audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】最新の1DD+2BA+2ESTトライブリッドIEM「BGVP NE5」登場

ヘッドライン

BGVP NE5

BGVP NE5

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

 

 音楽の聴き方を再定義するために、今年は多くのブランドがIEMにトライブリッド構成を導入しました。MoondropDUNUをはじめとする多くの有名ブランドが、DUNU EST112Moondrop Variationsなどの高品質な製品を発表しました。今日、HiFi IEM製造ブランドとして知られるBGVPが、最新のBGVP NE5でトライブリッドIEMの流行に加わりました。

 

BGVP NE5

 

 NE5では、強力なDDドライバー、2つのBAドライバー、2つのESTドライバーを左右に配置した5つのドライバーのトライブリッド構成を採用しています。BGVP NE5が特別なのはドライバー構成だけでなく、最新の技術と機能を駆使して設計されており、市場で際立った存在となっています。BGVPでは、航空グレードのアルミニウム合金素材を高精度なCNC加工で仕上げることで、美しいメタリックなイヤーピースをデザインしました。また、3Dプリントされた内部音響キャビティフレームを採用し、出力信号の高調波歪みを効果的に低減しています。

 

 BGVP NE5は、エレクトロプレーテッド・シルバーとエレクトロプレーテッド・グレーの2種類のカラーバリエーションで発売されます。価格は$499で、詳細はこちらをご覧ください。

 

BGVP NE5の特徴
  • 5つのドライバーを搭載したトライブリッド構成

  •  

    リキッドシリコンダイアフラムを採用した10mmダイナミックドライバー
  • バランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles社製)
  • Sonion社製バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載
  • 2基のSonion ESTドライバー
  • 特許取得の4ウェイ周波数分布
  • 美しいダイヤモンドカットのフェースプレート
  • 交換可能なチューニングノズル
  • 航空グレードのアルミ合金を使用した高精度CNC加工イヤーピース
  • 第5世代DLC 3Dプリントインナーキャビティ
  • 銀メッキを施した高品質な単結晶銅ケーブル
  • ハイレゾ音源対応
  • インピーダンス:12Ω
  • THD+N:</= 0.5%。
  • 感度:109dB
  • 周波数応答範囲 10Hz〜40kHz
  • チャンネル差:</= 1dB(20Hz-10kHz)
  • コネクタータイプ:MMCX

 

BGVP NE5

 

パワフルなトライブリッドIEMであなたの音楽を再定義する

 BGVP NE5は、片側に5つのドライバーを搭載したパワフルなトライブリッド・セットアップを採用しています。カスタム開発された10mmダイナミックドライバー、2つの高性能BAドライバー(Knowles、Sonion)、2つの高解像度ESTドライバーが搭載されています。これらのドライバーは、高解像度の透明感と豊かなボーカルパフォーマンスを備えた、スムーズで自然なサウンドレスポンスを実現するようにチューニングされています。

 

4チャンネルの周波数分割

 BGVP NE5には、音響管を用いて専門的に設計された4ウェイの周波数分割を統合しています。このシステムは、デュアルESTドライバー、デュアルBAドライバー、1つのダイナミックドライバーを独立して分割し、ペアの周波数が重ならないバランスのとれたサウンドを実現します。DDは轟音の低音域を、Sonion 2300シリーズBAドライバーは正確な中音域を、Knowles独立RADドライバーは滑らかな高音域を、デュアルESTドライバーは滑らかで高精細な超高音域を実現するようにチューニングされています。

 

BGVP NE5

 

CNC加工されたイヤーキャビティと見事なダイヤモンドカットのフェースプレート

 NE5のイヤーピースは、高精度の5軸CNC加工プロセスで作られています。イヤーピースは、高品質の航空グレードのアルミニウム合金素材で構成されており、滑らかで質感のある仕上げのために研磨と電気メッキが施されています。キャビティは人間工学に基づいて設計されており、多くのユーザーが快適に使用できるようになっています。また、BGVP NE5のフェイスプレートには、何度もサンディングとポリッシングを繰り返して仕上げられたダイヤモンドカットが施されており、ハイテク感あふれるデザインとなっています。

 

サウントチューニングノズルによるサウンドプロファイルの違い

 BGVP NE5には、レッド、ゴールド、シルバーの3種類のサウンドチューニングノズルが付属しています。レッドノズルは滑らかでバランスのとれたサウンド、ゴールドノズルは低音部をやや強調したサウンド、グレーノズルは低音部を改善したサウンドを実現します。

 

BGVP NE5

 

第5世代の3Dプリント音響キャビティ

 BGVP NE5は、新たに3Dプリントされた内部音響キャビティを採用しており、異なるドライバーを容易に配置できると同時に、カスタマイズされた音響ダンピングを用いてペアをチューニングすることができます。これにより、出力の高調波歪みを効果的に低減し、ピュアでナチュラルなサウンドを実現しています。

 

高品質な銀メッキケーブル

 NE5には、標準的なMMCXコネクターを備えた6N銀メッキ単結晶銅ケーブルを採用しています。このケーブルは、超低歪率でスムーズな信号伝送を実現し、伝送中の信号損失も防ぎます。また、標準MMCXコネクタを採用しているため、ユーザーは異なるアップグレードケーブルを簡単に切り替えることができます。

 

価格と発売時期

 BGVP NE5は、シルバーとグレーの2つの異なるカラーオプションで正式に発売されます。価格は$499で、詳細はこちらをご覧ください。

 

コメント私がレビューしてきたかぎり、今後最もIEMで発展が予想される分野が静電型技術です。静電型はイヤホンのネックであった高域の改善に今後もっと効果を発揮するはずです。静電型には技術改善の余地がかなりあります。
静電型が将来的に到達できる技術的余地については廉価な静電型イヤホンであるShuoer Tapeで確認することができます。この機種の私の有料レビューで制動特性を確認できますが、Antelope Audio Amariでマイナスインピーダンス設定に持っていって音を聞くと、この機種はもともとの良質なサウンドバランスを維持したまま、高額機種でもほとんど例のない、素晴らしい高域の伸びを見せる機種に変貌します(私はこれを「覚醒モード」と呼んでます。ときどき根拠もなく駆動次第で音が化けるなんて書いているレビュー記事がありますが、そうしたものの大半はあやふやな主観印象を述べているに過ぎず、眉唾です。駆動次第で本当に化ける機種というのはTapeやAudiosense DT600のような機種を言います)。Tapeは駆動を丁寧にやると本当に良いサウンドを聞かせる機種の一つで、私の愛用機種ですね。Tapeは非常に良くできているので、静電型に興味あるなら、手に入れておいて損がない機種です。

note.com

 

BGVP NE5は$500以下で静電型2基搭載というスペックは魅力的ですね。まあ、近い価格なら鉄板は Shuoer EJ07Mでしょうけど。個人的に日本メーカーが今後発展するであろう静電型IEMの分野で遅れているのが心配です。

www.ear-phone-review.com

 

おっと、Moondrop Variationsちゃんのことを忘れていましたね。これも悪くない選択肢です。少なくともDUNU EST112よりは好まれるでしょう。

www.audio-sound-premium.com

 

個人的に今最も期待しているのは、いつかは実現するであろうSTAXの技術力×Edifierのチューニングのコラボです。

 

BGVP NE5

BGVP NE5

BGVP NE5 2ES+2BA+DD EST Tribrid In-Ear Monitor

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
  • HIFIGOYM60
    $60 OFF 2000ドル以上

 

HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/07/27
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事