audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン TRN T200 レビュー】粒立ち重視で清潔感もある、チャリチャリシャリシャリ高解像度系イヤホン。QCC3020搭載で通信品質は高め。おすすめしたいが、使い勝手にクセがある

TRN T200

TRN T200

TRN T200 Bluetooth 5.0 高解像度ワイヤレスイヤホン ハイブリッド イヤホン 1BA+1DD 搭載 CVC8.0ノイズキャンセリング IPX5レベル防水機能 AAC aptx 対応 左右独立型 完全ワイヤレスイヤホン (ブラック)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「付け心地は良い。通信品質も安定している」

おすすめ度*1

TRN T200

ASIN

B07Z8PDJBK

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間

7h/24h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック aptX/AAC/SBC
防水性能

IPX5

音質傾向

ドンシャリ、シャリシャリ、カリカリ、チャリチャリ、サクサク、アタック感がある、透明感がある、光沢感がある、爽やか、清潔、澄んでいる、のびやか、ドライ、子音が尖る、サ行が刺さりやすい、薄味、繊細、ミニチュア的

 IEMに似せたデザインで耳への装着感は良好です。遮音性もそこそこあります。

 

 対応コーデックはaptX/AAC/SBC。ONKYO GRANBEATHiby R6 Proで交互に繋ぎながら接続品質をみました。テストしたのは某関東ターミナル駅周辺です。比較的通信品質は安定していましたが、駅の改札付近では途切れが見られました。バスロータリー付近や人の多いところでも途切れが見られましたが、価格帯では通信品質は高めです。

 通信チップはQCC3020です。

 

テスト環境

 今回のテストはHiby R6 ProとONKYO GRANBEAT、SONY NW-A55で行っています。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「動作が不安定」

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書。

 

挙動の個体差が大きい

 私がハズレ個体を引いた可能性もありますが、私の個体ではまず接続すると必ず自動で曲再生が始まるという謎仕様になっています。また不定期に曲停止や曲送りが勝手にされることがあり、非常に動作が安定しない印象を受けます。

 なお私の個体の場合、この症状はHiby R6 Pro、Cayin N6II、SONY NW-A55で確認しましたので、おそらくプレーヤー側の問題ではなく、完全にこのイヤホン固有の問題と思われます。

 ほかに確認された不具合としては、接続時に音量が勝手に0になる、右長押しで音量アップの操作しているとなぜか左耳からひどい電子音がして再生が止まるといったものがありました。後者の音量バグは再現率が低く、条件がよく分かりません。

 

 またTwitter上で他のユーザー様から情報提供を頂いたのですが、私の個体と使用感にだいぶ差があるらしく、私の方では発生していない、音量操作をしようとすると問答無用でアシスタントが起動してしまう不具合があるようです。私と違って自動で曲停止することはカーオーディオに繋いだとき以外はないということでした。

 iPhoneユーザーの方なので、もしかするとiOS機器にAAC接続だと安定するのかも知れません。

 

 

TRN T200TRN T200

 

【3】音質「シンバルに執着しているドンシャリです」

 音質はかなり高域の高いところに強調があるようで、清潔感と高さ重視の音に聞こえます。とくにシンバルは非常に目立ちやすく、高いところのシャンシャンまで派手に白く輝いて聞こえるので、大抵の曲で主役のように聞こえます。ボーカルのサ行も強調が見られますが、こちらは思ったより刺さっては来ない印象です。それでも人によってはやや刺激が強すぎる感じがするでしょう。ボーカルは清潔系で若干色味が薄く、澄んだ感じになりやすいので、とくにシンバルが強い曲では埋没しやすいかも知れません。金物は明るく目立ちやすく、ディテールも詳細に感じられますが、そのせいで音楽全体がミニチュア的に感じられるところがあります。

 弦楽はやや細く、少しヒステリックに伸びやすく、ボーカルも少し横幅が足りない感じで、やや苦しいくらいに伸びる感じがあります。子音に強調があり、妙にスーハーした感じもあるので、清潔ですが、ふっくらしたところがほとんどないので、ちょっと不自然で親しめないところはあります。若干切れ切れで息苦しい感じもあるかも知れません。また繰り返しますが、人によって刺さる印象があるかも知れません。

 リズム表現はタムやスネアの上辺がキレよく目立つアタックの良い聴かせ方をするので、ノリはよく楽しく感じられます。中域より下は清潔系の音になっているので、バスドラも薄味ですが、それなりに目立ってくれて深さを感じさせてくれます。ただし高域が目立ちすぎて、あんまり縦軸で楽しい感じではないので、ワイドレンジな味付けをしたかったんでしょうが、あまり成功しているとは言えない気がします。

 空間が清潔なので、ボーカルへのフォーカスは悪くありませんが、基本的に後退してます。

 

イヤーピース考察

 音質が若干派手なのが気になったので、イヤーピースもいろいろ試してみました。手持ちではAZLA SednaEarfit Shortにすると、低域に張りが出て、高域の派手さもほぼそのままにバランスが取れたドンシャリに聞こえました。元々のドライな風味を生かして聴くならこれはありだと思います。ケースにもギリギリ収まります。逆に中域の不足を改善させたい場合はケースに収まる範囲ではfinal E Violetが良かったですが、中域に厚みが出るのはよいとして、高域の派手さが失われる感じがあったので、少し物足りなく思うかも知れません。

