audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Kinera YH623:つかみ取れ!ワイヤレスの自由を!

ヘッドライン

f:id:kanbun:20200128150241j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

Kinera YH623:つかみ取れ!ワイヤレスの自由を!

 テクノロジーは日々進化しており、これまでイヤホン内部のドライバーの搭載数や、ドライバーやハウジングに使われる材質の高品質化など、多くの発展がありました。

 総じて、音質改善に注意が振り向けられる傾向にありましたが、ここしばらくはワイヤレスのガジェットやアクセサリーの分野で最新の開発が行われています。

 そしてオーディオ業界はこの分野でも後れを取っておりません。

 Bluetoothイヤホンの最前線が拡大してきたのを私たちは目撃してきました。片方の耳から頬までに装着されるモノラルBluetoothイヤホンから始まり、続いて、マイクを備え、首の後ろを通したネックバンド型Bluetoothイヤホンが登場し、それらがさらに進化してきたことも知っています。

 しかし、最新の進化は、「完全ワイヤレスイヤホン(True Wireless Set of Earphones, TWS)」であり、過去1年間で急速に成長してきました。

 先日、世界的な著名イヤホンブランドであるKineraが完全ワイヤレスイヤホンの最新版をリリースしました。

 それがKinera YH623ですが、HiFiGOではこのたび、幸運にもパッケージ確認用のサンプルを手に入れましたので、サウンドインプレッションも含めてお伝えしたいと思います。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/0ff41bd5ad6eddc47c16a0f4935a69f853663356_1024x1024.jpg?v=1579724867

 

 おっとその前に、HiFiGOからこのイヤホンのご購入をご希望であれば、こちらからご用命下さい。

 

 パッケージを開封する前に、Kinera YH623の技術仕様を説明したいと思います。

  • Qualcomm QCC3020 Bluetoothチップ搭載
  • 6mm可動コイルダイナミックドライバーユニット
  • Bluetooth 5.0およびaptX/AACコーデックをサポート
  • IPX5相当の防水性能
  • 左右両方ともモノラルで片耳使用可能
  • 繊細なタッチコントロール

 

パッケージ

 さて、Kineraは、Kinera TYR、Kinera YH623 TWS、およびKinera Nannaを含む最新のラインナップを、似たような外観のパッケージで統一しています。つまり、製品を区別するためにデザインは少しずつ変更されてはいますが、同様の六角形をした段ボールパッケージで発売しました。

 そういうわけで、Kinera YH623でもイヤホンが印象的にデザインされている六角形のパッケージがお目見えし、イヤホン画像はパッケージ前面の約半分を占め、他にはYH623の製品名と完全ワイヤレスイヤホンだということが印字されています。

 また、YH623でサポートされているコーデックであるAAC、aptXをはじめ、いくつかのロゴが前面に印刷されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_ccf95ad0-f4cc-48b8-bb1c-f89ce3bd35e6_1024x1024.jpg?v=1579725009

 

 箱を開けると、Kineraいにょってシンプルにデザインされたカードボードがあり、その下には待望のイヤホンが眠っていて、充電ケースと2ペアのイヤーピースがぴったりと収納されています。実際にはパッケージにイヤーピースは3ペア含まれていますが、充電ケース内のイヤホンにすでに1ペア装着されています。

 さらに下には、充電ケースの充電に使用できるUSB Type-Cケーブルがあります。

 また、イヤホンはとても見栄えが良く、青色のグラデーションは格別で、その青いイヤホンが収納された付属の充電ケースも黒色ですが、ベージュっぽい色味を持っていて、イヤホンと良くマッチした色合いです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/7_86776574-2882-4b78-8809-31925b7e2b10_1024x1024.jpg?v=1579725038

 

 イヤホンは人間工学に基づいて作られており、ボディ全体に青色のグラデーションがかけられ、フェースプレートにはKineraのロゴが印刷されており、大抵の人の外耳道のサイズなら、耳に深く押し込まれる圧迫感もなく、快適なフィット感を提供してくれます。

 イヤホンはとても素敵で宝石のように見え、見栄えが本当に良く、このグラデーションブルーのデザインは傑出していると心の底から思います。

 充電ボックス自体は非常にシンプルで、上蓋にKineraのロゴが印字され、その下に「Make It Clear」、「Make It Real」というタグラインがあしらわれています。

 充電ケースは品質の良いプラスチックで作られており、内部には両方のイヤホン用の磁気充電スロットと充電確認用のLEDインジケータがあり、USB Type-Cの充電スロットが設けられていて、さらに専用の充電ケーブルがパッケージに含まれています。

 充電ボックスの容量は400mAhです。

 Kinera YH623のパッケージの印象は全体的に非常に良くできている感じで、イヤホンを装着するのに必要な物がすべて揃っていただけでなく、デザインが非常に印象的でした。

 

パッケージ内容
  • Kinera YH623 TWS本体
  • USB Type-C充電ケース
  • USB Type-C充電ケーブル
  • シリコンイヤーチップ ×3ペア
  • 保証書

 

音質

 まず音の印象について議論する前に、このイヤホンのフィット感について個人的に伝えたいのは、装着感はよく馴染み、イヤホンは快適で適切なフィット感で私の耳にぴったりと収まったということです。

