audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】KZ ASX:開封とクイックレビュー。20ドライバーIEMの実力!

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

KZ ASX

KZ ASX

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

 

KZ ASX:開封とクイックレビュー。20ドライバーIEMの実力!

 オーディオファンコミュニティで一般的にKZ Acousticとして知られているKnowledge Zenithは、市場で予算にやさしいインイヤーモニターの大手メーカーです。AS10ZS10AS06などの幅広い製品があります。先月、このブランドは、なんと20基のバランスドアーマチュアドライバー(各サイドに10基)を備えた最新のインイヤーモニターモデルであるKZ ASXをリリースしました。これは、$100の価格の壁に頭をついた、$99ドルで入手できるKZの最初のイヤホンです。しかし、ドライバーが多いほどパフォーマンスが向上するのでしょうか。今日はそれについてを答えを見つけます。そこで本日は、開封の印象と最新IEM ASXの簡単なレビューをご報告します。それでは始めましょう。

www.ear-phone-review.com

 

 

KZ ASXの技術仕様
  • 両側になんと10基ものバランスドアーマチュアドライバー
  • 美しいイヤーシェル
  • プレミアム銀メッキケーブル
  • 人間工学に基づいたデザイン
  • 非常に快適なフィット感

 

 

開梱インプレッション

www.youtube.com

 

 KZ ASXは、非常にシンプルな長方形のパッケージで提供されます。前面にKZのロゴだけが入った黒いダンボール箱です。パッケージを開くと、パッケージの最初の層を直接見ることができます。そこには金属のKZ ASXブランドプレートと私たちの美しいIEMが収まっています。 この層の下には、アクセサリがクイックユーザーガイドとともにポリパッケージに入って収納されています。開封は非常に簡単で、必要なアクセサリーは十分にあります。パッケージには、いくつかの追加のイヤーピースと少なくともキャリーケースが含まれていると予想していましたが、残念ながらそれはありませんでした。些かがっかりさせられます。

 

 

パッケージ内容
  • KZ ASX本体
  • 3.5mmエンドプラグつきSPCケーブル
  • シリコンイヤーピース 3ペア
  • クイックユーザーガイド

 

 

ビルドクオリティと装着感

KZ ASX

 

 KZ ASXのイヤーシェルはとても良好に思えます。このIEMは見栄えの良いデザインのアルミニウムフェースプレートを持っています。内側の部分は半透明になっており、内部にドライバーがきちんと正確に配置されていることを見ることができます。イヤホンは非常に軽量で、人間工学に基づいたデザインになっています。外耳道を完全に密閉し、優れたレベルのノイズアイソレーションを提供し、非常に快適にフィットします。このIEMのコネクタタイプは0.75mm 2pinで、Bluetoothおよび有線ケーブルには膨大な数のアップグレードオプションがあります。全体的に、それは頑強で丈夫な造りの非常に見栄えの良いIEMです。

 

 

駆動要件

 KZ ASXは、インピーダンスは20Ω、感度が106dB/mWです。駆動するのはかなり簡単です。手持ちのスマートフォン Huawei P30 Pro、FiiO M11 Pro、Hidizs AP80 Proで使用しました。M11 ProのAKMチップとの相性が良く、他の2つと比較して出力がスムーズです。

 

 

音質

 KZ ASXは、ブーストされたローエンドを備えたV字型のサウンドシグネチャーを備えています。そうです、このIEMはローエンドでかなり打撃力のあるパンチを持っています。それは速く、深く、ブームで、パワフルであり、ベースヘッド(低域愛好者)はASXで楽しい時間を過ごすでしょう。中域周波数は、ボーカルをステージの奥深くまで運ぶ中域上部を含めて凹んでいます。ステージ上での奥行き感が増し、ボーカルが遠い感じになります。 高域周波数ではロールオフが早いため、一部の人が言うように、このIEMのサウンドはベールがかかったり、少し暗い印象になります。楽器や高音のボーカルには刺さりや疲労感の兆候はありません。10基のドライバーにより、周波数範囲全体で高解像度と究極の明瞭性が得られます。全体的な出力は実のところ非常に鮮明で、濁りはありませんが、ブーミーな低音はすべての人の好みに合わない場合があります。

 

低域

 KZ ASXはブームなローエンドを持ち、パワフルで、高速で、パンチがあり、素晴らしいエクステンションを示し、深いバススラムをもたらします。重低域は、パワフルな鳴動(ランブル)と深みを持っています。それは実際のところベースヘッドが候補に求めるポイントとして探しているかもしれないすべてのチェックボックスに印をつけます。ローエンドは非常にパワフルで、EDM、ヒップホップなどのジャンルに命を吹き込みます。ブーミーな傾向があるため、中域に漏れることがありますが、周波数範囲全体の鮮明なディテールに影響を与えるほど目立ちません。

 

KZ ASX

 

中域

 V字型のサウンドシグネチャーを持っており、中域周波数は少し凹んでいます。透明感はありますが、中高域も含めて遠い感じがします。それにより音場に奥行き感を与えます。 男性と女性のボーカルはどちらも滑らかで、豊かで、くっきりしています。大音量でも疲労の兆候は見られません。 アコースティックギター、ピアノは自然な音色で非常に良い音がします。楽器やボーカルは、可能な限り色が付いていないように聞こえます。

 

KZ ASX

 

高域

 KZ ASXは暗い高域を持っています。高域部分はかなり早い段階でロールオフし、刺さりや疲労の可能性を取り除きます。 IEMを覆い隠して暗くする高周波にはキラキラ光る音はありません。エレクトリックギターやバイオリンなどの楽器は、ディテールは良好ですが、弦に奥行き感がありません。私の意見では、高域がもう少し拡張されていれば、このIEMにもっと煌めきが加わり、それを完璧なIEMにしていたことでしょう。一部の人々は明るいことに敏感であったり、煌めきすぎる高域に不満を感じることを私は知っていますから、彼らにとっては、KZ ASXは強力な低音と鮮明な中域を備えた良い選択肢になるでしょう。

 

音場と解像度

 音場はそれほど広くはありませんが、奥行きと高さの感覚があります。それにより、このIEMにさまざまなジャンルを輝かせる十分なヘッドルームを生み出します。高解像度の明瞭さで、機器は非常にディテール感があり、非常に優れたイメージング機能をもたらします。

 

KZ ASX

 

 

総評

 私たちの意見では、KZ ASXは、一部の人にとっては非常に良く聞こえるかもしれませんが、他の人にとってはそれほど良くない選択肢です。パワフルで伸びのあるローエンドは、凹んだボーカルと中域を引き立てる、深くパンチの効いたベースを生み出します。高域はこのIEMの音を暗くします。これは、明るいイヤホンに敏感な人にとっては良いことですが、IEMに輝きを求めている人にとっては悪い知らせです。私たちにとって、それは非常に良いサウンドのインイヤーモニターモデルです。Daft Punkのようなアーティストのパンチの効いた低域を楽しませてくれ、それはとても素晴らしいです。Yao Si TingやDamien Riceのボーカルは、鮮明で明瞭な高解像度で鮮やかに聞こえ、本当にきれいです。KZ ASXの価格は$99です。詳細については、こちらのストアページをご覧ください。

 

KZ ASX

KZ ASX

KZ ASX 20 BA Units In-Ear Monitor Earphones IEM

 

  • 元記事の公開日:2020/11/05
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事