 

音質因子評価
音質因子 評価
鮮やかさ
(鮮やか/色味が薄い)
鮮やか。シンバルの空気感がかなり目立ちます。

鋭さ

(鋭い/鈍い)

鋭い。シンバルのエッジがかなり刺さってくる感じがあります。
明るさ
(明るい/暗い)
明るい。異様に明るい。
派手さ
(派手/地味)
派手。派手なシャリシャリ感が目立ちます。
硬さ
(硬い/柔らかい)
硬い。音は鋭く硬く、金属的に聞こえやすいです。
尖り
(尖っている/丸みがある)
尖る。エッジは鋭いです。
穏やかさ
(穏やか/騒々しい)
騒々しい。とにかくシンバルが(以下同)。
力強さ
(力強い/嫋やか)
やや嫋やか。やたらシンバルが目立ちますが、音が細いので力強い印象はあまりありません。ただし攻撃的です。
豊かさ
(豊か/貧弱)

貧弱。とにかくシンバル含め高域での細さが目立ちやすいです。

太さ
(太い/細い)
細い。全般的に針金細工のような音楽です。
手触り
(ざらざら/滑らか)
ざらざら。シンバルが妙に鋭角的でザラザラして感じられやすいです。ボーカルも少し潤い不足でカサカサしてます。
粒感
(きめの細かい/粗い)
細かい。シンバルは詳細です。
清潔感
(澄んだ/濁った)
澄んでいる。過剰に清潔な印象を受けます。
潤い
(潤いのある/乾いた)
乾いている。かなりドライです。
重さ
(重い/軽い)
軽い。シンバルがとにかく浮揚感を出します。ボーカルも質量が軽めで妙にふわふわしている感じに聞こえます。低域は薄味です。

 

ボーカル因子評価
ボーカル因子 男声 女声
澄んでいるか
(澄んでいる/濁っている)
澄んでいる 澄んでいる

明るいか

(明るい/暗い)

明るい 明るい

伸びやかか

(伸びる、突き抜ける/天井感がある)

伸びやか 伸びやか

潤っているか

(しっとりしている/乾いている)

乾いている 乾いている

太いか

(太い/細い)

細い 細い

濃いか

(濃い/薄い)

薄い 薄い

子音が強調されるか

(目立つ/目立たない)

目立つ 目立つ

 

空間因子評価
空間因子 評価
主に中域の密度
(ぎっしり/スカスカ)
スカスカ
主に高域の高さ
(抜けが良い/天井感がある)
抜けが良い
主に低域の深さ
(深掘り感がある/浮き上がりがよい)
深掘り感がある
主に低域と中域の横幅
(広い/狭い)
やや狭い
主に中域の奥行き感
(奥まる/前屈み)
やや奥まる

 

美点
  1. 高域が明るく、爽やかでシンバルが活き活きしている
  2. ボーカルは清潔で息感や子音に強調があって歌詞がわかりやすい
  3. 透明感の強いサウンド
  4. 解像感が高い
  5. アタック感も良い
  6. 緻密
欠点
  1. シンバルが異様にフォーカスされすぎている
  2. 音がミニチュア的で親しみに欠ける
  3. 人によって露骨に刺さりやすい
  4. 聞き疲れしやすい
  5. 抱擁感がなく、親しみが湧かない
  6. ガチャガチャしやすい

 

[高音]:高域はどうも高いところに強調点があるらしく、シンバルは異様に空気感が多く、フォーカス感が強め。大抵の曲で主役のようにシンバルが目立つので、人によっては臭みが強い音に感じるかも知れない。弦楽もややヒステリックに伸びる。清潔感は強く、光沢成分も多めで非常に透明度が高く感じられるかも知れないが、人によってはヒスりやすい印象を受けるはず。音は非常に繊細で、解像度が高い印象を受けるかもしれないが、妙に芯が目立つような音で、親しみが湧かないかも知れない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、菅野よう子「Power Of the Light」でテスト)

[中音]:中域は清潔で、高域の繊細な感じをむしろ強調するように、音の膨らみが抑えられている。そのためボーカルや楽器音はミニチュア的に聞こえやすい。またボーカルは少し後退している感じがあるが、周囲が清潔なのでシンバル以外はほとんどボーカルの邪魔をしないため、フォーカス感は良い。

