audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Tanchjim Hana クイックレビュー:美しいルックス、パワフルなサウンド!

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

Tanchjim Hana

Tanchjim Hana

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

Tanchjim Hana クイックレビュー:美しいルックス、パワフルなサウンド!

 Tanchjimはごく最近、最新のシングルダイナミックドライバーインイヤーモニター(IEM) Tanchjim Hanaをリリースしました。 このモデルは、ブランドの最も有名なIEM Tanchjim Oxygenのデザインと調和する、そのプレミアムなルックスで衆目を集めました。デザインが似ているだけでなく、Hanaが両側で同様の単発のダイナミックドライバーユニットを使用している点も共通しています。ドライバーは、美しい5軸CNC機械加工技術で作られたステンレス鋼のシェルに囲まれています。 滑らかな表面には超高温カラーリング処理が施されており、見た目も抜群に良いです。私は先月の発表以来ずっとこのモデルに興味を持ち、それ以来待ち焦がれていました。予算価格は$159.99で、価格に見合う出来映えかどうかを確認したくてたまらなくなり、自らユニットを手に入れました。

 Hanaについての詳細はこちらのページをご覧ください。

 

Tanchjim Hana


 今日は、この美しい外観のIEMについて、開梱時の印象と簡単なレビューをご報告いたします。我慢できないので、もう時間を無駄にするのはやめて、早速始めましょう。

 

パッケージ

 Tanchjim Hanaは非常に美しくエレガントなパッケージで提供されます。パッケージにもイヤホン本体と同じように白とベージュのコントラストがあります。それは白い色の外側のパッケージとベージュの内側の段ボールパッケージが組み合わされた、小さな長方形の箱です。ボックスの正面には美しいTanchjim Hanaのイメージがあり、Tanchjim Hanaのブランドロゴは上隅にあります。内側のベージュの段ボールパッケージには、イヤホン本体と良質の白い色のキャリーケースが含まれています。キャリイングケースはジッパー式になっており、ケーブルとHana本体を安全無事に運ぶための十分なスペースがあります。また、6色の白いシリコンイヤーピース、交換可能なメッシュフィルター、およびTanchjimのブランド情報とユーザーガイドも付属します。パッケージに含まれているケーブルは、価格を考えると、かなりよさそうです。ケーブルの取り回しは非常に柔軟で、しっかりとカバーされています。非常に頑丈そうに見え、IEMにしっかりと接続する0.78mm 2ピンコネクタを持っています。ケーブルには、3.5mmのシングルエンドプラグが付いています。

 

Tanchjim Hana

 

 Tanchjim Hanaは、エレガントで非常に美しい見事なパッケージを備えています。パッケージ内容を確認すると確実にプレミアムに感じられます。$200ドル以下の価格でこれが買えると思う人は誰もいないでしょう。

 

パッケージ内容
  •  Tanchjim Hana IEM本体
  • 0.78mm 2ピンコネクタと3.5mmエンドプラグ付きのケーブル
  • 6ペアのシリコン製イヤーチップ(異なるサイズ)
  • 10組の交換用メッシュフィルター
  • ジッパーハードキャリーケース
  • ブランド情報とユーザーガイド

 

ビルドクオリティ

 Tancjim Hanaを初めて聴く前に、美しいイヤホンを眺めることに少し時間を費やしてしまいました。このイヤホンは完璧に作られています。有名なTanchjim OxygenとHanaのデザインは似ていますが、見た目は異なります。このイヤホンは、5軸CNC機械技術を備えた高品質の316ステンレス鋼で作られています。 美しい白色の仕上がりを実現する超高温カラーリング処理が施されています。イヤホンはホワイトとベージュのコントラストが際立って見えます。右のイヤーシェルには、フェイスプレートにベージュのTancjimのブランドロゴがあり、左のイヤーシェルには、HANAのロゴがフェイスプレートに印刷されています。 素材はステンレスですが、軽量でしっかりフィットします。私はこのモデルのフィット感について問題に直面したことはありません。イヤーノズルは私にとってかなり深く、環境騒音を完全に遮断する優れた分離レベルを提供してくれました。

 

Tanchjim Hana

 

