audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

ヘッドライン

Whizzer B6

Whizzer B6

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

 

完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

 Whizzer B6は、オーディオファイル&ギアレビュアーとしての私にとって、まさに旅のようなものでした。最初の印象は、何もかもが気に入りませんでした。「良いところは何もないので、レビューはできない」と言おうとしたほどです。

 

 しかし、もっと深く掘り下げてみることにして、少し時間を置いてみることにしました。私は偏見を捨てました。しばらくすると、音の面で非常に優れている点がいくつか見つかり、特定の状況では、私が使っている「オーディオファイルグレード」や「ハイエンド」のイヤホンよりも優れていることも理解できました。では、何が起こったのか、もう少し詳しく見てみましょう…。

 

Whizzer B6

 

パッケージとビルドクオリティ

 実はこれが、Whizzer B6にもう一度チャンスを与えようと思った大きな理由の一つです。作りや装着感、使いやすさがとても素晴らしいので、音についてもきっと良いものが見つかると確信しました。

 

 確かに、耳にぴったりと収まります。外部環境との分離は、私が持っている他のIEMよりもはるかに優れています。耳から外すことはまずないと思います。美しいケースに入っていますし、直感的に操作できるので、取扱説明書は必要ないでしょう。

 

 

音質

 私は自分をオーディオマニアだと思っていますが、何が良い音なのかについては、しばしば非常に厳格な意見を持っています。多くのオーディオファンは、最も正直な音の表現を求めていますが、Whizzer B6はそうした傾向のサウンドではありません。

 

 低音、中音、高音についての説明は省略します。低音はかなり強調されています。低音は確実に中音域に漏れ、その質を低下させ、高音は後退しています。これは典型的なコンシューマータイプの低音重視のサウンドです。イメージングとステレオセパレーションについても、あまり言及することはありません。

 

 私の中のオーディオ・マニアが思っていることを言わせてもらいましたが、これで終わりではありません。そうです、これで終わりではありません!実は、非常に優れた点もあるのです…。

 

Whizzer B6

 

ボーカルとベースの美しいコンビネーション

 高音域のどこかに美しくチューニングされたピークがあり、ボーカルを最高の形で輝かせます。ボーカルは非常にリアルで、親密でパーソナルなサウンドです。それと同時に、とてもスムーズです。私はこの製品でボーカルをとても楽しんでいます。

 

 ミッドレンジのディップも、ボーカルを他のバックグラウンドから分離してくれます。ディテールリッチなイヤホンでも、同じような親密でパーソナルなボーカルが得られますが、ディテールリッチなイヤホンでは、すべての楽器のディテールを余すところなく表現したいと考えています。ディテールリッチなイヤホンでは、何かが他よりも明らかに優れているということがない、非常に情報豊かな体験をすることができます。

 

 Whizzer B6では、ボーカルとベースの優先順位が非常にはっきりしています。ボーカルは常に注目の的であり、音楽の下にある厚いメモリーフォームのクッションのように感じられる太い低音層を伴っています。

 

Whizzer B6

 

騒がしい環境に最適

 中域は一歩引いたところにあり、やや奥まった感じで透明感のある音です。ボーカルと楽器は、自然な音色とトーンを持ち、まさに素晴らしいサウンドです。男性ボーカルも女性ボーカルも鮮明で、豊かなトーンを持っています。補完的な低音と非常に緻密な楽器により、中音域がよく補完された出力となっています。

 

高域

 騒がしい環境で仕事をしていますか?あるいは、街中を散歩したり、ジムに通ったりするのが好きですか?このイヤホンが私に教えてくれたことがあります…。

 

 高級なイヤホンを外に持ち出しても、その効果はありません。風が吹いても、車が1台通っただけでも、音楽性が損なわれてしまうのです。高級イヤホンは細部にまでこだわってチューニングされているので、外部からの干渉を受けると性能が発揮できないのです。これは密閉型ヘッドホンにも言えることです。

 

 Whizzer B6はセパレーションが良く、低音がしっかり出て、ボーカルが非常にクリアになるようにチューニングされているので、騒音下でも十分に音が出るのです。つまり、こうした環境下では$900のIEMよりも優れているということです。外出時、スポーツ時、屋外での作業時にも威力を発揮します。実際に、今日、外に出る必要があるときには、私はこのイヤホンを選んでいます。どこにいても、何をしていても、本来の性能を発揮してくれます。

 

Whizzer B6

 

 

総評

 古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロの世界で活躍している人がホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

 

 多くの人は「コンシューマークラス」を悪い言葉のように言います。まるで粗悪で安っぽいものであるかのように。しかし、私はここで教訓を得ました。このイヤホンが「コンシューマークラス」なのは、通常の環境で製品を使う人にとって合理的な方法で作られ、チューニングされているからです。博物館の台の上に展示するためではなく、実際に使用するために作られているのです。

 

 低音が大きくブーストされているにもかかわらず、かなり良い音が出ています。ヴォーカルも素晴らしく、他のバンドが確実にバックにいるのでヴォーカルが輝けるのがいいですね。また、外部からのノイズが気になる場所で聴くのにも適しています。この場合、20倍の価格のイヤホンよりも良い音楽体験ができるでしょう。

低音とボーカルが好きで、イヤホンを屋外に持ち出したい人は、ぜひ試してみてください。

 

 こちらのストアページから詳細が確認できます。

 

Whizzer B6

Whizzer B6

Whizzer B6 IPX7 TWS Earphone True Wireless Earbud Bluetooth 5.0 Aptx

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/05/02
  • 著者:HiFiGO

 

PR

BGVP DM8
BGVP DM8

BGVP DM8は完璧なパッケージであり、それは美しい外観、強力なサウンドを持っており、お財布に優しい価格で購入可能です。ユーザーは$350でこの素晴らしい製品を手に入れることができ、高品質なオーディオファン向きの音楽パフォーマンスを楽しむことができます。我々は以前、このブランドのDM6、DMG、Zeroや他の製品を試してみましたが、それらはどれも非常によくできていました。

BGVP DM8
BGVP DM8

BGVP DM8は滑らかで安定的、温和でウォームなサウンドで、中域を丁寧に聴かせるイヤホンです。その甘くふっくらとした、ニュアンスの柔らかい調和的なボーカル表現はどこか懐かしく、メロウでノスタルジックな雰囲気があります。マイルドで耳当たりが良く、音量を上げても荒れるところのないイヤホンです。ビルドクオリティやパッケージクオリティも価格の標準以上のため、この価格帯で音楽的な中域を持つイヤホンを探している人の最適解になりえます。

BGVP DM8

 

BGVP DM8
BGVP DM8

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事