[低音]:100hz~30hzまでやや淡い輪郭のはっきりしたブィーって感じの振動。30hzで沈み、20hzでほぼ無音。低域は基本清潔で暖かみはなく、下まで妙にすっきりしていて、ベースやキックがよく聞こえる感じになっている(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:とにかく高域方向で繊細かつ清潔、ドライで乾燥している。低域は深いところが出る感じなので、全体的には縦軸でワイドレンジに感じるかも知れないが、高域が目立ちすぎるせいで若干眩しさが強く、せっかくのワイドレンジ感をあまり活かせない可能性はある。音が細い分だけ空間は多く、開放的に感じるところはあるが、思ったより音場は広くなく、奥行き感もほとんどない。総じて縦長に聞こえる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムスはタムやスネアにパリパリと明るく、キレの良い張りがあってノリノリ。バスドラは薄味気味だが、間が清潔な分だけ浮き上がりは良い。フロアタムが膨らむ感じはほとんどなく、広がりのあるリズム表現にはならない。基本的に乾いて明るいパシンパシン。ハイハットはかなり高さを出して歯切れ良く、明瞭感も高めに目立つ。力関係的にはドラム上辺が明るく、少しシンバル優位の軽快系サウンドになる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:男女ともにボーカルは薄味で澄んでおり、カサカサしているところがある。子音も尖っており、場合によってサ行が刺さりやすい。清潔感は高いが、濃厚な甘味は少なく、甘味の出し方は媚びが強いキャンキャンしたぶりっ子(死語か)のような感じになる。実体感も薄く、親しみが湧きづらいかも知れない。

 

【4】官能性「チクチクしたところのある繊細な音が好きなら、なかなかよい」

Moe Shop「You Look So Good」

【GRANBEATで鑑賞】この曲が妙にチクチクシャキシャキして聞こえます。重低音のほうは意外と存在感があるので、音が薄い割に床面にあまり不足感がなく、むしろ締まって気持ち良く聞こえるくらいです。非常に繊細で緻密で、シンバルのドライな歯切れの良い粒立ちがかっこよいですが、一方で妙にギシギシしている余裕のなさそうな感じもあります。

 


Pure Pure

 

OxT「UNION」

【Hiby R6 Proで鑑賞】こういうロック曲はボーカルがかなり薄味なのが気になりますが、清潔なので曲調には合っている感じがします。相変わらずシンバルが主役を主張して異様に目立つ感じでシャリシャリサクサク清潔感を出しますが、ピアノも明るくキラキラしており、ギターエッジも明るく浮かれた感じで気持ち良く上に伸びるので、のびやかで元気よく、楽しめます。ドラムスも妙に明るくキレよく快活にリズムを刻んでくれるので疾走感も爽快です。

 


【Amazon.co.jp限定】SSSS.GRIDMANオープニング主題歌「UNION」(デカジャケット付き)

 

TVアニメ「ひとりぼっちの◯◯生活」OP主題歌「ひとりぼっちのモノローグ」

【Hiby R6 Proで鑑賞】この曲はかなり解像度高くなりますが、尖りも強くチクシャリするので好みを分けそうです。ボーカルは清潔でツ音がかなり強めで歌詞は明瞭ですが、人によってはキャンキャンうるさい感じがあるかも知れません。金管もプ音が強く明るめです。中高域でかなり発色が強くキラキラするのが人によっては刺激的で楽しいと思われますが、聴き疲れはしやすいです。この曲のわちゃわちゃした感じが5割増しくらいで楽しめるので、人によっては中毒性が高い音に思えるでしょう。逆にうるさいのが苦手な人には向きません。

 


TVアニメ 「 ひとりぼっちの○○生活 」 オープニングテーマ 「 ひとりぼっちのモノローグ 」

 

小田和正「たしかなこと」

【Hiby R6 Proで鑑賞】繊細で清潔なこういう曲とは相性良く思えるところはあります。ただしボーカルはややサ行が目立ち、膨らみが薄いので、アルデンテスパゲティよりもさらに芯が残っているような、フキの茎やゆでてないアスパラの、筋があるような感じに聞こえます。妙にスースーしている感じです。ギターはかなり繊細で張り詰めた空気感を出してくれ、全体的に冬の朝のように冷涼です。

 


たしかなこと

 

【5】総評「音は人によっては気持ち良いかもしれないが、使い勝手が安定しない」

 音質はちょっと尖りやすい、光沢も強めで、しかも清潔すぎる音なので、個人的にはどうかなと思うところはありますが、解像度重視で悪くないかも知れません。若干刺激が強く聞き疲れやすく、ピーキーですが、曲によってはかなり気持ち良い音です。しかし、個体差の可能性もありますが、使い勝手は最悪に近く、とにかく不安定で勝手に曲停止したり曲送りされたりする謎の症状に悩まされます。長く使っていると落ち着くこともありますが、再発するので安心できません。通信品質は悪くなかっただけに残念です。

 ただしこの妙な使い勝手の悪さは、私の個体の不具合かもしれないことには留意して頂ければと思います。

 

まとめ
  • 音は聞き疲れやすいが、繊細で解像度が高く、清潔
  • 通信品質とバッテリー性能はほとんど申し分ない
  • 不具合と思われるほど動作不安定で使い勝手が悪すぎる

 

TRN T200

TRN T200

TRN T200 Bluetooth 5.0 高解像度ワイヤレスイヤホン ハイブリッド イヤホン 1BA+1DD 搭載 CVC8.0ノイズキャンセリング IPX5レベル防水機能 AAC aptx 対応 左右独立型 完全ワイヤレスイヤホン (ブラック)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。