audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン NexAudio Q65 レビュー】中高域を重視した弱ドンシャリ。ボーカルの艶やかなあたりへのフォーカスが良い。おすすめ

NexAudio Q65

NexAudio Q65

完全ワイヤレスイヤホン Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン HiFi高音質 Nex Q65超軽量 自動ペアリング Bluetooth5.0 IPX7完全防水仕様 自動電源オン/オフ 片耳使用可能 左右分離型 電池残量インジケーター付き 多機種対応 Nex Audio 【最先端Bluetooth 5.0搭載】 (グレー)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は軽め。通信品質は標準クラス」

おすすめ度*1

NexAudio Q65

ASIN

B07TWDH7RR

スペック・評価
 連続再生時間/最大再生時間 5h/15h
 Bluetoothバージョン 5.0
 対応ワイヤレスコーデック AAC/SBC
 防水性能

IPX7

 音質傾向

弱ドンシャリ、ツヤツヤ、パリパリ、あでやか、輪郭感良好、すっきり、マイルド、ボーカルフォーカスが良い

 小型で耳にスポッとはまり、装着感は安定している。遮音性はそこそこ良い。

 

 対応コーデックはAAC/SBC。ONKYO GRANBEATHiby R6 Proで交互に繋ぎながら接続品質を見たが、通信品質は価格帯では標準かちょっといいくらい。駅のコンコースや人混みの多いところでは途切れが目立った。

 

テスト環境

 今回のテストはHiby R6 ProとONKYO GRANBEATで行っている。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「操作インターフェースはタッチ式」

 付属品はイヤーピースの替え、充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書。インターフェースがタッチパネル式。反応は普通で、ワンテンポの遅れがある。

 

NexAudio Q65NexAudio Q65

 

【3】音質「柔らかで耳当たりの良い弱ドンシャリサウンド」

 音質的にはフラットに近い弱ドンシャリサウンドで、中高域と中低域に少しの強調がある。音圧は抑えめで、輪郭は少しパリッと強調されるが、基本的には柔らかみのあるウォームサウンドで聴き心地が安定している。若干デジタルな質感のある音だが、比較的万能に曲を楽しめるバランスになっている。

 

 このイヤホンのサウンドイメージというと、下の曲みたいな感じかな。

 

美点
  1. 聴き心地の良いマイルドなウォームサウンド
  2. 弱ドンシャリで奥行きと立体感が感じられる
  3. 音圧が強くなく、圧迫感がない
  4. 聞き疲れしにくい
欠点
  1. 色味が濃くない
  2. 迫力はおさえめ

 

[高音]:高域はやや閉じており、シンバルの空気感は抑えられている。マイルドな抜けを感じさせ、中高域のツヤを強調するバランス(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中高域が前進的で、ギターやシンバルのツヤが強調されるバランスになっている。女声ボーカルもあでやかさに重点を置いて聞かせる。中域の真ん中に向かってはなだらかに下がっているが、厚みは一定程度感じられる。

[低音]:100hz~40hzまで鈍い穏やかな振動。30hzでほぼ無音。低域はそれほど深掘りせず、中低域に強調点があってやや明るい。ドラムの膨らみを少し出して弾むような、中域を支える感じの、重心は少し高めの音になっている。色味的にはややウォームでマイルド(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中低域と中高域に強調があり、その間の中域で奥行きと立体感が最も詳細になってメリハリが感じられる弱ドンシャリ。高さや深さはそれほど強調されず、自然と中高域付近にフォーカスされる音響構造になっている(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:スネアやタムの上辺にはパリッという感触がかなり明確に感じられる、全体的に輪郭重視で表現し、少し膨らんだ感じがあるが、ビシバシ感はかなりしっかり出る。バスドラムはそれなりにタイトでビシッと決まる感じでメリハリは良い。若干明るめのバシンバシンくらいに聞こえる。シンバルの浮き上がりもそれなりによく、ドラムセットは厚みはないが、全体的にディテールは高め(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカル表現は滑らか系で、男声ボーカルは少し中性的で明るく感じられる。女声ボーカルは中高域であでやかになるので、少し上気したような艶めかしい声色になる。抜けは比較的スムーズ。

 

【4】官能性「輪郭感しっかりで比較的万能」

高橋瞳 x ビート・クルセイダース 「ウォーアイニー」

【ONKYO GRANBEATで鑑賞】やや中域でガチャガチャしやすい曲だが、輪郭がしっかりしているのとそれぞれの音の音圧がほどよくて、質感的にも滑らかなので、うるさい感じはほとんどない。奥行き感もそれなりに感じられ、中高域を明確に押しだしていて、サビでボーカルがしっかり迫ってくる。ギターも鮮やか。シンバルの締まりも良くて、カンカン、ツッときれいに決まる。音の色味があでやかなのも、この曲の雰囲気と合っている。

