audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【HiFiGOニュース】「SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight」発表!

ヘッドライン
icon icon icon
icon

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 

 ここ数週間、See AudioとHiFiGO、そして顔の見えないもう一つの謎の組織による新しいコラボレーション・プロジェクトのヒントを目にすることがありました。当然ながら、誰もがそのコラボレーターが誰なのか、そしてこのプロジェクトが一体何なのかを知りたくてたまらなかったことでしょう。

 

 今日、私たちはすべての推測に終止符を打つことにします。HiFiGO限定のIEMコラボレーションプロジェクト、See Audio X Crinacle Yume:Midnightをついに発表できることを嬉しく思います。

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 See Audioは、トリプルドライバー搭載のハイブリッド型インイヤーモニター「Yume」で海外市場に参入し、世界中のユーザーから好評を博しました。そして、世界的なオーディオ評論家であるCrinacleが、その貴重な意見をSee Audioチームに伝え、"Project Midnight "の基礎が作られたのです。

 

 そして、「Project Midnight」は、Yumeをさらに進化させた「Yume:Midnight」として結実したのです。

 

www.youtube.com

 

Crinacleによる再調整チューニング

 Yume:Midnightは、低音域と高音域を大幅に向上させました。低域には、温度変化に強いLSD(Liquid-Silicone Diaphragm)を採用した強力なダイナミックドライバーを搭載し、あらゆる温度で安定した性能を発揮します。

 

 また、LSDドライバーは平均的なダイナミックドライバーの半分以下の歪みしか持たないため、優れたダイナミックパフォーマンスを発揮します。また、低域をしっかりと強調することで、メロディーの重要な部分をにじませることなく、いつでも深みのある鳴動感に満ちた低音感を維持することができます。

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 Yume:Midnightには、初代Yumeで採用したLFC(低域フィルター変換)技術も採用されています。ダイナミックドライバーユニットと導音キャピラリーの間に精密に設計された立方ミリメートルのキャビティを追加し、ダイナミックドライバーのフロントキャビティの調整に使用するとともに、バランスド・アーマチュアドライバーが高域と低域の両端で大きな伸びを持ち、鮮明なディテールを生み出すことを可能にしました。

 

 また、BAとダイナミックドライバー間の音圧や干渉もほぼ排除され、周波数位相特性の整合性とコヒーレンシーが大幅に改善されます。

 

Yume:Midnightを支える技術

 See Audioは、Crinacleからの相談と指示のもと、既存のYumeの設計にいくつかの音響的な改良と実験を行いました。

 

 Crinacleの新しいチューニングを導入する際の最大の課題は、オリジナルのYumeの構成を維持しながら、UHF(Ultra-High Frequencies)の伸びを向上させることで、すべてはオリジナルのHarman Targetチューニングからあまり大きく逸脱しないようにすることでした。これを一から作り直しで行うのは簡単ですが、Yumeの2+1ドライバー構成の制約の中ですべてを行うには、奇跡的なエンジニアリングが必要です。

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 Yumeのキャビティ設計の改善、イヤーノズルと電子クロスオーバーフィルターの変更、キャビティ内のドライバーと音響管の配置の調整など、数え切れないほどの実験と献身的な努力によって、See Audioは事実上一から作り直すことに成功したのです。その結果、ドライバーの数を増やすことなく、理想的なサウンドを実現することができました。

 

 これらの新しい超高域の拡張により、Yume MidnightはオリジナルよりもさらにHarman Target Curveに近くなり、忠実に再現することができるようになりました。

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 See Audioは、Yume:Midnightの付属品についてもアップデートしました。通常の3種類のイヤーチップではなく、5種類のシリコンイヤーチップを同梱し、あらゆるサイズの耳孔に快適な音楽体験を約束します。また、純正ケーブルと2ピンソケットもグレードアップし、厳しい引張試験を経て柔軟性に優れた5N OCC銀メッキ銅ケーブルが採用されています。

 

Yumeのアップグレード

 See AudioとCrinacleは、Yumeの最も高い目標を実現するために、Midnightをチューニングしました。

 

 Midnightはチューニングの他に、オリジナルYumeの最大の欠点であった「技術的性能」の不足を解決することも目的としています。技術的な夢 "を目指して開発されたMIDNIGHTは、その期待に応え、さらにその期待を上回るものでした。より解像度が高く、より伸びやかで、より広い音域を持ち、よりダイナミックなYume。本当の意味でのアップグレードです。

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 See Audio Yume:Midnightは、HiFiGOのみで独占販売されます。2022年1月7日より先行予約が開始され、1月15日より順次出荷開始、受注番号順となります。See Audio Yumeの新たな魅力に触れてみてください。

 

 

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

See Audio Yume:Midnight

 

 
 
 
 
 

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上

 

HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/12/31
  • 著者:HiFiGO

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事