audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【物欲探訪】SoundPEATS T3:SoundPEATSのアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン第2弾

ヘッドライン

SoundPEATS T3

SoundPEATS T3

 

 海外で発売されたSoundPEATSの新作アクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンが「SoundPEATS T3」です。

 

 SoundPEATS T2はかなりのヒット機種になり、ロングランセールスになっていますが、これの後継機種ということであれば期待が高まります。とくに低域ジャンキーには興味をそそられる話題です。

www.audio-sound-premium.com

 

T2後継機というより、SoundPEATS QのANC対応版

 はい、いきなり結論。SoundPEATS T3は残念ながらT2の後継機種ではなく、Tシリーズの別機種という扱いです。基本的にSoundPEATS QのANC&ヒアスルー搭載アップグレードモデルといった感じのようです。

 搭載チップはBES2500です。BES2300のAAC最適化版といった感じの後継モデルになります。

 

www.youtube.com

 

SoundPEATS T3

 

アクティブノイズキャンセリング深度はわずか-24dB

 アクティブノイズキャンセリングの性能は深度-24dBとかなり低めです。最終的にはANCもチューニング次第で場面によっては効果が向上して感じられることもあるので、公称深度がすべてではありませんが、公称-35dBのT2と比べるとやはりこの数値は少し物足りませんね。

 

 Scarbirのレビューでも効果がほとんどないと言ってます。ANCを期待して耳栓目的で買う機種ではなさそうですね。

 

SoundPEATS T3

 

大口径10mmドライバーの迫力サウンド

 SoundPEATS Qと同じく、大口径の10mmドライバーを搭載しています。

 

ワイヤレス充電はなし

 SoundPEATS Qはワイヤレス充電に対応していましたが、T3は対応しません。

 

音質も期待できそうにない

 Scarbirのレビューを読む限りの印象ですが、あまり高く評価されていません。SoundPEATS Qの評価も低かったのですが、読み比べてみると、傾向が似ているようですね。

 

コントロールはほぼフルで提供

 T3の良い点としては、ボリュームコントロールを含めてほぼフルコントロールが提供されることです。日常使用で不足はほとんど無いでしょう。

  • LまたはRをダブルタップして、音楽を再生/一時停止します
  • Rをタップして音量を上げます
  • Lをタップして音量を下げます
  • Rを長押しで、次のトラックにスキップします
  • Lを長押しで、ANCオン、ANCオフ、および透明モードを切り替えます。
  • LまたはRをトリプルタップして音声アシスタントを有効にします

 

スペック

  • 防水:IPX4定格(防水ではありません)
  • Bluetooth:5.2
  • コーデック:AAC/SBC
  • イヤホン単体再生時間:5.5時間
  • ケース込み最大再生時間:16.5時間
  • イヤホンサイズ:1.30 * 0.85 * 1.01インチ
  • ケース寸法:2.15 * 2.11 * 1.18 in

 

まとめ

 少なくともこれまで明らかになっている情報によると、SoundAPEATS T3はあまり望みが持てる機種ではなさそうです。同じ価格くらいならQCY HT03が無難でしょう。

www.ear-phone-review.com

 

SoundPEATS T3

SoundPEATS T3

SoundPEATS T3

¥4,439(税込)

 

 
 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事