audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】インピーダンスアダプター付きで発売されたAudiosense DT600、Head-Fierを魅了しはじめる

ヘッドライン

Audiosense DT600

Audiosense DT600

 

 先日発売されたAudiosenseの新作Audiosense DT600ですが、早速Head-Fierたちの元に届いたようで、Audiosenseスレでは続々と話題が提供されています。

 

 どうも製品版のDT600は80Ωのインピーダンスアダプター(アッテネータ)入りで発売されたらしく、その効果を体感したHead-Fierに興奮と議論を沸き起こしています。その一部をご紹介しましょう。

 

DT600を手に入れました。しかも、80Ωのインピーダンスアダプター付きです。驚いたことに、インピーダンスアダプターを付けた場合と付けなかった場合、そして異なるソースを使った場合の印象がかなり変化します。

 

www.head-fi.org

 

どちらが良かったですか?インピーダンスアダプターあり?なし?

 

www.head-fi.org

 

インピーダンスアダプターを使用したほうが、いいですね。

 

アダプターなしでは、特にMacBook Airで使うと低音が膨らみます。ドングル付きのiPhone 11では、低音が出ません。

 

しかし、これはとても奇妙なことで、どのメーカーでもインピーダンスアダプターを付けて出荷するなんてことはほとんどありません。IEMはインピーダンスアダプターなしでも普通は大丈夫なのではないでしょうか?

 

www.head-fi.org

 

 インピーダンスアダプターを使用すると、低音が増えるはずです。

 

www.head-fi.org

 

私もそう思っていたのですが、どうやら80ΩアダプターとDT600をペアリングしても、私のペアリングに問題がない限り、そのようにはならないようです。インピーダンスアダプターとの組み合わせでは、映像全体がきれいになり、よりクリアになります。まるで480pから1080pになったような感覚ですが、低音はほとんど出なくなります。

 

iPhone 11にアップル社製ドングル、80Ωアダプター、そしてDT600を使用した場合、音が小さくて粗い感じがします。駆動するための十分なパワーがないのだと思います。しかし、私のMacBook Airではかなり良くなりました。まだ少し薄い音ですが、イメージングと解像度は良くなりました。

 

www.head-fi.org

 

低価格のレビューユニットをいくつか仕上げた後、ようやくDT600を聴くことができました。

 

くそー。IA(付属のインピーダンスアダプター、80Ω)なしでは、まるでハイブリッドのような音でした。温かく傾いた音色と平凡な高音、実に優れた技術を備えるパンチの効いた豊かな低音。

 

AMPにつないでIAを使うと、それらがクリアになりました。低音は滴り落ちてクリーンになり、音色はミッドフォワードに傾き(中域が前に出てくるようになり)、高音は必要なブーストを得ました。

 

これは非常に素晴らしい製品だと思います。

 

www.head-fi.org

 

まとめ

 Audiosense DT600の製品版はインピーダンスアダプター入りで販売されたようで、その素晴らしいサウンドを存分に楽しむことができるようです。私のレビューで紹介したように、インピーダンスアダプターあり/なしでAudiosense DT600は劇的なサウンドの変化を体験できるだけでなく、アンプの組み合わせなどによっても多彩に音色が変化します。この興味深い新製品がどう受け入れられていくのか、楽しみですね。

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事