 色のコントラストは良く、ステンレス鋼のシェルで構築されており、すべてが完璧でイヤホンはパーフェクトなビルドで構築されています。ビルド品質に関しては、Tanchjim Hanaは完璧にそれを満たしており、この点で不満を感じることはありませんでした。

 

音質

 さて、音質に関しては、最初にどこから始めればいいのかわからないのですが、まず同じ両側に単発のDDを備えているOxygenと比較すると、ハーマンターゲットに調整されたTanchjim Oxygenのようには聞こえません。Tanchjim Hanaは、スムーズな重低域レスポンス、豊かでディテールに富んだボーカル、エネルギッシュな高域を備えています。中域上部と高域下部はちょっとシャウティに感じられ、大音量ではボーカルは少し鋭く感じますが、楽器のディテールはかなりくっきりとよく細かく再現されています。耳道全体を覆うことで、このイヤホンは耳を完全に密閉し、優れたノイズ分離を提供します。それが完全にノイズをブロックするので、私が誰かに話しかけるときはいつでもそれらを耳から取り外す必要がありました。

 

Tanchjim Hana

 

低域

 Tanchjim Hanaのローエンドはかなりしっかりしています。 深さ、レイヤリング、力強い打撃が存在しています。EDM、ヒップホップ音楽をその堅実なビートとサンプで引き立てます。 ドラムの打撃は適切な場所にヒットし、タイミングの良いベース・ディケイを示します。低音はその領域内で制御され、周波数範囲の他のセグメントと重複しません。重低域の音域でも鳴りが良いです。 この低域のおかげで、ビリー・アイリッシュの「Bad Guy」、ダフト・パンクの「Instant Crush」のようなトラックが本当に楽しく聞こえます。

 

中域

 中域はかなり透過的です。 ボーカルはくっきりとシャープです。ボリュームが大きいときには私にはシャウティになりますが、このイヤホンが素晴らしく豊かなサウンドディテールを生み出すことを否定することは出来ません。普段は小音量で聴くので問題ありませんが、音量が大きくなると吠える感じがあります。ダミアン・ライス、姚斯婷(ヤオ・シー・ティン)の楽曲を聴けば、どちらも美しいボーカルを聴いていて、明瞭な音で楽しませてくれます。

 

高域

 この音域は私の好みから少し外れます。このモデルは、高域がシャウティな部分がありますが、楽器のディテールがくっきりとしており、どの楽器にも刺さりの兆候はありません。しかし、個人的にはヴァイオリン、フルートは(同じく大音量の時には)耳障りさが少しあるように感じます。大音量というのは私にとって最大音量の約70〜80%のボリュームを意味します。私は普段音楽を50-60%音量レベルで聴くので、このイヤホンで刺さりの問題に直面することはありません。

 

音場と解像度

Tanchjim Hanaは、見事な解像度を備えた美しいワイドサウンドステージを備えています。サウンドステージ(音場)は、どのジャンルでもペアで聴けるだけの広さがあります。私はロック、ヒップホップ、EDM、ボーカルなどをテストしました。ステージが狭く感じることはなく、このモデルでこれらの音楽を充分に楽しむことができました。

 

総評

Tanchjim Hana


 まとめますと、Tanchjim Hanaは、美しく贅沢なビルドを備えた良好な明瞭性の高い音質を実現していることは否定しようがありません。私自身も、このモデルを毎日の音楽のお供としてかなり長い間使用しています。中域上部と高域のピークはそれほど気になりません。私は50-60%程度の音量レベルで音楽を聴いていますが、このレベルで問題を感じたり、苛立つことはありません。しかし音量を上げると、声が大きくなるにつれて、ボーカルは少し過酷な声色になりやすいところがあります。価格帯ではこのイヤホンは良い選択肢で、私にはこの価格で購入できるより良い選択肢はそんなに思いつきません。豊かな低域、明瞭なボーカル、そしてディテールのある高音を持ち、この価格でここまで明瞭で明快なサウンドを実現しています。

 Tanchjim Hanaは$159.99ドルの価格で入手できます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

Tanchjim Hana

Tanchjim Hana

TANCHJIM HANA In-Ear Earphone IEMs

 

  • 元記事の公開日:2020/07/05
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事