 


ウォーアイニー

 

大貫妙子「金色の翼」

【ONKYO GRANBEATで鑑賞】中高域に充分な強調があるので、艶やかで明るい感じがきれいに出る。音の抜けもマイルドで高さを強調しすぎないので、弦楽や木管が高域で目立ちすぎず、自然な広がりでボーカルを引き立たせて聞こえる。輪郭がはっきりして分離はほどほどよいが、質感的にはなめらかで全体的な統一感はよい。

 


TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016

 

 Void_Chords feat. LIO「FLARE」

【Hiby R6 Proで鑑賞】若干清潔感が足りないかも知れないと思うけど、中高域中心によくまとまっていて、ボーカルのあでやかさもしっかり聞かせてくれる。しかし、金管なんかは奥に抜けていく感じがあって、突き抜け感不足があるかな。おそらく高域の派手さ不足と、低域がそんな黒くないせいからくる、コントラスト感でメリハリが不足して、ちょっともっさりしている感じがあるが、まあまあ悪くない。

 


TVアニメ『ありふれた職業で世界最強』OP主題歌「FLARE」

 

高橋李依「ありがとう」


 【Hiby R6 Proで鑑賞】音圧が少しゆるやかなせいか、この曲だとちょっとふんわり感が強く、あでやかさはあるが、もうちょっと濃く聞きたい気がする。組み立て自体はしっかりしていて、音の集中する中高域あたりをしっかり奥行きを出して、音を混濁させずに聴かせてくれる。ボーカルは中域でちょっと甘味が抑えめで中高域のあでやかさ中心になるので、ふくよかさに足りない感じはわずかにあるかもしれない。

 


「からかい上手の高木さん2」Cover Song Collection

 

【5】総評「中高域あたりの最もツヤツヤなあたりで女声ボーカルを味わいたいなら、おすすめ」

 NexAudioはQ70もなかなか完成度が高く、感心させられましたが、こっちもいいです。通信品質だけ少し物足りなく、価格なりくらいかなぁと思うところはありますが、それでも外出時使えないってレベルではなく、混雑しているところ以外では安定しています。

 音質は女声ボーカルのツヤのあるあたりによくフォーカスされていて聞こえるので、アニソンとは相性が良さそうです。抜けは強調する感じではないので、そこが好みを分けそうですが、マイルドで聴き心地は良いので、価格を考えると充分に満足できそうです。

 

NexAudio Q65

NexAudio Q65

完全ワイヤレスイヤホン Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン HiFi高音質 Nex Q65超軽量 自動ペアリング Bluetooth5.0 IPX7完全防水仕様 自動電源オン/オフ 片耳使用可能 左右分離型 電池残量インジケーター付き 多機種対応 Nex Audio 【最先端Bluetooth 5.0搭載】 (グレー)

 

【6】同価格帯の実力派完全ワイヤレスイヤホンとの聞き比べ

vs SRUIK D09(DracoVirgo「ハジメノウタ」)

 弱ドンシャリ傾向で一致しており、キャラクターが被っているのがSRUIK D09。全体的な傾向が似ているが、低域の存在感がD09の方が強く、より重みと黒みを出すため、重厚感とコントラスト感で勝り、重心も少し低く聞こえる。D09はボーカルが低域に支えられる感じが強いに対し、Q65はもうちょっと中高域重視でボーカルが前に出てきている。

 D09はこの曲では低域の地熱感が若干強めで、人によってはボワつく感じが気になるかも知れない。Q65のほうは低域はサッパリめである。

 

www.ear-phone-review.com


 


ハジメノウタ(初回限定盤)

 

vs HAYLOU GT1(TVアニメ「まちカドまぞく」OP主題歌「町かどタンジェント」)

 同じく弱ドンシャリのHAYLOU GT1と聞き比べてみる。こちらも同じ弱ドンシャリと言っても雰囲気はちょっと違う。GT1は女声ボーカルの最も甘いあたり、ふっくらしたあたりに最も焦点があり、そこから少しツヤを出すあたりに向かって伸びていく。よりふくよかで暖かみも強いサウンドになっている。それに比べると、Q65はもう少し上のボーカルのツヤツヤ成分に最も焦点があり、この曲では少し明るめになる。Q65に比べて、GT1はこの曲では少しもっさり感が出ている感じがあるが、メロウな感じには優れる。一方、Q65はもう少しボーカルが浮き上がりフォーカス感は強く、より軽快味があってスキッとしている。

www.ear-phone-review.com

 


TVアニメ「まちカドまぞく」オープニング&エンディングテーマ 町かどタンジェント/よいまちカンターレ

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。