 さてこれからお伝えする音質についての感想は、このイヤホンを聴いて個人的に思った内容です。

 一般的に、有線イヤホンばかりを使用している人の場合、ワイヤレス接続では音質が低下するという誤解があるため、TWSを購入することをためらっているかもしれません。

 しかし、私も同じように考えて疑念を持っていたのですが、Kinera YH623でひとたび音楽を聴くとその疑念は吹っ飛びました。Kinera YH623はaptXやAACのような高解像度ワイヤレスコーデックをサポートし、驚くほど明瞭なサウンド出力を提供するすべての条件を備えています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_85d4e1f4-1f40-48a6-a8e9-933b5c9098ab_1024x1024.jpg?v=1579725243

 

 音質的にはわずかにドンシャリ(V字型)の傾向があり、6mmの可動コイルダイナミックドライバーはその躍動的で深みのある低域レスポンスを、中域やボーカルは鮮明でクリアで、高域ではとてもスムーズでディテール感に満ちた快適な音楽体験を提供するために熱心に仕事をこなしてくれます。

 低域の打ち込みは素早くて深く、ブライアン・アダムスの「Back to You(MTV Unplugged)」ではディテール感がありながらも深みのあるドラムを聴くことができ、ジョン・メイヤーの「Heartbreak Warfare」のボーカルもじつに良好で、Kissの「Rock 'N' Roll All Nite」でも良好な楽器音のディテールを味わえました。全体的に、完全ワイヤレスイヤホンとして良好な楽器の分離感が得られ、実際素晴らしいサウンドを聴かせてくれました。

  

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/6_441cca42-932d-4eae-81fe-b34be5dc8da9_1024x1024.jpg?v=1579725351

 

 Kinera YH623の全体的な音像印象(サウンドシグネチャー)はわずかにV字型で、中音域はかなりリラックスした感じで、万能に音楽を楽しむことができ、しかも快適な装着感とスムーズなレスポンスを持っているので、映画や長い音楽を楽しむときなんかにもふさわしいイヤホンです。

 Kinera YH623は、十分に広い音場を備えており、楽器の分離感は素晴らしいです。

 加えて、通常、ビデオとオーディオの同期には遅延やラグが発生しますが、Kinera YH623を使用すれば、オーディオの遅延やビデオ同期の問題は発生しませんし、実際、携帯電話でゲームをプレイしても良好な反応を示してくれます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/5_b1ffc89f-9f37-435e-b193-32138354d648_1024x1024.jpg?v=1579725645

 

 個人的に、このイヤホンが再生してくれる音質は好みで、これまでは通勤中、有線のイヤホンを使用しており、公共交通機関を利用している間ケーブルの取り回しに悩まされていましたが、このクリアで滑らかな音を出してくれるイヤホンを使い始めてから、これこそが私にふさわしい製品だったのだと確信しました。

 

通話品質

 Kinera YH623のマイクの品質はかなり良好で、友達に電話をかける際に使用したのですが、友達に聞こえる音声の環境騒音が低減されており、私の声がかなりはっきり届けられました。

 

通信品質とバッテリー性能

 完全ワイヤレスや通常のBluetoothイヤホンは、音楽を楽しむために、実用に堪える安定したBluetooth接続とバッテリー駆動時間が必要です。

 Kinera YH623には高品質のQualcomm製BluetoothチップであるQCC3020が搭載されており、非常にパワフルで遅延のないBluetooth接続を提供してくれ。Bluetooth5.0に体操しており、aptX/AACなどの最新のBluetoothコーデックのほとんどをサポートし、良好な音質が保証されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/10_bbd1a4eb-c2fe-4d95-8650-1d019892d68c_1024x1024.jpg?v=1579725560

 

 スマホを机の上に置いたまま、オフィスを歩き回って接続強度を確認しましたが、接続が途切れたり、遅延したりといった問題に直面したことはなく、このイヤホンが提供する接続品質には非常に感銘を受けました。

 バッテリーの駆動時間に関しては、Kinaraによると、1回の充電で約6時間連続再生でき、バッテリーケースで充電しながらであれば最大約30時間とされています。個人的に実際に1日中使用してみましたが、その間約5-6時間音楽を再生したところほぼ1日使い続けられ、夜になってようやくバッテリー低下の通知を確認できたといった具合なので、私にとってはかなり良いバッテリー性能でした。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/9_c8a14e3e-88d1-4922-9cee-82ad69c378af_1024x1024.jpg?v=1579725608

 

総評

 総括しますと、Kinera YH623は非常に優れた完全ワイヤレスイヤホンで、鮮明でクリアかつスムーズな音質を提供し、強力で安定したBluetooth接続と驚くべきバッテリー駆動時間を備えていて、私はこのイヤホンと多くの時を過ごしたいと思っています。

 あなたがこのイヤホンのレビューを読んで本当に気に入って下さり、自分もこのイヤホンを所有したいと思って下さったのなら、HiFiGOオンラインストアからご注文下さいませ。

 

  • 元記事の公開日:2020/01/26
  • 著者:Candice Song

 

Kinera YH623

Kinera YH623

KINERA YH623 ANC Truly Wireless Bluetooth Earbuds

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事