audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【HiFiGOニュース】7hz x Crinacle Salnotes Dioko:手頃な価格の最新型平面磁界ドライバーIEM

ヘッドライン
パソコン工房GeForce RTX 3070 Ti / 3060 / 3050搭載ノート大幅値下げ!
icon icon
icon

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

 

7hzはCrinacleと共同で、全く新しい平面磁性体ドライバーIEM、7Hz x Crinacle Salnotes Diokoを発表しました。7Hzは "Timeless "の成功に続き、高品質の平面磁性ドライバーIEMの設計で経験を積んできました。クリナクルは、オーディオ愛好家の間ではスター的存在で、世界的に有名なオーディオ評論家であり、In-Ear Fidelityの創始者でもあります。彼は7hzのチームと密接に協力して、手頃な価格の平面磁気ドライバーIEMであるSalnotes Diokoを設計しました。他のプラナー・マグネティック・ドライバーIEMを考慮すると、この製品は有名ブランドの製品の中で最も手頃な価格と言えます。Salnotes Diokoの詳細はこちらでご覧いただけます。

 

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

圧倒的なサウンドパフォーマンス

7Hz X Crinacle Salnotes Diokoは、新開発の14.6mm大型平面磁性体ドライバーを搭載し、圧倒的なサウンドパフォーマンスを実現しています。このドライバーは2重空洞構造になっています。このドライバーは2重空洞構造で、最高のパフォーマンスを実現するために、さまざまな材料について深いシミュレーションと研究に基づいて設計されています。振動板にはハイエンド基板材を採用。7hzは、2つのN55ネオジウムマグネットを使用した驚異的に強力な磁気回路設計を行いました。強力な磁束を発生させ、平面振動板を素早く動かし、より自然で歪みのないサウンドパフォーマンスを実現します。

 

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

美しい外観

7hzの製品を追っていると、いつも異なった美しい表情をしているのに気づくと思います。最新作もその例に漏れません。7hzは高品質のCNC加工航空グレードアルミ合金製イヤーシェルでユーザーをもてなしました。また、サファイアコーティングされた強化ガラス製のフェイスパネルが、このセットを印象的でユニークなものにしています。航空グレードのアルミニウムとサファイアコーティングされたガラスのフェイスカバーで、このペアは見た目が美しいだけでなく、しっかりとした堅牢な造りになっています。

 

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

プロフェッショナルサウンド

サウンドエキスパートの助言を受けてチューニングされた7hz x Crinacle Salnotes Dioko は、さまざまなジャンルの音楽をうまく引き立たせるように作られています。低インピーダンスで高感度なため、様々なソースと相性が良好です。7hzは、高純度4芯OCC銅と銀メッキOCC銅リッツ編組ケーブルを同梱しています。このケーブルは、2ピンの0.78mmコネクターと3.5mmシングルエンド終端プラグを備えています。また、Diokoのために新たに大容量収納ボックススタイルのカスタムパッケージをデザインしました。

 

7hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

価格と販売状況

7hzは平面磁性体ドライバーのIEMの設計に実績があります。このところ、平面磁性体IEMが増えてきましたが、新型のSalnotes Diokoほど手頃な価格のものはありません。この製品は99ドルで正式に発売されます。詳細はこちらでご確認ください。

 

7Hz x Crinacle: Salnotes Dioko

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事