続するためのUSBアダプター付きのUSB Type Cドングルも入手できます。ドングルは、優れた音質と良好なノイズフロア制御を提供します。この層の下には、プレーヤーと一緒にIEMを簡単に運ぶことができる革のジッパーケースがあり、Cayin N8を運ぶのに十分なスペースがあります。

 

DUNU Luna

DUNU Luna

 

 全体的に、パッケージとアクセサリーはユーザーに豪華で贅沢な感触を提供してくれます。 このイヤホンは充分にプレミアムなパッケージ構成となっており、確かにフラッグシップレベルに値するものと言えるでしょう。

 

工作精度

DUNU Luna

 

 Dunuが50年前の月面着陸を顕彰するためにLunaを捧げたと宣伝しているとおり、Lunaの全体的なデザインとビルドはそれを表現しています。 Dunu Lunaは、円形の凹面のフェースプレートデザインで設計されています。これは、各月の満ち欠けで月面の変化するアルベドを物理的に表現したもののように見えます。イヤホンシェルの内側のファセット(切り子面)は明確な線形プロポーションを保持し、月の表面の地形に似た自然な輪郭を作成します。 IEMは純粋なベリリウム材料で構成されているため、非常に軽量です。本当に強固で頑丈な感触があります。そして、これほどまでコンパクトなフォームファクターを持ち、軽量であるので、ユーザーに快適でしっかりとしたフィットを提供します。イヤホンを除いて、パッケージに含まれる他のすべてのアクセサリも適切に構築されており、イヤホンの豊かなフォームファクタに追加されます。レザージッパーケースにDAPを付けてIEMを簡単に持ち運びできます。モジュラーケーブル設計により、市場に出回っているすべてのプレーヤーとイヤホンを簡単につなげて使用できます。 3.5mmシングルエンド、3.5mm Pro(3.5mmバランスプラグ)、2.5mmバランスプラグ、4.4mmバランスプラグの4つのモジュラープラグが付属しています。

 

音質

DUNU Luna

DUNU Luna

 

 さて、この逸品の魅惑的な印象を表すには言葉が足りません。イヤホンは非常に素晴らしいサウンドを持っています。レファレンスレベルのスタジオサウンドを感じさせます。イヤホンは、クリーンで深みがあり、素早い、強烈な低域レスポンスを持っています。 EDMの曲は、生き生きとしたサウンドで、クリーンなレスポンスと素晴らしい深みを備えた、きめ細かいベースがあります。

 ボーカルは自然でしっとりとした感じがしました。ジョン・メイヤー、サラ・バレリス、ダミアン・ライスのような曲を聴くと素晴らしいサウンドがあります。ボーカリストの感情を感じることができました。

 アコースティックのディテールは美しく表現され、ボイス・アベニューのカバーセッションのアコースティックギターは際立っており、生き生きと感じます。高域では非常に滑らかでディテールがあり、自然な音色と詳細な表現で音楽のマイクロディテールさえも美しく再現します。

 音場は非常に風通しがよく、幅が広く、素晴らしい楽器を生み出します。ステージは立体感があり、広く、奥行き感があります。私たちの意見では、Dunu Lunaで音楽を聴くことは、他のフラッグシップとは非常に異なる体験です。

 このIEMはあらゆるジャンルの音楽に適しています。ハードウェル、アーミン・ヴァン・ブーレンによるEDMをいくつか聴き、リンキン・パークの曲や前に述べたいくつかのボーカル曲などを演奏させてみました。そして、私たちのおのおの一人ひとりがLunaを愛してしまいました。

 LUNAは明確に、あらゆる音を提供する方法でサウンドを表現します。バランスが取れてナチュラルであり、素晴らしいクリーンな低域、美しいボーカルを備えたナチュラルなサウンドの中域、そしてその詳細な高域は言うまでもありません。

 

DUNU Luna

 

 全体を通して最終的に私たちが言いたいのは、Dunu Lunaがすべての領域において成功しているということだけです。 外観、パッケージング、またはその卓越した音質にかかわらず。 Lunaはそのフラッグシップに値するすべてを提供し、誰もが確実に愛する並外れた体験をユーザーに提供します。

 

 私たちのインプレッションを気に入ってくださり、このイヤホンがあなたのサウンドの好みに合うと思うなら、あなたはこちらのストアページでイヤホンを注文することができます。

 

DUNU Luna

DUNU Luna

DUNU Luna Pure Beryllium Diaphragm Driver IEM In-ear-monitor

 

  • 元記事の公開日:2020/03/31
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】


【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QoA Mojito:極上の中域、開放的な音場!! - audio-sound @ hatena
中国はオーディオ機器製造ブランドの数においては最大を誇っています。そしてそれにも関わらず今なお、日々いくつかの新しいブランドが勃興し、素晴らしい製品をリリースするのを目にすることができます。今回はQueen of Audioという名前のブランドの製品を手に入れました。通称QOAです。QOAは、世界中で話題となっているIEMの多く取りそろえた豊富な製品群でオーディオファンの間で広く知られているブランドであるKineraの姉妹ブランドです。QOAというブランドは、ソフィーとユーコという姉妹によって始められました。そうです。このブランドは2人の女性によって設立されたということは、つまり、女性によって設立された数少ないIEM製造ブランドの1つかもしれません。 これまでに、このブランドは2つのIEM、QOA Pink LadyとQOA Mojitoをリリースしています。 Pink Ladyは昨年後半に登場し、コスパの良さで世界中の多数のレビュアーから注目を集めました。QOA Mojitoは、ごく最近リリースされたばかりの新しいIEMです。 現在の価格は400ドルで、ミドルレンジ帯のIEMとなっています。 数日前にMoondrop Blessing 2と一緒にQOA Mojitoのユニットを手に入れました。このユニットをここ数日間使用してきましたが、今日はそのレビューを皆さんにご報告致します。
 

*1:元記事「The Dunu Luna is the world’s first pure beryllium made IEM, yes not only the driver but also the ear shells are made up of pure Beryllium material. 」のまま。しかし、Dunu Lunaのハウジングはチタン製と思われますので、この点は元記事著者の勘違いのように思われます。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事