audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Shanling ME500:ナチュラルでバランスの取れたサウンド!

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

Shanling ME500

Shanling ME500

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com


Shanling ME500:ナチュラルでバランスの取れたサウンド!

 Shanlingは、中国のオーディオ業界で広く知られているブランドです。このブランドは、プレミアムに構築され、卓越したチューニングが施された、素晴らしい品質の製品をリリースしています。ブランドは先日、最新の主力製品であるインイヤーモニターイヤホン、Shanling ME500をリリースしました。ME500は、両側にノウルズ製デュアルバランスドアーマチュアユニットと10mmデュアルマグネットダイナミックドライバーユニットで構成されるトリプルドライバーハイブリッドユニットを備えています。イヤホン本体は非常に高価な素材である真鍮素材で完全に構成されており、必要に応じてME500のさらにプレミアムなバリエーションであるShanling ME500 Platinumも入手できます。Platinumは、シェルの表面すべてにプラチナコーティングが施されています。ご存じのとおり、プラチナは地球上で最も貴重な材質の1つです。

 このたび、我々自身で確認するためのサンプルユニットを手に入れ、そして皆様に簡単なレビューをご報告いたします。用意されたレビューサンプルユニットでは、このイヤホンのパッケージについてお伝えすることができない点だけご了承下さい。始める前にお伝えしますが、こちらのストアページからShanling ME500を購入できます。

 

工作精度

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_12dc5e8b-35e8-40c4-bb90-66d8990564fa_1024x1024.jpg?v=1586162819

 

 Shanling ME500は、非常にプレミアムな製品です。 現在、市場で購入できるIEMはすべて、アルミニウム合金材料とか3Dプリントされた樹脂材料で構成されていますが、Shanling ME500イヤホンは真鍮シェルで構成されています。 さらに、複数のコーティング層があり、イヤホンに光沢感のある鏡面のような外観を提供しています。 イヤホン本体は小さなフォームファクターに仕上がっており、私には快適でうまくフィットします。 イヤホン本体は真鍮でできているため、アルミニウムや樹脂の材料で作られたIEMと比べて少し重いところがありますが、密度が高く、耐久性があります。ME500は光沢のある外観を持っており、傷や指紋がつきにくくなっています。イヤホンにはユニバーサルMMCX接続タイプの端子があり、将来的なケーブルアップグレードも容易です。 パッケージに含まれているケーブルは、3.5 mmプラグ付きの銀メッキ銅ケーブルです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_eab9a754-fc86-497d-a773-f5b9ce632eca_1024x1024.jpg?v=1586162855

 

  Shanling ME500の全体的なビルドクオリティは、しっかりしており、プレミアムです。 それは戦車のように頑丈ですが、市場に出回っている他のIEMに比べて少し重いため、一部の人には好まれないかも知れません。

 

音質

 音質の面では、Shanling ME500は、優れた響きを持つインイヤーモニターです。 それはバランスの取れた自然な音の明瞭性を備え、わずかに暖かいサウンドシグネチャを持っています。サウンドは鮮明でディテールに満ちています。低域は深みがありパンチが効いており、10mmダイナミックドライバーは低域で本当にうまく機能しています。中音部は、パリッとしたアコースティックのディテールとみずみずしいボーカルによって豊かに表現されます。そして、高音部は非常に滑らかで詳細であり、音量が大きくなってもペアに刺さりや荒々しさはありません。次に、周波数範囲のさまざまな部分について個別に説明したいと思います。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/4_e7db64fc-47d3-4a94-b03e-0a3d6fa68b4c_1024x1024.jpg?v=1586162891

 

低域

 Shanling ME500はパンチの効いたローエンドを備え、素早く深い低域レスポンスを実現しています。 低音はきびきびしておりクリーンです。 サウンドは低域周波数内で適切に制御され、他の周波数領域のディテールに重複することはありません。 低域がうまくコントロールされていて、パンチが効いている点を気に入り、ダフトパンクのEDMトラックのグルーヴを感じることができました。ビリー・アイリッシュの「Bad Guy」は、重低域で少し重いと思われる曲ですが、Shanling ME500は低音部を非常にうまくコントロールしました。低域は速く、素早く、そして深みがあります。

 

中域

 イヤホンは、わずかにU字型をしており、バランスの取れたシグネチャを持っています。中域は細部まで生き生きと豊かに感じます。中域では、鮮やかな響きの音響ディテール表現と自然な響きのボーカルに支えられています。ボーカルは本当に心地よく、ジョン・メイヤー、MTV Unplugged Shawn Nirvana sessionの曲を聴くと、音がよりふっくらとし透明になります。 ボーカルはリラックスした感じで、暖かい感触がします。

 

高域

 Shanling ME500は高音部に正確なディテールを備えており、音の詳細さの再現が良好で、スムーズに感じます。過酷な感じはしません。オペスの「In Mist She Was Standing」やティナ・グオの「Apocalypse」など、いくつかのヘビートラックを聴くと、イヤホンは素晴らしい透明度と明瞭性を示してくれました。高域全体が非常に滑らかで詳細であり、楽器の明瞭さがはっきりしており、耳障りな感じや刺さりはありません。

 

音場/分離感

 音場は風通しの良い表現をしています。 広くて魅力的です。また、高域は鮮やかなディテールと拡張性を備えているため、楽器の分離にも優れています。

 

総評

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/6_f64eea72-3a7b-4002-8aa3-f51c03b89aee_1024x1024.jpg?v=1586162930

 

 Shanling ME500が生み出すバランスのとれたディテール感のあるサウンド出力には本当に感動します。生き生きした自然なボーカルと滑らかで詳細な高音部を持ち、ローエンドでは優れたパンチをもたらします。イヤホンは、豊かでプレミアムに見える強固で頑丈なビルドクオリティを持ち、自然な楽器の音色とトーンを提供してくれます。イヤホン本体は他のIEMに比べて少し重いですが、その高品質な音質が聞こえた途端に問題にならなくなります。

 

  Shanling ME500のクイックレビューを気に入ってくださり、このイヤホンを購入したい場合は、こちらのストアページから購入できます。

 

SHANLING ME500

SHANLING ME500

SHANLING ME500 Triple Driver Hybrid In-Ear Earphones Knowles Driver Line Type HiFi

 

 
  • 元記事の公開日:2020/04/06
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事