audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】あのWindows DAPシステムがアップグレード!「Yinlvmei W1s」

ヘッドライン

Yinlvmei W1s

Yinlvmei W1s

 

 

 市場に出回っているハイレゾプレーヤーのほとんどは、AndroidやLinuxベースのOSをベースにしていますが、Yinlvmeiは特別なWindowsミュージックプレーヤーを続けています。

 

 今日、Yinlvmeiは有名なWindows 10ミュージックプレーヤー「W1」のアップグレード版を発表しました。新製品「Yinlvmei W1s」です。

www.ear-phone-review.com

 

 W1sは、W1の最適化されたアップデートバージョンです。W1にはAKMのフラッグシップDACチップ「AK4499」が搭載されていましたが、最新のW1sにはフラッグシップグレードのESS9038Pro ESS Sabre DACチップが搭載されています。

 

 I/V変換フィルターにOPA1612を6個、LPF回路にOPA1612を2個搭載しています。メインアンプ段には、4個のカスタムOPAmpと4個のLME49600チップで構成されるカスタム設計のオペアンプ・アーキテクチャーを採用しています。W1sは、バランス型4.4mmヘッドフォン出力端子から1.5Wの強力な出力を得ることができます。

 

 W1sは、インテルX5 Z8350プロセッサーを搭載しており、軽快なユーザーエクスペリエンスを実現します。

 

 Yinlvmei W1sは、$1999で正式に発売されます。詳細はこちらから確認できます。

 

Yinlvmei W1s

 

W1sのアップデートモデル:W1s vs W1

  • フラッグシップグレードのESS製DACを搭載(W1はAKM製DACを搭載)
  • W1には交換可能なバッテリーモジュールがなくなりました。独自設計の電源を採用。これにより薄型化を実現しています
  • 初代W1と比較して最大2~3倍の駆動電源力を実現しました
  • セカンダリーディスプレイを廃止し、アナログポテンショメーターに変更しました。
  • W1sでは4段階のゲインモードを採用し、繊細で厳しいヘッドホンにも対応しています。
  • USBポートを最新のType-Cコネクタに更新
  • 4.4mmのバランスライン出力に対応しました(別ポート)
  • ロック画面にワンキーの物理ボタンを追加しました
  • 内蔵ストレージが128GBから64GBに変更されました

 

Yinlvmei W1sの特徴

  • 純正Windows 10 OSをプリインストール
  • 6 OPA 1612 IVコンバータ
  • 2 OPA 1612 LPF
  • 4段階のゲインモード
  • Intel Atom X5 Z8350 CPUベンチマーク
  • 4GB RAM
  • 64GB内蔵ストレージ
  • デュアルバンドWi-Fi接続(2.4GHz/5GHz)
  • Bluetooth V4.2 接続性
  • 7インチIPSディスプレイ(800*1280)
  • 3.5mm同軸、3.5mmシングルエンドLO、3.5mmシングルエンドPO、4.4mmバランスPO、4.4mmバランスLO、3.5mmファイバー出力
  • 純粋なアナログポテンショメータによるボリュームコントロール、デジタル干渉なし
  • 交換不可能なデュアルバッテリーモジュール(2x6000mAhバッテリー搭載
  • 3つのMicroSDカードスロット、各スロットで最大1TBのMicroSDカードに対応
  • 3xUSB Type-Cポート

 

技術仕様

  • 出力電力(シングルエンド):最大750mW@32Ω、最大80mW@300Ω
  • 出力電力(バランス):最大1500mW@32Ω、最大160mW@300Ω
  • ライン出力電圧(シングルエンド):2.9Vrms
  • ラインアウト電圧(バランス):5.8Vrms
  • S/N比(シングルエンド): 116dB
  • S/N比(バランス):125dB
  • THD+N(シングルエンド):0.0006dB
  • THD+N(バランス):0.0005dB
  • 出力インピーダンス(シングルエンド):0.8Ω
  • 出力インピーダンス(バランス):0.4Ω

 

Yinlvmei W1s

 

Windows OS搭載

 Yinlvmei W1sには、純正のWindows 10オペレーティングシステムがプリインストールされています。これにより、ユーザーはWindows 10オペレーティングシステムで無数のWindowsアプリケーションを体験することができます。Quick Time PlayerやFoobarなどのアプリケーションを起動して、快適に音楽を楽しむことができます。W1sは、あらゆるプロフェッショナルなメディア再生ソフトウェアを実行でき、ASIOチャンネルを使用して高品質な体験を提供します。

 

ESS Sabre DACチップセットによるフラッグシップグレードのパフォーマンス

 Yinlvmei W1sは、オーディオ信号のデコードにESS Sabre DACチップセットのパワーを採用しています。ESS9038Pro DACチップを搭載し、超低歪率と高S/N比のハイレゾリューション・オーディオ信号のデコーディングをサポートします。最大32bit/384kHzのPCMと最大DSD256のネイティブデコードに対応しています。つまり、W1sというオールインワンのハイレゾデコードプレーヤーを持ち歩くことになるのです。

 

Yinlvmei W1s

 

4段階のゲインモードを持つパワフルなアンプステージ

 Yinlvmeiは、I/V変換フィルターに6個のOPA1612オペアンプ、LPF回路に2個のOPA1612を採用し、クリーンでパワフルなアンプステージを設計しました。メインアンプ段には、4個のカスタムOPAMPSと4個のLME49600チップをペアで使用し、極めてクリーンで歪みのない信号増幅を実現しています。W1sには4段階のゲインモードがあり、感度の高いIEM/ヘッドホンから負荷の高いIEM/ヘッドホンまで快適に使用することができます。

 

USB Type-Cポート

 すべてのUSB接続ポートがType-Cにアップグレードされています。Yinlvmei W1では、2つのUSBポートに1つの充電用Type-Cを搭載していましたが、最新のW1sでは、3つのUSB接続ポートを搭載し、3つともType-Cコネクターになっています。

 

Yinlvmei W1s

 

アナログ式音量調節器(小型サブディスプレイと置き換え)

 Yinlvmeiは、元のW1モデルにあった小さなディスプレイを削除しました。 現在、W1にはアナログポテンショメータのボリュームコントロールが装備されており、出力信号にノイズや歪みを発生させることなく、正確なボリューム調整が可能です。

 

バランス&シングルエンドの入力構成

 PA3Sへのオーディオ信号の入力は、シングルエンドRCAとバランスTRSの両方を使用することができます。バランス入力を使用することで、グランドループの問題を排除し、クリーンでノイズの少ないバックグラウンドを実現します。両入力端子の切り替えは、前面のボタンで簡単に行うことができます。

 

Yinlvmei W1s

 

完全なPCオーディオ環境

 Yinlvmeiは、バックパックに入った完全なPCです。 高品質のオーディオチップセットとオーディオマザーボード上のプレミアムコンポーネントにより、並外れたパフォーマンスを提供します。 Foobar 2000、Windows Media Player、VLCなどを含むすべてのWindowsアプリケーションをサポートします。

 

価格と販売時期

 Yinlvmei W1sは$1999で正式に発売されました。 詳細については、こちらの製品ページをご覧ください。

 

Yinlvmei W1S

Yinlvmei W1S

Yinlvmei W1S

¥219,645(税込)

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上

 

HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/09/23
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事