audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【HiFiGOガイド】デスクトップDAC「Topping E30 II」の6つのアップグレードポイント:Topping E30との比較

ヘッドライン
icon icon icon
icon

Topping E30 II

Topping E30 II

 

 

先日、Toppingからデスクトップ型オーディオデコーダーの定番「E30」のアップデートが発表されました。  さて、ここでトッピングをご存知の方がほとんどだと思いますが、初めての方のために説明すると、Toppingは主にHiFiオーディオギアのデスクトップセグメントを扱う定評あるオーディオ機器ブランドです。2020年に発売されたE30は、エントリークラスのデスクトップデコーダとして、長らくトップセールスを記録してきました。

 

Toppingは、新世代のE30 IIのためにE30のアーキテクチャを完全に再設計しました。従来のE30ではシングルDACの配置でしたが、最新のE30 IIではデュアルDACのアーキテクチャを搭載しています。E30 IIには他にもいくつかのアップデートがありますが、今日はそれらの変更点について詳しく説明します。それでは、さっそく始めましょう。

 

最新世代のデュアルDACチップを搭載した設計

最新のE30 IIで前モデルから最も大きなアップデートとなるのが、DACチップセットです。最新のE30 IIの心臓部には、最新世代のDACチップ「AK4493S」を2基搭載した「Dual DAC Chipset」が搭載されています。OG E30ではDACにAK4493を1基搭載していた。E30 IIに搭載されたAK4493Sは、ハイレゾ信号のデコードにおいてSNRとDNRの性能が向上したAK4493の新型モデルです。AK4493Sは、ハイレゾ音源のデコードに優れた性能を発揮する32ビットステレオDACです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_84676f93-0c5b-47f2-b5e9-2a7fb9219233.jpg?v=1659214281

 

デジタル入力に「デジタルプロセッシング」を搭載

最新のE30 IIでは、OG E30で採用されたCS8416デジタル入力チップの代わりに、デジタル同軸および光入力用に特別に設計されたデジタルプロセッシング回路を搭載しています。Toppingは、「この専用設計のデジタルプロセッシング回路により、より安定した性能と互換性を実現しました」と述べています。ターンテーブルやブルーレイプレーヤーなど、市販のほとんどの機器と互換性があり、よりクリーンなサウンドを実現します。

 

S/N比とダイナミックレンジの向上による音質改善

デュアルDACチップセットと新デジタルプロセッシング回路の搭載により、オーディオデコード性能を大幅に向上させました。E30 IIは出力性能を大幅に向上させました。SINAD値で4dB、S/N比では3dB、ダイナミックレンジでは4dB向上しています。E30はS/N比とダイナミックレンジですでに高い評価を受けていますが、E30 IIはその性能をさらに向上させ、より優れたサウンドパフォーマンスを実現します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_dcec0024-5225-489a-b3a8-e8030f289168.jpg?v=1659214314

 

バックグラウンドノイズレベルの改善でよりクリーンなパフォーマンスを実現

最新のTopping E30 IIは、ノイズフロアを25%低減し、よりクリーンで鮮明なサウンドパフォーマンスを実現しました。OG E30のバックグラウンドノイズは<2.0uVでしたが、最新のE30 IIでは出力信号のノイズが<1.5uVとなり、よりクリーンな状態を実現しています。

 

ディスクリートLNRD電源回路

E30 IIは、5Vの標準的な電源アダプターを使用して電源を供給することができます。さらに、5V電源のノイズ問題を解決するために、専用設計のディスクリートLNRD(Low-Noise Reference Driver)回路を搭載。5V電源入力によるノイズを除去し、E30 IIのオーディオボード上の様々な部品に安定した電力を供給します。

 

DSDダイレクトモードとMQAに対応

Topping E30 IIは、DSD信号をオーバーサンプリングせずに直接デコードできるDSDダイレクトモードも搭載しています。また、MQAデコードにも対応しています。ここでの最大の特徴は、USB、Optical、Coaxialの3つの入力すべてがMQA信号のデコードに対応していることです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_faa077ab-3ca5-4280-95af-6674f26875df.jpg?v=1659214333

 

まとめ

新開発のAKM製DACチップを搭載したDual DAC Chipsetと、デジタル処理回路のアップグレードにより、前モデルから大幅に性能を向上させた最新のTopping E30 II。さらに、S/N比の向上、ダイナミックレンジの改善、ノイズフロアの低減など、大幅な改善を実現しました。これらのアップデートに伴い、Topping E30 iIは149.00ドルで販売されており、詳細はこちらで確認できます。

 

 

サウンドハウス

人気のワイヤレスイヤホン おすすめランキング

どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事