audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【物欲探訪】1more Evo:LDAC対応ハイブリッドドライバー完全ワイヤレスイヤホン

ヘッドライン
icon icon icon
icon

1MORE EVO

1MORE EVO

 

 興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回取り上げる機種は1moreのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホン「1more EVO」です。

 

www.youtube.com

 

1more EVOの技術仕様

  • LDAC搭載Bluetooth 5.2
  • -42dBスマートノイズキャンセリング
  • 5.5~8時間再生可能(ANC ON/OFF)
  • ハイブリッドアーキテクチャHiFi音質
  • デュアルデバイス接続
  • 3Dセラミックルック
  • IPX4防水規格

洗練された外観

 1MORE EVOは、丸みを帯びた長い充電ケースのデザインを1moreの従来機種同様採用しています。充電ケースの素材は前世代と同じですが、1MORE EVOの充電ケースは前世代よりもマットでつや消しが施された高級感のある質感になっています。同時に、充電ケースの耐摩耗性もさらに向上しています。

 

 そして、充電ケース上部の「1MORE」ロゴも、従来のダークトーンから現在のローズゴールド色に変更されています。先代の控えめで内向的な印象から、現在の控えめな高級感へと充電ケース全体の見た目を変化させました。

 

 ブラックにローズゴールドのイヤホンは、とても高貴でエレガントな印象を与え、ドロップ型の流線型のボディと相まって、1MORE EVOは丸みを帯びた感触と柔らかいラインを持っています。美しく、高級感のあるフォルムはフラッグシップにふさわしく、洗練されています。1MORE EVOは人間工学に基づいたデザインを採用し、イヤホン1個の重量はわずか5.7gで、長時間装着しても耳に負担感はありません。

 

 

42dBのハイブリッドノイズキャンセリング

 1MORE EVOではノイズキャンセリング性能も前世代から進化しました。すでにこれまでの製品も1moreのノイズキャンセリングの性能は非常に高く評価されてきましたが、1MORE EVOはノイズキャンセリング体験に新たなブレイクスルーを起こしています。

 

 EVOには1MORE独自のノイズキャンセリング技術「QuietMax」が採用されています。このイヤホンは「フィードフォワード+フィードバック」デュアルマイクアクティブノイズキャンセリング技術を採用し、スマートアルゴリズムを統合して正確かつ瞬時にノイズキャンセリングを実現します。ノイズキャンセリングの深さは42dBに達することができます。また、このイヤホンのノイズキャンセリング性能は、国家市場規制管理局の認証と申請を通過し、国際的に有名な試験機関SGSの認証も取得しています。

 42dBもの深度に到達するアクティブノイズキャンセリングによって、EVOはあなたの音楽に確かな静寂感をもたらします。音の響く地下鉄、人々がざわめくカフェやレストラン、車が走り抜ける大通り、あらゆる場所で音楽が快適に聞こえる静寂を実現します。

 

 

選べる、最適化するノイズキャンセリング

 1MORE EVOには、複数のノイズキャンセリングモードと透明化モードが内蔵されています。深度、快適性、耐風切り音、ボーカル透過、アンビエント透過など、さまざまなモードに対応しています。

 

 これらはリスナーが選択可能なだけでなく、1MORE EVO自身が自動で選択するように設定することができます。1MORE EVOは革新的にインテリジェントダイナミックノイズキャンセリングモードを追加し、イヤホンはインテリジェントにシーンにマッチし、ユーザーの耳が最も快適に感じることができる適切なノイズキャンセリングモードを自動的に選択することができるようになりました。インテリジェントダイナミックノイズキャンセリングの追加により、ユーザーは手動でノイズキャンセリングモードを頻繁に切り替える必要がなくなり、どんなシーンでも快適なノイズキャンセリング体験をもたらすことができるようになりました。

 

 

卓越したサウンドパフォーマンスをもたらすハイブリッド構成とLDAC対応

 1MORE EVOにはダイヤモンドライクダイヤフラムのダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーが搭載されており、HiFi音質を実現するために最適化されています。また高品質なBluetoothコーデックであるLDACに対応しており、24bit/94kHzの高解像ワイヤレスオーディオ伝送が可能です。

 

 

海外レビュー

 1MORE EVOは主力製品ですが、実際には非常に安価です。1,000元以上のハイブリッドユニット設計を内蔵しており、アクティブノイズリダクション、LDAC Bluetoothエンコーディング、コールノイズリダクション、SoundIDカスタマイズのパーソナライズされたサウンドエフェクトを統合しています。さらに完全ワイヤレスイヤホンとしては、音質は非常に高いレベルに達しています。この価格で本当に買う価値があり、ほとんど申し分のないものです。

 

https://www.spill.hk/headphones/1MORE-EVO-review/

 

 

まとめ

 1more EVOはこれまでの1moreの実績を考えてみても、非常に優れた完全ワイヤレスイヤホンとして期待できそうです。ハイブリッドドライバー構成は1moreが得意とする技術であり、本領発揮といったところでしょう。1moreは近年Sonarworksと協力しており、サウンドバランスの優れた製品を多数送り出しており、急速に名声を高めています。レビューも好意的なようです。

 

 

サウンドハウス

人気のワイヤレスイヤホン おすすめランキング

どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事