audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【HiFiGOニュース】TinHiFi、第4世代DLC振動板を搭載した最新型シングルダイナミックドライバーIEM「T2 2022」を発表

ヘッドライン
icon icon
icon

TinHiFi T2 2022

TinHiFi T2 2022

 

 

Tin HiFiは、ダイナミックドライバーIEMのクラシックなT2シリーズをアップデートし、新しいT2 2022をリリースしました。T2 2022は、第4世代のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)ダイアフラムを搭載したダイナミックドライバーをアップグレードし、音楽出力をまったく新しいレベルに引き上げています。快適で軽量なイヤーシェルと組み合わせることで、優れたサウンドパフォーマンスを発揮するシングル・ダイナミック・ドライバーIEMを手に入れることができます。T2 2022で、豊かな透明度と究極のディテールでお気に入りの音楽を体験してください!

www.ear-phone-review.com

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_3a6634e8-3c90-4bf6-820d-e36c430bd43a.jpg?v=1663786869

 

Tin HiFi T2 2022は、59ドルという魅力的な価格で販売されています。詳細は、こちらでお気軽にご確認ください。

 

人間工学に基づいたデザイン、快適な装着感

Tin HiFiは、T2 2022のイヤーシェルを軽量な人間工学に基づいたデザインで設計しました。このシェルの形状と重量は、長時間の装着でも非常に快適なものとなっています。空洞部には航空グレードの高品質アルミニウム合金を採用し、堅牢な構造と軽快な外観を実現しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/4_f40953b3-e8a0-4e9c-8a35-9f5684731523.jpg?v=1663786888

 

第4世代DLC振動版が生み出す驚異のサウンド、その性能を引き出すプロフェッショナルチューニング

T2 2022は、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)振動板を採用した10mmの強力なダイナミック型ドライバーユニットを採用しています。DLC振動板は長年にわたり開発が続けられており、T2 2022は最新の第4世代DLC振動板を採用しています。このブランドは、日本製のCCAWボイスコイルとN54磁気回路をドライバーキャビティに搭載しています。プロフェッショナルなチューニング調整により、T2 2022は、豊かな透明感、美しいボーカル、そして忙しいトラックでも鮮明な解像度で比類ないパフォーマンスを実現します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_573950b8-178c-4d1c-9a7d-2671cebda1c2.jpg?v=1663786903

 

高品質ケーブルが付属

T2 2022には高純度銀メッキOFC(Oxygen-Free Copper)ケーブルが付属しています。5N編組の高品質なケーブルで、ペアで最高のサウンドパフォーマンスをもたらします。このケーブルは、標準的な2ピン0.78mmコネクターと3.5mmターミネーションプラグを備え、簡単な接続と幅広い互換性を実現しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_80b03958-f65f-4f10-931f-60017390550d.jpg?v=1663786919

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

www.ear-phone-review.com

 

価格と販売状況

Tin HiFiは、格安IEMの設計において長年のノウハウを持っています。彼らは、限られた予算内でプレミアムな体験をするために、最新のT2 2022をチューニングし、設計しました。最新のDLC振動板ダイナミックドライバーは、印象的なサウンドパフォーマンスを約束します。59ドルで、T2 2022はお買い得だと思います! 詳細はこちらでご確認ください。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事